男女共同参画局の委員と男性差別について - 立憲民主主義と日本国民の安全を考える有志のブログ

男女共同参画局の委員と男性差別について

赤い世界
第3次男女共同参画基本計画問題について、我々がするべき事
転記開始。
今回の問題は、今まで問題となってきた『児童ポルノ規制法』や『非実在青少年規制』どころの騒ぎではありません。
これが通れば、女性に関わるあらゆる性的表現──性行為表現では無いのに注意──ならびに暴力的表現──暴力表現では無いのに注意──は一切不可能になります。
今回は『未成年者』とか『非実在』と言った制約は無く、ありとあらゆる表現が規制の対象となっています。
どうして急にこんな話が?
と思われるかも知れませんが、以下の計画策定に関わった面子を見て頂ければすぐに判ると思います。
~中略~
自民党政権下では児童ポルノ規制法や青少年育成条例を悪用してネットやホップカルチャーの規制を進めようとしていた面々ですが、民主党政権下ではそれがムズかしくなったので、自民党時代には棚上げされていた男女共同参画計画を持ち出してきたという訳です。
表現規制に慎重な社民党も、一方で男女共同参画には積極的ですから、敵ながら見事な切り崩しと言えます。
~中略~
今回の策定案は委員が福島大臣へと提出した『提案』であり、大臣への働きかけ次第では内容を変更させる事はまだまだ可能です。
社民や共産は表現規制に慎重な態度をとっていますので、今回の策定案から表現規制を排除するよう陳情しましょう。
自民党や国民新党などの保守政党は、男女共同参画の内容そのものに否定的です。
今回は政党にかかわらず賛否両論ある事柄だけに、政党だけでなく、地元の国会議員へは超党派で反対陳情を展開して下さるようお願いします。

転記終了。

福島みずほ氏への意見はかなり重要とのこと。

さらにリンク先のコメ欄より。
>自分が保守派なので痛感しているのですが、保守派議員には「表現の自由に抵触する」と訴えても全く理解出来ない方がかなりの割合でいます。情け無いことですが。

>そうしたことを想定し、もし保守派議員に意見するのであれば、大津恵子と後藤啓二が所属しているECPAT東京と、林陽子と接点のあるポルノ・買春問題研究会が、反皇室・反靖国という立場を鮮明にしており、また女性国際戦犯法廷を開いた団体と事実上同じであり、そして男女共同参画政策の予算がこうした団体に流れ込んでいる(麻生政権では倍になったとか)といった点を指摘することを推奨します。分断工作というやつです。

>実際、私の地元の元自民党代議士(総選挙で落選)に児ポ法問題のロビーングをした際に、ECPAT東京やAPPのことを伝えるとかなり驚いていました。
>やはりECPAT東京らの正体を知らない議員は多いみたいです。(野田聖子や谷垣禎一などは知っている可能性大です)


>もちろんイデオロギー的な面でこうしたアプローチに抵抗がある人もいるでしょうから全員に推奨はしませんが、是非試してみて下さい。

>資料となるサイトはここです。私はこのサイトをそのままプリントアウトして元代議士に見せました。

>「ポルノ・買春問題研究会」と「ECPATストップ子ども買春の会」についての参考資料集
http://kgsk.nobody.jp/


これは、なかなかいい手だと思います。
手紙の方がわかってもらいやすいかな?。


水色の騎士さんからの書き込みより。
>表現規制だけでなく、男性差別についても突っ込んでおいたほうがいいかも。
>Wikipediaの「男性差別」「女尊男卑」の項目↓
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%94%B7%E6%80%A7%E5%B7%AE%E5%88%A5
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A5%B3%E5%B0%8A%E7%94%B7%E5%8D%91

ブログランキング・にほんブログ村へ このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント
非公開コメント

No title

初めまして。いつも色々と勉強させていただいています。
ちょっと気になったんですが……
この問題って、漫画家さんや出版会社さんや、インターネット関連企業さんはすでに御存じなんですかね?
以前東京都の条例の時は反対運動やっていらっしゃいましたし、彼らにとってはこちらも、割と死活問題な気がします。
死活問題と言うか……ある種の死刑宣告と言うか……
彼らが一斉にパブコメしたら、それなりの数になりそうですよね。
どうなんでしょう……すでに結構送っていらっしゃるのかな……?

