FC2ブログ

成功確率が1%の計画は100回やれば1回は成功する - 立憲民主主義と日本国民の安全を考える有志のブログ

成功確率が1%の計画は100回やれば1回は成功する

鳥山仁さんのサイトより転記。
読売新聞が、天皇制をレイプと同一視する極左団体の主張に全面同意している件について(6月26日の児童ポルノ禁止法改正案審議に伴う最終攻勢案)

転記開始。

~前略~

で、このしつこい性格を児童ポルノ禁止法反対運動に活用(?)してきたワケですが……ついに来ちゃいましたね。ジャッジメント・デイが。すでに規制反対派の諸ブログで発表されているので今更になっちゃうんですけど、6月26日に自民党・公明党・民主党の3党で、児ポ法改正案の審議入りが決定致しました。

この改正案の最大の争点は児童ポルノの単純所持罰則化で、自公案・民主案の双方に含まれている点なんですけど、自民・公明の改正案の第二条には、

2 児童ポルノに類する漫画等の規制及びインターネットによる閲覧の制限については、この法律の施行後三年を目途として、前項に規定する調査研究及び技術の開発の状況等を勘案しつつ検討が加えられ、その結果に基づいて必要な措置が講ぜられるものとする。

 (調整規定)

というのがありまして、自公案がまるまる通過してしまうと、児ポ法が改正される三年後には、確実にマンガ・アニメ・ゲームにおける18歳未満に「見える」ポルノ表現の規制が決定的になります。


これを後押ししているのが読売新聞6月21日の社説で


--------------------------------------------------------------------------------

児童ポルノ 与野党で法案の一本化を急げ(6月21日付・読売社説)

(前略)

最近は、少女らをレイプして妊娠・中絶させる過程を疑似体験する日本製パソコンゲームソフトが国際的に出回り、英国議会などで批判された。

この問題を受けて業界団体は、性暴力を扱うゲームソフトの製造販売を禁止することを決めた。

児童ポルノのゲームなどに対する規制も、与党案は今後の検討課題として盛り込んでいる。「表現の自由」とのかねあいもあるが、児童保護の観点から積極的に議論すべきだ。

--------------------------------------------------------------------------------

と書いており、敵さんが何を狙っているのかが丸わかりで、面白くて仕方ありません。読売の社説で攻撃対象になっている『レイプレイ』を糾弾している、APPのような極左団体が、

天皇のような差別的・特権的・反動的地位に就く権利というのは基本的に、レイプ権に近い差別的特権的「権利」であると思います。

などと、公然と天皇制=レイプ権などと電波をかっ飛ばしているのに、それを無視して同調する保守系の政治家やマスコミって、一体どんな存在意義があるんでしょうか? まあ、彼らにとっては極左団体よりもキモオタを社会的に抹殺する方が、社会衛生上好ましいってことなんでしょうね。


ちなみに、このブログでイクォーリティ・ナウやAPPを「反日」と書いたところ、「そういう言い方をするのは如何なものか」という書き込みを幾つかいただきましたが、事実は事実なんで変えるつもりは全然ナッシングです。

天皇制廃止を政治的課題に掲げるのと、天皇制をレイプ権(なんじゃそりゃ)と同一視するのはまったく別の話です。それが分からないというのであれば、正直言って狂っているとしか評価のしようがありません。私が極右団体を煽ってるんじゃないかという懸念があるようですが、そういう問題じゃないのはAPPの主張を見れば分かるでしょ? これ、完全な関連妄想ですよ。

相手が精神病患者や人格障害者なので理性的な呼びかけが通用しない、という事態をシミュレーションできないのは、理性的に振る舞おうとする人間の悪癖です。こういう、現実とは乖離した妄想はすぐにでも修正して下さい。この世にいる人間全てが正常だという前提条件は、ただのファンタジーに過ぎないんですよ。狂っている人間に限って「俺は悪くない。社会が悪いんから上手く物事が進まないんだ」という妄想に駆られて政治的な介入をしたがるのが現実なんです。

で、こうした状況に対抗する方法なんですが、まず黙っていて自民党案を民主党が丸飲みしたら、3年後には確実に二次元系の18歳未満に「見える」キャラクターによるエロ描写が、ほぼ全面禁止になるということは頭にたたき込んでおいて下さい。

忠告はしたからね! 忠告は!


