fc2ブログ

【ピックアップニュース】ロシア・ウクライナの「停戦交渉」は具体的な進展なし?住民避難用「人道回廊」の設置で合意!ロシア軍は100%近くの兵力を投入で戦闘激化!米英両国はウォロディミル・ゼレンスキー大統領の退避準備を完了!亡命政府で徹底抗戦を視野?

政治・経済・時事問題
constitutionalism_2022_03_08





ピックアップニュース!




































ゼレンスキー氏「誰も恐れない」9分のビデオで“居場所”明かす(2022年3月8日)!







このニュースについて!


2022年03月03日(木)。ロシアとウクライナの2回目の停戦交渉はベラルーシ西部のポーランドの国境付近で行われました。双方の代表団は戦闘地域の住民を避難させる為の「人道回廊」を設置する方針で合意、増え続ける民間人の犠牲者について両国の認識は一致していて前回に比べれば多少の前進です。

ウクライナ側の代表団は「住民が避難する地域では一時的に停戦する可能性がある」と述べたものの「期待した結果は得られなかった」として3回目に臨みを繋げました。停戦交渉中もロシアはウクライナ各地で激しい攻撃を続けています。

一方で、仏国のエマニュエル・マクロン大統領と電話会談したロシアのウラジーミル・プーチン大統領は「ウクライナの非武装化・中立化」の要求については妥協しない事を強調した上で「いかなる場合でもウクライナでの軍事作戦の目的は遂行される」と述べました。ゼレンスキー政権への軍事的な圧力を維持していく方針です。

2022年03月07日(月)(日本時間)。3回目の停戦交渉は具体的な進展はありませんでした。ロイター通信などの報道によれば、合意できたのは住民避難用のルートの確認程度、ロシア軍の完全撤退を求めるウクライナ側とウクライナの非武装化・中立化を求めるロシア側で対立、両国の要求はほぼ変わっていません。

ウクライナ側は「脱出ルートの運用面でやや進展はあったもののそれ以外の停戦などの問題は議論を継続する」と発表しました。ロシア側は「前回の交渉事項の合意文書を用意していたがウクライナ側は持ち帰り署名には至らなかった」と述べました。近日中にベラルーシで4回目の停戦交渉を行います。

米英両国は首都キエフの陥落に備えてウクライナのウォロディミル・ゼレンスキー-大統領の大統領の退避準備を完了、首都キエフ陥落後も亡命政権を樹立して臨時政府で徹底抗戦する事を視野にウクライナに提案しています。只、同氏は首都キエフを撤退する意向は無く現時点では亡命政権の樹立は不透明です。

一方で、米国の国防総省の発表によれば、ロシア軍は国境付近に集結させた約20万人の兵力のほぼ100%を投入しました。更に、シリアで兵士を募集、ミサイル攻撃の増強など主要都市への圧力を強めています。ウクライナ側は外国人傭兵部隊などを投入して軍を強化、これに対抗する構えです。

尚、この事態を受けて日本政府は首都キエフ⇒西部のリビウに臨時避難していた日本大使館の職員らを一時国外退避にする事を決定しました。リビウ連絡事務所は閉鎖せず最低限の機能は引き続き維持します。

ブログランキング・にほんブログ村へ

記事タイトルとURLをコピーする
コメント
コメント投稿

トラックバック
    パンくずリスト
  • ホーム
  • »
  • 政治・経済・時事問題
  • »
  • 【ピックアップニュース】ロシア・ウクライナの「停戦交渉」は具体的な進展なし?住民避難用「人道回廊」の設置で合意!ロシア軍は100%近くの兵力を投入で戦闘激化!米英両国はウォロディミル・ゼレンスキー大統領の退避準備を完了!亡命政府で徹底抗戦を視野?