2010-04-19 00:19 from 国民その3 | Edit

No title

国民その3さん。
おそらく業界側は具体的に知らないと思います。
というのも、この「素案」は福島氏に提出する「委員達の要望」で「本案」ではないんです。
つまり、福島氏がOKを出すとこのまま提出となります。
おそらくその段階までいって、このままの内容だったりしないと業界は動かないと思いますよ。
漫画家とか出版社がTwitterをやっていたら、フォローするとかすると良いかもしれません。

2010-04-19 00:46 from 水無月(管理人)

No title

水無月さん
>「ポルノ・買春問題研究会」と「ECPATストップ子ども買春の会」についての参考資料集
http://kgsk.nobody.jp/
これリンク切れてませんか?

2010-04-19 02:09 from クキ

No title

記事からずれてしまって申し訳ありません。
橋下徹大阪府知事が漫画の性表現規制について語る
http://www.dailymotion.com/video/xcyvp4_yyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyy_news

2010-04-19 07:35 from 旧名:成田 烈 | Edit

初めまして、少し前から拝見してますが今回のはかなりやばいですね、因みに私は女ですがこれはさすがにやりすぎですよι東京や大阪のも勿論反対ですけどね。
ただ私は普段から悪い方向へ考えてしまいがちな人間です。今回のも皆さんの意見を見たり自分で色々想像していました、これは私の妄想ですが、そのうち家や学校や会社とかでも男女別々で顔を合わせないようになんて所にいきそうな感じがしました、電車で痴漢防止のために一部してるような。もしくは女は中東とかてしてる布を身体全体にまくとか、さすがにないかもしれませんがι

2010-04-19 13:03 from Y.K.@

今現在の児ポ法の改正案(自民党案??)がどうなってるか

もうご存知かもしれませんが、今現在国会に提出されている児ポ法の改正案(自民党案??)は今こんな状態のようです。
アグネスさんとかの動きも、これを意識してだったのかな?
第174回国会 第63号
平成22年4月15日木曜日
委員会
○明16日次のとおり開会する。
 ▲法務委員会  午前9時 第14委員室
    会議に付する案件
   刑法及び刑事訴訟法の一部を改正する法律案(内閣提出第五三号)(参議院送付)
   児童買春、児童ポルノに係る行為等の処罰及び児童の保護等に関
   する法律の一部を改正する法律案(高市早苗君外三名提出、第百
   七十三回国会衆法第五号)
   裁判所の司法行政に関する件
   法務行政及び検察行政に関する件
   国内治安に関する件
   人権擁護に関する件
第174回国会 衆議院公報第63号 委員会
ttp://www.shugiin.go.jp/itdb_kouhou.nsf/html/kouhou/4BCC26_174415.htm
衆議院TV
ttp://www.shugiintv.go.jp/jp/video_lib2.php?u_day=20100416
第174回国会 法務委員会 第7号(平成22年4月16日(金曜日))
ttp://www.shugiin.go.jp/itdb_kaigiroku.nsf/html/kaigiroku/000417420100416007.htm

2010-04-19 13:32 from Tonarinototoro

DPI(ディープ・パケット・インスペクション)技術??

