FC2ブログ

【#国民投票法改正案に抗議します】自公両党「国民投票法改正案」の今国会成立を目指す方針確認!憲法改正に「慎重」な人は積極的に「国民投票運動」の改善提案を! - 立憲民主主義と日本国民の安全を考える有志のブログ

【#国民投票法改正案に抗議します】自公両党「国民投票法改正案」の今国会成立を目指す方針確認!憲法改正に「慎重」な人は積極的に「国民投票運動」の改善提案を!

constitutionalism_2020_05_25

検察庁法改正案の見送りで舌の根も乾かない内に自公両党は「憲法改正」の手続きについて定めた「国民投票法」の改正案を今国会中で成立させる方針を改めて確認しました。与党は今国会初の「憲法審査会」の開催を提案。野党は条件付で応じました。同法改正案の「自由討議」を行います。不要不急の法案成立にウェイトを割く政府・与党にインターネット上は批判殺到しています。

■国民投票法改正案 自民・公明は今国会で成立の方針
https://news.tv-asahi.co.jp/news_politics/articles/000184296.html
テレ朝 news 2020/05/19 16:31


自民党と公明党の幹部が会談し、憲法を改正する際の手続きについて定めた国民投票法の改正案を今国会中に成立させる方針を改めて確認しました。 自民党・森山裕国対委員長:「5国会継続の扱いになっているのは立法府としていかがなものかなと思う。ぜひ、憲法審査会として結論を出して頂きたい」 改正案は、投票時間や場所などについて国政選挙の時と同様に拡大するものです。

■【政治】憲法改正、国民投票法改正が焦点 採決へ実績急ぐ与党、野党は警戒
https://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2020052401001383.html
東京新聞(TOKYO Web) 2020年5月24日 15時58分


国会は28日に今国会初の衆院憲法審査会を開き、憲法改正手続きを定めた国民投票法を巡って自由討議を実施する。2年近く前に国会提出されて以降、一度も質疑が行われていない国民投票法改正案の行方が焦点となる。採決に向けた実績づくりを急ぎたい与党に対し、野党は警戒。法改正実現となるかどうかは見通せない。

与党は2018年6月に提出した改正案について、共通投票所設置など投票の利便性を公選法にそろえる内容だとして「審議が尽くされれば採決するのは当たり前」との立場。28日の憲法審で改正案の内容を取り上げ、大きな問題点はないとアピールする構えだ。(共同)

Twitterの反応!








今国会初の「憲法審査会」に要警戒!


2020年5月19日(火)。国会内で会談した自公両党の幹事長と国会対策委員長らは新型コロナウイルスの感染拡大を受けて追加の経済対策を講じる為に「第2次補正予算案」の早期成立を図った上で「地方創生臨時交付金」について緊急事態宣言の継続している地域に重点的に上積みするように政府に求めていく事で一致しました。

また「衆議院憲法審査会」で継続審議になっていた「国民投票法改正案」について今国会での成立を目指す方針を確認しました。自民党の森山裕国会対策委員長は記者団に対して「5国会継続の扱いになっているのは立法府としていかがなものかなと思う」「憲法審査会として結論を出して頂きたい」 と述べています。

2020年5月20日(水)。自公両党は今週5月28日(木)に「衆議院憲法審査会」の開催を提案。立憲民主党など野党3党1会派(立国社)+日本共産党は安倍政権下の憲法改正に反対で「静かな環境」での議論を前提に与党の求める迅速な採決を拒否しました。一方で「検察庁法改正案」の見送りで国会は正常化、憲法審査会そのものに反対する理由はありません。

立憲民主党の安住淳国対委員長は「国民投票法案はまだ審議時間も十分でないのに採決なんて非常識極まる話だ」と批判していたものの最終的に与野党は合意しました。野党筆頭幹事で立憲民主党の山花郁夫氏曰く「採決を前提とした開催にしない」を条件に折り合いを付けた模様。今国会初の憲法審査会は国民投票法改正案の「自由討議」を行います。

6月17日(水)の会期末まで残り1カ月を切りました。政府・与党はこの間に新型コロナウイルスの対応で追加経済対策を盛り込んだ2020年度の「第2次補正予算案」の成立に最優先で取り組む方針です。審議を円滑に進める為に野党に協力を呼び掛ける中で強引な採決はし難い状況です。

今国会の成立は微妙な情勢ではあるものの依然として「発議」までを数で押し切れる状況に変りはありません。立国社+日本共産党は「緊急事態条項」については不必要で「国民投票のルール」「テレビ等のCM」「インターネット広告」については議論に応じるスタンスです。与野党対立の理由は「国民投票運動」です。

国民投票法の問題点!


