FC2ブログ

与党の参考人はやっぱりアグネスでした - 立憲民主主義と日本国民の安全を考える有志のブログ

与党の参考人はやっぱりアグネスでした

児童ポルノ改正審議 アグネスさんら参考人質疑
http://www.sponichi.co.jp/society/flash/KFullFlash20090625112.html

与党のクズ共、やっぱりやりやがった。
これで、感情論→泣き落とし→与党案可決、の可能性は高まった。

慎重派の参考人、宮台氏は招集されるんでしょうか?。
それ次第ですね。
そして、慎重論を理解するだけの頭が議員達にあるかどうか。

メールだけでも各政党に送ってください。
手紙とかは間に合いませんからね。

与党にはハッキリ「改正反対」と送ってください。

何度も言っとくけど。
二次元だけじゃなく、「エロ表現全般」ヤバイですからね!。
当然、二次元ならエロ・萌え問わず規制です。
男なら反対しとけ。

与党案可決なら、これら創作物の規制は、ほぼ決定的ですから。
次回で規制となったら、1万や2万の反対署名じゃ効果無いくらい危機的状況ですよ!。

ブログランキング・にほんブログ村へ このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント
非公開コメント

No title

ほんといやなことばかりですね・・・・
痛車も警察に追い回される時代来たかな?
あとにくやさいいためさんのブログですが
がんばってるみたいですよ!
http://nenkansyokudou.cocolog-nifty.com/

2009-06-25 22:42 from rx−dt909 | Edit

No title

アグネス登場ですか...何ですか、この出来レースは。もーいや。
あと、今日は朝日、毎日、読売、産経、日経全部の朝刊全部をチェックしてみます。
恐らく、今日の審議に関してはどこも偏向した報道だと思いますけど。

2009-06-26 01:30 from mikan3rd

No title

新聞は今日26日のより、明日27日の方に取り上げられのではないですかね。自分も今日明日は図書館に行ってチェックしようと思います。
規制派は新聞に載せることで世論にアピールする訳ですけど、考えようによってはそれは必ずしも規制派に有利となるとは思えないです。
とゆーのも、この法案の話って本当に知らない人や関心の無い人が多いと思うんですよ。当事者も含めて。自分の周りでも名前は聞いた事あるけど、中身は知らないって人が現状多数です。そして、多分皆さんも同じ経験が有るのではないかと思うんですが、反対の意見を送ったりしようと言っても結局は、誰かが止めてくれるとか考えすぎだよとかそんな暇じゃねと言われる始末で。
なので、そーゆー人達も自分の首がギロチン台にかけられようとしてるってことに気づいて、さすがに行動してくれるんではないかと思います。ここでなんとかしないと後は三年後に落ちてくるギロチンを、首穴に頭つっこんでただ待つしかないんだってことを気づかせてくれると信じたいです。 
アウターゾーンをノン・フィクション漫画にしたかないです。ほんとに。

2009-06-26 05:25 from PIN

【児童ポルノ法審議】法務委員会中継実況スレ ☆19
http://atlanta.2ch.net/test/read.cgi/kokkai/1245999277/
恐らく無事終了。
保坂さんに神が降りたみたいです。
アグネスは自爆。
これはもう感謝です。
でも規制派がいる限り危機は去らないんでしょうねぇ…ハァ…
http://www.47news.jp/CN/200906/CN2009062601000861.html
アグネス必死です。

2009-06-26 16:27 from Σ | Edit

私がチェックしていた人が参考人として呼ばれていた(女性の弁護士の方)

