fc2ブログ

【野党共闘の行方は?】立憲民主党の代表選挙!新代表は泉健太氏に!決選投票で逢坂誠二氏を破る!党勢の立て直しに期待と不安交錯!

政治・経済・時事問題
constitutionalism_2021_11_30


■立民新代表に泉氏 党役員半数、女性を登用―共産との合意「存在せず」
https://www.jiji.com/jc/article?k=2021113000740&g=pol
時事ドットコム 2021年11月30日21時36分


立憲民主党代表選は30日、東京都内で開かれた臨時党大会で投開票され、決選投票の結果、泉健太政調会長(47)が逢坂誠二元首相補佐官(62)を破り、新代表に選出された。泉氏は直ちに党役員人事に着手。週内に骨格を固める。代表選で戦った3候補を起用するとともに、半数は女性とする方針だ。任期は2024年9月末まで。

■【詳報】立憲新代表・泉健太氏、代表選の他3氏を「執行役員に」
https://www.asahi.com/articles/ASPCY7KRMPCYULEI002.html
朝日新聞デジタル 2021年11月30日 18時53分


立憲民主党は30日の臨時党大会で、泉健太氏(47)を新代表に選出しました。衆院選で失速した野党第1党を立て直せるのか。逢坂誠二氏、小川淳也氏、西村智奈美氏との代表選の最後の論戦とともに、泉氏の新代表としての訴えを追いました。

■立民代表選、泉氏と逢坂氏の決選投票へ
https://www.sankei.com/article/20211130-LUL7JUTPSRPPPKRNYDNXKK4IXI/
産経新聞 2021/11/30 14:26


立憲民主党は30日の臨時党大会で代表選の投開票を行ったが、過半数を獲得した候補はおらず、泉健太政調会長と逢坂誠二元首相補佐官による決選投票が行われることになった。

立憲民主党の泉健太新代表が会見(2021年11月30日)!







党役員人事に要注目!


2021年11月30日(火)。立憲民主党の代表選挙。本日東京都内のホテルで開かれた臨時党大会で投開票されました。立候補者は、逢坂誠二元首相補佐官、小川淳也国会対策副委員長、泉健太政調会長、西村智奈美元厚労副大臣の4名です。所謂「ポイント制」で争われました。

1回目の投票では過半数に届かず上位2名の「決選投票」の結果、逢坂誠二氏を破って新代表に選出されたのは泉健太氏でした。同氏は直ちに党役員人事に着手。週内に骨格を固める方針です。代表選挙で戦った候補者3名に加えて若手を積極的に登用、半数は「女性」を起用します。

泉健太氏は衆議院京都3区選出で当選8回。旧国民民主党出身で国対委員長や政調会長を歴任。昨年9月の代表選挙で枝野幸男に敗れました。日本共産党と距離を置く人物で、国民民主党や日本維新の会との連携に前向きなコメントを出しました。任期は2024年9月末までです。

党勢の立て直しは困難?


個人的に是々非々の提案型野党は否定しません。特に「国民民主党」は右派の中では良識的なので野党の枠組の変化は歓迎できます。しかし、日本維新の会と足並みを揃えるのであれば「自民党の補完勢力」に堕ちる事を意味します。

同党は「立憲主義」「民主主義」「法治主義」など「政治の根幹に関わる部分」に関して徹底して自民党の暴走をアシストしてきました。憲法改正を含めて距離感に要警戒です。

一方で、立憲民主党もまたラディカル・フェミニズムに汚染されて政治の根幹に関わる部分に関して完全に壊れてしまいました。本多平直氏の離党、不平等なジェンダー平等政策、人権擁護(救済)法案の焼き直し改悪版のLGBT平等法、宗教右派の純潔思想を劣化コピーした刑法改正は最たる例です。

党勢を立て直すには「ラディカル・フェミニズムを標榜する活動家=フェミニズムの最前線」の影響力を薄めて「立憲主義と熟議を重んずる民主政治を守り育てる政党」に戻さなければなりません。立憲民主党の支持者や政権交代を望む有権者は特にこの辺りを意識して意見するべきです。

安易に「女性」という属性を強調した薄っぺらな党役員人事など不安要素は多いです。更に、根本的な問題で枝野幸男氏に比べて知名度の低さは否めません。選手層の薄さは深刻です。これは代表選挙の候補者全員に言える事です。政権交代を目指すのであれば立国は合流して「民主党」に戻すべきです。





表現規制への影響は?


泉健太氏は表現規制に賛成だったものの現在は軟化しました。少なくとも「法規制」に積極的なタイプではありません。しかし、立憲民主党は党全体で「ラディカル・フェミニズム」に汚染されています。所謂「キャンセル・カルチャー」に関してはガンガン意見していくべきです。

また、泉健太氏は代表選挙に先立って演説で「参議院選挙対策本部」の設置を表明しました。先の衆議院で落選した候補を年内に1次公認する方針を示しています。山花郁夫氏などを法務に強い人を政界に戻すチャンスです。

ブログランキング・にほんブログ村へ

記事タイトルとURLをコピーする
コメント
コメント投稿

トラックバック
    パンくずリスト
  • ホーム
  • »
  • 政治・経済・時事問題
  • »
  • 【野党共闘の行方は?】立憲民主党の代表選挙!新代表は泉健太氏に!決選投票で逢坂誠二氏を破る!党勢の立て直しに期待と不安交錯!