FC2ブログ

【監視社会化の懸念】高市早苗総務相「付番制度」の義務化に言及!金融機関の預貯金口座とマイナンバー(個人番号)の「連結」で「個人資産」を把握! - 立憲民主主義と日本国民の安全を考える有志のブログ

【監視社会化の懸念】高市早苗総務相「付番制度」の義務化に言及!金融機関の預貯金口座とマイナンバー(個人番号)の「連結」で「個人資産」を把握!

constitutionalism_2020_01_26

2020年1月17日(金)。高市早苗総務相は閣議後の記者会見で「金融機関の預貯金口座」「マイナンバー(個人番号)」をひも付ける「付番制度」の義務化について「財務省」及び「金融庁」に検討を要請しました。脱税や生活保護の不正受給などを防止できる上に「相続や災害発生時の預貯金引き出しの負担を軽減できる」と意義を強調した模様。利便性の向上に繋げる考えを示しています。

■預貯金口座とマイナンバー連結義務化検討へ…総務相要請、今年中に具体策
https://www.yomiuri.co.jp/politics/20200117-OYT1T50268/
読売新聞オンライン 2020/01/18 07:19


高市総務相は17日、マイナンバーと金融機関の預貯金口座を連結する制度の義務化について、財務省と金融庁に検討を要請した。政府は、2021年の通常国会での共通番号制度関連法改正を視野に、20年中に具体策をまとめる方針だ。

■高市総務相、預貯金口座とマイナンバー「ひも付けを」
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO54549840X10C20A1EA4000/
日本経済新聞 経済 金融機関 2020/1/17 23:13


高市早苗総務相は17日の閣議後の記者会見で、金融機関の預貯金口座とマイナンバーのひも付けを義務化するため、財務省と金融庁に検討を要請したと述べた。「相続や災害発生時の預貯金引き出しの負担を軽減できる」と意義を強調した。

Twitterの反応!








責任の所在を明確に!


高市早苗総務相は閣議後の記者会見で「金融機関の預貯金口座」「マイナンバー(個人番号)」「連結」する「付番制度」の義務化について「財務省」及び「金融庁」に検討を要請しました。個人資産を正確に把握する事で利便性の向上に繋げる考えで以下のメリットを挙げています。

(1)相続や災害発生時の預貯金引き出しの負担軽減
(2)脱税の防止
(3)生活保護の不正受給防止

マイナンバー制度を巡って政府・与党は導入当初に付番制度の義務化を提案していたものの見送りになっています。特に問題なのは(3)です。生活保護の不正受給は深刻なので対策は講じなければなりません。しかし、生活保護は最低限の権利で受給者のプライバシーは尊重されて当然です。これだけは明確に反対するべきです。

2018年1月に始まった現行制度では付番制度は「利用者の任意」になっています。只「顧客」にマイナンバーの提供を依頼していない金融機関もあって普及は進んでいません。

付番制度は2021年の通常国会に提出予定の「共通番号制度関連法改正案」に盛り込まれる見通しです。国民の間では政府に資産を把握される事への抵抗感は根強く義務化には反発も予想されます。インターネット上では「プライバシーの侵害」「預金封鎖の下準備」「監視社会化」などを懸念する声は多くあります。

一般論で言えば「電子データ」で管理する以上は「情報流出」「乗っ取り」などのリスクは避けられません。更に「改竄」「隠蔽」「虚偽答弁」は当たり前で「公文書」の管理ひとつまともにできない安倍政権下でこうした制度は非常に危険です。少なくとも「責任の所在」は明確にしなければなりません。
ブログランキング・にほんブログ村へ このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事一覧
コメント
非公開コメント

トラックバック
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 立憲民主主義と日本国民の安全を考える有志のブログ All Rights Reserved.