「非実在青少年」についての報道(久しぶりに見たマトモな記事編) - 立憲民主主義と日本国民の安全を考える有志のブログ

「非実在青少年」についての報道(久しぶりに見たマトモな記事編)

「非実在青少年」に関する気になったネタをメモした その⑤

時代の風:「健全育成」のために=精神科医・斎藤環

なかなか良い内容だと思ったら斎藤環氏のご意見でした。
これは「規制反対意見」にも使えます。
珍しくまともな記事ですけど。
毎日新聞は何か悪いものでも食ったのか(苦笑)。

ミクシィ、ツイッターで拡大 漫画の性描写規制案

「都議会に意見を送ろう」といったネット上での呼びかけに応じた発信が多かったと見られる。
事務局によれば、ひな型をコピーしただけのような文面のメールは、ほとんどなかったという。


これで締め括っているのも良い点です。
朝日新聞の記事ですね。

カマヤンさん曰く。
http://d.hatena.ne.jp/kamayan/20100326#1269532055
>朝日がなぜこんなに好意的に記事を書いてくれているのかよく分からないのだが、ちばてつやなどマンガ界の大御所が動いてくださったことが一つ、同志諸姉諸兄による「記事にしろ」というメールが効いたことが一つ、コンテンツ文化研究会の地道な活動が実を結んだことが一つ、朝日内部でもオタクにシンパシーを覚える層がある程度自由に記事を書けるようになったことが一つ、という感じなのかな。

上記の毎日新聞の記事もそうですが。
「業界側」に対して「動け」といっている理由のひとつがこれです。
一般人が動いても世論を動かすのはなかなか難しい。
業界側が呼びかける事に意味がある。
業界側が動くとマスコミも完全に無視はできない。

新潟日報社 社説
都の性描写規制 あまりに短絡的な発想だ
転記開始。
漫画やアニメでの子どもに関する性描写を規制しようと、東京都が議会に提出した青少年健全育成条例改正案に漫画家らが危機感を強めている。
改正案は、漫画などに登場する18歳未満の子どもを「非実在青少年」と定義。この非実在青少年の性行為を描いた作品は青少年に販売しないよう業界に自主規制を求める。
それだけでなく、性暴力など著しく反社会的な内容のものは不健全図書に指定し、青少年への販売・閲覧を禁ずると規定している。
都内には多くの出版社が集中している。改正案が通れば、日本全体が縛られることになるのは確実である。見過ごすことはできない。都議会は、一自治体の条例という狭い視野に陥ることなく、全国に及ぼす影響を踏まえて慎重に審議を尽くすべきだ。
性を描いた漫画やアニメの中には、確かに目を背けたくなるようなものもある。子どもへの悪影響を心配するのも分かる。しかし、有害な作品は囲い込んでしまおうといったやり方には危うさを感じる。
第一に、憲法が定めている「表現の自由」との関係である。例えば、非実在青少年かどうかを判断する根拠はキャラクターの服装や学年などだが、これでは基準があいまいすぎる。恣意(しい)的な規制を許し、それがなし崩し的に拡大する不安がぬぐえない。
漫画家や出版関係者の懸念もそこにある。条例改正に反対する記者会見で里中満智子さんは「個人の受け止めの問題。いかようにも解釈し、取り締まることが可能になる」と語っている。まっとうな指摘である。
旧憲法下では国の方針に反する思想や言論の弾圧が横行した。多くの犠牲を出した先の大戦の遂行には、物言えぬ社会をつくり上げることが不可欠だったともいえる。一見もっともらしい規制が民主主義を脅かす合図になることがあることを忘れてはならない。
自由で平和な社会の象徴である、多様な表現を条例で抑えつけようという都の手法も短絡的、強権的と言わざるを得ない。インターネットなども含めてさまざまな情報が流通する中で漫画やアニメを標的にすることに、どれほどの実効性があるのか。
世の中の事象には「清」も「濁」もある。大切なのはそれを分かった上で「濁」に流されない人間を育てることだ。力を入れるべきは、はんらんする性の情報とどう向き合うかを子どもに教えることの方だろう。
有害だからといって遠ざけ、「臭い物にふた」をすれば、一時的に効果は上がるかもしれない。しかし、そのことが子どもと性をめぐる問題の根本的な解決につながるとは思えない。

転記終了。

↑久しぶりに見た「まともな報道」だったんで全文転記した。
現在は見られないようですが・・・メモしたまま忘れてた。

山口弁護士曰く。
http://twitter.com/otakulawyer
>新聞の社説の中で一番まとも。読売新聞は爪の垢を煎じて飲むべき。

熊本日日新聞
非実在青少年とは?

