fc2ブログ

【新型コロナウイルス】興和株式会社「イベルメクチン」の治験で「有効性」認められず!軽症患者「1030人」を対象に大規模な調査!三輪芳弘社長「後遺症を軽く抑えられるかなどは今後の課題なので分析を進める」!

政治・経済・時事問題
constitutionalism_2022_09_30
※画像出典:朝日新聞デジタル
興和株式会社は抗寄生虫薬「イベルメクチン」の新型コロナウイルス感染症への効果について「有効性は確認できなかった」と発表しました。治療薬の承認申請は断念。軽症患者を対象に1030例の臨床試験を実施した結果です。





■興和/新型コロナウイルス感染症患者を対象とした「K-237」(イベルメクチン)の第Ⅲ相臨床試験結果に関するお知らせ
https://www.kowa.co.jp/news/2022/press220926.pdf
興和株式会社 2022年9月26日

■イベルメクチン「有効性見いだせず」コロナ治療薬の臨床試験
https://www.asahi.com/articles/ASQ9V6DWHQ9VUTFL00P.html
朝日新聞デジタル 熊井洋美 2022年9月26日 21時00分


新型コロナウイルス感染症の治療薬への転用をめざしていた抗寄生虫薬「イベルメクチン」について、効果や安全性を確かめる臨床試験(治験)を行っていた興和(本社・名古屋市)は26日、「主要な評価項目で統計的な有意差が認められなかった」とする結果を発表した。今後、詳細な分析を進めるが、現時点ではコロナ治療薬としての承認申請は考えていないという。

Twitterの反応!







新型コロナへのイベルメクチンの効果 日本の研究結果がついに発表 衝撃の結果をどう捉える? 医者がお伝えします!



プラセボ(偽薬)群と比較して統計学的に有意な差は認められず!


2022年9月26日(月)。興和株式会社は、新型コロナウイルス感染症の治療薬への転用を目指して治験を実施していた抗寄生虫薬の「イベルメクチン」について「主要な評価項目で統計的な有意差は認められなかった」とする結果を発表しました。現時点では治療薬の承認申請はしない考えです。

日本とタイの軽症患者を対象に1030例の臨床試験(治験)を実施した結果、現在主流のオミクロン株の治験対象患者に関して投与開始後4日ほどで症状は軽くなったものの「プラセボ(偽薬)群」と比較して統計学的に有意な差は認められませんでした。

三輪芳弘社長は記者会見で「比較試験をしたら4日間で(イベルメクチンを投与した人もしていない人も)ほぼ皆治ってしまった」「オミクロンということに限ると集団免疫がかなりある」と説明しました。今後の見通しについては「後遺症を軽く抑えられるかなどは今後の課題なので分析を進める」とコメントしています。

イベルメクチンは2015年にノーベル医学生理学賞を受賞した北里大学大村智記念研究所の大村智特別栄誉教授の研究を基にした薬。国内では消化管の寄生虫の引き起こす感染症や疥癬(かいせん)の治療薬で承認されています。

興和株式会社は2021年11月にイベルメクチンを新型コロナウイルス治療薬として転用する為の治験を開始しました。世界保健機関(WHO)の治療ガイドラインによれば、イベルメクチンの死亡や入院を減らす効果について「不確実なままだ」と見解を示していて患者への投与は治験に限るように推奨しています。





製造元の「メルク」は無効もしくは有害を警告!


新型コロナウイルスの感染拡大時期にイベルメクチンの効果を期待する声は多かったものの現時点で企業側の大規模な臨床試験で効果は認められなかった形です。尚、イベルメクチンを巡っては、米国疾病予防管理センター(CDC)、米国食品医薬品局(FDA)、世界各国の研究論文、製造元の「メルク」などで無効もしくは有害を警告しています。

ブログランキング・にほんブログ村へ

記事タイトルとURLをコピーする
コメント
コメント投稿

トラックバック
    パンくずリスト
  • ホーム
  • »
  • 政治・経済・時事問題
  • »
  • 【新型コロナウイルス】興和株式会社「イベルメクチン」の治験で「有効性」認められず!軽症患者「1030人」を対象に大規模な調査!三輪芳弘社長「後遺症を軽く抑えられるかなどは今後の課題なので分析を進める」!