あと気になるニュースが。
これは表現規制というよりネットのプライバシーなどの問題ですが。
メールの内容を解析?
オンライン傍受技術
日本で解禁か
http://www.kinyobi.co.jp/backnum/antenna/antenna_kiji.php?no=1067
インターネットの中立性をめぐって世界中で激しい議論をまき起こしているオンライン傍受技術が、日本では解禁となる可能性がでてきた。
 これはDPI(ディープ・パケット・インスペクション)と呼ばれる技術で、プロバイダー(インターネット接続業者)が通信回線に専用機器をとりつけ、誰がどんなキーワードで検索をかけたか、どのサイトにいつアクセスしたかといったオンライン上の全行動を詳細に解析する。そうした情報をもとに利用者の興味対象や嗜好を分析して広告を配信するもので、米国のPhorm社が提供している。
 二〇〇八年には、英国でプロバイダーとDPIを共同実施すると公表したところ、国内外から激しく批判され中断。欧州委員会が英国政府に訴訟手続きをとる事態に発展した。米国でも商用化が試みられたが、下院で違法との疑問が呈され撤退。カナダではサービス開始前にもかかわらず政府関係機関がネット上にコーナーを設けて問題点を指摘している。
 まさに悪評だらけの技術なのだが日本では幾つかのプロバイダーが「広告分野への新規参入を可能とする画期的な技術」として検討をしている。こうした動きに応えて総務省は「利用者視点を踏まえたICTサービスに係る諸問題に関する研究会」第二次提言(案)を作成し、五月一〇日までパブリックコメントを募集している。提言(案)には「(DPIは)利用者の同意がなければ通信の秘密を侵害する」とあるがプロバイダーが負うべき説明詳細の記述はない。パブコメの結果次第では、今回の提言(案)の公表が解禁への端緒となりかねない危うさがある。
利用者視点を踏まえたICTサービスに係る諸問題に関する研究会」第二次提言(案)に対する意見募集
http://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/02kiban08_000039.html

2010-04-19 13:35 from Tonarinototoro

No title

旧名:成田 烈さん。
記事の内容を拝見させて頂きました。
漫画に対する偏見丸出しの素晴らしい内容ですね(皮肉)。
こんなド阿呆に投票して知事にした人達が怨めしいです。
私も後もう少し早く産まれていて且つ表現規制に関心を持っていればなぁ・・・・・・。
まあ、今更悔やんでも仕方ない。
とりあえず私にできるのはメールや手紙で反対意見を送ることぐらい。
やれることからやるしかない。

2010-04-19 16:51 from K.J

訂正

記事の内容を
    ↓ 
リンク先を
です。間違えました。

2010-04-19 17:13 from K.J

No title

赤い世界の4月18日の記事のコメント欄より
〔引用開始〕
HN1忘れ
2010/04/18 23:15
橋下はかなりオブラートでくるんだ言い方をしていますが、実際そんなもんじゃないですよね。
あと、橋下のVの後に出てきたコメンテーター陣も偏見がきつい。一方的に漫画家を悪者にしてましたから。主婦なぞはコレを見て「そのとおりやどんどん規制しい」となるんでしょう。やっぱりワイドショーは悪質だ。

HN忘れ
2010/04/19 04:51
連投失礼します。
つーか橋下はVの中で宣言しちゃってますね。規制をやると。
ということは調査とか称するものはいい加減なアンケートか渡辺真由子辺りの御用学者のヒステリックな論文で済ますんじゃないでしょうか。
「大阪のオタク終了」って言ってるのと同じですよこれ。
番組も規制ありきでないと橋下は出演しなかったんでしょうが、日本のテレビ全体に言えることですが、「人気者」を甘やかせ過ぎです。いくらでもつっこもどころはあったのに悉くスルーで。「人気者」ににらまれるのが怖くで迎合する番組作りしか出来ない日本のマスコミの問題点が浮き彫りになってますね。
〔引用終了〕
私も改めてその内容を見ましたが、完全にサブカルに宣戦布告してますね。
もっと反対意見を送らないとマジで洒落になりませんよコレ。

2010-04-19 17:16 from K.J

事態は、どう変化しているのでしょうか?