私の過去の発言を読み直してみたら、今日の参考人の女性弁護士の話をしていた。ちょっと手を入れて再掲してみます。
断片的になるのは少し我慢して欲しいです。規制の強化をするよりケアを充実して欲しい、事件は現場で起こっている、というのは今年の年頭に当たってこの問題の解決のキーワードとして私が思ったことです。
児童ポルノの問題とか性犯罪の問題はキリスト教の世界にも存在します。たとえばこういう本がキリスト教書店から出版されています。
STAND―立ち上がる選択 大藪順子著 いのちのことば社刊行
この本が出た時、出版社の書評をしたのが、
弁護士/NPO法人カリヨン子どもセンター理事長、の方ですが、この方、今日、国会の法務委員会で参考人として発言されていましたね。NPO法人カリヨン子どもセンター理事長、とは何であるかを調べていくとこういうサイトにぶつかります。
■カリヨン子どもの家
http://arc.txt-nifty.com/arc/2004/05/post_21.html
NPO法人カリヨン子どもセンター
http://www.h7.dion.ne.jp/~carillon/
NPO法人カリヨン子どもセンター、のような組織をきちんと国家レベルが支援できる(利権絡みでなく)ことこそが私が言うところの、ケアの充実、なのです。児童ポルノを既存の法律体系を捻じ曲げてまで規制したところでさしたる意味がないのは明らかです。こういうケアを無視して何も子どもを守ることにはなりません。現場がどうなっているかをきちんと理解しなければ対策は打てません。児童ポルノに限らず、性犯罪全般は現場で起きているのであって法務委員会やPT案を決める人たちの話し合いの場で起きているのではありません。
「Nobody is perfect!」ということば(主張)を最近知り、とても気に入っている。
誰も完全ではない(完全な人は誰もいない)という主張は、クリスチャンが聖書で教えられる人間観とも合致し、クリスチャンでない人にも(もともとこのフレーズはクリスチャンでない人が言っていた主張です)理解しやすい主張です。
その一方で、人は(日本人は)とかく全てを知り得ると考え、全てをできると考える完全主義の傾向を持っているようで、人は知識においても行動においても不完全であるという、ごく当然のことを忘れがちです。現代人が知り得ていない知識は山ほどあるし、物事を完全にできる人もいない(嘘を一生言わない人も、一生に1つのミスもしない人もいる訳はないことくらい誰でも知っている)のに、物事を完全にできるような人間だけがいる社会を目指している人たちが、権力を持っている人や、その周囲の人々に多い(政治に関与している幾つかの宗教的な圧力団体、その団体と密接に関与している政治家・官僚たちなど)。多いだけでなく、そういう人たちが自分たちより若い世代に対して「今時の若い者は」などと精神主義を持ち出し、その精神主義を政策に反映させようとしている結果が、幾つかの若者対象として成立した法律や通達の類(青少年インターネット規制法案、改正教育基本法、10・23通達(日の丸、君が代の強制(明確な憲法違反(人権侵害))))や、法律や通達として実現しそうな一連のネット叩き、若者叩き、サブカルチャー叩き、詰め込み教育への回帰、などは、およそ現場の現実を知らない人たちが机上で妄想しただけの代物なのに、それらの机上の妄想を法案化して規制しようなど狂気の沙汰としか言えません。そんなことを人々に言えるほど政治に関与している幾つかの宗教的な圧力団体、その団体と密接に関与している政治家・官僚たちは聖人君子だけの集まりなのでしょうか?
自分たちが若者に、聖人君子になれ、と言えるような立派な人たちばかりなのでしょうか。
「Nobody is perfect!」とは、その点のおかしさを指摘したことば(主張)なのです。
不完全な人を排除したら、日本には1人の人もいなくなるのです。それが分からない人が権力・影響力を持っている現代日本の未来は暗いです。
最後にパロディを2つ。
「事件は国会で起こっているんじゃない。実際に児童が被害に遭っている現場で起きているんだ。」
「屏風から虎を出してくれたら虎を捕まえましょう。描いた絵では生きていませんから捕まえられません。」

2009-06-26 21:40 from one_christian1961

No title

rx−dt909さん。
近々そのブログリンクさせてもらおうと思ってます。
mikan3rdさん。
偏向してるでしょうね。
もしかしたら、野党の批判に使うかも?。
PINさん。
アウターゾーン懐かしいです。
ありましたねそんな話。
まさにそんな状況になろうとしてるんでシャレにならないです(苦笑)。
また、あくまで個人的な意見ですけど。
新聞を読んで危険性まで理解する人は、ほぼいないと思いますよ。
みんな、アグネスには弱いですからね。
比較的若い世代なら分かってくてるかも?、ですが。
Σさん。
とりあえず今日は大丈夫だったですけど。
アグネス怖かったですよ。
何かに取り付かれてるようだった。
one_christian1961さん。
>「事件は国会で起こっているんじゃない。実際に児童が被害に遭っている現場で起きているんだ。」
>「屏風から虎を出してくれたら虎を捕まえましょう。描いた絵では生きていませんから捕まえられません。」
正論すぎて言葉もありません。
与党の連中にも聞かせてやりたいです。
ところで、カリヨン子どもセンターの人って、一場弁護士のことですよね?。

2009-06-27 00:27 from 水無月(管理人)

No title

今回の審議は何とか無事に終わりましたね。保坂さんと枝野さんの独壇場で
すごかった。このまま押し切ってもらいたいですね。参考人として出席した一場
弁護士や田島氏もお見事です。的確に現行法の問題点を指摘し、与野党双方
の提出案が持つ問題点も指摘する。鑑って奴ですね。
意外に面白かったのは小宮山議員ですね。獅子身中の虫かもしれませんが、
話術は巧みなことは確かで話はし易いと思います。遠回しにアグネス氏にお説教
してましたよ(爆笑)。ですけど、余計なことは喋るなよと釘は刺しましょう。
それに比べて、与党側の応対の悪さったら。葉梨議員は人を人とも思わない
独善を振りかざし、丸谷議員は泣き落とすわ審議中に携帯を弄るわでマナーが
悪いったらありゃしない。公明党のもう一人の議員は存在感が薄すぎて印象に
残らない。
そして何より、アグネス氏。あの身振り手振り、立ち居振る舞い、言動。人間として
品位がなさすぎ。もうあれで彼女は孤立するでしょうと私の例の知人は言っております。
与党からしてみれば規制推進の宣伝広告にするつもりだったんでしょうが、思わぬ形で
地雷を踏まされてしまったか?お気の毒(棒読み)
最後なんですけど、早川さんのことはそっとしてあげてください。一言も言わせて
貰えず、黙って座っているのはそれなりに苦痛だ、とか(そして何より無様で痛々しい
与党議員の姿を見せ付けられたら…嫌だろうなぁ)。

2009-06-27 00:43 from 訳アリの匿名希望 | Edit

ここに名前がありますね

http://www.h7.dion.ne.jp/~carillon/
> 理事 一場順子

2009-06-27 00:47 from one_christian1961

訂正

http://nakamura.seikatsusha.net/back/item/all/1225956122.html
> 社会福祉法人カリヨン子どもセンターの活動について、理事の一場順子さんからビデオ上映と子ども達の現状が報告されました。

2009-06-27 00:53 from one_christian1961

トラックバック
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 立憲民主主義と日本国民の安全を考える有志のブログ All Rights Reserved.