fc2ブログ

【ピックアップニュース】新型コロナウイルス!ワクチン接種者を「未接種扱い」で処理?データ改竄?ワクチンの効果に疑問符?厚生労働省「理由は不明だが意図的なものではない」!

政治・経済・時事問題
constitutionalism_2022_05_31
※画像出典:CBC Web(CBC News)




ピックアップニュース!

















ワクチン打っても「未接種扱い」に 一体なぜ? 国のデータ開示に問題【大石が聞く】!







このニュースについて!


新型コロナウイルスのワクチンについて厚生労働省は接種者の一部を「未接種」に分類して処理していた模様。名古屋大学の小島勢二名誉教授は新型コロナウイルスのワクチンに関するデータに不自然な点を指摘、日本と諸外国のデータで比較してワクチンの予防効果の大きな差を疑問視しました。CBCニュースの記事です。

具体的には諸外国では20%程度なのに対して「日本」では「90%程度」の高い水準を維持しています。

厚生労働省に送る陽性者のデータ入力用紙は、ワクチンを打っていて「有」に〇をした人でもいつ打ったか分らなければ接種歴は「未記入」もしくは「不明」になります。同省はこうした人達をすべて未接種に分類して処理していた訳です。

これによってワクチンを接種していない人は実態より多くなって、結果的にワクチンの有用性は諸外国に比べて高く見えるようになります。専門家の指摘を受けた厚生労働省は突如データを修正しています。

厚生労働省の戦略班はCBCテレビの取材に対して「未接種に分類していた理由は不明だが意図的なものではない」「この調査はワクチンを打っても感染するいわゆる『ブレイクスルー感染』の実態を調べるためのもの」と回答しました。

いずれにしてもワクチンの予防効果について疑問を生じさせるには十分な不祥事です。更に、日本政府や厚生労働省はワクチンの効果を正確に把握していない疑惑まで浮上しました。非常に深刻な事態です。

ブログランキング・にほんブログ村へ

記事タイトルとURLをコピーする
コメント
  • No title
    2022/06/01 06:55
    【鈴木宣弘:食料・農業問題 本質と裏側】世界的な食料危機の本質~米国による人災
    https://www.jacom.or.jp/column/2022/05/220526-59088.php
    JAcom 農業協同組合新聞

    日本の食料自給率向上を「米国が絶対許さない」訳
    https://news.livedoor.com/article/detail/22250874/
    ライブドアニュース

    あなたの善意が誰かを傷つける「寄付の不都合な真実」
    https://diamond.jp/articles/-/98237
    ダイヤモンド・オンライン

    森を守る ―宇沢弘文先生の晩年の想い
    https://blog.goo.ne.jp/reforestation/e/222896534afa9517f2d8a7112b7a2e89
    代替案のための弁証法的空間  Dialectical Space for Alternatives

    輸入価格の高騰で高まる「食料安全保障」への関心 政府の食料自給率「2030年度45%」は空疎な目標か!?
    https://www.j-cast.com/kaisha/2022/05/25436720.html
    J-CAST 会社ウォッチ

    地域の実態見た農政を
    北海道農業会議 共産党に
    https://www.jcp.or.jp/akahata/aik22/2022-05-31/2022053105_01_0.html
    しんぶん赤旗

    基本法改正 2024年の通常国会めざす 森山元農相が講演
    https://www.jacom.or.jp/nousei/news/2022/05/220531-59198.php
    JAcom 農業協同組合新聞

    「自由貿易や規制緩和をもっとやった方が、食料安全保障は強化される」という主張もあるだろうけど、それは状況によるとしか言えない。逆に「保護主義や規制を強めた方が食料安全保障は強化される」場合もある。市場原理は万能ではないからだ。

    アダム・スミスが生きていた18世紀とかなら農産物の自由貿易推進の方が、多くの人間の飢餓防止に貢献すると言えたかも知れない。異論もあるだろうけど。しかしスミスがいた時代は世界の人口は10億人に満たなかったし、今に比べて自然の環境破壊も問題ではなかったはずだ。ついでにいうなら、スミスは株式会社の設立は限定的にすべきだと考えていた。
    国富論によると、スミスが株式会社がやっても良いと思う事業は、銀行業、火災や海難などに対する保険事業、帆行に関する掘割や運河の建設とその維持、大都市に水を供給する事業の4つで、しかもこれらについても、株式会社を設立することはかなり慎重的だった。スミスは株式会社が農業、農産物や食料を扱う事業を行うことは想定していなかった。

    そういう背景を考慮すれば、貿易の自由化や規制緩和の一辺倒ですべて上手くいくとは言い難いところだ。
  • No title
    2022/06/01 22:21
    くらしの安心を壊したのは誰だ
    http://hatarogu.blogspot.com/2022/05/blog-post_28.html
    はたろぐ

    ここまで地域を追い込んたのは誰だ
    http://hatarogu.blogspot.com/2022/05/blog-post_30.html
    はたろぐ

    自給率向上へ対策を
    市町村農業委が会長大会
    https://www.jcp.or.jp/akahata/aik22/2022-06-01/2022060105_02_0.html
    しんぶん赤旗

    日本共産党は共産主義から転換すべき時 起きぬ革命と党勢衰退
    https://mainichi.jp/premier/politics/articles/20220530/pol/00m/010/013000c
    毎日新聞

    サステイナブルな資本主義を実践する
    https://www.keidanren.or.jp/policy/2022/055.html
    一般社団法人 日本経済団体連合会

    日本の財界から、「市場原理主義や株主資本主義を優先しすぎたせいで、貧富の差の拡大し、自然環境や生態系が壊されてしまった」みたいな主張も出てくるようになった。それは基本的に良いことだ。

    しかし自由貿易体制の場合も、過度な市場原理主義や株主資本主義に取り込まれたりする。貿易の自由化というのは、その分市場を緩和させることになる。貿易協定の内容によっては、投資家の都合を優先しすぎの条項が設けられたりしている。
    自由貿易体制をもっと公平な意味での自由なものにしたいのなら、保護主義をある程度容認したり、労働者の都合も考慮しないとダメだ。
コメント投稿

トラックバック
    パンくずリスト
  • ホーム
  • »
  • 政治・経済・時事問題
  • »
  • 【ピックアップニュース】新型コロナウイルス!ワクチン接種者を「未接種扱い」で処理?データ改竄?ワクチンの効果に疑問符?厚生労働省「理由は不明だが意図的なものではない」!