FC2ブログ

【狂気】舌禍事件!日本維新の会・丸山穂高「戦争で北方四島を取り返す事には賛成ですか?反対ですか?」「戦争しないとどうしようもなくないですか?」! - 立憲民主主義と日本国民の安全を考える有志のブログ

【狂気】舌禍事件!日本維新の会・丸山穂高「戦争で北方四島を取り返す事には賛成ですか?反対ですか?」「戦争しないとどうしようもなくないですか?」!

constitutionalism_2019_05_15

2019年5月11日(土)。所謂「北方四島ビザなし交流」の訪問団の一員で国後島を訪問した日本維新の会丸山穂高(衆議院)は元島民で訪問団長の大塚小弥太氏に対して「団長は戦争で北方領土を取り返す事には賛成ですか?反対ですか?」と繰り返して問い質していた模様。除名処分までの一連の動きを纏めました。国際問題に発展する危険性を孕んだトンデモ発言です。

■維新・丸山氏、国後島で「戦争しないと」その後に撤回
https://www.asahi.com/articles/ASM5F6VYHM5FIIPE01B.html
朝日新聞デジタル 大野正美 2019年5月14日 00時25分


北方四島ビザなし交流の訪問団の一員として同行した日本維新の会の丸山穂高衆院議員(大阪19区)が、国後島訪問中の11日夜、北方四島の返還に関し、「戦争しないと、どうしようもなくないですか」と訪問団の団長に詰め寄るなどして、訪問団から抗議を受けていたことがわかった。

同行記者団などによると、公式行事が終わった11日夜、国後島の施設「友好の家」で懇談中、丸山議員が元国後島民の大塚小彌太団長(89)に「戦争でこの島を取り返すのは賛成ですか、反対ですか」などと大声で質問。団長が「戦争はすべきではない」と答えたが、戦争しないとどうしようもないとの発言を返した。丸山議員は酒に酔っており、その後も大声で議論を続け、決まりに反して友好の家の敷地から出ようとしたという。

■元島民ら丸山議員に反発「国会議員の態度じゃない」コップで机をバンバン
https://mainichi.jp/articles/20190514/k00/00m/040/176000c
毎日新聞 2019年5月14日 16時44分(最終更新5月14日20時55分)


北方四島ビザなし交流の訪問団の一員として国後島を訪問した日本維新の会の丸山穂高衆院議員(大阪19区選出)が11日、同島で元島民に対し、戦争による北方領土問題解決を肯定するような発言をしていた問題で、元島民らの間で「交流に支障が出かねない」「戦争なんてとんでもない」と反発が広がっている。

同じく訪問団に参加した同島出身の清水征支郎さん(80)=北海道浜中町=は戦争発言に「議員辞職かクビにすべきで、ビザなし交流の意義を損なう」と反発。「コップで机をバンバンたたいて大騒ぎをしており、国会議員の態度じゃないと腹が立った。翌日も嫌々謝罪し、本気でないように見えた」と批判した。

Twitterの反応!







憲法9条1項(国際法)違反!


トンデモ発言の詳細は次の通りです。

丸山穂高「団長は戦争でこの島(北方四島)を取り返す事には賛成ですか?反対ですか?」

大塚小弥太「戦争で?」

丸山穂高「ロシアが混乱している時に取り返すのはOKですか?」

大塚小弥太「戦争なんて言葉は使いたくないです」「使いたくない」

丸山穂高「はい」「でも取り返せないですよ」

大塚小弥太「戦争はするべきではない」

丸山穂高「戦争しないとどうしようもなくないですか?」

大塚小弥太「戦争は必要ないです」


明確に「問題解決の手段」として「戦争」を肯定しています。元島民らの地道な活動を否定する発言で団員達は謝罪を求めました。丸山穂高は「ホームビジット先で酒を勧められ酒が入っていたところで」「こういう形でご迷惑をかけた事を改めてお詫び申し上げます」と釈明しています。

しかし、北海道根室市で行われた記者会見で発言の真意を問われた際に「賛成か反対かという口調でそこにいる人に聞いている」「あたかも私がそう思っていて押しつけるかのような話は間違い」「誤解があるなら解かなければいけない」と苦しい言い訳に終始しています。

日露外交に暗雲?




2019年5月13日(月)。ロシア上院のコンスタンチン・コサチョフ連邦院国際問題委員長は記者会見で「日露関係の流れの中で最も酷い(発言だ)」と述べて前述の発言を批判しました。ロシア側はこのトンデモ発言を認識している模様。丸山穂高に対して「過激だ」とした上で「そのような挑発的な発言ができるのは存在する問題の解決を望まない人々だ」とコメントしています。ロシアの「タス通信」など海外の大手メディアも報道し始めた事でこれまでの日露外交を無にする国際問題になりかねません。

離党届提出⇒除名処分⇒議員活動続行を宣言!




2019年5月14日(火)。丸山穂高は舌禍事件の責任を取る形で離党する意向を固めました。所属する日本維新の会に離党届を提出したものの受理されずに「除名処分」になった模様。松井一郎代表はトンデモ発言を「我々の方針とは異なる」と否定しています。現在進行形で「火消し」に追われています。

尚、松井一郎代表は即時の「議員辞職」を求めたものの丸山穂高はこれを拒否しました。自身のTwitterで「虚心坦懐にその処分を受けとめる」とした上で「残りの政策の実現に向けて一つ一つ前に進めてまいります」と議員活動の続行を宣言しました。今後は「無所属」で活動を続けるそうです。


丸山穂高は以前「噛み付き事件」を起した際に「公職にいる間は断酒する」「再度飲酒した場合は議員辞職する」と公言しました。日本維新の会と言えば「今回小選挙区で落ちれば比例復活は無し」「政界を引退する事が決まっております」と発言した足立康史と同じく往生際の悪さは筋金入りです。潔く身を引くべきです。

露呈した「憲法改正」の危険性!



最大の問題は「団長は戦争でこの島を取り返す事には賛成ですか?反対ですか?」と聞いた事ではなく「戦争しないとどうしようもなくないですか?」と言い切った事にあります。今回の件ほど「憲法」の存在意義を分かり易く示したケースはありません。大塚八坂堂氏(@MiraiMangaLabo)を筆頭に同様のツイートは多く上っています。

大局的に「国防」に関わる「憲法9条」に限っては改正議論もやむを得ずと思っていました。しかし、丸山穂高の発言を見てその考えを改めました。憲法は国家権力を縛る鎖。これを有権者全体の共通認識にするまでは「発議」そのものを潰さなければ危険です。

表現規制反対派は冷静に!


個人的にこの人を「味方」にカウントする事は懐疑的ですけど丸山穂高は「表現規制」に理解のある政治家として「反対派」の一部では知られています。一定の功績を挙げた事は評価できるものの「問題解決の手段」として「戦争」を肯定する危険人物は確実に「議員辞職」に追い込まなければなりません。下手な擁護は絶対にNGです。
ブログランキング・にほんブログ村へ このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント
非公開コメント

そらそうよ(´・ω・`)

丸山穂高は青いだけだ
https://www.gosen-dojo.com/blog/22213/

まぁ丸山議員は辞職当然として、↑のよしりんの「戦争」というものについて、改めて日本人は考えていかないといけないかなぁ(´・ω・`)

ついでに
コ口吉@0icco19時間19時間前
丸山ほだかはクビでも、長谷川豊は炎上後も公認してるの、維新の基準は俺にはよく分からんわ。

キャベ 🍅@Cabagineフォローする @Cabagineをフォローします
「戦争しないと取り返せない」発言の対象が、北方領土ではなく拉致被害者だったら、どうなっていただろうかね

中国とアメリカの外交の殴り合い見るに、色々と岐路に立ってる日本という自覚が必要。

(´・ω・`)まぁ俺は口酸っぱく言ってるが、橋下氏or小泉進次郎議員による国家運営の未来が最悪なので、そこをどう回避するかに全力を注ぎたい

2019-05-16 14:14 from フー | Edit

追記(´・ω・`)

なお佐藤浩市氏のインタビュー案件は、春日太一氏の見解が妥当というか、どっちの側も過剰に反応しすぎじゃね?て気がするし、原文見たけど(´・ω・`)はぁそうですか くらいの感想しかなくないかという(設定に関して)

しかし、丸山議員のせいで戦争に関してまた思考停止が増えて国家が減退するのかという残念感もあるが、維新の劣化自体は国家にとってプラスなので、まぁいってこいか。

なお戦争反対(国家の自主性の放棄)で思考停止し続けるとどうなるか?

可能性の未来として、
橋下氏独裁の大統領制で、皇室が無くなって、超ネオリベで、アメリカのケツ舐め国家・・・ かなw

2019-05-16 14:46 from フー | Edit

No title

丸山議員への辞職勧告決議は筋違い。衆院は懲罰委員会に付託せよ
https://hbol.jp/192463/2

2019-05-16 18:07 from - | Edit

【『立憲民主主義と日本国民の安全を考える有志のブログ』と云うブログ名に嘘偽りは在りませんか?】

【 朝日新聞掲載「キーワード」の解説
『立憲主義』
 国家権力を憲法によって規制しようという政治原則。権力が暴走し、個人が生まれながらにして持っている基本的人権を奪うことがないようにと、西欧で17~18世紀に生まれた。日本国憲法では、基本的人権を「侵すことのできない永久の権利」(11条と97条)と定め、権力にしばりをかけている。(2018-04-05 朝日新聞 朝刊 1道)   出典 朝日新聞掲載「キーワード」 】

 この様に、立憲主義とは国家権力を規制する為に憲法を守らせる意味だそうです。
 しかし、国民が憲法を無視して行動して良いはずも無く、立憲主義は国民をも規制しているものと捉えるのが自然な考え方だと思います!

 元維新の国会議員が、維新から除名されましたけれど、本当に憲法9条違反なのでしょうか?
 『「戦争」発言は「武力行使の放棄」を定めた9条違反である』
 本当でしょうか?

