fc2ブログ

【要警戒】憲法改正に現実味!岸田文雄首相「緊急事態条項」に言及!自民党は憲法改正推進本部を「憲法改正実現本部」に名称変更で本気度アピール!日本維新の会の大躍進で右派系野党に不穏な動き?

政治・経済・時事問題
constitutionalism_2021_12_01






■憲法議論活性化で一致 歳費法改正案、共同提出へ―維・国
https://www.jiji.com/jc/article?k=2021110900167&g=pol
時事ドットコム 2021年11月09日 12時38分


日本維新の会と国民民主党は9日、国会内で初の幹事長・国対委員長会談を開き、憲法議論の活性化へ連携していくことで一致した。両党は憲法改正論議に前向きで、衆参両院の憲法審査会の定例日開催を与党側に求めることも確認した。

日本維新の会&国民民主党「憲法議論活性化」で一致!


2021年11月09日(火)。日本維新の会と国民民主党は国会内で初の幹事長・国対委員長会談を開催、憲法改正議論の活性化について連携していく事で一致しました。両党は憲法改正に前向きで衆参両議院の「憲法審査会の定例日開催」を与党側に求めていく方針です。

この会談は日本維新の会の呼び掛けで実現しました。右派政党の中では良識的だった国民民主党は急速に自民党の補完勢力に同調し始めました。非常に危険な流れです。尚、両党は新型コロナウイルスの感染拡大を受けて実施していた「国会議員歳費2割削減」の為に「歳費法改正案」を共同提出します。

■細田氏と海江田氏、改憲巡り温度差 衆院正副議長が就任記者会見
https://mainichi.jp/articles/20211110/k00/00m/010/269000c
毎日新聞 2021/11/10 20:26(最終更新 11/10 21:54)


細田博之元官房長官は10日の衆院本会議で議長に選出された。細田氏は同日の就任記者会見で、憲法改正について「できるだけ率直な意見交換をして議論が前向きに進むことが必要だ」と述べ、国会での議論の進展に期待を寄せた。

細田博之衆議院議長「憲法改正発言」で「越権行為」の可能性!


2021年11月10日(水)。衆議院議長に就任した自民党の細田博之氏は、憲法改正に前向きな「自民党」「公明党」「日本維新の会」「国民民主党」で3分の2議席を占めた事を踏まえて「国民世論もかなりの方が議論を望んでいる」「率直な意見交換をして前向きに進む事が必要だ」と述べました。

中立公平であるべき議長の立場で議論を促したのは大問題です。この発言を巡ってインターネット上では「越権行為」を危険視する声も上っています。また、これは「憲法尊重擁護の義務」を規定した「憲法99条」に抵触する可能性もあります。

■【独自】「緊急事態条項」創設を優先的に、自民・茂木氏が方針…改憲論議を加速
https://www.yomiuri.co.jp/politics/20211112-OYT1T50355/
読売新聞オンライン 2021/11/13 05:00


自民党の茂木幹事長は12日、読売新聞のインタビューに応じ、衆院選で憲法改正に前向きな日本維新の会や国民民主党が議席を伸ばしたことを踏まえ、改憲論議を加速し、緊急時に政府の権限を強化する「緊急事態条項」の創設を優先的に目指す方針を示した。

茂木敏充幹事長「緊急事態条項」の必要性強調!


2021年11月12日(金)。読売新聞のインタビューに応じた自民党幹事長の茂木敏充氏は「新型コロナウイルス禍を考えると緊急事態に対する切迫感は高まっている」「様々な政党と国会の場で議論を重ね具体的な選択肢やスケジュール感につなげていきたい」と述べました。

新型コロナウイルスの感染拡大に便乗して「緊急事態条項」を優先的に導入する考えです。マスコミ各社の世論調査によれば国民の半数以上はこれに「賛成」しています。茂木敏充氏の発言は非常に危険です。

■自民、憲法改正「実現」本部へ名称変更 本気度アピール
https://www.asahi.com/articles/ASPCM5678PCMUTFK014.html
朝日新聞デジタル 上地一姫 2021年11月19日 15時56分


