FC2ブログ

早川議員の真意は? - 立憲民主主義と日本国民の安全を考える有志のブログ

早川議員の真意は?

国会と内閣の役割の違い
>さて、児童買春・児童ポルノ禁止法の改正問題について、多くの皆さんからコメントが寄せられておりました。
>26日の審議がどうなるのか。
>多くの皆さんが情報に飢えておられる。
>そういう様子が、ひしひしと伝わってきます。
>私は、社民党の保坂議員の動向に注目しております。
>良く勉強されております。
>結論は大抵異にしておりますが、保坂議員の指摘で法案審議がピリッと締まることが多い。
>こういう国会議員が野党にいる、というのは、重要です。
>さて、どうなるのか。


慎重派と言われる、自民の早川忠孝議員がブログでこんな発言をした。
どういう意味なのかイマイチ分からない。
児ポ法がどういう方向に行くかは野党しだいってことですかね?。

ホントに情報に飢えてますよ。
早川議員も肝心な事は書いてない(書けない?)し…。

>保坂議員にはいつまでも「野党の国会議員」として居残っていただきたいと思いますが、
>次の選挙では私同様苦戦されそうですね。
>余計なことですが。


まあ、お二人とも是非生き残ってもらいたいです。

児ポ法の審議について「共産党」から返事のメール来ました。

>ご参考までに、「児童買春、児童ポルノに係る行為等の処罰及び児童の保護等に関する法律改正に関する公開質問状への回答」を紹介します。
http://www.jcp.or.jp/seisaku/2009/20081210_jidou_porno_kaitou.html


↑のようなお返事でした。
「子供の人権と表現の自由を考える会」の公開質問の答えと変わってません。
とりあえず、共産党は慎重派と見ていいようですよ!。

ブログランキング・にほんブログ村へ このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント
非公開コメント

トラックバック
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 立憲民主主義と日本国民の安全を考える有志のブログ All Rights Reserved.