【「砂川事件」
 事件番号  昭和34(あ)710
 事件名   日本国とアメリカ合衆国との間の安全保障条約第三条に基く行政協定に伴う刑事特別法違反
 裁判年月日  昭和34年12月16日
 法廷名   最高裁判所大法廷
 裁判種別  判決
 結果    破棄差戻
 判例集等巻・号・頁   刑集 第13巻13号3225頁

 (前略)
 一、先ず憲法九条二項前段の規定の意義につき判断する。そもそも憲法九条は、わが国が敗戦の結果、ポツダム宣言を受諾したことに伴い、日本国民が過去におけるわが国の誤つて犯すに至つた軍国主義的行動を反省し、政府の行為によつて再び戦争の惨禍が起ることのないようにすることを決意し、深く恒久の平和を念願して制定したものであつて、前文および九八条二項の国際協調の精神と相まつて、わが憲法の特色である平和主義を具体化した規定である。  すなわち、九条一項においては
「日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求」することを宣言し、また「国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する」と規定し、さらに同条二項においては、「前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力はこれを保持しない。国の交戦権は、これを認めない」と規定した。かくのごとく、同条は、同条にいわゆる戦争を放棄し、いわゆる戦力の保持を禁止しているのであるが、
 しかしもちろんこれによりわが国が主権国として持つ固有の自衛権は何ら否定されたものではなく、わが憲法の平和主義は決して無防備、無抵抗を定めたものではないのである。
 憲法前文にも明らかなように、われら日本国民は、平和を維持し、専制と隷従、圧迫と偏狭を地上から永遠に除去しようとつとめている国際社会において、名誉ある地位を占めることを願い、全世界の国民と共にひとしく恐怖と欠乏から免かれ、平和のうちに生存する権利を有することを確認するのである。しからば、わが国が、自国の平和と安全を維持しその存立を全うするために必要な自衛のための措置をとりうることは、国家固有の権能の行使として当然のことといわなければならない。(以下省略) 】

 この最高裁判決では、『わが国が主権国として持つ固有の自衛権は何ら否定されたものではなく、わが憲法の平和主義は決して無防備、無抵抗を定めたものではないのである。』
 と断言しているのである。

 ロシアの不法占有する「我が国固有の」北方領土は、わが国が「主権国として持つ固有の主権」が脅かされている状態であり、「わが国が主権国として持つ固有の自衛権」が未だ発動していないだけなのである!

 従って、違法に奪われた、北方領土に対する我が国固有の主権を回復する為に、「何ら否定されたものではないわが国が主権国として持つ固有の自衛権を北方領土に発動する事は違憲でも何でも無い!

 違憲でも何でも無い事に対する発言で、党から除名するのは未だしも、議員辞職を強要したり、議員辞職決議案の成立を画策するのは、明確なる憲法21条違反である。

 即ち、表現の自由に対する卑劣な挑戦である!

 立憲主義を標榜するなら、自らも憲法を大切にすべきでは無いでしょうか?

2019-05-17 21:56 from 三角四角 | Edit

No title

三角四角さん

>この様に、立憲主義とは国家権力を規制する為に憲法を守らせる意味だそうです。しかし、国民が憲法を無視して行動して良いはずも無く、立憲主義は国民をも規制しているものと捉えるのが自然な考え方だと思います!

憲法・法律・条令に様々な解釈があるのは事実です。また「憲法」は「国の最高法規」なのでそういう意味で「国民を規制している」と捉える事も(無理やりに解釈すれば)できなくはありません。

しかし「憲法99条」よって明確に「天皇・摂政・公務員全ては日本国憲法に遵い・守り・擁護しなければならない」と定められています。政治に携わる人達に「憲法を尊重し憲法違反行為を予防しこれに抵抗する義務」を課しているのです。従って「憲法尊重擁護義務」を負っているのは「天皇」「摂政」「政治家を含めた公務員」で「一般国民」は含まれていません。

その証拠のひとつに自民党の憲法改正草案は「憲法99条」を「削除」して新たに102条1項で「全て国民はこの憲法を尊重しなければならない」に変更しています。

>元維新の国会議員が、維新から除名されましたけれど、本当に憲法9条違反なのでしょうか?

一般的な解釈では憲法9条1項=国際法に違反しています。

>従って、違法に奪われた、北方領土に対する我が国固有の主権を回復する為に、「何ら否定されたものではないわが国が主権国として持つ固有の自衛権を北方領土に発動する事は違憲でも何でも無い!

憲法9条の解釈については日本国の領土に敵国の軍隊が侵略してきた場合は当然「個別的自衛権」を行使して攻撃できます。北方四島については憲法制定前に旧ソ連に武力侵攻・実効支配されている状態です。しかし、1956年の「日ソ共同宣言」において「平和的解決」の国際合意をしています。

>違憲でも何でも無い事に対する発言で、党から除名するのは未だしも、議員辞職を強要したり、議員辞職決議案の成立を画策するのは、明確なる憲法21条違反である。

憲法21条は無制限ではありません。公共の福祉に反する場合は当然制限されます。そうした背景を踏まえて丸山穂高の発言は「国際法」「憲法尊重擁護義務」「公共の福祉」に違反するので論外です。

大雑把に言えば今回の丸山穂高の発言を擁護する事は国益/国民益の両面でマイナスだって話なのです。

>立憲主義を標榜するなら、自らも憲法を大切にすべきでは無いでしょうか?

大切にしているからこそ憲法尊重擁護義務に違反するアホを叩いてる訳ですよ?。

2019-05-18 00:20 from 日下部來純(管理人)

No title

三角四角さん

余談。貴殿に限った話ではなく所謂「保守系」の言論人は「一般国民も憲法尊重擁護義務を負っている」と主張する人も少なくありません。しかし「憲法は国家権力を縛る鎖」は「基本原理」です。

これ以外の解釈を我々「一般国民」が支持する事にメリットはありますかね?。要するに「損得」の問題です。思考停止もダメですけど考え過ぎもダメなのでは?。

2019-05-18 00:48 from 日下部來純(管理人)

No title

ヴィーガン。同じ思想の下に連帯し何をやらかしても一人一派。
オタク。漫画読んでる奴は皆兄弟。連帯責任で共謀罪。
ttps://twitter.com/segawashin/status/1129142998040584192
>瀬川深 Segawa Shinさんが山口貴士 aka無駄に感じが悪いヤマベンをリツイートしました
>とりあえず日本のネットでのヴィーガニズムへの執念深く偏見に充ち満ちた罵詈雑言の数々を見ていると、(馬鹿になり凶暴になるのは肉食ってる方なのでは)と思ってしまう。
>つーかよそんちの食卓に野菜しか上らないことがそんなにも憎たらしいことなんでしょうかね。
>承前)菜食主義者の肉屋襲撃を得々として持ち出す連中も居るが、それが菜食主義の本義ではなかろうし、大多数の穏健な野菜食ってるだけの人々に対して執拗なバッシングを繰り返す方がよほど凶暴で攻撃的だとは思うけどね。
>俺はそれを「肉食の本質だ」などと言うつもりはないが。


「権力者を批判すると投獄や暗殺される」
「LGBTという理由で殺される」
「女性が一人で歩いているとレイプされる」
所を持ち出して「日本より治安が良くて平和で天国のよう!日本は地獄!!」とか言いながらその地獄にヘバりついてるから言われてるんだよ。
ttps://twitter.com/egeLA5SLQPV55jo/status/1128802792011788289
>不勉強 ⚒️さんが事務課リーをリツイートしました
>「権力者を批判しても投獄や暗殺されないから日本はマシ」
>「LGBTという理由で殺されないのだから日本ほど同性愛に寛容な国はない」
>「女性が一人で歩いていてもレイプされないだけ日本はマシ」
>「日本は水道水が飲めるし四季がある」

壁を乗り越えた事は無い!→乗り越えた例
でも燃やしてない!→燃やした例
ttps://twitter.com/naka___35/status/1129088430682435584
>中さんが虹オタのトロツキー(ただ生きたい人)をリツイートしました
>このリプ欄、「こっそりやってても見つけるくせに!」みたいな意見多いけど、その例出してくれよ…何が年齢制限ちゃんとしてこっそりやってて焼かれたの?
>あと「騒ぐだろうが」って何だろう。騒いじゃダメなの?人が騒ぐことまで禁止したいの?それなんて規制派???

早速ステファンさんに過去の所業まで掘り起こされる。
ttps://twitter.com/SutePhan218/status/1129323857897086979
ttps://twitter.com/SutePhan218/status/1129312205533409280
ttps://twitter.com/SutePhan218/status/1129312201020305408

実録性犯罪漫画家めんていセンセイは性犯罪者→エロ漫画家。
ttps://twitter.com/naka___35/status/1129163925113597954
>中さんが青髭アルターをリツイートしました
>ロリ漫画があるから犯罪抑止になってる!も言ってはいけない反論シリーズですね…その趣味のオタクは犯罪予備軍と認めてどうする。

そいつらが本当に漫画を読んで真似してるなら。
その後、武道の有段者の鉄拳や鈍器でシバかれる所まで真似しないとね。
ttps://twitter.com/SinoT0430/status/1129328516577734656
>sino@実証実験中さんがのりかずをリツイートしました
>だとしたら、子供も手に取れる少年誌に覗きやラッキースケベなんて掲載しない方がいいですね。倫理観ないんだから漫画の真似してやるよね?

2019-05-18 02:18 from ネットマスゴミ | Edit

No title

普段から「女性の客体化」とか言って無ければな・・・。
お気に召したかどうかの違いでしかない。
愛嬌有る中年男性のイメージで描いて悪意なら。お仲間作の肥満体形に無精髭にボサボサ頭へ日の丸ハチマキしめて汗まき散らすのオタク青年=ネトウヨという像も燃やしからぞうぞ一人一派。
ttps://twitter.com/6d745/status/1129396749112664064
>NINA 🌈さんがろくでなし子 祝デコまん無罪確定!をリツイートしました
>そりゃ悪意でしょ。なうちゃんさんが美少女アニメアイコンを使っていることに疑問を持ったんでしょう?だから現実的な50代男性のイラストにしたんでしょう?
>本人が美少女アイコンを使いたがってるのをわかった上で、敢えて50代男性イラストを描いたわけですよねぇ。
>ろくでなし子 祝デコまん無罪確定!さんがNINA 🌈をリツイートしました
>だから、その人の実年齢にあう絵を描くことが、なんで「悪意」なんですか❓❓❓👀悪意だと思うあなたの中に、エイジズムがあるからでしょう。(これ言うの何回めだ💨)

ツイフェミ。同じ思想の下に連帯し何をやらかしても一人一派。
オタク。漫画読んでる奴は皆兄弟。連帯責任で共謀罪。
>NINA 🌈‏ @NINA32674927
>だからそんなに「お仲間」でもないんですよ。所詮Twitter上の繋がりなので。
>ろくでなし子 祝デコまん無罪確定!さんがNINA 🌈をリツイートしました
>は❓ツイフェミの人達は、元強姦魔と噂されているmaggyさんとオフ会などして実際に仲良くされてましたよね。あと、しばき隊>の人達も仲良く一緒にデモなどしてますよね❓だいぶ「お仲間」じゃないてすか👀


区民でも無いのに送ってくれる「どこどこ通信」を読めば分かりますよ!
反対連呼とがなり立てていればどうにかなる!な人ではないですしね。
・・・この人を知るべきは今、表現の自由を守る戦士の方かな。
・・・実録性犯罪漫画家めんていセンセイという。戦争を知らない子を見てしまった今は。
ttps://twitter.com/hosakanobuto/status/1127120893321236481
>保坂展人‏認証済みアカウント @hosakanobuto
>保坂展人から野党へ 与党支持者を取り込むコツ - 保坂展人>否定すべき現状をきっぱり「NO!」というだけでは足りません。
>「いい要素をさらに伸ばしていきましょう」と肯定的で共感的なメッセージが必要なのです。