>児ポ法改正自公案の現状
すみません、16日以降、具体的にどういう状況なのでしょうか?
何か我々で動くべき事が発生したのでしたら即行動すべきと思うのですが…。

2010-04-19 17:20 from -

No title

.さん。
意見は送っておくべきだと思います。
なんでもPON-KANさんの話では
>「創」blog
http://tsukurukari.blog3.fc2.com/blog-entry-15.html
4月15日、児童ポルノ法と都条例改定問題をめぐって出版関係者と会議を持った。
そこで出た気になる話を紹介しておこう。
6月に都議会で条例改定が再度審議されるのにあわせて、今国会に児ポ法改定の法案が上程される怖れが強いと言われているが、実は衆院法務委員会で既に法案作成が行われ、このゴールデンウィーク前後にも審議が始まるのではないかという情報があるというのだ。
逆に言えば、この国会でどうしてもそれを成立させたいと思うと、そのくらいのペースで事を運ばないといけないという見方があるということだ。
児ポ法改定の骨子は、児童ポルノの単純所持を禁止しようというもの。
これが通るかどうかは民主党がどういう態度をとるかにかかっているが、民主党内部で単純所持禁止に賛成する意見が多くなっているというのだ。
ということなんだそうで。

2010-04-19 17:46 from K.J

No title

>K.J.さん
>単純所持禁止に賛成する意見が多くなっている
そこまで単純所持禁止に固執する理由って、何なんでしょうね?やっぱり、警察権力の拡大?
あるいは、天下り先確保のための布石?
それとも、政治屋が純粋に 「ロリコン」 「変態」のレッテルを貼られることに、ビビっているのだろうか。権力者って、甘い汁を啜れなくなる事を極端に嫌うし。
いずれにせよ、これだけは絶対に言えます。
単純所持禁止が執行された世の中は、男性にとって地獄。親しい男性が居る、血縁者に男性が居る女性も地獄。地獄の到来を許してはいけない!

2010-04-19 18:23 from ウォルター

No title

K.J. 様
自虐ネタですが、2つ前の知事はセクハラ容疑で辞任した人間ですからね。
大阪府民として情けない;;
冗談半分ですが、大阪で一番偉いのはおばちゃんです。
そのおばちゃん連中が黒といえば白でも黒です。
橋下はそれを熟知して、情操誘導してきます。
それを覆すには多くの反対意見が必要ですが、あまりにも数が足りません、毎週、府民の声に1000件は必要です。
このままだと、東京以上の規制も現実味を帯びてきます。
恥ずかしい話ですが、大阪は東京よりも遵守意識が低いです。
規制されても無視する人間が多いので、元々こういった決まり事に対する関心も低くなります。
そいういう意味からも、大阪は規制派にとって落としやすい地域のはずです。