自民党は19日、総裁直轄機関として設置している「憲法改正推進本部」を「憲法改正実現本部」に名称変更した。岸田文雄首相は憲法改正に意欲を示しており、党内の態勢を強化するとともに、「本気度」をアピールする狙いもある。

■自民、憲法改正「推進本部」を「実現本部」に…本部長に古屋圭司氏「覚悟を示していく」
https://www.yomiuri.co.jp/politics/20211119-OYT1T50242/
読売新聞オンライン 2021/11/19 22:00


自民党は2018年、〈1〉自衛隊の根拠規定の明記、〈2〉緊急事態条項の創設など4項目の改憲案をまとめている。先の通常国会では、改憲の手続きを定める改正国民投票法が成立し、10月の衆院選で日本維新の会など改憲に積極的な政党が議席を増やした。自民党内では「改憲に向かう環境が整った」(幹部)との期待が高まっている。

党は9日、改組前の憲法改正推進本部について、衛藤征士郎本部長の続投を決めたばかりだった。ただ、衛藤氏は改憲実現を目指す超党派の議員連盟設立に向けた動きを強め、党内で「独断専行だ」と批判が出ており、首相も周辺に不快感を示していた。

自民党総務会「憲法改正実現本部」の設置を了承!


2021年11月17日(水)。岸田文雄首相は憲法改正に向けて党の体制を強化、積極的に議論を進めるように指示しました。これを受けて自民党は憲法改正推進本部を「憲法改正実現本部」に改組する方向で調整に入りました。憲法改正に前向きな日本維新の会や国民民主党の要請を踏まえて論議を活発化させる考えです。

2021年11月19日(金)。自民党は同日の総務会で「憲法改正実現本部」を設置する事を了承しました。本部長には古屋圭司元国家公安委員長を起用します。憲法改正実現本部は党総裁直轄機関。岸田文雄首相は早期の憲法改正に意欲を見せていて「実現」という踏み込んだ表現に改めて本気度をアピールした形です。

憲法改正実現本部は、新型コロナウイルスの感染拡大で課題になった「緊急事態時の国の対応を規定する項目(緊急事態条項)」や公明党の提案したお試し改憲「環境権」など新たなテーマについて議論する見通しです。

岸田文雄首相は国会での議論に加えて「国民の理解」を重視しました。現時点では国民の意見を聞く姿勢を見せているので護憲派(慎重派)は憲法改正実現本部に意見必須です。





【再掲】護憲派は「憲法裁判所の設置」で積極的な議論を!


国会発議は現実味を帯びてきたので護憲派は攻めの姿勢で「憲法裁判所の設置」で積極的に議論に応じるべきです。これは必ずしもマイナスではありません。広範な違憲審査によって憲法判断の判例実績を積み上げる事で法運用を円滑に行えます。国民は自由にアクセスできるので憲法理念の認知と共に開かれた司法にできます。

【再掲】反表現規制派は「緊急事態条項」に「反対」を!


右派に票を投じる事の最大のデメリットはこれです。改憲勢力の3分の2議席を許してしまったのは由々しき事態です。反表現規制派は早急に憲法改正阻止に舵を切って「表現の自由への本気度」を示すべきです。

・緊急事態条項
・統治機構改革(道州制の導入)
・人権保障の基本原則(憲法12条)

表現の自由を含めた「基本的人権」の制約に繋がるもので自公維の利害一致で進む可能性のあるものは現時点でこの3点です。特に「緊急事態条項」による「私権制限」に関して改憲勢力の方向性は概一致しています。

まかり間違って「コンテンツ文化は現状維持で基本的人権は制限」を許せば反表現規制派は只のヲタク集団で終ってしまいます。二度と世論の支持を得られなくなるのでこれだけは「反対」を貫くべきです。

ブログランキング・にほんブログ村へ

記事タイトルとURLをコピーする
コメント
  • No title
    2021/12/02 12:29
    「お試し改憲」ではすまされない!? 危険で不必要な「国会議員の任期延長」
    http://www.magazine9.jp/article/other/29431/
    マガジン9

    憲法改正「緊急事態条項」は本当に必要なのか? 被災者を支援してきた弁護士が分析
    https://www.huffingtonpost.jp/2018/05/03/kinkyu-jitai-joukou_a_23426043/
    ハフポスト

    改憲草案の緊急事態条項は不要どころか有害極まりない
    http://ictj-report.joho.or.jp/1605/sp06.html
    情報労連

    自民党がその改憲案に最も危険な緊急事態条項・国民の基本的人権制限を盛り込む!
    https://blog.goo.ne.jp/raymiyatake/e/9c9f6d748a8ae2d23893300a5a3c3692
    Everyone says I love you !

