FC2ブログ

【ニュースまとめ】河井克行の法務相辞任で「衆議院憲法審査会」開催は見送りに!安倍晋三「国の理想を憲法に書き込むべきだ」!共闘野党「憲法は権力を縛るもの」! - 立憲民主主義と日本国民の安全を考える有志のブログ

【ニュースまとめ】河井克行の法務相辞任で「衆議院憲法審査会」開催は見送りに!安倍晋三「国の理想を憲法に書き込むべきだ」!共闘野党「憲法は権力を縛るもの」!

constitutionalism_2019_11_03

安倍晋三に近い人物と日本会議関係者を優遇した第4次安倍改造内閣。発足後の記者会見で安倍晋三は「自民党立党以来の悲願である憲法改正への挑戦だ」「いずれも困難な挑戦ばかりだが必ずや成し遂げていくと決意している」と述べて最優先課題に「憲法改正」を挙げています。9月~10月の主要なニュースを纏めました。安倍政権下の憲法改正に慎重の人は警戒レベルを上げる時です。

東京五輪・パラリンピックに便乗?


■改正憲法 来年施行は「あくまでも希望」安倍首相
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20191010/k10012121521000.html
NHK NEWS WEB 2019年10月10日 17時40分


安倍総理大臣は衆議院予算委員会で、来年、改正憲法の施行を目標とする考えを示していたことについて、「あくまでも希望で、そのとおりになるとは思っていない」と述べました。

■法相辞任で衆院憲法審査会開催見送り 国民投票法改正に暗雲 会期延長論も
https://mainichi.jp/articles/20191031/k00/00m/010/422000c
毎日新聞 2019年10月31日 20時23分(最終更新11月1日00時31分)


河井克行法相の辞任を受け、約半年ぶりの実質審議を予定していた31日の衆院憲法審査会は開催が見送られた。与党が目指す国民投票法改正案の今国会中の成立は厳しさを増し、安倍晋三首相が目指す改憲のスケジュールにも影響しそうだ。相次ぐ閣僚の「失態」は日米貿易協定承認案の審議にも影響が及び、自民党内では12月9日までの会期の延長を求める声も出始めた。

2019年10月10日(木)。衆議院予算委員会で国民民主党の玉木雄一郎代表は安倍晋三が「2020年の改正憲法施行を目指す」と表明していた事について質しました。同氏は「憲法論議が進まない中で一石を投じる思いで希望を申し上げたがあくまでも希望であり発議するのは国会なのでスケジュール通りになるとは毛頭思っていない」と答弁しています。

2019年10月31日(木)。河井克行の法務相辞任を受けて同日に予定していた「衆議院憲法審査会」の開催は見送られました。臨時国会の「国民投票法改正」は微妙な情勢で政府・与党は会期延長も視野に入れ始めています。改憲勢力は3分の2議席を確保しているのでその気になれば「発議」に踏み切れます。スケジュール的に来年の施行に合わせる事は可能なので要注意です。

れいわ新選組・山本太郎代表「本丸は緊急事態条項」!


■【政治】憲法変えようとする人 怪しいと思え れいわ・山本代表インタビュー
https://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/list/201909/CK2019092202000127.html
東京新聞(TOKYO Web) 2019年9月22日 朝刊


れいわ新選組の山本太郎代表は本紙の単独インタビューに応じ、安倍政権が目指す改憲に「現行憲法を守らずに変えようとする人間たちは信用するな、怪しいと思え、ということ」と反対する姿勢を示した。次期衆院選で消費税率5%への引き下げで野党が結集し、政権交代を目指す考えを強調した。(大野暢子)

憲法九条への自衛隊明記や、有事に政府への権限集中を認める緊急事態条項の新設などを掲げた自民党の改憲四項目については「本丸は緊急事態条項。全て内閣で決めて首相の思い通りにできる。国会はいらなくなるということ」と批判。「自衛隊の明記が大きな問題として取り上げられる可能性があるが、明記しようがしまいが、緊急事態条項が通れば何でもできちゃうって話だ」と訴えた。

東京新聞の単独インタビューに応じた「れいわ新選組」の山本太郎代表は安倍政権の目指す憲法改正について「現行憲法を守らずに変えようとする人間たちは信用するな『怪しいと思え』ということ」と述べて反対の姿勢を示しています。本丸は「憲法9条」ではなく「緊急事態条項」である事を断言しました。日本共産党など所謂「護憲派」の人達も意外とスルーしている部分に触れたのは高評価です。

また「現行憲法」「守られていない例」「憲法25条」「生存権(健康で文化的な最低限度の生活)」について指摘しました。山本太郎氏個人を支持するか否かは別として現存の政党で最も「命」を守れるのは「れいわ新選組」です。

朝日新聞の忖度?


