fc2ブログ

【総務省発表】消費者物価指数「3.6%」上昇!1982年2月以来「40年」ぶりの伸び率に!原材料費高騰の影響深刻!本格的にインフレ状態に突入?消費税増税時を超える?

政治・経済・時事問題
constitutionalism_2022_11_20
※画像出典:日本経済新聞
2022年11月18日(金)。総務省は今年10月の「消費者物価指数」を発表、値上げラッシュに見舞われた同月は天候による変動の大きい生鮮食品を除く総合で103.4で去年の同じ月を「3.6%」上回りました。上昇率は第2次オイルショックの影響を受けた1982年2月以来40年8カ月ぶりの水準です。





■10月の消費者物価指数3・6%上昇…40年ぶりの伸び
https://www.yomiuri.co.jp/economy/20221118-OYT1T50116/
読売新聞オンライン 2022/11/18 08:47


総務省が18日発表した10月の全国消費者物価指数(2020年=100)は、値動きの大きい生鮮食品を除く総合で103・4と、前年同月比3・6%上昇した。上昇率は1982年2月(3・6%)以来、約40年ぶりの伸びとなった。

■日本の消費者物価、10月3.6%上昇 40年ぶり伸び率
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUA17A930X11C22A1000000/
日本経済新聞 2022年11月18日 8:32 (2022年11月18日11:25更新)


日本経済研究センターが10日にまとめた民間エコノミスト35人の予測平均は、生鮮食品を除く消費者物価上昇率が2022年10~12月期に前年同期比で3.23%と見込む。23年1~3月期は2.55%になり、1%台に戻るのは同7~9月期(1.46%)とみる。

生鮮食品を含む総合指数で比較すると、米国は10月に前年同月比で7.7%、ユーロ圏は改定値で10.6%、英国は11.1%とそれぞれ日本より高い上昇率になっている。

Twitterの反応!







事前の市場予想「3.5%」を上回る!


消費者物価指数は家庭で消費するモノやサービスの値動きをみる指数です。生鮮食品を除いた指数は去年10月の99.9⇒103.4に上昇、前年同月比で3.6%上昇、前月の3.0%上昇を大幅に上回りました。事前の市場予想である3.5%を超えています。

背景にあるのは原材料価格の高騰と急速な円安の影響で重なった食料品の「値上げラッシュ」です。生鮮食品を除く食料は去年の同じ月を5.9%上回りました。他の分野では「エネルギー関連」を中心に軒並み上昇、9月にマイナス14.4%だった携帯電話の通信料は1.8%のプラスに転じています。





このニュースについて!


上昇は14カ月連続で生鮮食品を含めた「総合指数」は3.7%アップしました。日本は本格的にインフレ状態に突入、安倍政権時代に日本銀行の掲げていた物価上昇目標を超える水準です。

現在のペースで上昇し続けた場合、給与所得は追い付かず「物価上昇」は延々と続くことになりかねません。電気代やガス代など中心の対策では到底間に合わず減税や給付金など大胆に広範囲に金をバラ撒かなければ庶民の生活は疲弊する一方です。

ブログランキング・にほんブログ村へ

記事タイトルとURLをコピーする
コメント
コメント投稿

トラックバック
    パンくずリスト
  • ホーム
  • »
  • 政治・経済・時事問題
  • »
  • 【総務省発表】消費者物価指数「3.6%」上昇!1982年2月以来「40年」ぶりの伸び率に!原材料費高騰の影響深刻!本格的にインフレ状態に突入?消費税増税時を超える?