FC2ブログ

【深刻】日本経済「破綻確実」の情勢?内閣府「月例経済報告」の景気判断「急速に悪化」に下方修正!リーマン・ショック以来10年11カ月ぶりの衝撃!

政治・経済・時事問題
constitutionalism_2020_04_24

新型コロナウイルスの感染拡大による世界経済の停滞を受けて、安倍政権は関係閣僚会議で纏めた4月の「月例経済報告」で景気現状についての判断を「急速に悪化しており極めて厳しい状況にある」としました。先月に続いて2カ月連続の「下方修正」で景気判断に「悪化」の表現を入れたのは「リーマン・ショック」以来で10年11カ月ぶりです。

■月例経済報告(令和2年4月)
https://www5.cao.go.jp/keizai3/getsurei/2020/0423getsurei/main.pdf
内閣府 令和2年4月23日


■政府、景気判断11年ぶり「悪化」リーマン・ショック以来 新型コロナ
https://mainichi.jp/articles/20200423/k00/00m/020/166000c
毎日新聞 2020年4月23日 17時44分(最終更新4月23日21時41分)


政府は23日発表した4月の月例経済報告で、国内の景気判断を2カ月連続で下方修正して「新型コロナウイルス感染症の影響により、急速に悪化しており、極めて厳しい状況にある」と表現した。感染拡大で経済活動が急速に縮小しているためで、月例経済報告で「悪化」と表現されたのは、リーマン・ショックの影響があった2009年5月以来、約11年ぶり。

Twitterの反応!








新型コロナウイルスは体のいい言い訳に?


2020年4月23日(木)。首相官邸で「月例経済報告等に関する関係閣僚会議」を開催。安倍晋三首相は4月の「月例経済報告」で景気現状についての判断を「景気は新型コロナウイルス感染症の影響により急速に悪化しており極めて厳しい状況にある」と述べました。新型コロナウイルスの感染拡大による世界経済の停滞を反映した形です。

具体的な14項目の内「個人消費」について「感染症の影響により急速に減少している」と2カ月連続で下方修正しました。大型連休期間中の新幹線や特急列車の予約は前年比で10分の1程度まで減少するなど「外出自粛要請」の影響は一段と鮮明になっています。

また「輸出」「この処減少している」として1年3カ月ぶりに「企業の生産」「減少している」として4カ月ぶりにそれぞれ下方修正しました。世界的な需要減や部品供給の停滞の影響による「自動車」「生産」及び「輸出」は大きく落ち込んでいます。

更に「雇用情勢」について「求人数」「今年2月以降減少の幅が拡大している」として「足元では弱い動きがみられる」と2カ月連続で判断を下方修正しました。特に「サービス業」は営業時間の短縮や客足の減少などで従業員を減らしている傾向にあります。既に夜間~深夜の求人は激減しています。事態は非常に深刻です。満足な補償制度もなく今のままでは「生活破綻者」は続出します。

月例経済報告に「悪化」の表現を入れたのは「リーマン・ショック」以来で10年11カ月ぶりの大幅な下方修正です。日本経済は新型コロナウイルスの感染拡大に伴う経済危機の以前にアベノミクスの失敗⇒消費税増税でボロボロです。政府・与党は景気悪化について体のいい言い訳を手に入れました。新型コロナウイルスの影響で言い逃れされないように国民は冷静に見極めなければなりません。

ブログランキング・にほんブログ村へ

記事タイトルとURLをコピーする
コメント
コメント投稿

トラックバック
    パンくずリスト
  • ホーム
  • »
  • 政治・経済・時事問題
  • »
  • 【深刻】日本経済「破綻確実」の情勢?内閣府「月例経済報告」の景気判断「急速に悪化」に下方修正!リーマン・ショック以来10年11カ月ぶりの衝撃!