■首相の改憲論議呼びかけに、野党ヤジ「越権行為だ」
https://digital.asahi.com/articles/ASMB45GWDMB4UTFK01M.html
朝日新聞デジタル 斉藤太郎 2019年10月4日 19時01分


首相が「国の理想」を憲法に書き込むべきだと主張しているのに対し、立憲民主党などの野党には「憲法は権力を縛るもの」との認識が強く、憲法観に開きがある。改憲を発議する権限は国会にある中、行政府の長である首相が率先して進めようとする姿勢に対しても、野党側は強く批判している。

臨時国会の安倍晋三の「所信表明演説」について報じた朝日新聞の記事に批判殺到しています。安倍晋三は憲法改正について「国の理想を憲法に書き込むべきだ」と主張しました。これに対して立憲民主党など共闘野党は「憲法は権力を縛るもの」と反論しています。議会は騒然として締めの挨拶はかき消された形です。

学問的に安倍晋三の主張は「憲法観」とは呼べません。完全に間違っています。正しいのは共闘野党で批判は当然です。立憲主義の一般的な解釈は「憲法は権力を縛るもの」で「近代憲法」の基礎中の基礎です。護憲派も改憲派も関係ありません。これは「認識」の問題ではなく「原理」の話です。両論併記的な報じ方では「どちらも正しい」ように受け取られてしまいます。

朝日新聞でさえこのザマなのは非常に深刻な事態です。報道機関に対する安倍政権の圧力の強さを物語っています。テレビや新聞を掌握した改憲派は圧倒的に有利なので憲法改正は「発議」された時点で終わりです。国民投票での否決は分の悪い賭けになります。

2020年は東京五輪・パラリンピックの開催年です。テレビや新聞で「政治」を取り上げる機会は減って国民の政治への関心度は著しく低下します。スケジュールありきで進めている理由はここにあります。改憲派はこの機に便乗して色々仕掛けてくる筈です。安倍政権下の憲法改正に反対の人は最大限に警戒しなければなりません。

旧宮家の復帰は非現実的?


■皇位継承、男系男子維持と旧宮家復帰を提言 自民保守派
https://www.asahi.com/articles/ASMBR4HGDMBRUTFK00D.html
朝日新聞デジタル 2019年10月23日 16時37分


自民党の保守系議員でつくる「日本の尊厳と国益を護(まも)る会」(代表幹事・青山繁晴参院議員)は23日、安定的な皇位継承策として、「男系男子」を維持した上で、旧宮家の男性の皇籍復帰を可能とする法整備を求める提言をまとめた。二階俊博幹事長ら党幹部宛てに提出し、安倍晋三首相にも手渡す予定。

提言は、母方だけに天皇の血を引く「女系天皇」は「『天皇ならざる天皇』を生み出す」と否定。旧宮家の男性が現皇族の養子となる案などを示した。

自民党の保守系議員グループ「日本の尊厳と国益を護る会」は旧宮家の皇族復帰を提言した模様。代表幹事の青山繁晴(参議院)は「今の男系男子の皇位継承を維持する為には旧宮家の家系の中から皇族への復帰を可能にする法改正をすべきだ」として安倍晋三への提言書を纏めました。1947年に皇籍を離脱した「旧宮家」を皇族に復帰させる事を可能にする内容です。

一方で、旧宮家は何百年も前に天皇家を分離した家系で基本的に「天皇を引き継ぐ為に必要な教育」を受けていません。旧宮家の復帰に関しては疑問の声は多く「歴史」「教育」の面で非現実的です。

伊吹文明「憲法改正をテーマにした衆議院解散」に釘を刺す?


■「改憲テーマに衆院解散 完全に憲法違反」自民 伊吹元衆院議長
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20191024/k10012146781000.html
NHK NEWS WEB 2019年10月24日 16時41分


自民党の伊吹元衆議院議長は派閥の会合で「憲法改正の発議権は憲法上、内閣にはなく、国会にある。総理大臣が憲法改正をテーマに衆議院を解散することが万が一起こったら完全な憲法違反だ。自分の権限の外にあるものを理由に、権限を行使することは許されない」と指摘しました。

自民党の伊吹文明は派閥の会合で「憲法改正の発議権は憲法上『内閣』にはなく国会にある」「総理大臣が憲法改正をテーマに衆議院を解散する事が万が一起こったら完全な憲法違反だ」「自分の権限の外にあるものを理由に権限を行使する事は許されない」と指摘しました。伊吹文明はかつて衆議院議長を務めた同党の重鎮です。

また「野党側に『自民党案だけを強行的に採決する事はない』という信頼感がなければ国会は進まない」と述べて丁寧に議論を進めるべきとの見解を示しました。マスコミ向のパフォーマンス的な意味合いは強いもののルール無用の安倍晋三に釘を刺した点は支持できます。

国民投票法の改正は護憲派も積極的に!


