青少年インターネット規制法 - 立憲民主主義と日本国民の安全を考える有志のブログ

青少年インターネット規制法

6.11に可決・成立した法案で、公布から1年以内に施行、3年以内の見直し規定付き、今、煮詰めてる最中だろう、こんなブログまで作ったぐらいだから、私は基本的に安易な規制は大嫌い(必ず別の思惑が絡むから)だが、 このネット規制に関しては、多少は賛成できる部分もある、青少年が見るかどうかはともかく、自殺を誘発するものや麻薬の類の情報は制限した方がいいと思うからだ、しかしその他の情報は相変わらず定義が曖昧だし、有害情報を発見した場合、自主的に削除、18歳以下の青少年が参加できない会員制への移行、フィルタリングソフトのアクセス制限の対象にする事のどれかが義務付けられる、有害かどうか判断を下すのが公的機関か民間のどちらかに任せられるらしい、ホットラインセンターなんて論外だし、天下り団体を作りたいためにこの法案を作ったようにも思う、硬い人間?、宗教家などが入り込む機関になったら気に障ったら、即、有害サイトに指定される事になるだろう、この法案に関して、川田龍平議員(参)が唯一反対票を投じた週刊朝日7.4号の記事、その記事によると反対の理由のひとつに自民党案では有害かどうかの基準を国が決めるとしていたが、民主党の反対で民間が決める事になった、しかし骨組みは国が決めるため、国の関与が直接的から間接的変わっただけ、表現の自由や言論弾圧の危険があると言ってた、川田議員の言うとおり、中村伊知哉、渡辺興二郎の2人も同様のことを危惧していたが竹花豊が、この法案の必要性を強調したらしい、青少年が安全に安心してってコンセプトの法案だけど、エロサイトすら満足に見れなくなるなんて青少年にとっては余計なお世話な法案だろうな、高市早苗議員が積極的に進めたみたい…、高市早苗、竹花豊、表現の規制にはよく絡んでる人達だ。

それと、この法案に反対してる企業にYahooJAPANの名があった、児童ポルノ禁止法の時は、アニメやマンガの規制に賛同して、ネット規制には表現の自由を侵害するとか言って反対してる、まあ、自分達の利益以外どうでもいいんだろうけど。

ブログランキング・にほんブログ村へ

コメント
非公開コメント

トラックバック
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 立憲民主主義と日本国民の安全を考える有志のブログ All Rights Reserved.