子どもたちのために、と考える関係者の問題意識と熱意はよく理解できる。
ただし、その対策が創作活動や表現の自由に著しくかかわるなら、異論が生じるのも現行憲法下の日本における健全な反応だ。


↑現在は有料のデータベースでのみ見れる模様。

藤本由香里さんTwitterのよりメモ。
http://twitter.com/honeyhoney13
>今日の読売の朝刊の記事もいいです。
>改正の理由を「今の条例では強姦など露骨な性表現しか取締まれないから」と桜井課長にはっきり言わせているのがいい。
>「取締まるのは強姦等だけ」という、他で事実のように報道されている都の説明が嘘であることが明らかですね。


これに対する某所のコメント。
>やっぱり都のメインターゲットはBLや少女漫画、あとは少年誌や青年誌のソフトエロみたいです。

「ある意味」ではよかった読売新聞の記事に対する反応。
因みに「強姦」は現時点でも「不健全図書」にできます。
というより、やろうと思えば大抵の作品「不健全図書」にできます。
明らかに「他の目的」があって今回の改正案が出てきた訳です。


以下はオマケのようなモノ。
都・マンガ規制の問題点を読売新聞が身を呈して実証

会見後、ほかの記者が出席者に囲み取材をしていたが、読売の記者は早々に姿を消してしまった。
東京都の主張を代弁しただけの読売記者にかんして、我々フリー記者の間で「なんだあれ?」「東京都のサクラか?」「まあ、読売らしいっちゃ読売らしいが」と地味に話題に。


記者の間でも読売の評判はアレらしいw。

読売新聞の記事は、<都青少年・治安対策本部は「すべての性描写が規制されるわけでなく、大人への流通も制限されない」として、漫画家の創作活動には影響しないと反論している。>とする都側の言い分を掲載した。
しかし、都の言い分に対する山口弁護士の会見コメントは一文字も紹介していない。


読売の報道の仕方には悪意がある。

アニメ、漫画の児童ポルノ規制で都議会が混乱

都小学校PTA協議会の新谷珠恵会長の話「子供が持っていたかわいい表紙の漫画を開いてみたら、中身が児童ポルノでびっくりしたなどという親からの苦情が後を絶たない。内容は近親相姦だったり、子供が恋愛と称してすごいことをしたり。こうした過激な漫画が書店やネットで子供でも簡単に買えてしまう現状は許せない。子供の常識や価値観が幼いときからゆがめられてしまうことに強い危機感を感じる」


新谷珠恵の確信犯的「ヤラセ」です。
これをそのまま報道するところがマスゴミゴミといえる部分だ。

漫画家や作家たちは規制に異議を唱えている。
15日、都庁で記者会見した漫画家のちばてつやさんは「文化や表現など新しいものが起きるときはいろいろな種類の花が咲く。花は根っこでつながっており、この花は汚いと根を断つと植物群全体が滅ぶ」と批判。
>永井豪さんも「私の『ハレンチ学園』は規制があったら出せない。規制すると、かえってゆがんだ人間が増える」と語った。
「コミック表現の自由を守る会」世話人の漫画家、里中満智子さんの話「なぜアニメや漫画だけなのか。18歳未満の性体験でいえば、『源氏物語』や『ロミオとジュリエット』も規制対象になる。原作はよくて、漫画化したものは子供に見せられないのか。規制の線引きがあいまいだ。あまりに過激な表現はよろしくないというのは理解できるが、法規制は拡大解釈されがち。表現の幅が狭められることが懸念される」


相変わらず「2次元児童ポルノ」なる造語を使っている。
ただ、反対派の意見をキチンと載せたことは評価してやれる。
当たり前の事だけどね。
産経にしては、まあまあマシなレベルだ。

ブログランキング・にほんブログ村へ このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント
非公開コメント

読売は昔から変わらない(悪い意味で)

読売は昔からあの有り様ですからね。
部数多いのも強引な押し売りによる方法が殆どですし。
(昔、販売員が押し売り先の相手を殺して近くにあった数十万を奪う、なんて話もありましたよ…。)