■国民投票法を優先=公明・山口代表
https://www.jiji.com/jc/article?k=2019093000849&g=pol
時事ドットコム 2019年09月30日 17時10分


公明党の山口那津男代表は30日、時事通信のインタビューに応じ、憲法改正について「手続き法(国民投票法改正案)が法律になりきれていない現状がある。これを差し置いて憲法の本体の話をしても順序が違うような気がする」と述べ、国民投票法改正案の議論を優先すべきだと主張した。

お約束のパフォ-マンスではあるものの「国民投票法」を問題視したのは評価に値します。同党の北側一雄憲法調査会長は「国民投票法改正案は野党も異論のない内容になっている」「できるだけ早く成立を期したい」と述べて臨時国会で成立を目指す考えを示しています。

この点は「国民民主党」も共通していて「CM規制」を柱にした改正案を提示しています。国民投票は不可避の情勢なので見直しは必須です。保険的な意味で護憲派も積極的に意見を出すべきです。

元自民党・古賀誠氏「憲法9条」の「自衛隊明記」に反対!


■「憲法9条は世界遺産」=自民・古賀氏、改正反対の著書出版
https://www.jiji.com/jc/article?k=2019093001010&g=pol
時事ドットコム 2019年09月30日 18時47分


9条に自衛隊を明記する同党の改憲案についても、古賀氏は「書く必要がない」と断言。戦後生まれの国会議員が多数を占める政界の現状を踏まえ、「戦争がいかに愚かなものかを体に染み込ませた(戦前の)世代との大きな違いを感じざるを得ない」と警鐘を鳴らした。

国会議員を引退した自民党の古賀誠元幹事長は9月28日(土)に著書「憲法9条は世界遺産(かもがわ出版)」を出版しました。憲法9条の改正について「少しでも改正に繫がるような事は針の穴程度でもやってはダメだ」と明確に反対しています。また、自民党の掲げた「改憲4項目」の目玉である憲法9条の「自衛隊明記」については「書く必要がない」と断言しています。

安倍晋三は党幹部を挙げて憲法改正の論議を進めるように求めている中でそれを牽制した格好です。一方で、古賀誠氏は岸田派に影響力のある人物と言われているものの肝心の岸田文雄は党内で完全に終ってしまいました。古賀誠氏の指摘は徒労に終る可能性大です。

石破茂の動向に要注目!


■「自衛隊明記より国民生活に関わる問題が優先」石破氏
https://www.nhk.or.jp/politics/articles/statement/22782.html
NHK政治マガジン 2019年9月13日


自民党の石破元幹事長は、内閣改造で石破派の議員の入閣がなかったことについて、「あれこれ言うべきではない」と述べるにとどめる一方、安倍総理大臣が意欲を示す憲法改正による自衛隊の明記をめぐっては、国民生活に関わる問題を優先すべきだという考えを示しました。

石破茂元幹事長は東京都内で内閣改造で石破派の議員の入閣ゼロだった事に関して記者団の質問に答えました。その中で「憲法9条」「自衛隊明記」について「自衛隊を書き込むだけで何も変わらないならばエネルギーは他に費やした方がいい」「国民生活に関わる問題が優先するのは当然だ」と指摘しています。

至極真っ当な意見なのに党内では少数派。第4次安倍改造内閣で石破派の議員は入閣はゼロ。石破茂は干されてしまいました。石破茂自身の政治的スタンスは改憲派で「緊急事態条項」に賛成です。しかし、些細な慎重論でさえ完全に封鎖する今の自民党の体質を表しています。
ブログランキング・にほんブログ村へ このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事一覧
コメント
非公開コメント

No title

オタク側は、フェミニストになんでも破壊されるぞ!と言っていますが、誰もそんなことは言っていません。ゾーニングしてくれれば問題ないという意見がほとんどです。それでも信じないのは、昔PTAが有害図書の追放運動したからだというのが理由らしいです。私はその時代に生きていないので事情はわかりませんが、実際はPTAではなく政府が自主的に動いたようで、フェミニズムの思想とも違うようです.そのボイコット発言をした人はフェミニスト側からも注意され、すぐに本人も、「これは皮肉です」とツリーのすぐ下にぶら下げていましたが、無視され「フェミニストが献血ボイコット」と拡散され続けました。私達の誰かが一言でも失言をしたら、揚げ足取りをされ、切り取り歪曲、拡散され、ツイフェミは頭がおかしいから言うこと聞く必要などなし!という結論に結び付けられますが、反フェミからはずっと罵詈雑言を浴びせられたり、突然中傷リストに追加されたりしていました。
https://twitter.com/aiu53394681/status/1190212270514569217

2019-11-04 16:13 from - | Edit

https://togetter.com/li/1425190
フェミ、萌え絵叩きを巡る経緯を捏造する【歴史修正主義】

2019-11-04 17:44 from -

自民三原じゅん子氏が仰天発言!「私たちは政権握っていませんよ」「 政権を握っているのは総理大臣だけですよ」→ネットは騒然!「こんなのが国会議員だなんて」
https://yuruneto.com/mihara-seiken/
ゆるねとにゅーす

三原じゅんこ「政権を握っているのは総理大臣だけです」
http://datsuaikokukarutonosusume.blog.jp/archives/1076134275.html
脱「愛国カルト」のススメ

自民党・三原じゅん子参院議員「私たちは政権握っていませんよ」「政権を握っているのは総理大臣だけですよ」ツイートが波紋
https://getnews.jp/archives/2266320
ガジェット通信

【悲報】自民党の三原じゅん子議員、安倍政権は独裁体制であると自白、全世界に拡散されてしまう
https://togetter.com/li/1425902

安倍さんの足を引っ張る趣味でもあるのかあの人は?