2010-04-19 20:17 from 旧名:成田 烈 | Edit

ふたたび児ポ法関係

http://tsukurukari.blog3.fc2.com/blog-entry-15.html
<I>6月に都議会で条例改定が再度審議されるのにあわせて、今国会に児ポ法改定の法案が上程される怖れが強いと言われているが、実は衆院法務委員会で既に法案作成が行われ、このゴールデンウィーク前後にも審議が始まるのではないかという情報があるというのだ。</I>
うーん。しかし、上に書いた通り、実際に4月15日に法務委員会入りしたのは、高市早苗議員(自民党)の児ポ法改正案みたいです。
…あやしい。(笑)。あやしすぎる。
いったいなにをやってるんでしょうねえ? 自民党案からもも民主党案からも目を離さない方がいいと思います。なにがどう転ぶかわかりません。
ちなみに、このブログの記事は後半にもとても大事なことが書いてありました。いろいろな団体さんなどもいろいろ動いているようです。
「創」編集部 青少年条例と児童ポルノ法改定による表現規制を考える 特設ブログより
6月議会へ向けた不気味な動き
http://tsukurukari.blog3.fc2.com/blog-entry-15.html
4月15日、児童ポルノ法と都条例改定問題をめぐって出版関係者と会議を持った。
そこで出た気になる話を紹介しておこう。
6月に都議会で条例改定が再度審議されるのにあわせて、今国会に児ポ法改定の法案が上程される怖れが強いと言われているが、実は衆院法務委員会で既に法案作成が行われ、このゴールデンウィーク前後にも審議が始まるのではないかという情報があるというのだ。
逆に言えば、この国会でどうしてもそれを成立させたいと思うと、そのくらいのペースで事を運ばないといけないという見方があるということだ。
児ポ法改定の骨子は、児童ポルノの単純所持を禁止しようというもの。
これが通るかどうかは民主党がどういう態度をとるかにかかっているが、民主党内部で単純所持禁止に賛成する意見が多くなっているというのだ。
この6月には内閣府の児童ポルノ廃絶ワーキングチームが総合対策を打ち出す予定だし(参照記事はこちら)、青少年条例改定をめぐって既に大阪府も動き出したようで、国の法改正と地方自治体の条例改定とが連動して動き始めているようだ。
3月に一気に盛り上がった反対運動は、潮がひくように鎮静化したが、事態が終わったかのように錯覚すると大きな間違いのようだ。
規制側も、今度はそれなりに準備や根回しをしたうえで法案や条例改定案を出してくる公算大だ。
もちろん反対側もそれなりの取り組みを進めており、例えば日本雑誌協会では、加盟社の雑誌やホームページに反対声明を載せていく試みを始めるようだ。
既に白泉社は「漫画を愛するすべての者よ 立ち上がれ!!」と題して漫画家らのメッセージをホームページにアップしている(こちら)。
また5月下旬から末にかけて、出版労連や出版関係者などが次々とシンポジウムを企画している。
日本ペンクラブでも4月15日の理事会で、今後この問題について議論する機会を設けようという確認がなされた。
これらのシンポジウムや集会は、詳細が決まり次第、このブログで告知していく。
ぜひ注目いただきたい。
なお、4月9日の朝日新聞に「マンガ・アニメの性描写規制」と題して、アグネス・チャンさんと竹宮惠子さんの対談が大きく載っている。
すでにブログコメント欄には、この記事についてのコメントも寄せられているが、ここで最後に紹介しておこう。

2010-04-20 00:21 from Tonarinototoro

民主一年生議員が丸め込まれました。

大変です。民主党の三宅雪子衆議院議員が日ユに丸め込まれて込まれてしまいました。
http://yukiko-miyake.cocolog-nifty.com/blog/2009/10/post-3498.html

2010-04-20 11:42 from ジェフィ | Edit

ジェフィさんへ。

深呼吸して気持ちを落ち着かせながらブログを見てください。
このリンク先、去年の9月でしょう。ましてや相手はユニセフ議員連盟、アウェイの陣地ですから、丸め込まれたのではなく最初からその主張だったとか、危険性を疑ってかかるべきではなかったのでしょうか。
それにセミナーにはアン・ベネマン氏まで来たとなれば、おおっぴらには反対していますとは書きづらいものではないかと思います。不安ならメールでも送って、意見を聞くのが一番です。

2010-04-20 14:56 from 59630 | Edit

No title

>「ポルノ・買春問題研究会」と「ECPATストップ子ども買春の会」についての参考資料集
正しいリンク先はこちらです色付きの文字
http://appecpat.web.fc2.com/