でも、それでも黙っていたいというのであれば、それはそれで一つの選択肢なんで、ああだこうだ言うつもりはまったくありません。

じゃあ、行動するなら何をすればいいかですが、既に『選挙に行こう』が書いているとおり、現状では26日の審議会が始まるまでに、この審議会に参加する野党の法務委員会所属議員に、葉書かメールで要望書を送るのが優先順位の第1位となると思われます。ファックスでの送信は厳禁で、これは威力業務妨害で訴えられる危険性があります。また、封書で送付された場合は、封を切らずに捨てられるおそれがあるので、これもやらない方が無難です。

書面の内容ですが、

1)挨拶
2)自分の氏名、職業
3)本文

6月21日付の読売新聞の社説を読んで、お手紙をお送りさせていただきます。児童ポルノ禁止法は、個人法益を対象として成立したにもかかわらず、実在する被害者児童の救済は制定後10年を経過した現在もまったく行われていません。従って、事実上の所轄となっている警察庁から、専門的見地を有する厚生労働省の所轄に移すよう明文化すべきです。同時に、この法律を第一条の趣旨に真っ向から反する、社会法益実現の為の法律へ180度の転換を図る、第二条2項の予備調査を含む与党案には、断固として反対します。
という感じになります。

葉書は可能な限り手書きが好ましいと言われていますが、悪筆の場合は印字の方がまだ読めますので、必ずしもこだわる必要はありません。印字の場合は、法律関係の文書が12ポイントのフォントサイズを基本としているので、これに従って文字の大きさを決めるのがよいと思われます。ただし、署名のみは直筆でお願いします。

また、特にメールの場合ですが、画像の添付は二次元、三次元を問わず厳禁です。これをやったせいで、どんだけ規制反対派にダメージを与えてしまったかは、繰り返しになるんですけど明記しておきたいと思います。あ、後はアニメとかマンガの話もできれば止めてください。そこんとこ、よろしくお願いします。

メールの送り先に関しては、『選挙に行こう』を参照してください。野党の法務委員所属議員が送付対象です。

次にプライオリティの高い活動ですが、これは上記と同様の手法で冤罪の危険性ついて指摘するというもので、恐らく既存の規制反対派の活動は、この手法を用いると思われます。

3番目にプライオリティの高い活動ですが、先述のように規制推進派の主要な団体の1つであるAPPが、天皇制とレイプ権を同一視しているという問題と、この団体の主張を読売新聞が社説で丸飲みしていると事実をくっつけて、

読売新聞が、天皇制をレイプと同一視する極左団体の主張に全面同意している

という話をネット上にまき散らしておいてください。
参考になるサイトは、やはり先述のAxGxのブログ「反ヲタク国会議員リスト」メモの記事と、読売新聞の社説です。

いやあ、それにしても読売がこんなビックミステイクをするなんてラッキーとしか言いようがないですな。
毎日新聞もそうだけど、新聞記者の情報収集能力って、中学生並みに低くてホントにビックリだよ。調べる習慣がないんですな。

さて、最後のプライオリティになるのは、Запретная Зонаの記事をオタク系のサイトにばらまくことです。これは、APPのメンバーであるdiscaが、CLANNADというゲームのアニメ化作品を女性差別的だと言い出したという内容なんですが、主張に関しては、もうねぇ……。こいつ、冗談抜きで火だるまにしてやらないと駄目ですな。

とりあえず、26日までのタイムテーブルにおける、作戦案はこんな感じです。

そうそう。反対運動の基本的な心構えですけど「成功確率が1%の計画は、100回やれば1回は成功する」ですので、この辺はよーく覚えていてください。というのは、政治活動に限らず、引っ込み思案で内向的な人というのは、すぐに「確率」の問題を持ち出して、成功確率が低いと「可能性が低いからやならい」と自分自身に言い訳するだけならまだしも、他人にまで吹聴して足を引っ張りにかかるので、これを止めて欲しいんですね。

でも、対人関係が絡む問題では100%成功する作戦というのは存在しないですし、仮に見た目の成功確率が0.0001%の作戦でも、成功すれば1回のカウントになる上に、それが決定打になったというケースは意外に多いんですよ。