2019-11-04 20:28 from 12434 | Edit

重要なので2度記載(;´・ω・)

最新の方にも
>太田啓子ですけど彼女の方が遥かに「表現の自由」を守ってきた「実績」はあったりするんですよ。

それはない!そ れ は な い(大事なので2度言いました(´・ω・`)b)
彼女の実績は、火のないところに火をつけ離脱することで生き残ってきた人なわけで(´・ω・`)

公共空間で環境型セクハラというわけ分からん定義で表現を圧殺し続ける悪行の常習犯
他の人はくれぐれもこのような妄言を信用されないようにお願いします。というか嘘をつくと安倍総理みたいになっちゃいますよw

現在~過去の彼女の悪行
宇崎ちゃん騒動 キズナアイ騒動2018 ゆらぎ荘の幽奈さん2017
ジョンお姉さんの「広河隆一事件と性的暴行無罪判決に見る言行の一致とは」
https://togetter.com/li/1337884
太田啓子弁護士による、やくみつる批判は一回きりかつ、鳥越俊太郎への週刊文春報道の真偽を保留していた件について
https://togetter.com/li/1274377
太田啓子弁護士がおっぱい募金中止の署名 それへの反対意見が殺到
https://togetter.com/li/915046

え~これでも一部ですw
逆に彼女の長所の実績って何?(´・ω・`)是非記載してほしい(他のROM専の方も長所の方をおね)

2019-11-04 21:10 from フー | Edit

No title

フーさん

>それはない!そ れ は な い(大事なので2度言いました(´・ω・`)b)
>彼女の実績は、火のないところに火をつけ離脱することで生き残ってきた人なわけで(´・ω・`)

コンテンツ文化で見れば私も反対派なので太田啓子の悪行は非難しています。しかし「表現の自由」で言えば間違ってます。そこらの自称「反対派」に比べて「基本的人権」を守る仕事はしています。

貴殿はおそらく(本人ではなく)山田太郎氏の狂信的な支持者と同じマインドに陥ってます。表現規制に関心あるのであれば少し反対派の現状を知るべきです。

2019-11-04 22:35 from 日下部來純(管理人)

No title

追記。これは「人を見る目」云々ではなく「政治活動」の基本(根本?)の問題です。

2019-11-04 22:37 from 日下部來純(管理人)

だから(´・ω・`)

>「基本的人権」を守る仕事はしています。
その具体例(実績)をあげて反論来るかと思ったら・・・(;´・ω・)なしかいw
改めてインプットを怠るとこうも自分の都合の良い解釈しかできなくなるのか・・・ちとゾッとしたわ

>山田太郎氏の狂信的な~~です。
というよりそもそも貴殿の「表現規制に関心あるのであれば少し反対派の現状を知るべきです。」
↑の分析が間違ってるので、知るべきと言われましても(´・ω・`)貴殿がもう一度初心を思い出して勉強すればいいのでは?
10年前くらいの都条例反対運動のころの日下部氏が今の日下部氏みたら唖然とするだろう。

2019-11-04 23:42 from フー | Edit

No title

フーさん

>その具体例(実績)をあげて反論来るかと思ったら・・・(;´・ω・)なしかいw
>↑の分析が間違ってるので、知るべきと言われましても(´・ω・`)貴殿がもう一度初心を思い出して勉強すればいいのでは?

今回ばかりは完全に貴殿の間違いです。

・自民党の改憲草案(2012年版)
・特定秘密保護法
・共謀罪
・緊急事態条項
・TPP
・あいちトリエンナーレ(中止の件)
・安倍晋三の所信表明演説

太田啓子はクソフェミの差別主義者でコンテンツ文化の敵です。しかし「基本的人権」を脅かす悪法に明確に反対して「政治活動」もしているのは彼女を初めとした所謂「左派」です。

では逆に山田太郎氏や同氏の支持者はこれらに関してどうでした?。数で勝てないって「妥協」前提でしたよね?。

要するに「反対派は何を守りたいの?」って事です。政治活動の「軸」の問題です。表現規制に反対するのであればコンテンツ文化を守るではダメですし「表現の自由」を守るには「基本的人権」そのものに目を向けなければダメなんですよ。