実録性犯罪漫画家めんていセンセイを放置して、ろくでなし子将軍を内ゲバに付き合わせてるのはそういうことか。
ttps://twitter.com/AngelVibesTan/status/1129125638516822016
>Angel Vibes‏ @AngelVibesTan
>某漫画家氏が私に抱きつくセクハラをしたあの日、某漫画家氏は何人かの他人の悪口ウンザリするような悪口を言い聞かしてきて、そうそう思い出しました。
>ろくでなし子さんの悪口も言ってて、あの頃から敵視してたのでしょうね。
というか、私がその悪口に同調するとでも思ったのかよ。某セクハラ氏。

日本のエビニスト達は移住・・・しないでください。オーストラリアに人達もお断りでしょう。
ttps://twitter.com/theonlyonekanta/status/1128494215300730880
>カンタ 🇺🇸 In California 🧸‏ @theonlyonekanta · 5月15日
。酔っ払った女性にハイヒールで(もはや凶器と言っても過言ではない)、理由も無しに滅多打ちにされたオーストラリア人の19歳少年。
>が、その女性にはたったの罰金$250。
>彼は「もしこれが逆の立場なら、僕は刑務所に入っているだろうね。」と言った。男女平等なんてない。

保護者の皆さん。非難轟轟ぶつける場所・・・解ってますよね?
ttps://twitter.com/dorasuky/status/1129002267405836290
>木野浩一さんが毎日新聞ニュース速報をリツイートしました
>"プールで4歳児溺死 保育園に2042万円支払い命じる判決 京都地裁"
>ひとりで30人の園児のプール指導なんて、無理に決まってるんだけど、日本の保育の現状は、こんなのが日常茶飯事なんだよねえ。
>国も、もっと手厚い保育が出来るように尽力するどころか、基準の緩和に動いているぐらいで、

子ども達の為に戦ってる自分に酔えて、従順なガキに躾けたいだけなのでは・・・と。
ttps://twitter.com/AK19772ch/status/1129273701520723968
>Backy ちとメンタル回復‏ @AK19772ch
>この機会に訴えたいことがあるので、よければお読みいただきたい。
>うちの父親は地元の青少年育成会議の委員で、書店やコンビニに立ち入り調査に行っていた。要は、過激すぎる本が「成人向けコーナー」からはみ出してないか、というものだ。
>「不毛だよ」という勇気は当時なかった。
>つづく

「キサマら雑兵どもに鞭をくれてやっとるだろうが!」・・・かな?
ttps://twitter.com/phenixsaber/status/1129293890635411457
>喇叭のオッさん。‏ @milessmilejazz
>「表現の自由戦士の皆さん、出番ですよ!」
>百田尚樹さんの「日本国紀」批判で出版中止 作家が幻冬舎を批判 - 毎日新聞
>鳳 明日香さんが喇叭のオッさん。をリツイートしました
>あんた自身が動かないと言うことはあんたも実はどうでも良いんだろう?自分は安全圏から貴重なリソースを他人について負担させて当然視は、
>戦前の無能軍部と同じだね。違うというのなら、自分で動いて範を示せ。牟田口連也の劣化コピーさんよ。

・・・ハイエースしたいどころじゃない。
とりあえずIHSか?正直頼りたくないけど、もともとこの為の機関ですし。
ttps://twitter.com/Conscript1942/status/1129270722403037184
>トイレスタンプ香りジェル‏ @Conscript1942
>フェミニズム史上最も危機的な事態が発生している事に今気付いた

乳房の対象が大胸筋でなく陰茎なのも意味不明。
ttps://twitter.com/Conscript1942/status/1129270722403037184
>雨野マヒロ‏ @mahironoame
>ツイフェミ界隈では度々創作物の性的消費が何故悪いかをわからせる為のカウンターとして
>「男やオタクをこんな風に描く作品があったらどう思う⁈」
>って提示されるけど、毎回毎回
>「そういうジャンルは既にあるし創作と現実は別なので現実の男やオタクの人権侵害にはならない」
>って言われてる気がする

2019-05-18 02:58 from ネットマスゴミ | Edit

サルビーニ副首相、イタリアのトランプ大統領と自称
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2019-05-17/PRN7ZJ6JTSE801
ブルームバーグ

米大統領、日本などからの輸入車への追加関税 180日判断先送り
https://news.tbs.co.jp/sp/newseye/tbs_newseye3676559.htm
TBS News

2019-05-18 13:09 from 12434 | Edit

【 法の下の平等、憲法14条1項 】

 憲法で国家権力だけを縛れば事足れりとするのでは、国民の生命・身体・財産・権利・自由は守れません!

 例えば、表現の自由として知られている憲法21条ですが、平成23年(2011)の原発事故に関して、原子力発電に潜む危険性が一部の人間から指摘されていました。

 しかし、テレビ、ラジオ、新聞・雑誌等に広告料を出費して居る原子力業界に逆らうと、広告が引き上げられて、経営が逼迫する虞があり、真実の探索・調査・発表が委縮してしまいます。

 これは、政治権力では無く、民間による表現の自由(憲法21条)への圧迫です。

 最近、主に、老齢者による自動車事故が多発していますが、全て、老齢者の能力の低下で片付けられています。

 事故車の製造会社、車種、製造年月日による統計調査報道が在りません。

 これも、自動車業界による、表現の自由(憲法21条)への無言の圧力でしょう?

 また、『大切にしているからこそ憲法尊重擁護義務に違反するアホを叩いてる訳ですよ?。』そうですが、私は、昭和34年の最高裁大法廷判決から(自衛)戦争発言は憲法9条に違反しているとは思えません。

 従って、憲法尊重擁護義務にも違反していないと考えます。

 しかし、国会議員が、憲法に付いて発言してはいけないとなると、必要があっても、憲法が改正出来ない可笑しな事になってしまいます。

 例えば、同性婚は、憲法24条1項の「婚姻は、両性の合意のみに基づいて成立し、・・・」に反するので、国民が主張しても、禁止する憲法の条文は在りませんが、国会議員が発言すれば憲法尊重擁護義務(憲法99条)に違反する事になる訳です!

 また、在日外国人に参政権を与えよと云うのは、憲法15条1項の「公務員を選定し、及びこれを罷免することは、国民固有の権利である。」に明確に違反します。

 国民が主張するなら未だしも、国会議員が主張すれば、憲法尊重擁護義務(憲法99条)に反するのです。

 しかし、国会議員が、憲法尊重擁護義務(憲法99条)に反して憲法24条1項違反の同性婚や、憲法15条1項違反の在日外国人に参政権を与えよと発言しても、議員辞職強要や議員辞職勧告決議案が成立した事はありません!

 法の下の平等、憲法14条1項「すべて国民は、法の下に平等であつて、・・・」に反すると思います!

 憲法を恣意的に濫用するのは良く無いことです。

 叩きたい人だけ叩いて、叩かなければならない人をスルーするのでは、単なる苛め、吊し上げです。

 その様な不正が蔓延れば、国が乱れる元と成ります。

2019-05-18 13:47 from 三角四角 | Edit

これこそというかw(´・ω・`)

↑の人 なんだろうコピペ感あるんだよなw んで
>叩きたい人だけ叩いて、叩かなければならない人をスルーするのでは、単なる苛め、吊し上げです。

別に叩きたくて叩いてるんじゃないでしょwあほなこと言ったあげく責任の取り方も醜悪だから叩かれてるんしょうがw
叩かなければならない人 ってのは論点ずらしになりかねないんで、今回のケースに限っては的外れで使わないほうが良い(´・ω・`)

まぁしつこいようだったら日下部氏対処おね 自分が応援してる声優の、ネットストーカーもちゃんと対処されたように(ただ凍結したぶん動き読めないのが怖いんだよな)

しかし、頭痛いというか相変わらずクソ作家というか・・・
内田樹認証済みアカウント@levinassien5月16日
その他 内田樹さんが高橋源一郎をリツイートしました
やはりここまで来たら日本の作家は「幻冬舎とは仕事をしない」ということを宣言すべきだと思います。僕はもともと幻冬舎と仕事をする気がないし、先方も頼む気がないでしょうから「勝手なことをいうな」というお立場の作家もいるでしょうけれど、それでも。

↑に対して
伊藤 剛@GoITO6時間6時間前
「やはりここまで来たら日本の作家は「幻冬舎とは仕事をしない」ということを宣言すべきだと思います。」

そういうところがあかん。
何だこの押しつけがましさ。

わがままコブラ@wagamamacobra 30分30分前
感情論に拠った正義感だけで突っ走ると、悪の根源を叩いているようで実は真面目なちゃんとした人たちまで十把一絡げに叩いてしまっている、という最悪のパターンに陥りやすいよね。

2019-05-18 15:01 from フー | Edit

No title

三角四角さん

>憲法で国家権力だけを縛れば事足れりとするのでは、国民の生命・身体・財産・権利・自由は守れません!

国民は「法律」を守る義務を負っています。権力者は国民の「生命」「身体」「財産」「権利」「自由」に関わるルール(法律)をある程度自由に変えられる「権限」を持っている代わりに「憲法」で縛られているのです。権力者は「強者」で一般国民は「弱者」で同じではありません。

>しかし、テレビ、ラジオ、新聞・雑誌等に広告料を出費して居る原子力業界に逆らうと、広告が引き上げられて、経営が逼迫する虞があり、真実の探索・調査・発表が委縮してしまいます。

原子力業界のバックは「国家権力」ですよ?。

国民も憲法で縛られているならば真実の探索・調査・発表なんて出来なくなります。

>事故車の製造会社、車種、製造年月日による統計調査報道が在りません。

代わりにインターネットでやってます。厳密に言えば確証のない段階で「製造会社」等を晒してしまえばそれこそ人権問題になります。

>私は、昭和34年の最高裁大法廷判決から(自衛)戦争発言は憲法9条に違反しているとは思えません。

丸山穂高の発言は「自衛」ではありません。前回の私のコメントをよく読んで。

北方四島を巡る日露関係は「日ソ共同宣言」を前提にしています。である以上は「自衛」は成立しません

>しかし、国会議員が、憲法尊重擁護義務(憲法99条)に反して憲法24条1項違反の同性婚や、憲法15条1項違反の在日外国人に参政権を与えよと発言しても、議員辞職強要や議員辞職勧告決議案が成立した事はありません!

>法の下の平等、憲法14条1項「すべて国民は、法の下に平等であつて、・・・」に反すると思います!