2010-04-25 12:59 from 衛ん皇帝 | Edit

No title

なんで殺しまで?
強引な押し売りとかノルマがきついのでしょうか。

2010-04-25 13:36 from ランス

No title

ランスさん>
すいません、俺も原因はよく覚えてないんですよ。確か押し売り先の玄関あたりにそのお金を目にして、だったかな?随分前の話ですからね。
ただ、読売の押し売りはかなり強引らしいですね。(実は自分も経験があります。まあ自分の場合はさして苛烈でもなかったですが。すごいしつこかったのは未だに覚えてますけどね。)
ただここ最近はどうなんでしょう?ここ数年は耳にしないですし。(単に話として出てこないだけかもしれませんが)

2010-04-25 13:53 from 衛ん皇帝 | Edit

初めまして
毎日拝見させていただいております
反対活動(といっても、手紙やメールを送るくらいですが…)の参考にさせていただいてます
新潟は出身漫画家が多く市や県を上げて『マンガ大国』を自称しているので、報道もマンガを良く言う傾向があり、一般の方もマンガに対して良いイメージが強いようです。
私は新潟にいるので、この県民性に働きかけて呼び掛けのほうもがんばろうと思っています。

2010-04-25 15:00 from 黒埼クロ

No title

ジャンプ連載中の「いぬまるだしっ」という漫画で、かなり激しい都条例案への反対意見が出されていました(ジャンプ20号)。この作品を見直す思いです。

2010-04-25 15:02 from 鹿苑院

No title

>黒埼クロさん
いいですね!新潟県!
私の地域にも規制が広がるようなら新潟県に引っ越ししましょうかw
私も規制問題のイベントに参加をさせていただきたいのですが、地方の貧乏人に東京は遠い…。
保坂さんやコンテンツ研究会に少額寄付が精一杯な中、足代だけで生活圧迫するんですよね。
私と同じく悔しい思いをしている地方人は結構いるでしょうね。

2010-04-25 15:16 from nine | Edit

No title

去年の児童ポルノ法改悪の件から表現規制活動を始めた時から、不思議に思っていたことがあります。
漫画家等クリエイターの人達は、一体何故規制に反対しないのだろうか?と。
しかし、3日坊主のメイドさんの所の4月24日の記事を見て、その理由の一つがついに明らかになりました。
http://d.hatena.ne.jp/marinba/20100424
〔引用開始〕
*1:野上氏は、昔マンガの権利絡みで訴訟にまで発展し、あげくその作品は事実上廃棄になってしまった経緯があるから、こういう事には敏感なんだろう。ただ、野上氏のブログを見ると、「他の漫画家でも危機感を覚えている人は多いが、どうすればいいのか判らない・編集に止められている人が多い」とのこと。…たぶん、今のマンガ編集は漫画家と一緒に闘う気概のある人はいないのだろうな。
〔引用終了〕
>編集に止められている人が多い
どうすればいいのか分からないのならまだしも、編集が止めるというのにはさすがに腹が立ちました。
気持ちは分からなくもないけど、反対しなければ殺られるというのが分からないのでしょうか。
もし仮に、東京都の青少年健全育成改悪案や自公による児童ポルノ法改悪案のようなものが通ってしまえば、出版社そのものが潰れてしまい、路頭に迷う可能性大だというのに。