2010-04-20 16:51 from -

No title

私は下記の内容を要約したものを男女共同参画局に送りました。ご自由にご利用ください。
若者や女性も抗議をしてくれてうれしく思います。
現在、基地移設問題で国政が混乱している中、問題の多い計画が策定されようとしているのをご存じでしょうか。
民主党政権下の連立与党・社民党党首福島みずほ少子化担当大臣の強い意向の下、内閣府男女共同参画局で計画された第3次男女共同参画社会基本計画のことです。
当該基本計画を要約すると、
○性別に基づく固定的な性別役割分担意識が未だに根強く(特に男性)、解消に対する取組が不十分。
○女性管理職の比率は低水準であり、女性のリーダーが十分に育成されていない。
○特に政治、行政、雇用、教育等の分野は、ポジティブ・アクション(積極的改善措置:男女間の格差を改善するため、女性に対し、機会を積極的に提供することをいう。)の実施が不可欠。
○古い因習等により、家事・育児等が女性の側の負担となっている。
○女性等をもっぱら性的ないしは暴力行為の対象として捉えたメディアにおける表現は、女性に対する人権侵害である。
○売買春に関わる女性は、様々な支援を必要とする。
○少子・高齢化等の変化に対応するため、男女共同参画社会の形成が不可欠である。
○女性の活躍による社会の活性化、女性を始めとする多様な人材の活用が必要。
○家族に関する法制について、夫婦や家族の在り方の多様化や女子差別撤廃委員会の最終見解も踏まえ、選択的夫婦別氏制度を含む民法改正が必要。
との認識の下、
○「社会のあらゆる分野において、2020 年までに指導的地位に女性が占める割合が、少なくとも30%程度」という目標の達成のための取組を強化。
○検察官、裁判官、弁護士の女性比率及び各省庁、地方公共団体、審議会等の女性の採用、管理職の登用を2020 年までに30%にする。
○公務員制度改革に際し、女性の登用が進むよう積極的に取り組む。
○女性の職域拡大を図るほか、中途採用、人事交流等を通じて、女性の管理職への登用を強力に推進。
○クオータ制(女性のための法的根拠のある強制型割当制・自発的割当制)を導入。
○政党別の男女共同参画の推進状況(女性党員、女性役員、女性候補者等の比率等)についての調査の実施、公表を行うほか、女性の割合を増加させることを要請。
○企業等の「2020 年30%」に向けて、女性の採用や管理職・役員への登用について、具体的な目標(例えば2015 年の目標、現状において女性がゼロである場合に「最低1 名・女性1 割運動」の展開など)の設定等を行うことを要請。
○企業の役員について一定の女性比率を義務づけることを検討。
○ポジティブ・アクションについて、女性の能力に対する誤解などを生まないようにする。
○公共調達において、男女共同参画への積極的な取組等を受託企業の条件とすることを検討。
○税制において、男女共同参画に積極的に取り組む企業に対する優遇措置を検討。
○女性のためのメンター制度の普及を推進。
○女性のために能力発揮セミナー、起業支援セミナー、学生セミナーの開催を実施。
○外国人女性に状況に応じた支援を行う。
○女性を性の対象とする広告等に対する規制を検討。
○強姦罪の見直し(非親告罪化、性交同意年齢の引上げ、構成要件の見直し等)を検討。
○出所者の所在確認等効果的な再犯防止対策について検討。
○児童ポルノ法の見直しや写真と同程度に写実的な漫画・コンピュータグラフィックスの規制を検討。
○性犯罪の前兆となり得るつきまとい等の行為に対する捜査・警告を積極的に実施。
○性を商品化し、人間の尊厳を傷つける売買春の根絶に向けて、関係法令の厳正な運用と取締りの強化を行う。
○売買春の被害からの女性の保護、心身の回復の支援や社会復帰支援のための取組、売春の相手方に対する対策や周旋行為の取締を一層強化。
○セクシュアル・ハラスメントによる精神疾患等は、労働災害に当たることを周知徹底。
○女性に対する男性による暴力の予防啓発及び相談体制の充実を図る。
○理工系分野への女子学生・生徒の興味・関心の喚起・進学への取組を推進。
○女性研究者が研究を継続するための保育支援、研究支援、復帰支援を充実。
○インターネットでの女性や子どもの人権を侵害するような違法・有害な情報に対する対策を検討。