ケースバイケースに決まってるでしょ(苦笑)。

丸山穂高のように国益/国民益を害する言動は叩くしそうでないものは「自由」で当たり前です。

外国人参政権に批判が多いのはあくまで制度上の問題です。同性婚も外国人参政権も「当たり前の権利」を認めるか否かの話で不当に国益/国民益を害する事はありません。

>憲法を恣意的に濫用するのは良く無いことです。

安保法制をゴリ押しした安倍政権に言ってあげてw

厳密に言えば「憲法」は国家権力の暴走に対して「カウンター的」に機能するもので「一般国民」に「恣意的に運用」できるものではありません。

例えば「漫画の暴力表現は規制すべき」と主張する人達の嘆願を切っ掛けに法改正に着手した政治家や役人に対して「表現の自由の侵害」を主張して対抗する事こそ「憲法」です。要するに「バランス調整機能」です。

このケースは「表現規制」を「推進する側」と「反対する側」の双方で「憲法21条」に基く権利を行使しているのです。憲法で縛られている政治家や役人は「正当な理由」なく「規制」する事はできません。貴殿は根本的に「憲法」の存在意義を理解していませんね・・・。

2019-05-18 21:09 from 日下部來純(管理人)

国有林コンセッションの悪夢
https://blog.goo.ne.jp/reforestation/e/04ccf578a1e611c305e76cdaa7a70448
代替案のための弁証法的空間  Dialectical Space for Alternatives

丸山穂高議員の「戦争しないと取り返せない」発言を考える
https://blog.goo.ne.jp/reforestation/e/532164a353bf60e5afcf52fb5d542a33
代替案のための弁証法的空間  Dialectical Space for Alternatives

丸山議員の問題発言については、小林よしのり氏のコメントも参考にできると思いますが、拓殖大学の関良基准教授の見解もかなり興味深いです。

2019-05-18 21:43 from 12434 | Edit

【 日本国民の義務! 】

『 >法の下の平等、憲法14条1項「すべて国民は、法の下に平等であつて、・・・」に反すると思います!
 ケースバイケースに決まってるでしょ(苦笑)。
 丸山穂高のように国益/国民益を害する言動は叩くしそうでないものは「自由」で当たり前です。 』

 「丸山穂高のように国益/国民益を害する言動」と仰いますけれど、国民全体では如何思っているか分かりませんが、ネットでは、維新とそれに同調する野党に批判的な意見が多く見受けられます。

 よって、「国益/国民益を害する言動」と決め付けるのは些か独善の様でも在ります!

 我が国では、最高裁、しかも大法廷での判決は司法権の最高峰が下した判決で、政府ならずとも国民は尊重するべきです!

 でなければ、法治国家とは言えません。

 「砂川事件判決で」最高裁は、『わが国が主権国として持つ固有の自衛権は何ら否定されたものではなく、わが憲法の平和主義は決して無防備、無抵抗を定めたものではないのである。』と断言しているのです。

 ロシアの不法占有する「我が国固有の」北方領土は、わが国が「主権国として持つ固有の主権」が脅かされている状態であり、「わが国が主権国として持つ固有の自衛権」が未だ発動していないだけなのです!

 従って、違法に奪われた、北方領土に対する我が国固有の主権を回復する為に、「何ら否定されたものではないわが国が主権国として持つ固有の自衛権」を北方領土に発動する事は違憲でも何でも無い!

 違憲でも何でも無い事に対する発言で、党から除名するのは未だしも、議員辞職を強要したり、議員辞職決議案の成立を画策するのは、明確なる憲法21条違反です。

 即ち、表現の自由に対する卑劣な挑戦である!

 我々、日本国民は、常に日本において表現の自由が蔑ろにされて居ないか監視する義務があるのです!

 【 日本国憲法
 (自由・権利の保持の責任とその濫用の禁止)
 第12条  この憲法が国民に保障する自由及び権利は、国民の不断の努力によつて、これを保持しなければならない。又、国民は、これを濫用してはならないのであつて、常に公共の福祉のためにこれを利用する責任を負ふ。 】

 朝日新聞を筆頭とする新聞や、TBSなどのテレビは何時も、表現の自由(憲法21条)を大切にするよう訴えているのに、今回はダンマリです。

 やはり、自由社会にとって、表現の自由(憲法21条)は右にとっても左にとっても最重要であるので、今回の維新やそれに同調する野党には、自由社会への挑戦者として、厳しく糾弾されるべきなのです!

 それが、憲法12条に記された日本国民の義務なのです!

2019-05-19 09:25 from 三角四角 | Edit

No title

三角四角さん

>我が国では、最高裁、しかも大法廷での判決は司法権の最高峰が下した判決で、政府ならずとも国民は尊重するべきです!

>従って、違法に奪われた、北方領土に対する我が国固有の主権を回復する為に、「何ら否定されたものではないわが国が主権国として持つ固有の自衛権」を北方領土に発動する事は違憲でも何でも無い!

私を含めて「自衛権」を否定してる人は居ません。只、領土問題だけでなく幅広く国家間の「紛争」を解決する際には「国連憲章」で定めている「平和的手段による解決」「武力の不行使」の原則を守らねばなりません。丸山穂高の発言は「国際法」に違反しています。政治家は口にしてはいけない事なのです。表向きは「自民党」でさえ丸山穂高を擁護していません。

>違憲でも何でも無い事に対する発言で、党から除名するのは未だしも、議員辞職を強要したり、議員辞職決議案の成立を画策するのは、明確なる憲法21条違反です。

戦争は公共の福祉に反している上に国際法違反でアウトです。この説明は3度目なので理解して(苦笑)。

>我々、日本国民は、常に日本において表現の自由が蔑ろにされて居ないか監視する義務があるのです!

これは当たり前です。しかし「無制限」ではないと何度も言ってるでしょ?。

>やはり、自由社会にとって、表現の自由(憲法21条)は右にとっても左にとっても最重要であるので、今回の維新やそれに同調する野党には、自由社会への挑戦者として、厳しく糾弾されるべきなのです!

野党を糾弾した所で「表現の自由」は守れません。自由社会を破壊しようとしているのは「改憲勢力」です。後、繰り返しますけど「戦争を煽る自由」は存在しません。

>「丸山穂高のように国益/国民益を害する言動」と仰いますけれど、国民全体では如何思っているか分かりませんが、ネットでは、維新とそれに同調する野党に批判的な意見が多く見受けられます。

馬鹿な連中だなとは思いますけど丸山穂高を擁護する人達の発言まで制限して(されて)ないでしょ?。私や貴殿を含めた「一般国民」と違って丸山穂高は憲法尊重擁護義務を負っている「政治家」です。同一線上で語ってはいけません。

頭ガチガチの貴殿に噛み砕いて説明しますけど「日ソ共同宣言は『平和的解決』を前提にしていて両国はこれに同意している」「従って『自衛』は成立しない」「紛争解決の手段として「戦争」は認められていない(国際法違反)」「戦争は『公共の福祉』に反しているので『表現の自由』の範囲外」で完全にアウトです。政治家としての「コンプライアンス」の問題です。

丸山穂高はこれに加えて前回の不祥事を受けて「公務中の飲酒したら辞職」を公言しているのでアウトです。議員辞職決議案はそういう意味も含まれています。要するに「政治家」で居る資格はないって事です。

2019-05-19 12:38 from 日下部來純(管理人)

【 論点ずらしかな? 】

 『 >やはり、自由社会にとって、表現の自由(憲法21条)は右にとっても左にとっても最重要であるので、今回の維新やそれに同調する野党には、自由社会への挑戦者として、厳しく糾弾されるべきなのです!

 野党を糾弾した所で「表現の自由」は守れません。自由社会を破壊しようとしているのは「改憲勢力」です。後、繰り返しますけど「戦争を煽る自由」は存在しません。 』

 『 野党を糾弾した所で「表現の自由」は守れません。 』

 間違いでは在りません!
 しかし、不正確です。

 確かに、「野党を糾弾した所で」政府や与党の「表現の自由」への圧迫は止めさせなければ成りません。

 しかし、政府や与党の「表現の自由」への圧迫を止めさせたとしても、野党の「表現の自由」への圧迫を野放しにして良い訳では無く、政府や与党、野党関係無く、「表現の自由」を踏み躙る行為に対しては断じて糾弾するべきなのです!

 自由社会を破壊しようとしているのは「改憲勢力」だったとしても、自由社会を護ろうとしている「護憲勢力」の自由社会を踏み躙る「表現の自由」の侵害行為は絶対認められません。

 成程、『「戦争を煽る自由」は存在しません。』かも知れません。
 しかし、「北方領土の主権の回復を煽る自由」は存在します!

2019-05-19 20:14 from 三角四角 | Edit

【 戦後、世界では何回国際法違反が行われたと認識されているのですか? 】

 『 >違憲でも何でも無い事に対する発言で、党から除名するのは未だしも、議員辞職を強要したり、議員辞職決議案の成立を画策するのは、明確なる憲法21条違反です。

 戦争は公共の福祉に反している上に国際法違反でアウトです。この説明は3度目なので理解して(苦笑)。 』

 フォークランド紛争で、イギリスがアルゼンチンからフォークランド諸島を武力で奪還!

 中華人民共和国が、東トルキスタン共和国を武力侵略、占領して新疆ウィグル自治区とし、自国領に編入、チベット共和国にも侵略・占領してチベット自治区として自国領に編入。

 アメリカが、イラクが大量破壊兵器を持っているとして、戦争開始、戦後大量破壊兵器が無かった事が判明した。

 ロシアが、ウクライナ共和国の東側とクリミア半島を武力占領、住民投票を実施してロシア領に編入したのは、未だ記憶に新しい処です!

 貴方は、これらは全部国際法違反には当たらず、セーフとでも、仰りたいのですか(苦笑)。(勝手に真似して御免なさい。)

 守られない国際法に何の価値があるのでしょう?

 『戦争は公共の福祉に反している』とは、「侵略戦争」の事であり、最高裁大法廷判決が認める処、自衛は公共の福祉に反していません。

 北方領土は我が国固有の領土であり、主権を回復するのは、最高裁大法廷判決の言う自衛に当たります。

 故に、北方領土の主権を回復する事は、公共の福祉に反し無いし、例え、国際法に反したとしても、誰も守らない国際法など有名無実の無用の長物です。

2019-05-19 20:19 from 三角四角 | Edit

>守られない国際法に何の価値があるのでしょう?

冗談きつ過ぎますよ。

2019-05-19 21:24 from 12434 | Edit

No title

三角四角さん

そろそろ苦しくなってきたでしょ(苦笑)。

>自由社会を破壊しようとしているのは「改憲勢力」だったとしても、自由社会を護ろうとしている「護憲勢力」の自由社会を踏み躙る「表現の自由」の侵害行為は絶対認められません。

>成程、『「戦争を煽る自由」は存在しません。』かも知れません。しかし、「北方領土の主権の回復を煽る自由」は存在します!

