FC2ブログ

【無間地獄】打つ手なし?日銀「金融緩和政策」の継続を決定!黒田東彦総裁「物価上昇の勢いが損なわれれば躊躇なく追加金融緩和を検討する」! - 立憲民主主義と日本国民の安全を考える有志のブログ

【無間地獄】打つ手なし?日銀「金融緩和政策」の継続を決定!黒田東彦総裁「物価上昇の勢いが損なわれれば躊躇なく追加金融緩和を検討する」!

constitutionalism_2019_06_20

2019年6月20日(木)。日本銀行(日銀)は「金融政策決定会合」で長短金利操作を柱とする「大規模緩和策」の維持を賛成多数で決めた模様。黒田東彦総裁は記者会見で「今年後半から成長が加速するシナリオは変わっていない」と強調しました。一方で米中貿易摩擦などのリスク要因に挙げた上で「物価上昇の勢いが損なわれれば躊躇なく追加金融緩和を検討する」との考えを改めて示しています。

■日銀が金融政策維持 総裁、物価失速なら追加緩和「躊躇なく」
http://www.asahi.com/business/reuters/CRBKCN1TL14O.html
朝日新聞デジタル 2019年6月20日 19時20分


[東京 20日 ロイター] - 米欧の中央銀行が金融緩和姿勢を強める中、20日に開かれた金融政策決定会合で日銀は、現行の金融緩和政策の継続を賛成多数で決定した。黒田東彦総裁は、その後の会見で物価2%目標に向けたモメンタム(勢い)が損なわれる状況になれば、「躊躇(ちゅうちょ)なく追加金融緩和を検討する」と強調し、追加緩和も辞さない考えを示した。

Twitterの反応!







金融緩和の出口を模索?


各国の金融政策を巡って「米国連邦準備制度理事会(FRB)」は6月19日(水)の会合で年内に利下げする方針を示唆しました。また「欧州中央銀行(ECB)」も利下げの検討を表明するなど主要国は「緩和姿勢」を鮮明にしています。こうした動きについて黒田東彦は「主要国の金融政策が国際金融市場や世界経済に影響を及ぼす可能性はある」と指摘しました。金融市場の動向などに注視した上で「適切な金融政策運営を行っていく」と述べています。

黒田東彦は追加緩和の手段として「短期政策金利の引き下げ」「長期金利目標の引き下げ」「資産の買い入れ拡大」「マネタリーベース拡大ベースの引き上げ」など様々な手段を提示しています。これらを組み合わせる事を含めてその時々の状況に合わせて日銀は適切な方法を検討していく方針です。

改めて目標の「物価上昇率2%」に向けて金融緩和政策の継続を宣言したのです。日銀の追加緩和は既に「巨額の数字」になっています。黒田東彦は主要国に対抗姿勢を見せずに「注視」に留めて具体策には言及していません。景気後退傾向に比例して日銀の緩和政策は出口を失いつつあります。早急に「出口戦略」を決めなければ取り返しのつかない事になってしまいます。
ブログランキング・にほんブログ村へ このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント
非公開コメント

【バカの壁】共産・志位氏「年収1000万円で頭打ちの年金保険料を年収2000万にすれば1兆円の財源」⇒安倍氏「ばかげた案」検証もせずに野党の提案を無視
http://xn--nyqy26a13k.jp/archives/48747
健康になるためのブログ

安倍首相と共産・志位氏、互いに「馬鹿げた案だ」と応酬(党首討論・発言詳報
https://www.buzzfeed.com/jp/keiyoshikawa/pm-vs-sii
BuzzFeed Japan

マクロ経済スライド 年金削り、格差広げる
廃止し「減らない年金」を
https://www.jcp.or.jp/akahata/aik19/2019-06-12/2019061202_03_1.html
しんぶん赤旗

公的年金 0.5%実質削減
厚労省 マクロ経済スライドを実施
https://www.jcp.or.jp/akahata/aik18/2019-01-19/2019011901_03_1.html
しんぶん赤旗

年金額0.1%増に抑制、マクロ経済スライド発動 19年度
https://r.nikkei.com/article/DGXMZO40161660Y9A110C1MM0000
日本経済新聞

2019-06-21 04:59 from 12434 | Edit

山本太郎「消費税廃止が、野党とこの国に残された唯一の活路である」
https://gendai.ismedia.jp/articles/-/65301
現代ビジネス

2019-06-21 05:00 from 12434 | Edit

トラックバック
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 立憲民主主義と日本国民の安全を考える有志のブログ All Rights Reserved.