私の主張を「妄言」と言い切る貴殿は一体全体何を見てきたの?。基本的人権を切り売りしてコンテンツ文化を守っている現状をスルーしてフェミニストの悪行を批判するだけでは「表現規制」は止められません。

>10年前くらいの都条例反対運動のころの日下部氏が今の日下部氏みたら唖然とするだろう。

これは逆です。山田太郎氏の台頭以降「手数」が減って劣化したのは最前線です。

2019-11-04 23:58 from 日下部來純(管理人)

No title

訂正です。

×では逆に山田太郎氏や同氏の支持者はこれらに関してどうでした?。数で勝てないって「妥協」前提でしたよね?。

○では逆に山田太郎氏や同氏の支持者はこれらに関してどうでした?。数で勝てないって一部の古参を除いて「妥協」前提でしたよね?。

2019-11-05 00:01 from 日下部來純(管理人)

ぐあちゃあ(´・ω・`)想定どうりっちゃ想定どうりなんだが

>太田啓子弁護士の活動
これほぼ、よしりん&宮台氏も同じことやってるうえ効果もそっちの方がでかいこと考えると・・・実績にならない そのうえ
愛知トリエンナーレ
これに関して太田氏完全なダブスタ決めちゃったことになるので論外(実績にはならない)
ていうか太田弁護士のやってるレベル、出版社の反対声明以下でしょ(まぁこの場合出版業界がクソっての前提)

鐘の音@C97落ちました@kanenooto7248·11月2日
なにがここ数年で批判されてるかと言うと、「左翼系論客のダブルスタンダードが、自由でも平等でもなく、抑圧と不平等、もっと言えばただの全体主義と特権意識に支えられており、その理論はガバガバで穴だらけ。相互批判もまともにやってないからもはや学問の名に値しない」ってレベルなことなんだけど

以上のことから太田弁護士の実績は無いに等しい(厳密に言うとマイナスなんだけど、まぁそこは温情で0にしとく)

>政治活動の「軸」の問題です。~~「基本的人権」そのものに目を向けなければダメなんですよ。

うん だからリベラル系は山口弁護士(無駄に感じ悪い)だったり、よしりん&宮台氏あたり支持してるわけで自分は(´・ω・`)

>スルーしてフェミニストの悪行を批判するだけでは「表現規制」は止められません。
そう止められないが、そこを放置することもできない。
んで、どういった反対運動するかは良くも悪くも個人の自由。強制はできない。(ネットでいきってるだけのフェミ批判は意味がないのは把握)
だが批判しとかないと確実にもっと規制は進む(というかもう進んでる)

>山田太郎氏の台頭以降「手数」が減って劣化したのは最前線です。
これ山田太郎議員に貴殿が嫉妬してるだけでしょぶっちゃけ(´・ω・`)

手数が減ったのは、シンプルに生活苦 あとは運動アルアルのイデオロギー問題での分断 などなど

で戦力が集中しちゃったのが問題と言えば問題だが、じゃあ野党系もっと対策(準備)しとけやという話

宇崎ちゃん騒動でちょくちょく支持増やしてるのが、フーが投票した維新の品川区議という皮肉

2019-11-05 00:24 from フー | Edit

No title

フーさん

>これに関して太田氏完全なダブスタ決めちゃったことになるので論外(実績にはならない)

調べ直して。これは一概にダブスタになってません。擁護派と批判派のロジックは決定的に違います。

>ていうか太田弁護士のやってるレベル、出版社の反対声明以下でしょ(まぁこの場合出版業界がクソっての前提)

あすわかは出版業界以下(苦笑)。論破した気にならないで落ち着いて。であれば今の最前線はこれ以下の事しかできていない事になります。

>うん だからリベラル系は山口弁護士(無駄に感じ悪い)だったり、よしりん&宮台氏あたり支持してるわけで自分は(´・ω・`)

山口貴士氏は自分も支持してますけど参議院選挙で憲法改正を軽視する発言をしたのでマイナスです。

>そう止められないが、そこを放置することもできない。

放置するのではなく反論をマニュアル化するだけでいいのです。

>だが批判しとかないと確実にもっと規制は進む(というかもう進んでる)

自主規制の事であれば叩く相手が違います。

>これ山田太郎議員に貴殿が嫉妬してるだけでしょぶっちゃけ(´・ω・`)

嫉妬(苦笑)。アホ過ぎて反論する気にもなれません。言葉を選んで。

>手数が減ったのは、シンプルに生活苦 あとは運動アルアルのイデオロギー問題での分断 などなど

いいえ。違います。ひとつ例を挙げれば山田太郎氏の交渉力に頼りすぎて所謂「左派政党」へのアプローチが圧倒的に減りました。致命的です。非公式FAQをよく読めば分りますけど今の反対派は「表現の自由」を守る上で「空気を作る」という政治活動の基本から遠ざかっています。

2019-11-05 01:07 from 日下部來純(管理人)