これこそ「論点ずらし」です。貴殿も認めているように大前提で「国会議員の立場で戦争を煽る自由は存在しない」というこの問題の本質の部分に対して「表現の自由の侵害行為は絶対認められません」はまったく反論になっていません。

丸山穂高が批判されている理由はまさに「北方領土の主権の回復」ではなく「戦争を煽る事」だからです。

貴殿は旗色が悪くなると「表現/言論の自由」を持ち出しますけど「丸山穂高の発言は国会議員として失格だ」と言ってるだけで「言論封殺」をしている訳ではありません。

当然「内容」の賛否は問われますけど「国会議員」を辞めた後で好きなように自由に発言して「表現/言論の自由」を謳歌すればいいのです。要するに「政治家としての責任」を果たせって話です。

>貴方は、これらは全部国際法違反には当たらず、セーフとでも、仰りたいのですか(苦笑)。(勝手に真似して御免なさい。)

最早「ロジック」として無茶苦茶になってますよw

貴殿の例示したケースは「イギリス」「アメリカ」「中国」「ロシア」にそれぞれ文句を言ってくださいよ(苦笑)。論点は「日本の国会議員が国際法に違反する発言をした事」です。

>守られない国際法に何の価値があるのでしょう?

守られていないと「守らなくていい」はまったく違います。貴殿の論調で言えば「ルールはルール」です。日本は一応「国際社会」の一員です。紛争解決は「国際法」に則って行う責任があります。

2019-05-19 22:31 from 日下部來純(管理人)

【 維新と自称護憲派野党は、何回憲法を蹂躙すれば気が済むのか?! 】

 有権者たる国民に選ばれた国会議員に辞職を迫り、国会議員辞職勧告決議案の成立を画策する事は、日本国憲法前文と憲法15条に規定された国民の公務員選定・罷免権を侵害する違憲行為です。

 また、表現の自由にも抵触します。

 即ち、維新の会は、日本国憲法の前文、憲法15条、21条に違反する飛んでも無い集団です!

 自民党が、国会議員辞職勧告決議案に消極的なのは当り前です。
 維新も、野党も如何かしているのでは無いでしょうか?

 【 日本国憲法
 前文
 日本国民は、正当に選挙された国会における代表者を通じて行動し、われらとわれらの子孫のために、諸国民との協和による成果と、わが国全土にわたつて自由のもたらす恵沢を確保し、政府の行為によつて再び戦争の惨禍が起ることのないやうにすることを決意し、ここに主権が国民に存することを宣言し、この憲法を確定する。そもそも国政は、国民の厳粛な信託によるものであつて、その権威は国民に由来し、その権力は国民の代表者がこれを行使し、その福利は国民がこれを享受する。これは人類普遍の原理であり、この憲法は、かかる原理に基くものである。われらは、これに反する一切の憲法、法令及び詔勅を排除する。(以下省略) 】

 【 日本国憲法
 (公務員の選定および罷免の権利・・・)
 第15条  公務員を選定し、及びこれを罷免することは、国民固有の権利である。
(以下省略) 】

 国会議員(公務員)を選定したり罷免するのは国民固有の権利であると日本国憲法第15条に明記されているのに、辞職を強要したり、辞職勧告決議案を成立させて、もし議員が辞めたとしたら、憲法15条を蔑ろにした事は明らかです!

 もう、護憲派など名乗る資格を永久に失います。

 憲法を大切にしない、維新と自称護憲派の野党をこれ以上甘やかすのは止めましょう!

2019-05-20 19:53 from 三角四角 | Edit

【 一致・不一致 】

 管理人さんと何回か意見の交換をさせて頂いて来て、大筋意見の一致を見る部分(幹の部分)と意見の一致を見ない部分(枝葉の部分)がはっきして来ました。

 自由主義社会における、表現の自由(憲法21条)の大切さ(幹の部分)に付いては、同意見でも、私が、政府・与党・野党区別無く、表現の自由(憲法21条)を脅かす行為に付いては厳しく糾弾すべきと云う意見に対し、管理人さんは、表現の自由(憲法21条)を脅かし易い政府・与党には厳しく、その虞の小さい野党には例え表現の自由(憲法21条)への侵害が在っても大目に見てねと云うことですよね?(枝葉の部分)

 侵略戦争は、公共の利益と国際法に反するけれど、自衛(防衛)戦争は、公共の利益と国際法のどちらにも反さないですよね(幹の部分)。

 私は、北方領土を武力奪還するのは、最高裁大法廷が認めた自衛(防衛)戦争だと思うのですが、管理人さんは侵略戦争だと思うのですね! (枝葉の部分)

 自国の領土を侵略すると云うパラドックス!

 また、北方領土を武力奪還するのが侵略戦争だと仮定すれば、国際法に違反する。(幹の部分)

 私は、たとえそうだとしても、国際法を守らない国が沢山あったので、国際法は有名無実の無用の長物化して居るのでは無いか?

 守られない国際ルール(国際法)に何の価値が在るのかと疑問を投げ掛けましたが、管理人さんは他の国は守らなくても、日本は守るのだと云う禅問答の様な答えです。(枝葉の部分)

 世界はそんな仙人が生きて行ける程甘い処では無くて、日本の領土を取られ放題に成ってしまいます!

 「遣られたら、遣り返す」
 これは、野獣国家に溢れる世界の中で独立国家として生きて行く基本姿勢です!

 でなければ、領土を削られ放題で、最後に日本人の国、日本は消えて無くなります。

2019-05-20 19:59 from 三角四角 | Edit

No title

三角四角さん

>憲法を大切にしない、維新と自称護憲派の野党をこれ以上甘やかすのは止めましょう!

>自由主義社会における、表現の自由(憲法21条)の大切さ(幹の部分)に付いては、同意見でも、私が、政府・与党・野党区別無く、表現の自由(憲法21条)を脅かす行為に付いては厳しく糾弾すべきと云う意見に対し、管理人さんは、表現の自由(憲法21条)を脅かし易い政府・与党には厳しく、その虞の小さい野党には例え表現の自由(憲法21条)への侵害が在っても大目に見てねと云うことですよね?(枝葉の部分)

理由は再三説明してますけど大前提で丸山穂高の発言は「表現の自由」の「範囲外」なので厳密に言えばこの指摘は的外れです。

また、仮に現在の野党がどれ程クソでも「安倍政権下の憲法改正」に反対であれば無条件で支持します。原理主義的な貴殿と違って私はリアルに「私権制限の阻止」の最優先に考えています。綺麗事を並べても私権制限を認めれば「表現の自由」は終わりです。

>私は、北方領土を武力奪還するのは、最高裁大法廷が認めた自衛(防衛)戦争だと思うのですが、管理人さんは侵略戦争だと思うのですね! (枝葉の部分)

北方四島について日本は一環として「戦後のどさくさで旧ソ連が実効支配している」という立場で「戦争」に負けたから取られた訳ではありません。旧ソ連が北方四島に侵攻したのは日本で「ポツダム宣言」を受け入れた後です。本当に「戦後のどさくさで占拠している」だけです。

日本はこれまで「交渉の建前」として「ロシア」の「実効支配」を事実上認めています。例えば「尖閣諸島」などと違って「自国=日本で実効支配していない北方領土の武力奪回」は「自衛戦争」の範囲を超えています。要するに「外交」の失敗です。

>私は、たとえそうだとしても、国際法を守らない国が沢山あったので、国際法は有名無実の無用の長物化して居るのでは無いか?

>守られない国際ルール(国際法)に何の価値が在るのかと疑問を投げ掛けましたが、管理人さんは他の国は守らなくても、日本は守るのだと云う禅問答の様な答えです。(枝葉の部分)

米国や中国のように良くも悪くも国際的に影響力のある国はともかく日本で同じ事をやれば国際社会に爪弾きにされて完全に孤立します。禅問答ではなく国益/国民益を考えているに過ぎません。

2019-05-20 21:37 from 日下部來純(管理人)

【 日本国憲法は依怙贔屓・差別一切無し! 国際社会にルールは一つ! 】

 『 理由は再三説明してますけど大前提で丸山穂高の発言は「表現の自由」の「範囲外」なので厳密に言えばこの指摘は的外れです。 』

 【 精選版 日本国語大辞典の解説    ひょうげん【表現】の 自由(じゆう)
 人が意思や思想を表現・発表する自由。言論・出版・報道の自由を含む。日本の憲法は一切の表現の自由を保障し、検閲の禁止・通信の秘密の保持を規定している。
 出典 精選版 日本国語大辞典
「コトバンク」は朝日新聞社の登録商標です。「コトバンク」のサイトの著作権は(株)朝日新聞社及び(株)VOYAGE GROUPに帰属します。 】

 日本の憲法は一切の表現の自由を保障しているのに、勝手気儘に「表現の自由」の「範囲外」を設けないで下さい!


 『 また、仮に現在の野党がどれ程クソでも「安倍政権下の憲法改正」に反対であれば無条件で支持します。原理主義的な貴殿と違って私はリアルに「私権制限の阻止」の最優先に考えています。綺麗事を並べても私権制限を認めれば「表現の自由」は終わりです。 』

 支持するのは御勝手ですが、日本国憲法を政府・与党には適用して、野党には適用しないのは、日本国民が憎むべき不正義であり、差別です。
 日本国憲法14条に明確に違反します!

 【 日本国憲法
 (法の下の平等・・・)
 第14条 すべて国民は、法の下に平等であつて、人種、信条、性別、社会的身分又は門地により、政治的、経済的又は社会的関係において、差別されない。 】


 『 日本はこれまで「交渉の建前」として「ロシア」の「実効支配」を事実上認めています。例えば「尖閣諸島」などと違って「自国=日本で実効支配していない北方領土の武力奪回」は「自衛戦争」の範囲を超えています。要するに「外交」の失敗です。 』

 フォークランド紛争において、アルゼンチン共和国によってフォークランド諸島の実効支配を奪われたイギリスはフォークランド諸島を武力奪還しましたが、「自衛戦争」の範囲を超えていません。
 北方領土も同じです!


 『 米国や中国のように良くも悪くも国際的に影響力のある国はともかく日本で同じ事をやれば国際社会に爪弾きにされて完全に孤立します。禅問答ではなく国益/国民益を考えているに過ぎません。 』

 日本を見縊ってはいけません!
 米国や中国とは違いますけど、日本ならではの影響力が在ります。

 もし、国際社会とやらに爪弾きにされても完全に孤立はしません。

 日本を批難する国と、擁護してくれる国と中立の国に分かれます。
 その様子をじっくり観察し、閻魔帳に記録します。

 以後、困った国が日本に助けを求めて来たときは、日本を批難した国は適当にあしらい、中立の国は其れなりに対応して、擁護してくれた国は最大限の援助をします。

 以後、日本を敵にするのは得策では無い事を悟るでしょう!

2019-05-22 22:39 from 三角四角 | Edit

(´・ω・`)これ 理解してないくさいぞw 前の文から

>日本の憲法は一切の表現の自由を保障しているのに、勝手気儘に「表現の自由」の「範囲外」を設けないで下さい!
保障してなくね?例えば、わいせつや犯罪実行声明の自由保障されてないし(わいせつが妥当かどうかは一旦横に置いて)
んで、そもそも丸山議員の自由が保障されてるから、あんな馬鹿発言が言えて、んでそれを批判する自由もある。というか公共の福祉どこいったw(まぁこれも色々議論の幅有るけど)

>もし、国際社会とやらに爪弾きにされても完全に孤立は~~その様子をじっくり観察し、閻魔帳に記録します。~~得策では無い事を悟るでしょう!

