FC2ブログ

【速報値】毎月勤労統計調査!3月の「実質賃金」は「2.5%減」で「3カ月連続」減少!2015年6月以来の大幅マイナス!

政治・経済・時事問題
constitutionalism_2019_05_29

2019年5月10日(金)。厚生労働省の発表した今年3月の「毎月勤労統計調査」「速報値」は深刻な結果になりました。物価変動の影響を除いた「実質賃金」「2.5%減」で2015年6月以来の大幅にマイナス。更に「名目賃金」「1.9%減」です。本格的な「貧困社会」に突入した日本の深刻な現状を示すデータです。

■毎月勤労統計調査 平成31年3月分結果速報
https://www.mhlw.go.jp/toukei/itiran/roudou/monthly/31/3103p/3103p.html
厚生労働省 令和元年5月10日


■【政治】3月実質賃金2.5%減 3カ月連続 対象入れ替え影響か
https://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/list/201905/CK2019051002000305.html
東京新聞(TOKYO Web) 2019年5月10日 夕刊


厚生労働省は十日、今年三月の毎月勤労統計調査(従業員五人以上の事業所)の速報を公表した。物価の影響を考慮した実質賃金は前年同月比2・5%減で、三カ月連続の減少。2・8%減だった二〇一五年六月以来の大幅マイナス。抽出調査の対象事業所を一定期間ごとに段階的に入れ替える「ローテーション・サンプリング」方式を一八年一月から採用し、今年一月にも一部を入れ替えたのが影響したとみられる。

基本給や残業代などを合わせた一人当たりの現金給与総額(名目賃金)は1・9%減の二十七万九千九百二十二円。うち基本給などの所定内給与は0・9%減だったが、賞与や通勤手当などの「特別に支払われた給与」が12・4%減の一万七千七百四十七円で、マイナス幅を広げた。

Twitterの反応!







不正統計問題の計算見直し影響?


毎月勤労統計調査はパートを含めた「従業員5人以上の事業所」を対象にしています。物価の影響を考慮した実質賃金は前年同月比2.5%減で「3カ月連続」の減少です。2.8%減を記録した2015年6月以来の大幅マイナス。2018年1月に抽出調査の対象事業所を一定期間ごとに段階的に入れ替える「ローテーション・サンプリング方式」を採用。今年1月に一部を入れ替えた事の影響は推測できます。

2019年1月~3月の「物価上昇」の影響もあった事は想像に難しくありません。基本給や残業代などを合わせた1人当たりの「名目賃金(現金給与総額)」は1.9%減で27万9922円。賞与や通勤手当などの「特別に支払われた給与」は12.4%減でマイナス幅を広げています。

パートタイム労働者の比率は「0.77ポイント上昇」「31.56%」「時給」は前年同月比「2.2%増」「1148円」です。相対的に「低賃金」「パートタイム労働者」の比率が増加した事は減少の大きな要因になっています。所謂「不正統計問題」で日本の「基幹統計」の信頼性は失墜する中で「賃金の低下」は目に見える形で現れ始めました。国民生活は日に日に圧迫されているのは確実です。尚、本件は前回お伝えした「確報公表延期」の件と前後します。

ブログランキング・にほんブログ村へ
記事タイトルとURLをコピーする
コメント
コメント投稿

トラックバック
    パンくずリスト
  • ホーム
  • »
  • 政治・経済・時事問題
  • »
  • 【速報値】毎月勤労統計調査!3月の「実質賃金」は「2.5%減」で「3カ月連続」減少!2015年6月以来の大幅マイナス!