2010-04-25 16:15 from K.J

No title

連投申し訳ございません。
漫画家野上武志氏のブログの記事で「これは・・・!!」というのがありましたので、引用させていただきます。
4月23日の記事より
http://nogami.firstspear.com/?eid=1125451
>「私は数代つづく自由民主党支持者なんですが、今回の件で自民党の議員さんに会いに行こうとしたんですよ。そしたら、いつもはあってくれるのに今回に限って会ってくれない。ほう、いい度胸だ(怒)」
自民党支持者まで門前払いとは・・・・・・クズはどこまでいってもクズだったようです。
それと、やはりメールや手紙での意見は効果アリのようです。都議会を聞きに行くのも議員にとって良いプレッシャーになるのでアリとのこと。
もう一つ。
4月25日の記事より
http://nogami.firstspear.com/?eid=1125455
〔引用開始〕
GW中の即売会イベントで都条例反対の意見表明フライヤーを準備している方々がいるとのことです。
取りあえず協力支援。
文面や賛同人の中間報告は以下のURLをご参照下さい。
「5月配布フライヤーについて」
http://hijitsuzaigw.blog121.fc2.com/
中心となって動いているのはBL作家の女性達です。ここ15年のマンガ表現規制反対運動では一部を除いてほとんど見られなかった、女性作家からのアプローチです。
そのせいか、賛同人募集に際しても男性向け作家への告知がうまくいっておらず、女性作家中心の構成になっているのが悩みどころだそうです。
特に男性向けコミックを執筆しているマンガ家や男性向けジャンルの同人作家の方々には協力を仰ぎたいと思います。
賛同人の募集期限は本日23時までとなっております。
また、GWの即売会イベントでフライヤーを配布して下さるサークルも募集中だそうです。
〔引用終了〕
う~~~~ん。
私はクリエイターに対する情報拡散のスキルがないので、コレに関しては他の反対派の方にまかせるしかないですね。

2010-04-25 16:38 from K.J

No title

先日の記事で壺様かすでに書き込んでおりますのでご存知かと思われますが、保坂氏・藤本氏による「どうする表現規制、民主主義の使い方を考えよう」の内容に関するレポートがあがっております。
そのレポートの中で個人的に気になったものがありましたので、引用させていただきます。
http://d.hatena.ne.jp/sagann/20100424/1272124631
〔引用開始〕
次の都議会は6月
このままでは結局議決してしまう可能性がある
根本的に問題がある条例案なので、修正ではなく廃案にする必要がある
〔引用終了〕
まずこれについてですが、あくまで6月の都議会までになんの手も打たなければそうなる可能性があるというものです。
手紙やメールなどでシッカリ意見を送れば、その可能性を下げることは可能です。
〔引用開始〕
第3次男女共同参画基本計画(中間整理)にて表現規制が含まれている
→男女共同参画大臣の福島瑞穂さんにちゃんと言っておきます(保坂さん)
※都条例に関わる後藤啓二弁護士や前田教授、その他表現規制推進でおなじみの面子が自民党政権からの流れで参加している
〔引用終了〕
男女参画の件については、保坂さんが福島氏に言っておいてくれるそうです。
油断はできないものの、少しほっとしました。
〔引用開始〕
・政治家が児童ポルノ法や健全育成条例に反対するのには勇気がいる
・後押しする市民からの声が必要である
・特に実際に子どもを持つ親の声が欲しい
〔引用終了〕
これについては皆さんはもうお分かりですね。
まだ、「こんなの通るわけない」と楽観視しているオタクの方々。
政治家に任せておけば、他の人に任せておけばなんとかなると思ったら、大間違いですよ。

2010-04-25 17:26 from K.J

No title

ちばてつや先生や漫画家の人達が三月に反対表明してくれたのはいいんですけど、それだけで手詰まりって感じがしますね・・・・
個別に陳情してくれればかなり力になると思うんですけど、
個人のページとかに載ってるメールフォーム等から意見メール送ってみようと思いますが、どうでしょう?

2010-04-25 19:55 from 蟹しば

国会法改正案

某所のコピペですが
▼以下引用
緊急事態です。国会法について、このような改正案が現れました。
http://sankei.jp.msn.com/politics/situation/100317/stt1003171902014-n1.htm
(1)国会で答弁する政府特別補佐人から内閣法制局長官を除く
(2)副大臣、政務官の定数を増やす
(3)政府参考人制度の廃止
(4)行政機関の職員や学識経験者らからの意見聴取会の開催
パッと見ではどのような事になるか判りにくいと思いますが、端的に伝えます。問題は(1)と(3)であり、この二者はこの法案は違憲であると言ってはねのける法の番人の立場でありますが、これらを無くす事は内閣の解釈次第で違憲である法律を通し放題になるわけであります。
2chのコピペでありますが、判り易かったので↓
(現在)
与党「外国人に参政権法案を提出します」
野党「これ憲法に違反していない? 憲法解釈の専門家連れてきて」
内閣法制局長官「最高裁での判決は、参政権を国民(日本国籍者)以外に与えるのは違憲であると判断されています」
(改正後)
与党「外国人に参政権法案を提出します」
野党「これ憲法に違反していない? 憲法解釈の専門家連れてきて」
小沢「合憲だよ合憲」 鳩山「合憲ですね、最高裁(の傍論)でも認められています」 枝野「ゴウケンデス」
(終了)
児ポ法や人権擁護法案も例外なく通し放題になります。このような法案を許してはいけません。
この法案に対して反対するよう強く呼びかけて頂きたいです。どうかよろしくお願いします。
国会法改正案についてのWIKIを見つけましたので、リンクを貼ります。
http://www37.atwiki.jp/kokkaihou/
▲引用終了