No title

フーさん

>太田啓子はクソフェミの差別主義者でコンテンツ文化の敵です。しかし「基本的人権」を脅かす悪法に明確に反対して「政治活動」もしているのは彼女を初めとした所謂「左派」です。

上記は反対派はスルーしていて太田啓子は反対している部分を挙げた訳です。あいちトリエンナーレの件はギリギリなってますけど貴殿のコメントは反論になっていません。

現実問題すべての規制案に反対するのは不可能です。しかし、それを「前提」に動かなければ何れは「コンテンツ文化」も守れなくなります。山田太郎氏は絶対に必要な人ですし当選でヲタク票を見せつけたのは良い事です。

只「その先」のビジョンがありません。安倍政権下で多くの悪法に妥協してきた上に「憲法改正」まで許せばすべて終わってしまいます。

フェミニズムは本来「敵」ではありません。太田啓子を批判するだけでなく部分的に利用する位でなければ手弁当で活動する最前線では対応しきれません。

後、貴殿は法律家の活動を舐め過ぎです。良くも悪くも専門家の活動は影響力があるのです。太田啓子を例にすれば悪い方は宇崎ちゃんの件など良い方は共謀罪や緊急事態条項です。

PS:ラジオの時間なので続きは明日でお願いします。

2019-11-05 01:15 from 日下部來純(管理人)

あ~いい感じでだめだこりゃか(´・ω・`)

もうそろそろ仕事で忙しくなるので中期離脱するからご安心を(´・ω・`)b
基本のずれとして
「憲法改正」に関してのフーと貴殿のずれがあるからもう決裂かなぁ
フーはよしりん言うとこの、護憲で思考停止して腐ってくなら、限りなく0に近い可能性でも0でなければ未来を考え改正する派なんで。そこで人物評に誤差が出る。

>反論をマニュアル化するだけでいいのです。
机上の空論1
誰がどう作成するのか?誰が反論するのか?どのタイミングで使うかなどの問題が解決できないでしょ。
結果 個人でそれぞれやるしかない(;´・ω・)
正直山田議員が作成するとかいっても自分は大反対wそれは彼の仕事じゃないw出版業界に期待はできんw
モトケン@motoken_tw氏とかが作成しても一部は嫌がるだろうしw
>叩く相手が違います。
違わないよ。ここを把握できるか把握できないかで差が出る重要ポイント。(加えて優先順位と力の度合いもどうするかでセンスの差もでる)

>山田太郎氏の交渉力に頼りすぎて所謂「左派政党」へのアプローチが圧倒的に減りました。
まず論点整理で、山田氏の交渉力を持ちあげすぎ問題はあるが、逆に左派政党に交渉力有る議員がほぼいなくなっている状態でソレを言ってもねぇ・・・(;´・ω・)
要は使える人材に負担や期待が向くのはしゃあないし、忙しい政治活動の中、左派政党には期待が出来ないのがしんどい(最近宮台さんですら、立憲はクソになり下がったや、パヨク(クソサヨク)て言葉を使いだしちゃってるくらいだし)

>フェミニズムは本来「敵」ではありません。太田啓子を批判するだけでなく部分的に利用する位
机上の空論2 彼女を利用できるわけがないw(部分的でも)で彼女はトータルで言うと組織(運動)においてマイナスになるのは、企業に勤めてる人間ならすぐわかる。
色々な運動や経営の歴史において、足を引っ張る人間を擁護する組織はたいてい結果残せない。

てか貴殿転職して個人事業主になった?(´・ω・`)
個人事業主なら、太田弁護士擁護の論は同意できないがまだ理解はできる。
企業に所属してる人間なら、あんなクレイジークレイマーと一緒に仕事できるわけないし、周りの人辞めちゃっていくよ( ゚Д゚)

2019-11-05 15:49 from フー | Edit

No title

「我々がこっそり楽しんでいるところに、フェミがずかずか入り込んできて“弾圧”してきた」とか普段から言っていたオタクの被害者面とは一体なんだったのか?
https://threadreaderapp.com/thread/1190212270514569217.html
https://twitter.com/milkfactory_/status/1190189530449473536

2019-11-05 16:43 from - | Edit

No title

フーさん

>基本のずれとして「憲法改正」に関してのフーと貴殿のずれがあるからもう決裂かなぁ
>フーはよしりん言うとこの、護憲で思考停止して腐ってくなら、限りなく0に近い可能性でも0でなければ未来を考え改正する派なんで。そこで人物評に誤差が出る。

詳しく聞いた事ないですけど貴殿の「表現規制」や「基本的人権の制限」に対するスタンスは?。反対であるならば自民党の改憲草案(2012年版)を完全に撤回しない限り「護憲」以外に選択はありません。アレを容認した時点で「未来」はなくなります。

それ以前に貴殿の認識はどうであれ改憲勢力の「3分の2議席」を削らなければ反対派は確実に負けますよ?。表現の自由は確実に公権力で制限されますし結果的にコンテンツ文化も守れません。貴殿は「人物」に拘りすぎです。