    自民党の憲法「改正」草案の中で最も注意すべき「緊急事態条項」についてもう一度まとめます。
    https://blog.goo.ne.jp/raymiyatake/e/5367fdcb845e85ed6d6d5dca97a664f0
    Everyone says I love you !

    天賦人権論を否定した自民改憲案は、橋下徹氏に「悪夢」とまで言われた。
    https://togetter.com/li/942286
    Togetter

    「首相権限強化を」 改憲議論で意見続出 緊急事態条項
    https://mainichi.jp/articles/20170706/ddm/002/010/071000c
    毎日新聞

    憲法に明記されたものであろうと法律で定められたものであろうと、緊急事態条項=悪というわけではない。あくまでも濫用、もしくは悪用され易い内容の緊急事態条項がダメなのだ。2012年版の自民党改憲案の緊急事態条項がまさにそれで、改憲の議論が進まない原因は野党の態度だけではなく、あの危険な改憲案を破棄しない与党にもある。

    詳しくは、憲法学者である伊藤真と小林節による「自民党憲法改正草案にダメ出し食らわす!」を参照すれば分かりやすいと思う。ちなみに一番下のリンク先を読むと自民党内では、2012年版の自民党憲法改正草案の緊急事態条項を参考にした「首相の権限強化」の検討を求める意見もあるようだ。
    そもそもあの改憲案自体が、立憲民主主義を破壊したい願望の塊といえる。曲がりなりにも弁護士である橋下徹さんがあれを「悪夢」といったのは当たり前だ。
  • 右折か左折か、はっきりしてほしい
    2021/12/02 12:46
    >まかり間違って「コンテンツ文化は現状維持で基本的人権は制限」を許せば反表現規制派は只のヲタク集団で終ってしまいます。二度と世論の支持を得られなくなる

    まさにそのとおり。今だって、表現規制フェミニストやら、反表現規制派やら、どっちもどっちだし、どっちが憲法改正に擦り寄るんだろうかと、護憲派は興味深く眺めている。維新の手兵になったり、維新から冷たくあしらわれると自民党に潜り込んで議員になったり。そんな連中信用できるか?!という目で見ているのだからね。
  • No title
    2021/12/02 13:04
    木村草太氏の自民党改憲案「緊急事態条項」批判
    https://www.gosen-dojo.com/blog/16893/
    ゴー宣ネット道場

    「緊急事態条項」が不可欠な理由
    https://www.gosen-dojo.com/blog/26931/
    ゴー宣ネット道場

    憲法における緊急事態条項は、ようするに本来は、「立憲主義を壊さない範囲内での立憲主義の一時停止」をするものといえる。問題は自民党の改憲案が、「立憲主義を壊す可能性が高く、立憲主義の形骸化を引き起こすような代物」だからだ。憲法に緊急事態条項に関する条文を設けて、法律等による緊急事態条項の濫用を防ぐというまともな議論ならともかく、自民党にそんな常識的な議論はほとんど期待できない。
    国民民主党は与党と改憲の論議を行うつもりらしいが、自民党の改憲派が絶対に受け入れられないほど、限定的で発動条件の厳しい緊急事態条項を掲げないとダメだ。早い話自民党が、「もう国民民主とは改憲の議論をしたくない!」と思わせる必要がある。
コメント投稿

トラックバック
    パンくずリスト
  • ホーム
  • »
  • 政治・経済・時事問題
  • »
  • 【要警戒】憲法改正に現実味!岸田文雄首相「緊急事態条項」に言及!自民党は憲法改正推進本部を「憲法改正実現本部」に名称変更で本気度アピール!日本維新の会の大躍進で右派系野党に不穏な動き?