(´・ω・`)いや地政学どこいったwというか、様子じっくり観察してる間にやられるわw
仮にトルコやノルウェーやカメルーンが日本支持したとしても意味ねぇw

近隣諸国とどういう状況かが優先項目なわけで・・・

あとフォークランド紛争ってイギリス単独で勝ったんだっけ?
それに北方領土奪還戦争するとして、これ失敗するとカウンターで北海道やられるぞwただでさえ国防観点で北海道の東側問題になってんのに
軍事知識無さすぎだろ・・・


2019-05-22 23:46 from フー | Edit

三角四角氏よりもフーというバカのコメントの方がよっぽど問題だと思う。フーはまず自分に都合の良いTwitter引用をやめろ❗底意地の悪い典型的ニホン人の典型。自分でTwitterを始める根性なし

2019-05-23 00:42 from マンセー名無し | Edit

ややこしいなw(;´・ω・)

>フーはまず自分に都合の良いTwitter引用をやめろ❗底意地の悪い典型的ニホン人の典型。自分でTwitterを始める根性なし
このタイミングで頓珍漢なコメントかいw(´・ω・`)表現原理主義者にTwitter原理主義者・・・原理主義者話通じないからなぁw(理由は思考停止してるから)
しかも上記のコメ引用してないし、あと都合の良いTwitter引用・・・ 微妙に感覚がおかしいな・・・
これだと、このサイトに自分が都合の悪い引用(例えば百田氏や竹田恒奏氏)引用する理由もないし、例の二人アホだし(/・ω・)/

まぁいいやwまさかの 日下部氏&フーVS三角氏&名無し氏 の対立構造になったわけだ

名無し氏の三角氏擁護(補填)のコメントに期待(日頃俺はTwitterを~って言ってるんだから、さぞ日下部氏がうなるコメントするだろう)

2019-05-23 10:45 from フー | Edit

No title

三角四角さん

>日本の憲法は一切の表現の自由を保障しているのに、勝手気儘に「表現の自由」の「範囲外」を設けないで下さい!

国際的な孤立に関してはフー氏のコメントとほぼ同意見なのであえて触れませんけど「表現/言論の自由」は「無制限」ではありません。憲法21条は「公共の福祉」に反しない限り一切の自由を保障しています。フー氏の仰るように「猥褻表現」や「犯罪実行声明」など元々条件付きなのす。

丸山穂高の件で言えば「戦争をけしかける」です。簡単に言えば「戦争を肯定して国民の生命や財産を危険に晒し自由や権利を迫害する事」を「自由に発言する権利」はないって事です。この人の場合はそれ以前の問題ですが・・・。

2019-05-23 12:00 from 日下部來純(管理人)

【 「戦争」を禁句にするな!(1/5) 】

『 丸山穂高の件で言えば「戦争をけしかける」です。簡単に言えば「戦争を肯定して国民の生命や財産を危険に晒し自由や権利を迫害する事」を「自由に発言する権利」はないって事です。この人の場合はそれ以前の問題ですが・・・。 』

 私も、最初は丸山穂高氏が『戦争をけしかけた』と思いましたが、事実は違うみたいです。

【 <北海道>酒に酔い維新議員 島返還に戦争持ち出し元島民抗議
 5/13(月) 15:48配信  HTB北海道テレビ放送  HTB北海道テレビ

 13日、北方四島の国後島から帰港したビザなし交流の訪問団。 この訪問団に参加していた日本維新の会の丸山穂高衆議院議員の発言をめぐり、元島民らから抗議を受けていました。
  丸山穂高衆議院議員は11日、現地で島返還の手段として戦争を持ち出し、元島民らから抗議を受けていました。
 同行した記者が録音した丸山議員の音声です。
 丸山議員音声「戦争でこの島を取り返すことは賛成ですか?反対ですか?」
 団長「戦争で?」
 丸山「ロシアが混乱しているときに取り返すのはOKですか?」
 団長「戦争なんて言葉は使いたくないです。使いたくない」
 丸山「でも取り返せないですよね?」
 団長「いや、戦争はすべきではない」
 丸山「戦争しないとどうしようもなくないですか?」
 団長「いや、戦争は必要ないです」

 丸山議員とやりとりをした訪問団の団長で、元島民の大塚さんは「私は真っ向から反対いたしました。戦争で取るとか取らないか、そんなこと私は聞いたこともありませんしね」と話しています。丸山議員はこの発言の前に酒を飲んでいたということです。元島民らはこの発言に抗議しましたが、丸山議員は酒に酔って騒いだことについては謝罪したものの、戦争発言については「賛成か反対かを聞いただけ」だとし、「北方領土を戦争で取られたわけですから、取り返すということに対して賛成か反対か聞いたと。別にそういう話があってもいいわけじゃないですか。それに対して何をダメだとおっしゃっているのかよくわからないです」とコメントしています。丸山議員の発言について日本維新の会の松井代表は、「戦争で取り返すようなことは、我々党として一切考えはありません。武力での解決というのは僕にはないですね」と話しています。
 HTB北海道テレビ  Copyright (C) 2019 HTB北海道テレビ 無断転載を禁じます。
 Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved. 】

 地元の北海道の比較的公平な立場で報道しているHTB北海道テレビの報道に依れば、普通の読解力のある日本人ならば、丸山穂高氏が『戦争をけしかけた』とは取りません!

 しかし、何時の間にか、中央のマスコミでは、丸山穂高氏が『戦争をけしかけた』体で報道されています。

 戦争は、何も禁止ワードでも何でもありません。

 しかも、国際法(国連憲章)で禁止されているのは、侵略戦争のみです。
 自衛戦争は禁止されていません。

 【 国際連合憲章
 第7章 平和に対する脅威、平和の破壊及び侵略行為に関する行動
 第51条
 この憲章のいかなる規定も、国際連合加盟国に対して武力攻撃が発生した場合には、安全保障理事会が国際の平和及び安全の維持に必要な措置をとるまでの間、個別的又は集団的自衛の固有の権利を害するものではない。この自衛権の行使に当って加盟国がとった措置は、直ちに安全保障理事会に報告しなければならない。また、この措置は、安全保障理事会が国際の平和及び安全の維持または回復のために必要と認める行動をいつでもとるこの憲章に基く権能及び責任に対しては、いかなる影響も及ぼすものではない。 】
 
 それが、証拠に、イギリスがフォークランド諸島を武力で実効支配を奪還した事に異議を唱える声は国際社会には無きに等しいです。

2019-05-25 19:15 from 三角四角 | Edit

【 「戦争」を禁句にするな!(2/5) 】

 竹島にしても、北方領土にしても、日本固有の領土を韓国とソ連が略奪したのです。
 話し合いで返さ無いのなら、自衛措置として、戦争で奪い返すのは基本でしょう?

 例えば、北方領土の近くで日本漁船がロシアに拉致されれば、日本が実力で奪い返しそれを契機に北方領土を奪還しても、国際連合憲章第51条には反し無いでしょう?

 問題と成りそうなのが、所謂、敵国条項と言われる国際連合憲章53条と107条です。

【 国際連合憲章  第8章 地域的取極
 第53条
 1.安全保障理事会は、その権威の下における強制行動のために、適当な場合には、前記の地域的取極または地域的機関を利用する。但し、いかなる強制行動も、安全保障理事会の許可がなければ、地域的取極に基いて又は地域的機関によってとられてはならない。もっとも、本条2に定める敵国のいずれかに対する措置で、第107条に従って規定されるもの又はこの敵国における侵略政策の再現に備える地域的取極において規定されるものは、関係政府の要請に基いてこの機構がこの敵国による新たな侵略を防止する責任を負うときまで例外とする。
 2.本条1で用いる敵国という語は、第二次世界戦争中にこの憲章のいずれかの署名国の敵国であった国に適用される。 】

 「地域的取極」とは、
 【 コトバンク   ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説
 地域的取極 ちいきてきとりきめ
 地域的機関とも称される。一般的国際平和機構のなかで考慮される地域的な取極,機関をいう。国際連盟規約第 21条も消極的にこれを認めていたが,国連憲章は第8章全体を割き,積極的にこれを認めた。すなわち国連の目的と原則に合致することを条件として地域的取極を認め,地方的紛争を安全保障理事会に付託する以前に平和的に解決することを奨励している。もっとも地域的取極による強制行動は,5大国の拒否権を含む安全保障理事会の「許可」が条件とされたので,国連憲章採択の際にアメリカおよびラテンアメリカ諸国の強い要請により集団的自衛権の規定が別途設けられた。その結果,地域的取極は集団的自衛権に基づき安全保障理事会の「許可」を必要とすることなく防衛行動がとれるようになった。こうした地域的機関としては北大西洋条約機構 NATO,全米相互援助条約などがある。 (→地域的安全保障 )       出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
「コトバンク」は朝日新聞社の登録商標です。「コトバンク」のサイトの著作権は(株)朝日新聞社及び(株)VOYAGE GROUPに帰属します。 】
 いわゆる集団的自衛権の事である。

 即ち、敵国条項・国際連合憲章(以下国連憲章と略す)53条とは、地域的取極(集団安全保障条約)国の一国が侵略されても、「いかなる強制行動も、安全保障理事会の許可がなければ、」(国連憲章53条1項但し書)地域的取極によってとられてはならない。
 但し、「本条2に定める敵国のいずれかに対する措置で、第107条に従って規定されるもの又はこの敵国における侵略政策の再現に備える地域的取極において規定されるものは、関係政府の要請に基いてこの機構がこの敵国による新たな侵略を防止する責任を負うときまで例外とする。」(国連憲章53条1項但し書)

 つまり、日本は、「敵国という語は、第二次世界戦争中にこの憲章のいずれかの署名国の敵国であった国に適用される。」(国連憲章53条2項)により、第二次世界戦争中に国連憲章の署名国ソ連の承継国ロシア共和国の敵国とされる。
 だから、日本がもう一つの敵国条項・国連憲章107条に抵触すれば、「又はこの敵国における侵略政策の再現に備える地域的取極において規定されるものは、関係政府の要請に基いてこの機構がこの敵国による新たな侵略を防止する責任を負うときまで例外とする。」(国連憲章53条1項但し書)

 北方領土は、我が国日本の固有の領土であり、それを不法・違法に奪ったソ連の承継国から奪還するのは、「敵国による新たな侵略」に当たらないのは明らかである!

2019-05-25 19:21 from 三角四角 | Edit

【 「戦争」を禁句にするな!(3/5) 】

 では、残りの敵国条項・国連憲章107条を見てみよう。

【 国際連合憲章   第17章 安全保障の過渡的規定
 第107条
 この憲章のいかなる規定も、第二次世界大戦中にこの憲章の署名国の敵であった国に関する行動でその行動について責任を有する政府がこの戦争の結果としてとり又は許可したものを無効にし、又は排除するものではない。 】

 敵国条項対象国・日本の北方領土が、敵国条項・国連憲章107条の「この戦争の結果としてとり又は許可したもの」に該当すれば、ロシア共和国とその同盟軍は、安全保障理事会の許可なしに、日本に対し集団的自衛権を行使する事が出来るのです。

 ロシアがよく「戦争の結果」を大切にしろと吠えるのは、北方領土が敵国条項・国連憲章107条に該当しないのに、恰も該当しているかの様に日本国民を騙す為である!