だから、自分がやらないのは結構だし、無理にしろと言うつもりはまったくないんですけど、確率の問題を持ち出して周囲の足を引っ張りにかかるのは、くれぐれも止めてくださいな。それは、ご自身の内面の問題しかないし、対人関係で上手くいくタイプの人間というのは、まず間違いなく成功確率よりも成功回数を重視するんです。


転記終わり。

重要なとこは赤字にしておきました。
時間はありませんが反対活動の参考に。

書きたいことは他にいっぱいあるが、とりあえず26日の審議の結果待ち。

メールに関しては民主党・衆議院議員全員に送りました。
法務委員会の人だけでもいいんですが、今後、反対派の議員さんが出てくる事を期待して。



ネット利用者に対する危険性は過去何度も言いました。
「男性」は、ほぼ全員ヤバイです、ということも。

っで、この部分もしつこく書いてますが、鳥山さんも言ってるのでもう一度。

与党案可決の場合、次回の二次元の規制は決定的!。
媒体問わず、18禁であれば、100%近くの物が違法になります。
それ以外の物も影響受けます。
最終的には「所持禁止」。


ホントに頭に叩き込んでおいてください。


それと意見の送り先ですが。
自民党の山本幸三にも送った方がいいです。
アグネスに丸め込まれた最低の議員ですが、法務委員会の委員長ですから。
反対の声があることをアピールするといいと思います。

山本幸三のホームページ
http://www.yamamotokozo.com/

議員会館
郵便番号 〒100-8982
住所 東京都千代田区永田町2-1-2 衆議院第二議員会館335号室
電話番号 03-3508-7085
FAX番号 03-3501-9303

ブログランキング・にほんブログ村へ このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント
非公開コメント

最近、自分に言い聞かせていることば

私自身、ネガティヴな考えに陥ることが時々あって憂鬱になることがあるのだけれども、最近は以下のことばを自分自身に言い聞かせてそれを克服している。
「あきらめたらそこで試合終了だよ」(安西先生)「スラムダンク」より
また、私は統合失調症の人を複数知人に持っていて、彼らは個人的には人の良い奴なんですが、そういう人でも、明らかに病的におかしい部分は自覚などありません。下手に指摘すると分からない方がおかしいと言って抗議さえしてきます。規制推進派の人たちにもそういう人がいるのでしょう。私の周囲にそういう人がいたら直接当人に言わずに周囲の人格者の人に説明して病院に連れて行ってもらいます。そういう人は精神科医が診るべき病人ですから。

2009-06-24 19:21 from one_christian1961

No title

管理人さんへ。例の知人に山本委員長へもメールを送りなよ、と伝えました。ないよりはましだろと
思ったのです。
それにしても民主党衆院議員全員分のメールですか…すごいですねぇ

2009-06-24 19:49 from 訳アリの匿名希望 | Edit

No title

one_christian1961さん。
一応、二次規制まで完全に決定するまで諦めませんよ。
訳アリの匿名希望さん。
>それにしても民主党衆院議員全員分のメールですか…すごいですねぇ
これでも、不安ですよ。
民主にも与党と同じ考えの人結構いますからね。

2009-06-24 23:24 from 水無月(管理人)

私もお手伝い

とりあえず、「選挙に行こう」にあった法務委員会議員の方々と、自民党の山本幸三氏にメールを送っておきました。
これでも不安ですけど、一応報告しておきます。

2009-06-25 00:25 from mikan3rd

No title

ところで、民主党だけでいいんですか管理人さん。僅かでも反対する議員を増やすためなら、
社民党や日本共産党、国民新党などにもささやいたほうがいいですよ。

2009-06-25 00:43 from 訳アリの匿名希望 | Edit

トラックバック

自己啓発マニアが成功しない理由

 「行動しないからだ!」 そう、切り捨てる成功者もどきが後を絶ちませんが、 それは真実ではありません。 それ以前の”ある理由”が大きく影響しているのです。 その理由を知らない限り、 どれだけ高額の教材を買っても、 何百万円とするセミナーに参加しても 全...

2009-06-26 19:58 from ありあんす

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 立憲民主主義と日本国民の安全を考える有志のブログ All Rights Reserved.