FC2ブログ

【批判殺到】更なる消費税増税に言及!内閣府税制調査会「消費税は10%がゴールではない」!日本の景気は奈落の底に?

政治・経済・時事問題
constitutionalism_2019_09_14

2019年9月4日(水)。内閣府の「税制調査会」は更なる消費税増税の可能性に言及しました。少子高齢化や働き方の多様化など社会の変化に対応した税制のあり方を議論する中で一部の委員は「消費税は10%がゴールではない」と発言した模様。来月の「消費税率10%」を前に飛び出したトンデモ発言にインターネット上は消費税増税の中止や廃止を求める声で溢れています。

■消費税「10%がゴールではない」政府税調の議論で
https://news.tv-asahi.co.jp/news_economy/articles/000163595.html
テレ朝 news 2019/09/04 19:08


消費税率10%のその先のさらなる増税の話も出てきました。

政府税制調査会・中里実会長:「消費税も大事ですし、所得税も法人税も皆それぞれ大事な税金ですから、それぞれについてきっちりと議論していきたい」

政府の税制調査会は、少子高齢化や働き方の多様化など社会の変化に対応した税制がどうあるべきかの議論を行いました。委員からは「消費税は10%がゴールではない」との発言も出るなど、今後も何らかの増税策が必要との考えが示されました。議論の結果は今月中に「答申」としてまとめられ、安倍総理大臣に提出される予定です。

Twitterの反応!








増税ラッシュで「庶民」の生活は限界に!


中里実会長は「消費税も大事ですし所得税も法人税も皆それぞれ大事な税金ですからそれぞれについてきっちりと議論していきたい」と述べました。消費税だけでなく別の増税策も必要との考えを示しています。税制調査会の議論は今月中に「答申」として纏めた上で安倍晋三に提出される予定です。

一連の発言についてインターネット上では「景気は奈落の底に落ちるぞ」「僕らの労働の報酬つまり時間と自由をもっととるって彼らは言ってるよ」「これ以上もう生活を壊さないで」等々批判的な意見で溢れています。内閣改造の御祝儀相場はあるものの最新の世論調査では消費税増税に「賛成」は過半数を超えています。政府・与党は参議院選挙での勝利を理由に増税路線に突き進んでいます。

消費税率を巡って一部の自民党議員は「20%を上限に」と発言している上に「30%まで上げなければ足りない」と指摘する意見まであります。国民の「消費」を活発にしなければ景気は冷え込む一方です。問題は消費税だけではありません。この先の「増税ラッシュ」を止める為に野党の議席を伸ばさなければなりません。自覚・無自覚を問わず庶民の生活は既に「限界」に来ています。
記事タイトルとURLをコピーする
コメント
コメント投稿

トラックバック
    パンくずリスト
  • ホーム
  • »
  • 政治・経済・時事問題
  • »
  • 【批判殺到】更なる消費税増税に言及!内閣府税制調査会「消費税は10%がゴールではない」!日本の景気は奈落の底に?