【 北方領土問題   出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
 (前略)
 北方領土関係史(抜粋)
 1945年8月 停戦とその後の侵攻
 8月14日、御前会議にて、米・英・中・ソの共同宣言(ポツダム宣言)の受諾を決定、日本側は連合国にポツダム宣言受諾を通告。
 8月15日、日本国内では敗戦を告げる玉音放送が流された。ソ連は北千島への作戦準備及び実施を内示、8月25日までに北千島の占守島、幌筵島、温禰古丹島を占領するように命じた。
 8月16日には日本領南樺太へソ連が侵攻。この際、米ソ合同作戦「プロジェクト・フラ」により米国で建造された軍艦や米軍に習熟訓練を受けたソ連兵も参加し、この後の侵攻でも使われた。
 8月16日、日本の大本営から即時停戦命令が出たため、日本側の関東軍総司令部が停戦と降伏を決定。
 8月18日、ソ連による千島列島への侵攻と占領。
 8月23日、スターリンは「国家防衛委員会決定 No.9898」に基づき、日本軍捕虜50万人をソ連内の捕虜収容所へ移送し、強制労働を行わせる命令を下し、これにより主にシベリアなどへ労働力としてソ連各地へ移送・隔離されシベリア抑留問題となる。
 8月28日から9月1日までに、ソ連軍は北方領土の択捉・国後・色丹島を占領した。
 9月2日、東京湾上のアメリカ戦艦ミズーリの甲板において、日本側が連合国と降伏文書を締結、これにより停戦となる。同文書では、連合国側として連合国最高司令官とソ連を含む各国代表も署名を行い、国際的に停戦が確認された。既に8月22日に千島諸島の日本軍は戦闘停止していたが、連合国からの指令「一般命令第一号」で千島諸島の日本軍は「ソヴィエト」極東軍最高司令官に降伏すべきこととされた。
 9月3日から5日にかけてソ連軍は歯舞群島を占領した。

 1946年~1949年 1946年1月29日、GHQ指令第677号により、千島列島・歯舞・色丹などの地域に対する日本の行政権が一時的に停止され、千島はソビエトの行政管轄区域となった。
 1946年2月2日、ソ連邦最高会議が、千島列島(クリル諸島)の領域を1945年9月20日にさかのぼり国有化宣言する(ソ連邦最高会議一九四六年二月二日付命令)。  (後略) 】

 日本が、米・英・中・ソの共同宣言(ポツダム宣言)の受諾をしたのが、1945(昭和20)年8月14日であり、日本側は連合国にポツダム宣言受諾を通告した。

 ソ連軍は、8月28日から9月1日までに、北方領土の択捉・国後・色丹島を占領した。
 9月3日から5日にかけてソ連軍は歯舞群島を占領した。

 以上、ソ連は日本が連合国にポツダム宣言受諾を通告した8月14日以後に北方領土を侵略したのである。

 敵国条項・国連憲章107条の「この戦争の結果としてとり又は許可したもの」には当たらない!

 従って、ロシア共和国とその同盟軍は、安全保障理事会の許可なしに、日本に対し集団的自衛権を行使する事が出来無いのです!

2019-05-25 19:27 from 三角四角 | Edit

【 「戦争」を禁句にするな!(4/5) 】

【 日ソ中立条約  出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』(抜粋)
 大日本帝國及「ソヴイエト」社會主義共和國聯邦間中立條約
通称・略称 日ソ中立条約  署名 1941年4月13日(モスクワ)
 効力発生 1941年4月25日   条約番号 昭和16年条約第6号

 日ソ中立条約は、1941年(昭和16年)に日本とソビエト連邦(以下ソ連)の間で締結された中立条約である。「日ソ中立条約」は略称で、正式名称は「大日本帝国及「ソヴイエト」社会主義共和国連邦間中立条約」とされる。
 (中略)
 有効期間は5年であり、その満了1年前までに両国のいずれかが廃棄を通告しない場合は、さらに次の5年間、自動的に延長されるものとされた(第3条)。

 〔条約破棄〕
 日本の敗色が濃厚になっていた大戦末期の1945年(昭和20年)4月5日、翌年期限満了となる同条約をソ連政府は延長しない(ソ連側は「破棄」と表現)ことを日本政府に通達した。この背景には、ヤルタ会談にて「秘密裏に対日宣戦が約束されていたこと」がある。さらに、ポツダム会談で、ソ連は、「日ソ中立条約の残存期間中であること」を理由に、アメリカと他の連合国がソ連政府に「対日参戦の要請文書を提示すること」を要求した。

 これに対して、アメリカ大統領ハリー・S・トルーマンはソ連首相ヨシフ・スターリンに送った書簡の中で、連合国が署名したモスクワ宣言(1943年)や「国連憲章103条・106条」などを根拠に、「ソ連の参戦は平和と安全を維持する目的で国際社会に代わって共同行動をとるために他の大国と協力するものであり、国連憲章103条に従えば憲章の義務が国際法と抵触する場合には憲章の義務が優先する」という見解を示した。

 この回答はソ連の参戦を望まなかったトルーマンやジェームズ・F・バーンズ国務長官が、国務省の法律専門家であるジェームズ・コーヘンから受けた助言をもとに提示したものであり、法的な根拠には欠けていた。

 通達後においても日本側は条約が有効と判断して、ソ連の仲介による和平工作をソ連側に依頼した。ソ連はこれを無視し密約どおり対日参戦を行うことになる。

 ソ連は1945年(昭和20年)8月8日(モスクワ時間で午後5時、満州との国境地帯であるザバイカル時間では午後11時)に突如、ポツダム宣言への参加を表明した上で「日本がポツダム宣言を拒否したため連合国の参戦要請を受けた」として宣戦を布告、事実上条約を破棄した。9日午前零時(ザバイカル時間)をもって戦闘を開始し(ソ連対日参戦)、南樺太・千島列島および満州国・朝鮮半島北部等へ侵攻した。

 この時、駐ソ日本大使館から本土に向けての電話通信回線は全て切断されており、完全な奇襲攻撃となった。

 具体的には、日ソ中立条約は、その第3条において、

『 本条約は 両締約国に於て其の批准を了したる日より実施せらるべく 且5年の期間効力を有すべし
 両締約国の何れの一方も右期間満了の1年前に本条約の廃棄を通告せざるときは 本条約は次の5年間自動的に延長せらるものと認めらるべし
 — 大日本帝國及ソヴィエト社會主義共和國聯邦間中立條約、第三條 』

 とされ、前半部にて、本条約はその締結により5年間有効とされており、当該期間内の破棄その他条約の失効に関する規定は存在しない。期間満了の1年前までに廃棄通告がなされた場合には、後半部に規定される5年間の自動延長(6年目から満10年に相当する期間)が行われなくなり、条約は満5年で終了するものと解するのが妥当と解釈される。

 ソ連側は、関東軍特種演習(通称:関特演)による日本の背信行為によって既に条約は日本側により破棄されたという見解を示していた。

 しかしヤルタ会談でソ連が対日参戦を秘密裏に決定した後の1945年4月5日、ソ連のモロトフ外相は佐藤尚武駐ソ大使を呼び、日ソ中立条約を破棄する旨を通告した(モロトフが佐藤に対して「ソ連政府の条約破棄の声明によって、日ソ関係は条約締結以前の状態に戻る」と述べた)が、佐藤が条約の第3条に基づけばあと1年は有効なはずだと返答したのを受け、モロトフは「誤解があった」として日ソ中立条約は1946年4月25日までは有効であることを認めている。 】

 即ち、ソ連のモロトフ外相は日ソ中立条約は1946(昭和21)年4月25日までは有効であることを認めているのに、ソ連はそれを無視して北方領土を強奪したのである。

2019-05-25 19:32 from 三角四角 | Edit

【 「戦争」を禁句にするな!(5/5) 】

 不法に略奪された領土を真摯な交渉を重ねても返さないと言うなら戦争によって取り戻すのも最終ではあるが、選択肢であるに違いない。

 この当たり前な事が言えない戦後の国会議員に於いて、丸山穂高国会議員の発言は貴重である。

 国益を害すと言う馬鹿が居るが、国益は一つでは無いのである。

 返す気も無いのに、日本を誑かして、投資や技術を掠め取ろうとして居るロシアに一発かませる事が出来たのは又別の国益である。

 ロシアが、猛反発しないのは、丸山穂高国会議員の発言が、国際社会では正論だからである。

 ロシアが、強く言うと、つい最近のクリミア半島、東ウクライナ強奪の事を掘り返され盛大なブーメランに成るからである。

 もうそろそろ、日本が国際社会で通用する正論が全く言えない異常な国家で在る事に気付くべきです。

2019-05-25 19:34 from 三角四角 | Edit

No title

三角四角さん

まあ「戦争を禁句にするな」って時点で「馬鹿は黙ってろ」で終わりなんですけど(苦笑)。

丸山穂高の発言で、

>丸山「ロシアが混乱しているときに取り返すのはOKですか?」

ここまではいいです。

>丸山「でも取り返せないですよね?」
>丸山「戦争しないとどうしようもなくないですか?」

これは一般的な読解力のある人であれば「けしかけた」と言います。音声を聞けば分かりますけど「しないとどうしようもない」と言い切ってます。

それ以前に本人が一連の発言を認めてるんですよ?。

>しかも、国際法(国連憲章)で禁止されているのは、侵略戦争のみです。
>自衛戦争は禁止されていません。

北方領土に「自衛」は成り立たないと何度言えば?。

>それが、証拠に、イギリスがフォークランド諸島を武力で実効支配を奪還した事に異議を唱える声は国際社会には無きに等しいです。

だから日本もやってOKにはならないでしょ?。

>国益を害すと言う馬鹿が居るが、国益は一つでは無いのである。

戦争は国益を害します。戦争で潤うのは一部の特権階級と軍需産業だけです。

>返す気も無いのに、日本を誑かして、投資や技術を掠め取ろうとして居るロシアに一発かませる事が出来たのは又別の国益である。

一発かました結果「ロシア」に交渉のアドバンテージを取られました。日本は丸山穂高の発言の責任を取らされる形で要求を呑まされる可能性は大です。一般的にはこれを「国益を害す」と言います。

>もうそろそろ、日本が国際社会で通用する正論が全く言えない異常な国家で在る事に気付くべきです。

国際社会の常識として「戦争」は正論ではありません。一部で見て見ぬふりをされている国もありますけどそれは「正論」とは言いません。

2019-05-25 20:37 from 日下部來純(管理人)