2010-04-25 21:31 from 茗荷汁

No title

とりあえず、民主党都議宛の手紙の文章が仕上がりましたので、これから宛名書きに入ろうと思います。
それにしても、出版社が私たちが期待するほど動かないのが問題ですよね。
私はウルト◎ジャ◎プのコミックス買ってるんですが、絶対ウ◎ジャンは取り締まり対象になると思うので、集◎社に取り締まられますよ~ってメールを送ろうと思ってます。

2010-04-25 21:32 from 地方の女 | Edit

No title

今晩はです。
>K.J.様。
GW中の即売会イベントで都条例反対意思表示のフライヤー配布募集の期限が4月27日23時迄延長が決まったそうです。
http://hijitsuzaigw.blog121.fc2.com/

2010-04-25 22:06 from りふぁん

>nineさん
今はこうですが、いつこちらにも規制の波がくるかも分からないので警戒はしています
そうですね。地方のかたは動けずやきもきしている人も多いと思います。
私もイベント等には行けませんが、遠方からでも出来ることは精一杯やろうと思います

2010-04-25 22:31 from 黒埼クロ

No title

>茗荷汁さん
承りました。
個人的にはこちらもチェックいたします。

2010-04-25 22:36 from ランス

No title

> 衛ん皇帝さん
お答えいただきすいません。

2010-04-25 23:19 from ランス

No title

衛ん皇帝さん。
>読売は昔からあの有り様ですからね。
部数多いのも強引な押し売りによる方法が殆どですし。
(昔、販売員が押し売り先の相手を殺して近くにあった数十万を奪う、なんて話もありましたよ…。)
これぞまさに「ゴミ売り新聞」!
K.Jさん。
野上先生は頑張ってらっしゃる。私はミリヲタでもあるのでこの先生の大ファンなんですよ。
よーし、少しでも野上先生の助けになるならがんばるぜよ!(四国人ではない。福島人である。)
規制阻止活動、みんなでやろうぜ!(みんなでやらないか)

2010-04-26 00:45 from ネオ・ジミン党幹事長

No title

みなさまどうも。
K.Jさん。
そういう事情がありましたか、それは知りませんでしたよ。
蟹しばさん。
地方の女さん。
動いてくれたのはうれしいです。
でも、一回だけじゃあまり・・・。
コンスタントに動いてくれないと結局声の大きい方が勝つ事になりますからね。
茗荷汁さん。
なるほど。
噂には聞いてましたけど。
「国会法改正案」は危険そうですね。
どっちもロクな事しませんわ(苦笑)。

2010-04-26 00:52 from 水無月(管理人)

No title

漫画家の人達は3月の時のように大きく動く予定はあるのでしょうか? ちばてつや先生のホームページを見ても最近は表現規制のことは日記に書かれていないのですが。                   それと国会改正案の事ですがこんなものが本気で通せると民主党の方たちは思っているのでしょうか? 表現規制に反対する人達よりもっと多くの人達が反対するのは分かりきっているでしょうに。 そこまで頭が悪いとは思いたくは無いのですが。 いるとしても少数派だと信じたいです。 この事への意見はどこにメールを出せばいいのでしょうか?

2010-04-26 23:57 from kaito

トラックバック

【転載】【告知】OTAKU OF ANTIFA ! (ヲタクオブアンチファ!) 胎動集会

 mixiコミュ、「OTAKU OF ANTIFA!」よりお知らせがありましたのでこちらに転載いたします。  先日の「わら☆パレ2010」でもパレードや前後の街宣で大きく尽力下さいました「OTAKU OF ANTIFA!」が、本格的な始動を開始します。  その第一弾として企画されたイベント「ヲタ

2010-04-26 16:47 from エクストラレポート・ルーム はてな別室

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 立憲民主主義と日本国民の安全を考える有志のブログ All Rights Reserved.