>誰がどう作成するのか?誰が反論するのか?どのタイミングで使うかなどの問題が解決できないでしょ。結果 個人でそれぞれやるしかない(;´・ω・)

Togetterやネイバーで普通に上ってます。要するに太田啓子に人格攻撃しているヲタクが相当数居てヲタク全体のイメージダウンになっています。一般層は確実に引きます。この区別を付けろって話なんですよ。

>まず論点整理で、山田氏の交渉力を持ちあげすぎ問題はあるが、逆に左派政党に交渉力有る議員がほぼいなくなっている状態でソレを言ってもねぇ・・・(;´・ω・)

野党は山田太郎氏とは別のフィールドで戦っているので交渉力に期待する必要はありません。バランスの問題です。

>違わないよ。ここを把握できるか把握できないかで差が出る重要ポイント。(加えて優先順位と力の度合いもどうするかでセンスの差もでる)

自主規制の話であれば間違っていません。自主規制の話でなければ具体例をお願いします。

>机上の空論2 彼女を利用できるわけがないw(部分的でも)で彼女はトータルで言うと組織(運動)においてマイナスになるのは、企業に勤めてる人間ならすぐわかる。

貴殿は憲法カフェや共謀罪に対する彼女の活動を見るべきです。あれは(特に後者)本来「表現の自由を守る側」こそやるべき事です。貴殿は「基本的人権を切り売りしてる」って現状をスルーしているので議論になりません。

>企業に所属してる人間なら、あんなクレイジークレイマーと一緒に仕事できるわけないし、周りの人辞めちゃっていくよ( ゚Д゚)

同じ組織で戦えなんて一言も言ってません。宇崎ちゃんの件での標的はヲタク層(正確には男性)です。憲法改正や共謀罪での標的は政府・与党です。これを混同してはダメです。

>これ山田太郎議員に貴殿が嫉妬してるだけでしょぶっちゃけ(´・ω・`)

前回のコメントの追記です。主権者=私が政治家(候補者)を判断する上で重要なのは「何を望むか?」であって優秀でも(バ金持ちは叩くけど)裕福でも「嫉妬」の対象になり得ません。文字通り「住む世界」が違うし政治家は主権者の手で育てるものです。こんな無茶苦茶なロジックでは太田啓子の妄想と大差ないですよ。

>手数が減ったのは、シンプルに生活苦 あとは運動アルアルのイデオロギー問題での分断 などなど
>で戦力が集中しちゃったのが問題と言えば問題だが、じゃあ野党系もっと対策(準備)しとけやという話

厳密に言えば戦力減ではなく「戦っているフィールド」の問題です。山田太郎氏は「政府・与党の懐に飛び込む戦い方」に終始しています。高確率で修正できるので「コンテンツ文化」に限定すれば優れた戦術です。しかし、以前言ったように「規制案⇒妥協」を繰り返せば先に潰れるのは反対派です。これは120%確実です。

野党系へのアプローチを怠って「法案そのもの」をどうにかする事に目を向けなくなってしまいました。結果的に野党系(特に護憲派)は「ヘイトスピーチ」や「性犯罪の罰則強化」等を口実に左派活動家に丸め込まれつつあります。山田太郎氏の戦い方は戦略上「水面下」で進められる事も多いですけど野党系へのアプローチは「目に見える形」で呼び掛けなければダメです。

今後「特定秘密保護法」や「共謀罪」のようなケースでまた「基本的人権」を切り売りしなければならなくなります。かつて小泉政権で共謀罪を廃案にできたのは大騒ぎして世論を喚起した「野党&反対派の市民」の成果です。

また、右派の頭の悪さを甘く見ていた自分も含めて「あいちトリエンナーレ」の件を見れば分るように太田啓子でさえ部分的に利用しなければならないほど「憲法改正」は待った無しの状況です。一方で、宇崎ちゃんの件でヲタク層と一般層の認識のズレも分ってきました。私も最前線ではないので偉そうな事は言えないですけど貴殿はもう少し「反対派の現状」と「政治活動」の事を勉強し直すべきです。

2019-11-05 21:04 from 日下部來純(管理人)

決裂かな一旦(´・ω・`)反省できない者(思考停止)から学ぶものなし

>ヲタクが相当数居てヲタク全体のイメージダウンにな~~この区別を付けろって話なんですよ。
それ貴殿の印象なだけかな、まぁオタク層はもともと印象良くないかもwで一般層に関して、オタク像はある種うやむやで世代間によって像が違うからなんとも。(今回でマイナスになったかどうかだが、リアルで献血増えた実績考えればトータルプラスだよ)
良くも悪くもどの層にも愚者はいる。
ただ最近だとクソフェミ層がなかなか厄介なレベルを維持してる。
未識魚 /中川譲@C97 30日西G33b@mishiki·3h
男性キャラクターが山程孕まされているのをご存じないのでしょうか。そんな男女間のジェンダー、20年位前にもう超越してますよ。
「孕ませ」は男女を表しているのではなく、「孕ませる/孕まされる」という物語上の役割を示すものです。ジェンダーロールではなくキャラクターロール(物語上の役割)です

