FC2ブログ

国連ユニセフも日本ユニセフも同じ穴の狢 - 立憲民主主義と日本国民の安全を考える有志のブログ

国連ユニセフも日本ユニセフも同じ穴の狢

クローズアップ2009:児童ポルノ禁止法改正案 「単純所持」巡り平行線

>日本で単純所持が処罰されない現状は、児童ポルノが商品として国際市場に出回る結果につながっている。
>今や自分の部屋で携帯電話で他国の子の性虐待画像を見ることができる。
>画像の世界的拡散を防ぐには、各国間の協力でさらに抜け穴をふさぐ必要がある。
>そもそも児童を性的対象とみて搾取する行為は、日本が選択議定書を批准した子どもの権利条約に反する。


というかね。
じゃあ、所持禁止じゃなくてもいいでしょ?。
収得禁止でも市場には出回らないじゃないですか?。

>漫画などで児童を性の対象とすることも容認できない。
>表現の自由を尊重するあまり、子どもを性的な対象とすることを許せば、
>子どもの人権を深刻な危険にさらす。日本政府の取り組みに期待したい。


深刻な危険にさらす根拠を出せ!。
意味も分からない感情論じゃなくてね。
憲法は感情論より重いんですよ。
「危険にさらすかもしれない」から規制は論外。
まして二次元の所持禁止などユーザーに対する人権問題以外何ものでもない。

相変わらず問題点は一切無視の改悪推進記事。
まあ、この記事自体はどうでもいいんですがw。

重要なのは国連ユニセフも日本ユニセフも「創作物含め」推進派ということ。
日本ユニセフが偽ユニセフとかはこの件には大した問題じゃない。
いずれのユニセフにも金を渡す事は、規制を推進してるのと同じと思ったほうがいいです。


国連ユニセフも日本ユニセフも同じ穴の狢。
空想と現実の区別が付かないキ○ガイの集りということです。


たちばな書店・秋葉原店が警察の捜査を受けたという情報に関して。
26日の審議の前日にこんな事がありました。

国策捜査でしょう。
これは怖い話ですよ。
与党案可決後はこんな事が我々の身にも起こる。
警察がどのように「児ポ法」を使おうとしてるかよく分かります。

かつて、後藤啓二が「民主党案」には反対してました。
なるほど、元警察からすれば当然だ。
民主党案では、今回のような感じでは使いにくい。

今回の捜査は「猥褻物頒布罪」での摘発でしょう。
雑誌にも広告打ってる店が堂々と「児童ポルノ」売ってるわけないですしね。
「力武靖」の作品らしいです。
いわゆる「擬似ロリもの」のAVに難癖付けたわけだ。
本物の「児童ポルノ」が出てくればしめたものですから。

児ポ法の改悪支援だった間違いない。
秋葉原店ですから。
「秋葉原で堂々と児童ポルノが売られている」という規制派のウソを証明したように見せるため。

因みに「猥褻物頒布」ですと「社会的法益」になるのでは「児ポ法」とは関係ありません。
規制派は論点をすり替えて攻めて来るでしょう。

「たちばな書店」と「力武靖」のリンク貼ろうと思いましたけど。
18歳未満の人も見てるかもしれないんで「知りたい人はググって」と言っておきます。

エロゲーメーカー「minori」のHPが海外からのアクセスを拒否したようです。
minori、海外からのアクセスを拒否へ

もちろん、イクオリティ・ナウによる文化テロ
レイプレイの事が原因です。

このアクセス拒否について国内外から賛否両論のようですが。
私は全面的に賛成ですよ。

というよりですね。
国内の二次元エロに拘るサイト(BBS含め)は、全て海外からはアクセス拒否するべきだ。
もちろん、二次元文化を守るため。
「鎖国」上等です。

レイプレイの件も児ポ法の件も「国際問題」の"ように"見せかけての圧力による規制が一番反対しにくい。
「海外からの批判」と言われると、無条件で言うことを聞くクズみたいな議員ばっかりですからね。
ならいっそのこと、国内だけで楽しめるようにするべき。
国内の問題なら反対もしやすい。
ブログランキング・にほんブログ村へ このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント
非公開コメント

No title

Yahoo!トップにやっと改悪児ポ法与党案の問題点(?)が書かれたようです。
J-CASTにも同じものが
http://www.j-cast.com/2009/06/29044242.html
今更遅ぇんだよ! って話ですね。
まあ少しでも反対派が増えてくれると嬉しいのですが

2009-06-30 00:10 from Seven | Edit

No title

Sevenさん。
情報どうもです。
Yahooの方も見てきましたよ。
いやぁ、相変わらず無関心&楽観視の多いこと、治安維持法だと言ってた人が数人いましたけど。
問題意識なさすぎです(苦笑)。

2009-06-30 01:19 from 水無月(管理人)

トラックバック
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 立憲民主主義と日本国民の安全を考える有志のブログ All Rights Reserved.