fc2ブログ

【ピックアップニュース】新型コロナウイルス!日本呼吸器学会の報告!感染後長期間に亘って嗅覚や味覚の異常を訴えた患者は「10%余」に!オミクロン株で更に増加の可能性?コロナ予備費「12兆円」の「9割以上」は使途不明!原油高対策などに衣替えで使途拡大?

政治・経済・時事問題
constitutionalism_2022_04_28
※画像出典:東京新聞 TOKYO Web




ピックアップニュース!
























新型コロナ 後遺症対策 改善早く 2022.4.25!







このニュースについて!


日本経済新聞は新型コロナウイルス対策に用意した「総額12兆円」「予備費」の使い道について独自に調査しました。使途を確認できたのは8000億円強の「6.5%」「9割以上」は使途不明だった模様。これは緊急予算として組まれたもので国会審議を通さずに素早く使える資金です。

未知の感染症に対応する為に求められるのはスピード感です。一方で、その大半は使途不明になっていて日本経済新聞の記事は物議を醸しています。また、岸田政権は原油高対策などに使用できるように「衣替え」して予備費の使途を拡大する方針です。

日本呼吸器学会主催のシンポジウム「第62回日本呼吸器学会学術講演会」は、新型コロナウイルスの患者の後遺症や退院後の症状などについて報告しました。NHKの記事によれば、金沢医科大学の三輪高喜教授は去年5月までの3カ月間に入院した患者を調査、20代~50代までの207人の中で半年以上、嗅覚や味覚の異常を訴えた人は「12%」に上っています。

また、別の調査では「中等症以上の症状」になった患者の10%程度は退院後1年以上に亘って何らかの症状を訴えています。新型コロナウイルスの後遺症を巡っては初期の段階で指摘を受けていました。新たな変異株の出現で後遺症は長期化の傾向にあります。日本政府は医療機関と連携して後遺症の長期化を前提にした支援体制を構築するべきです。

ブログランキング・にほんブログ村へ

記事タイトルとURLをコピーする
コメント
コメント投稿

トラックバック
    パンくずリスト
  • ホーム
  • »
  • 政治・経済・時事問題
  • »
  • 【ピックアップニュース】新型コロナウイルス!日本呼吸器学会の報告!感染後長期間に亘って嗅覚や味覚の異常を訴えた患者は「10%余」に!オミクロン株で更に増加の可能性?コロナ予備費「12兆円」の「9割以上」は使途不明!原油高対策などに衣替えで使途拡大?