と太田弁護士は反省もせず火をつけて回る日々を過ごされてるようですw
そう等価交換w太田弁護士がオタク()を人格攻撃(先制攻撃)しといて、基本的人権が~って言われても、自業自得としか言いようがない
>「人物」に拘りすぎです。
こだわり過ぎというか、普通の一般人はそうだよw貴殿がちょっとおかしいだけ(むしろフーが一般層にまざるとこだわって無い部類にされちゃうけど)

>「政治活動」の事を勉強し直すべきです。
そっくりそのまま返すよw(´・ω・`)貴殿はこの10年間何をしていた?(リアルで)
このサイトでコメントする人が年々減り増えていかない時点で、貴殿のやりかたが間違えてる(間違ってた)っていう結果になっちゃてるのに気づいたほうが良い。
そもそも、先代に譲ってもらって今やってるわけでしょ貴殿は(´・ω・`)

2019-11-05 22:14 from フー | Edit

No title

フーさん

>そう等価交換w太田弁護士がオタク()を人格攻撃(先制攻撃)しといて、基本的人権が~って言われても、自業自得としか言いようがない

ヲタクに人格攻撃しているけど基本的人権の制限に反対している太田啓子。コンテンツ文化は守るけど基本的人権の制限はまったくスルーしているヲタク層。この違いを冷静に見るべきです。

>と太田弁護士は反省もせず火をつけて回る日々を過ごされてるようですw

太田啓子の主張はアレですけどこの件はメーカーの落ち度です。これを認識できるか否かで今度の反対派は大きく分かれます。

>こだわり過ぎというか、普通の一般人はそうだよw貴殿がちょっとおかしいだけ(むしろフーが一般層にまざるとこだわって無い部類にされちゃうけど)

どんな勢力も利用する規制派は節操の無さで政界で市民権を得てきた訳ですけど(苦笑)。

>そっくりそのまま返すよw(´・ω・`)貴殿はこの10年間何をしていた?(リアルで)

むしろ此方がそっくりそのまま返します。最前線の問題を認めない貴殿のロジックでは憲法改正も表現規制も絶対に止められません。滅びるしかないです。

>このサイトでコメントする人が年々減り増えていかない時点で、貴殿のやりかたが間違えてる(間違ってた)っていう結果になっちゃてるのに気づいたほうが良い。

貴殿のやり方っていうか私は最前線でないのでやり方もクソもないです。アプローチの多様性の無さを指摘しているに過ぎません。

2019-11-05 22:36 from 日下部來純(管理人)

No title

フーさん

>決裂かな一旦(´・ω・`)反省できない者(思考停止)から学ぶものなし

反省はしてもいいですけどそれは貴殿も同じですよ?。

・自民党の改憲草案(2012年版)
・特定秘密保護法
・共謀罪
・緊急事態条項
・安倍晋三の所信表明演説

コンテンツ文化を守れればこれらはどうでもいいよって話であれば「決裂」以前に話し合いは無意味です。しかし、本気で「表現の自由」を守りたければ今の内に戦術を見直さなければダメです。

最前線は資金難等でそれができない以上「他の勢力」も利用しなければ勝てません。何れはすべてを失います。シンプルな話です。

2019-11-05 22:42 from 日下部來純(管理人)

No title

フーさん

議論で人の意見を引用するのは好きじゃないけど結局こういう事なんですよ。

>赤松健 @KenAkamatsu
>5年前の児童ポルノ禁止法改正案でロビーした際、漫画など創作物を対象から外して下さった国会議員さん達がいて、私は生まれて初めて政治資金パーティというものに参加し、お礼を言って回った。こういう応援は続けることが重要で、助けてほしい時だけ会いに行くのでは虫がよすぎる。今年も7件行った。

>赤松健 @KenAkamatsu
>表現規制の問題は、最終的には政党本部や議員会館でのロビイング(働きかけ)合戦に行き着く。ネットでの叩き合いも無意味とは思わないが、最終的にはそこだ。規制派は外圧に乗って適宜ロビイングを行うので、慎重派も対抗ロビーしつつうまく広報していかないと、いずれは法規制されてしまうだろう。

漫画家さんが手弁当で走り回るほど「反対派」には余裕がないんです。政治活動で言えば「本来の姿」ではありません。広報って言葉もポイントです。これでは「コンテンツ文化だけで精一杯」になるのも無理はありません。

太田啓子であれ何であれ「最前線の手の回らない所」で表現の自由を守っているのであればそれはそれで認めるべきだろって事です。

2019-11-06 10:49 from 日下部來純(管理人)

トラックバック
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 立憲民主主義と日本国民の安全を考える有志のブログ All Rights Reserved.