○メディア業界の性・暴力表現の規制に係る自主的取組の促進やDVD、ビデオ、ゲーム等バーチャルな分野における性・暴力表現の規制を検討。
○女性センター・男女共同参画センター等の機能の充実・強化を図る。
○世帯単位から個人単位の制度・慣行への移行に対応した社会を構築。
○内閣府特命担当大臣(男女共同参画)、男女共同参画会議、男女共同参画推進本部、男女共同参画推進連携会議の運営に際し、男女共同参画に識見の高い学識経験者や女性団体を始めとする国民の幅広い意見を反映。
○男性の固定的性別役割分担意識からの脱却に関する調査研究、意識啓発を行う。
○男性や若年層の意識を変えるため、地方公共団体、NGO、経済界、マスメディア、教育関係の団体等、男女共同参画に大きな影響を及ぼし得る団体と連携。
○(性差を完全否定したジェンダーフリー教育の強化。)
といった政策を実行する計画です。
※詳細は、「ttp://www.gender.go.jp/danjo-kaigi/kihon/sanjikeikaku/ikenboshu.html」を参照。
上記計画を詳らかに見たところ、女性のためだけの政策が目白押しであり、男性のための政策は全くありません。(男性を対象にした政策は女性も対象にしている。)
上記計画上では出てこない
○女性優遇のために、男性がどうなろうと知ったことではないし、そもそも男性差別など存在しない。
○男性は、女性の人権の前に跪つかなければならない。
○女性のために、家族、社会、国家は解体させる。
○女性の人権が守られれば、後のことは知ったことではない。
○セックス、結婚、中絶は、女性の自由。
○男女の平均所得を同じにすることを強制。
○性別役割分担、男らしさ・女らしさの否定を強制。
等の極端なフェミニズムの思想の下、意図的に
○誘導尋問式のアンケートで女性に有利な統計結果を出す。
○海外の成功事例、外圧を誇張して伝えるが、海外の失敗事例、反対運動は伝えない。
○男女共同参画という名称で実態が女性優遇・男性差別であることをごまかす。
○都合のよいデータは引用するが、都合の悪いデータは無視する。
○女性団体の主張を積極的に取り入れ、男性や若者の意見は無視する。
といったことを繰り返し、男性に不利な制度・慣行が構築されています。
こうして男性や若者が気づかないうちに、
○男性の人口減が女性の10倍以上(平成21年男性:約5万5千人減少、女性:約5千人減少、男性は平成17年から減、女性は平成21年で初の減少)
○平均寿命男性76歳、女性82歳で6歳以上に拡大(1921~25年では男女の平均寿命はほぼ同じ。)
○ホームレスの98%は男性。自殺者の7割は男性。
○犯罪報道において、男性の場合、微罪でも実名報道、女性の場合、凶悪犯罪でも匿名報道。
○離婚時の子供の親権は、事情に関わらずほぼ母親が取得。
等の状況にありますが、これらが問題視されることはほとんどありません。
はっきり言って当該計画は、
○男性を差別するものであり、憲法第14条の法の下の平等に違反するだけでなく、
○憲法第13条の男性の幸福追求権にも違反。(子供にとっても幸福な計画であるか疑わしい。)
○女性であることを理由として当選枠、立候補枠を割り当てるのは、憲法第15条の選挙権の侵害。(年齢・出身地・民族別の割当の議論がされることはなく、女性のみが騒ぐので議論される。)
○女性に対する暴力や性描写のみ殊更規制するのは憲法第21条の表現の自由違反。(男性や高齢者への暴力や宗教の冒涜に対する規制については議論すらされておらず、規制の波及効果は大きい。)
○意図的に女性に都合のいい情報のみを発表・報道し、都合の悪い情報を隠蔽するのは知る権利の侵害。
○一方的に女性に有利な法律、制度の制定、法運用を行うのは憲法第24条の両性の平等違反。(「夫婦が同等の権利を有する」と規定されているが、計画は全くそうなっていない。)
○ポジティブ・アクションは結果の平等を志向するものであり、憲法第22条の男性の職業選択の自由違反であり、憲法第27条の男性の労働権を侵害している。(当然男女雇用機会均等法違反でもある。)
○ポジティブ・アクション及び女性の場合と比べた男性に対する苛烈な報道・刑罰は、憲法第25条の男性の生存権を奪うものである。
○ポジティブ・アクションや離婚時の女性の言い分のみに基づいた女性に有利な財産分与は、憲法第29条の男性の財産権の侵害である。
