FC2ブログ

【ダウンロード違法化拡大】反対派は「落とし所」を間違えるな!方針転換?文化庁「著作権法改正」で新たな「素案」提示!スクリーンショットは「一部」容認!

表現規制ニュース
constitutionalism_2019_11_28

2019年11月27日(水)。所謂「著作権法」の改正について「文化庁」は新たな素案を提示しました。著作権侵害物を「付随的」に含めた「スクリーンショット」に関しては違法化しない方針に転換した模様。しかし、依然として根本的な危険性は変っておらず「構成要件の厳格化」など課題は山積です。最凶レベルのインターネット規制法を巡る攻防はまだまだ続きます。

■著作権侵害物写り込む「スクショ」はOK 文化庁が転換
https://digital.asahi.com/articles/ASMCV6HZBMCVUCLV013.html
朝日新聞デジタル 上田真由美 2019年11月27日 08時00分


インターネット上の海賊版対策のため、ダウンロードを規制する著作権法改正について、文化庁は、著作権侵害のイラストなどが一部に写り込んだスクリーンショット(スクショ)については違法としない方針に転換した。27日、有識者会議に素案を示した。

Twitterの反応!








文化庁の新たな素案!


規制対象は「権利者の許可無くインターネットに上げられた漫画・写真・論文など」「著作権侵害物である事を承知の上でダウンロードする行為」です。文化庁は「著作権侵害物」「付随的」に含めた「スクリーンショット」「漫画作品」の内「数コマ」のように「分量の少ないダウンロード」は違法化しない案を議論の叩き台として示しています。

有識者委員らも了承してこの方向で条文の詳細を詰めます。一方て規制対象の要件を絞り込むべきだと主張してきた学者らの問題視していた「元々無償で提供されているコンテンツ」や「常習的に繰り返す訳ではない単発のダウンロード」については「違法化」に踏み切りました。また「著作権者の利益を不当に害する場合に限定する事」「刑事罰の対象範囲を更に絞り込む事」については今後議論を進める方針です。

有識者会議に期待!


同日新たに設置された「有識者会議」は赤松健氏(日本漫画家協会常務理事)(漫画家)や著作権に詳しい「学者」及び「弁護士」の他に「出版広報センター幹部」「表現の自由を守る活動をするNPO法人の代表」など12人のメンバーで構成されています。

これまでの規制強化一辺倒に比べて温度差は歴然です。先月末までに行ったパブリックコメントでは「規制強化そのものに反対」「刑事罰の対象範囲を絞り込むべき」といった意見も多く寄せられました。構成要件を更に絞り込む事は不可能ではありません。

法改正の背景!


著作権侵害物のダウンロードは「音楽」及び「映像」に限って罰則付きで違法化されています。しかし、海賊版サイト「漫画村」に代表される深刻な被害を受けて文化庁は「画像」「写真」「テキスト」に至るまで「全著作物」に規制対象を拡大する「著作権法改正」を提示しました。情報収集ではメモ代わりに「スクリーンショット」を使っている人は多くインターネットの利用を大きく萎縮しかねません。自民党は今年3月に差し戻す形で通常国会への提案提出を見送り現在は「白紙」に戻っています。

危険性は変わらず?


インターネット上に「アップロード」する行為の規制対象は曖昧な上に「無償で提供されているコンテンツ」も違法の範囲に入っています。また「ブログ」「Twitter」など「SNS」を通してスクリーンショットを公開する行為もアウトになりかねず依然として根本的な危険性は変わっていません。

最凶レベルのインターネット規制法!


再三お伝えしているように本件は既に「コンテンツ文化」云々の話ではありません。反対派は「インターネット規制法」若しくは「表現/言論規制法」としての危険性を周知した上で徹底抗戦するべきです。表現規制的に「妥協できるか否かのボーダーライン」を遥かに超えた悪法です。最凶レベルのインターネット規制法です。

反対派は対応を誤れば日常的なインターネット利用行為も「犯罪」にされかねません。繰り返しになりますけど本件は既に「コンテンツ文化」云々の話ではありません。例えば所謂「共謀罪」等とセットで運用すれば権力者に批判的な人間を恣意的に摘発するなど「捜査権の濫用」は現実的にあり得る話なのです。また「悪意の第3者」「攻撃材料」として使われれば一般市民の自由は大きく損なわれます。

反対派の今後の方針について!


インターネットを利用した「情報拡散」は現代型の「政治活動」の生命線です。これは表現規制に反対する人達も例外ではなく「コンテンツ文化」を守る上で非常に重要です。しかし「法改正そのもの」を阻止するのはおそらく不可能なので被害を最小限に抑えなければなりません。

前述のように文化庁は「著作権侵害物」「付随的」に含めた「スクリーンショット」「漫画作品」の内「数コマ」のように分量の少ないダウンロードは違法化しない案を議論の叩き台として示しています。

パブリックコメントを(ある程度)踏まえた事は最大限に評価した上で「運用上の問題」を指摘してまずは「ダウンロード違法化拡大」には「断固反対」をアピールします。そして「法改正」「論点」「リーチサイトの規制を柱にしたアップロード側への罰則強化」にする事を求めます。論点を変えられない場合は以下の落とし所を提示します。

(1)刑事罰の対象範囲を更に絞り込むべき
(2)著作権者の利益を不当に侵害する場合に限定
(3)無償で提供されているコンテンツは例外なく対象外に

(1)は「有償で提供されている漫画及びアニメーション」に絞ります。海賊版サイトの被害は無視できないので限界ギリギリの妥協点です。これだけは絶対に譲れません。これを条文化できなければ「負け」に等しいです。

ブログランキング・にほんブログ村へ
記事タイトルとURLをコピーする
コメント
コメント投稿

トラックバック
    パンくずリスト
  • ホーム
  • »
  • 表現規制ニュース
  • »
  • 【ダウンロード違法化拡大】反対派は「落とし所」を間違えるな!方針転換?文化庁「著作権法改正」で新たな「素案」提示!スクリーンショットは「一部」容認!