現行の「国民投票法」では憲法改正の国会発議後に60日~180日の「国民投票運動期間」を設けていて「投票日2週間前」まで賛成又は反対に勧誘するCM(広告)を流せます。それ以降は「賛否を勧誘しない内容」であれば可能です。民放連は賛否の量的規制を「事実上困難」と否定している上にCMの効果は資金と広告代理店の力で決まります。

現時点で明確にルールを設けているのは「テレビ」だけで「新聞」「インターネット」については2週間前以降も規制はありません。更に「広告費用」に上限はなく「改憲派」は豊富な「資金」を武器に「あらゆるメディア」を使って勧誘し放題で圧倒的に有利です。

ハッシュタグ「#国民投票法改正案に抗議します」は多くの賛同を集めるTwitterデモに発展しました。しかし「国民投票法」は欠点も多く改正は必要不可欠です。自民党の改憲草案に反対の人達や護憲派はここを間違えてはいけません。

政府・与党はテレビ等のCMやインターネット広告の規制を拒否しています。ここは与野党に積極的に意見して「全てのメディアを対象に賛否両派で同時間帯に同量流す」を提案するべきです。本件に限っては只単に「反対」は悪手です。
ブログランキング・にほんブログ村へ このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事一覧
コメント
非公開コメント

評論家・中野剛志 収束後も国家の統制力は強化【衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち】(上)
https://www.jacom.or.jp/nousei/tokusyu/2020/05/200515-44313.php
JAcom 農業協同組合新聞

評論家・中野剛志 収束後も国家の統制力は強化【衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち】(下)
https://www.jacom.or.jp/nousei/tokusyu/2020/05/200515-44314.php
JAcom 農業協同組合新聞

藤井聡 京都大学教授 分散型国土確立しパンデミックと戦う【衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち】(上)
https://www.jacom.or.jp/nousei/tokusyu/2020/05/200518-44364.php
JAcom 農業協同組合新聞

藤井聡 京都大学教授 分散型国土確立しパンデミックと戦う【衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち】(下)
https://www.jacom.or.jp/nousei/tokusyu/2020/05/200518-44363.php
JAcom 農業協同組合新聞

日本は感染爆発回避 医療は逼迫、脆弱さも露呈
https://r.nikkei.com/article/DGXMZO59550320V20C20A5EA2000
日本経済新聞

2020-05-26 12:03 from 12434 | Edit

ナイジェリア空軍がボコ・ハラムの拠点を空爆 135人死亡
https://jp.sputniknews.com/incidents/202005247479228/
Sputnik 日本

難民キャンプや紛争地、感染爆発の懸念
https://r.nikkei.com/article/DGXMZO59390830R20C20A5910M00
日本経済新聞

「ゲーム条例」めぐり高校生と母親が香川県を提訴へ「自分でやる」
https://news.livedoor.com/lite/article_detail/18268273/
ライブドアニュース

「科学的正当性ない」 ゲーム条例高松の親子提訴へ 知事「コメント控える」
https://mainichi.jp/articles/20200520/k00/00m/040/043000c
毎日新聞

大館市のネット・ゲーム規制条例、一時策定凍結へ 香川県の違憲訴訟受け「経緯見守りたい」
https://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/2005/21/news081.html
ねとらぼ

この訴訟に対して批判もあるらしい。賛否両論あるのは致し方ないとは思う。

2020-05-26 12:03 from 12434 | Edit

緊急事態解除目前でも安倍政権に逆風、コロナ禍の指導力に疑問の声も
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2020-05-24/QAPHI4T0AFBB01
ブルームバーグ

WHO「日本は成功」も感染者発見など措置継続を 新型コロナ
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200526/k10012444921000.html
NHK NEWS WEB

新型コロナ 従業員休ませる中小の製造業 前月比で約6倍に急増
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200525/k10012443921000.html
NHK NEWS WEB