○証拠に基づかない女性に有利な判決や痴漢冤罪は、憲法第31条の適正手続きの保障違反及び憲法第37条の刑事被告人の権利違反である。
○被害者女性の供述のみによって痴漢、盗撮の冤罪が確定し、「疑わしきは被告人の利益に」の刑法の大原則に違反。フェミニズムに基づいた安易な性犯罪の厳罰化は「罪刑均衡の原則」の刑法の大原則に違反。
○法曹関係へのポジティブ・アクションは公正な試験に基づかない不当な採用であり、憲法第32条の裁判を受ける権利違反である。
○当該計画に基づく政策を実行する公務員は須らく憲法第99条の憲法尊重擁護義務違反である。
○ポジティブ・アクション(積極改善措置)を規定した男女共同参画社会基本法は、国家が極端なフェミニズムを国民に押し付け、精神を汚染するものであり、憲法第19条の思想及び良心の自由違反である。
○男女共同参画とは直接関係のない児童ポルノに関することを計画に盛り込んでいる。(そのくせ胎児の中絶については女性の権利なので触れられていない。)
○当該計画はほとんど全て憲法違反であり、重大明白な瑕疵があり、当初から無効であり、いつでも誰でもその無効を主張でき、基本計画に基づく法令及び行政処分を拒否できる。
○内容に瑕疵があるだけでなく、女性に都合の悪いデータを考慮せず、女性団体の主張ばかり取り入れ、男性の意見をほとんど聞いていないに等しいので、手続上も瑕疵がある。
○ポジティブ・アクションは、男性や学生などの利害関係人に対し、その一生を左右する重大な影響を及ぼすものであるが、これらの人々に個別に意見を聞いておらず、適正な手続きを行っていない。(都市計画等の決定の過程においてはあらかじめ住民に意見を聞くのが一般的。)
○国民の精神、社会を大きく改造する内容の計画であるにもかかわらず、基本計画の広報が十分に行われていない。十分な広報が行われていないのはマスコミにも責任がある。(テレビ、読売新聞に至っては、当該計画の存在すら報道していない。)
○積極的改善措置などを規定した男女共同参画社会基本法自体、憲法第14条の平等の原則とかけ離れた女性優遇・男性差別の法律であり、立法の内容が憲法の一義的な文言に違反しているにもかかわらず、国会があえて当該立法を行うというごとき、容易に想定しにくいような例外的な場合に該当し、法令そのものが違憲である。
○企業がポジティブ・アクションを行ったら、憲法違反、男女雇用機会均等法違反で無効である。
○女性限定サービス、女性専用車両は、憲法第14条の平等原則を覆すだけの合理性がなければ、公序良俗に反するので民法第90条違反により無効。
○当然、不当な差別を受けた男性は、政府、地方公共団体等に対し、国家賠償法の規定により、損害賠償を請求することができる。
○男性差別が合法であると解しても憲法第29条第3項等の規定に基づき、政府、地方公共団体等に対し、損失補償を請求できる。
○男女共同参画社会基本会議の構成員は、男女共同参画(女性優遇・男性差別)推進派で
ひしめいているだけでなく、極端なフェミニストまでおり、保守的な考えの人がほぼ皆無。
○欧米(アメリカ、フランス、イタリア等)ではポジティブ・アクションに対し、違憲判
決が出ている。
と考えることができます。
男女共同参画という美辞麗句に惑わされないでください。
その実態は、ただの女性優遇、男性差別です。
このような言葉を使った裏で男性の人権などごみくず同然といった考えで差別的な政策を実行し続けるのは卑劣極まりない。
最早、このまま放っていく訳にはいきません。
恐れ入りますが、できるだけ多くの人にこの事実を広めてください。
また、男女共同参画局に抗議のメールを送ってください。
よろしくお願いします。

2010-05-07 22:55 from 反対者

トラックバック

三宅雪子

「やましいことない」…小沢幹事長が“続投”宣言&lrm;14 &#26178;&#38291;&#21069;&lrm; “小沢ガールズ”の三宅雪子衆院議員(比例北関東)は「今知ったばかり、びっくりしている」とひと言。政治資金規正法違反罪で起訴され、民主党を離党した小沢氏の元秘書、石川知

2010-04-28 10:44 from 話題になっているニュースはこれ!

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 立憲民主主義と日本国民の安全を考える有志のブログ All Rights Reserved.