パチンコ店 全国で85店が倒産や閉店 新型コロナの休業要請
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200526/k10012444891000.html
NHK NEWS WEB

社会主義ですか? 日本の10万円給付に中国人が驚愕
https://jbpress.ismedia.jp/articles/-/60416
JBpress

社会主義を採用しないと生き残るのは難しいのかもしれません。

2020-05-26 12:04 from 12434 | Edit

「種苗法」の議論を 「新世紀JA研」「種子を守る会」が呼びかけ
https://www.jacom.or.jp/noukyo/news/2020/05/200522-44469.php
JAcom 農業協同組合新聞

主張
種苗法改定案
農・食のあり方変質させる危険
https://www.jcp.or.jp/akahata/aik20/2020-05-23/2020052301_05_1.html
しんぶん赤旗

柴咲コウも危惧 「種苗法改正案」の問題点を元農水相が解説
https://www.news-postseven.com/archives/20200526_1565734.html
NEWSポストセブン

今私たちに何ができるか、種苗法改定についての私の呼びかけ動画です。
https://ameblo.jp/yamada-masahiko/entry-12599347151.html
山田正彦 オフィシャルブログ

惨事便乗型資本主義を終わらせよう コロナ禍の中での種苗法?
https://blog.goo.ne.jp/reforestation/e/939def0f130ebd20bd0b69adc63ea3f4
代替案のための弁証法的空間  Dialectical Space for Alternatives

2020-05-26 12:05 from 12434 | Edit

緊急事態宣言と第二次補正予算
https://ameblo.jp/takaakimitsuhashi/entry-12599552496.html
三橋貴明オフィシャルブログ「新世紀のビッグブラザーへ blog」

1・2次補正予算、事業費200兆円超 首相「空前絶後の規模で経済守る」
https://jp.reuters.com/article/amp/idJPKBN23114D
ロイター

緊急事態宣言完全解除でも拭いきれない「コロナ不況」3つの懸念
https://maonline.jp/articles/3reasons_tokyo_bankruptcy_after_emergency200525
M&A Online

コロナ大恐慌後、日本を襲う最悪のシナリオとは
https://president.jp/articles/-/35618
PRESIDENT Online

アングル:次のWTO事務局長、保護主義台頭で求められる胆力
https://jp.reuters.com/article/amp/idJPKBN22Y12F
ロイター

保護貿易に問題がないとはいわないが、それを頭ごなし否定し続けた結果が排外的な保護主義の台頭だ。こうなると、今までの自由貿易体制は明らかな失敗だとしかいえない。

2020-05-26 12:07 from 12434 | Edit

WHO事務局長、日本の新型コロナ対策を評価
https://jp.sputniknews.com/covid-19/202005267485571/
Sputnik 日本

抗マラリア薬のテスト実験 WHOが中止 高い死亡率
https://jp.sputniknews.com/covid-19/202005267485210/
Sputnik 日本

武漢の感染症医ら ウイルス研究を今後も続ける
https://jp.sputniknews.com/covid-19/202005267485509/
Sputnik 日本

フランスの新型コロナ景気対策 4500億ユーロ規模に
https://parstoday.com/ja/news/world-i62009
Pars Today

シリアで復興とポスト・コロナを見据えた新たな動き
https://news.yahoo.co.jp/byline/aoyamahiroyuki/20200526-00180343/
Yahoo!ニュース

2020-05-26 12:07 from 12434 | Edit

【ダメだ】三原じゅんこ氏が誹謗中傷対策の座長じゃダメだ
http://xn--nyqy26a13k.jp/archives/56579
健康になるためのブログ

この問題については、とにかく石橋叩き割るくらいの慎重な議論が長く必要です。禁止される対象が、変に拡大されるような事態とかは危険です。
特に気をつけるべきなのは、公人に対するそれについてです。もちろん相手が公人だからといって、どんな攻撃的な批判等をしていいことではないです。しかし、だからといってそれを拡大解釈して、やたら封じ込めたりすることは間違っています。繰り返しますが、この問題については石橋叩き割るくらいの慎重な議論が必要です。

2020-05-27 13:09 from 12434 | Edit

トラックバック
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 立憲民主主義と日本国民の安全を考える有志のブログ All Rights Reserved.