フーさんが一番最初のコメントで小林よしのり氏の主張を紹介していますが、国会議員が本気で「北方領土は戦争でなければ取り戻せない」と考えているなら、それを口に出してはいけないですね。丸山議員はまずは立憲的改憲の議論をすべきだったでしょう。なぜなら、戦争というのはあくまでも最後の最後の手段だからです。真面目に「戦争という選択肢を封じてはいけない」と考えている人も、それを肝に命じるべきです。
まあ丸山議員なんて、戦争発言の他にも変なことやっているようなので完全に論外だから、こんなこといっても仕方ないですけどね。

2019-05-25 20:38 from 12434 | Edit

長ぇw(´・ω・`)

日下部氏論だとちと護憲色が強いんだよなぁw
まぁ条件付き改正論者として言わしてもらうと三角氏の論は机上すぎる

んまぁ 戦争 という単語の言論封殺はまぁ良くない
酒に呑まれる奴について
https://www.gosen-dojo.com/blog/22359/
玉川徹は「言論封殺」をしたいのか?
https://www.gosen-dojo.com/blog/22347/ より

とはいえ、丸山議員のあの発言は酔って妄言&パフォーマンス の類なのが確定でしょ

居丈高に戦争で奪還だが、じゃあ竹島、尖閣もやんの?ていう(/・ω・)/
で犠牲者出して負けたらどうすんだ?勝っても維持ができるのか?(できるわけがない)等など

あとそもそもなんで急にロシア相手にせにゃいけないんだよwっていう 北海道民ならまぁ複雑な思いがあるだろうが(逆に道民ゆえに戦争反対ともいえるし)

優先順位は、北朝鮮→中国の軍事行動に関して、どう準備するか?だろうに

2019-05-25 21:17 from フー | Edit

【 私は貴方の立場を否定する者では在りません。 】

 しかし、自らの主張を押し通す為に、少し強引に成って居ませんか?

 憲法は誰もが守らなければ成らないのに、日本国憲法の前文(国会議員は国民の代表)、憲法15条(公務員〔国会議員〕の選定・罷免権)、憲法21条(表現の自由)を無視して居ます。

 丸山穂高氏の発言が、表現の自由の埒外と云うのは、貴方の表現の自由ですが、それを基に、丸山穂高氏に国会議員の辞職を迫るのは、彼の表現の自由(憲法21条)の侵害だし、彼を国会議員に選んだ国民の公務員〔国会議員〕の選定・罷免権(憲法15条)の侵害です。

 政府や、与党に憲法遵守を説くならば、貴方も、野党も憲法を守るべきです。

 そうで無いならば、憲法14条(法の下の平等)にも違反しています!

 憲法破りの常習犯に、人に憲法遵守を説く資格が有るか如何か、今一度御検討お願い致します。

 『これは一般的な読解力のある人であれば「けしかけた」と言います。音声を聞けば分かりますけど「しないとどうしようもない」と言い切ってます。』

 こう云う、切り取りは止めましょうよ。

 私も、HTB北海道テレビの音声を確認しましやが、「しないとどうしようも無くないですか?」と疑問形で尋ねて居ます。

 疑問形を断定形にしてはいけないでしょう?

 悪質なマスコミが使う手ですよ。

 貴方の様な立派な人が、羽織ゴロの真似をしてはいけません!

 最後に、口幅ったい様な事を言って、申し訳ありませんが、先ずは、御自身が憲法を守る事から始めれば、「憲法を守れ!」の言葉に重みが出て来て、きっと賛同者も増えると思います。

2019-05-26 20:42 from 三角四角 | Edit

あぶね(;´・ω・) ジュース噴き出すとこだった・・・

>御自身が憲法を守る事から始めれば
(´・ω・`) へ?憲法って国家が守るもんでしょ(超ざっくり)日下部氏が守るなら法律とかでしょ(超ざっくり)
この論法だと
日本国憲法第25条第1項の条文「すべて国民は、健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する」てやつ(国の社会的使命)を

日下部氏が順守しなければならない

というわけ分からないゾーンになるぞw(自分も今書いていてよくわからんw)

こりゃもうそろそろ対応かねぇ(´・ω・`) フー等には反論せず、日下部氏のみへの反論の時点でちと怪しいというかなんというかねw

だんだん文が雑になってる気もするし(/・ω・)/

2019-05-26 22:07 from フー | Edit

【 日本に蔓延る、国民は憲法を守らなくても良いと云う大誤解は解消しなければ成らない! 】

 今回の戦争発言で炙り出された様に、国民一人一人の憲法上の権利を侵害するのは、何も、政府、与党だけでは無く、野党や一般国民が、日本国民の憲法上の権利を侵害し得る事が実証された!

 しかも、与党である自民党や公明党の方が、憲法を踏まえて、丸山穂高氏の表現の自由(憲法21条)と彼を国民の代表に選んだ有権者たる国民の公務員〔国会議員〕選定・罷免権〔国会議員を選んだり、辞めさせたりする権利〕(憲法15条)に配慮して、辞職勧告決議案では無くて、譴責勧告決議案を提出して、憲法を遵守する姿勢を示したのは高く評価出来る。

 それに対して、丸山穂高氏に辞職勧告決議案を突き付けるのは、憲法15条、21条を踏み躙る自由社会では決して赦されざる暴挙である。

 また、政府(国務大臣)だけで無く、国会議員には憲法99条により、憲法尊重擁護の義務がある。

 【 日本国憲法
 第10章 最高法規
 (憲法尊重擁護義務)
 第99条 天皇又は摂政及び国務大臣、国会議員、裁判官その他の公務員は、この憲法を尊重し擁護する義務を負ふ。 】

 憲法改正を主張すると、憲法99条の憲法尊重擁護の義務違反だと云う馬鹿が居るが、そんな事は在り得ない。

 何故なら、日本国憲法の第9章改正、の第96条に、憲法改正の手続きが書いて在るからである!

 【 日本国憲法
 第9章 改正
 (憲法改正の手続)
 第96条 この憲法の改正は、各議院の総議員の三分の二以上の賛成で、国会が、これを発議し、国民に提案してその承認を経なければならない。この承認には、特別の国民投票又は国会の定める選挙の際行はれる投票において、その過半数の賛成を必要とする。
○2 憲法改正について前項の承認を経たときは、天皇は、国民の名で、この憲法と一体を成すものとして、直ちにこれを公布する。 】

 野党の国会議員は、憲法15条、21条のみならず、これ等の憲法に違反する事によって、最高規範たる憲法尊重擁護の義務を定めた憲法99条にも違反しているのである。

 丸山穂高氏に辞職勧告決議案を突き付けた野党の国会議員は、自らの不明を詫び、即刻辞職して、国民に信を問うべきである!

 さて、国民は憲法を守らなくても良いかと云う事であるが、勿論守らなければ成らない!

 その憲法上の根拠は第3章国民の権利と義務の章の、第12条の自由・権利の保持義務、濫用の禁止、利用の責任の条文である。

 【 日本国憲法
 第3章 国民の権利と義務
 (自由・権利の保持義務、濫用の禁止、利用の責任)
 第12条 この憲法が国民に保障する自由及び権利は、国民の不断の努力によつて、これを保持しなければならない。又、国民は、これを濫用してはならないのであつて、常に公共の福祉のためにこれを利用する責任を負ふ。 】

 日本国憲法が国民に保障する自由及び権利は、具体的憲法の条文によって示されている。

 従って、憲法15条によって示された、国民の公務員〔国会議員〕選定・罷免権〔国会議員を選んだり、辞めさせたりする権利〕や、憲法21条によって示された丸山穂高氏の表現の自由を侵害するのは、国民の義務の憲法12条違反の違憲行為である。

 国民は、他の国民の権利を尊重する事によって、憲法が国民に保障する自由及び権利を、保持する事に資するので在る!

2019-05-27 21:06 from 三角四角 | Edit

「憲法9条を“守らせる”ぞ!」と言えば改憲派の自民党議員はハッとする
http://www.kk-bestsellers.com/articles/-/5498
BEST T!MES

われわれ一般人は「憲法を守ろう」というのではなく、「政府にはきちんと憲法を守らせてやる!」と堂々といわないとダメだな。
しかしまあ、酔っぱらって北方領土で暴れて周囲に迷惑をかける国会議員なんか、相当やばいダメ人間だろうよ。そういうダメなやつでも良心が少しでもあるならとっくに議員辞職している。丸山議員は他人の手をこれ以上煩わせる前に速やかに辞職すべきだ。

2019-05-27 23:29 from 12434 | Edit

No title

三角四角さん

>しかし、自らの主張を押し通す為に、少し強引に成って居ませんか?

>憲法は誰もが守らなければ成らないのに、日本国憲法の前文(国会議員は国民の代表)、憲法15条(公務員〔国会議員〕の選定・罷免権)、憲法21条(表現の自由)を無視して居ます。

貴殿の持論で言えば国民は憲法に縛られる事になるんですけどわざわざ不自由になるメリットは?。

立憲主義について基本的な知識を得るには小室直樹氏の著書「痛快!憲法学」をオススメします。曰く「国家権力は恐ろしい力を持っている」「そんな怪物のようなものを縛る為の最強の鎖が憲法という訳です」と述べています。私の持論でもなんでもなく「民主政治の基本」であり「法治国家の統治の基本」です。

これはイデオロギーの問題ではなく「学問」の話ですよ?。思想的にイカレタ学校でも貴殿のような解釈で「憲法」を教えてる所は無い筈です。憲法は「守る」ものではなく「守らせる」ものです。

まあ、それは別として丸山穂高の発言は貴殿の憲法解釈で見ても擁護できる要素はありません。

https://twitter.com/lullymiura/status/1127948925875310599
https://twitter.com/lullymiura/status/1127950748971556866
https://twitter.com/lullymiura/status/1127957173936410624
https://twitter.com/lullymiura/status/1127958631347941378
https://twitter.com/lullymiura/status/1127959480379949057
https://twitter.com/lullymiura/status/1127962716600037378
https://twitter.com/lullymiura/status/1128219867864227841
https://twitter.com/lullymiura/status/1128220493121589248
https://twitter.com/lullymiura/status/1128220728107470849
https://twitter.com/lullymiura/status/1128222042107432960

アドレスを張っておくのでご覧ください。安倍政権の御用ジャーナリストと揶揄される三浦瑠麗ですけど国際政治学者としては良識的な見識を持っています。政治家としての丸山穂高の首を切らなければ国益を害します。

2019-05-27 23:59 from 日下部來純(管理人)

【 今ある憲法を守る事と、今ある憲法を改正する事は何等矛盾しない! 】

『「憲法9条を“守らせる”ぞ!」と言えば改憲派の自民党議員はハッとする』

 ハットなど致しません!
 
 改憲派は、憲法9条を守りながら、憲法9条を改正するからです。

 憲法9条を改正したら、改憲派は新9条を守るし、9条を削除したら、憲法9条を守る必要は無く成ります。

2019-06-01 22:04 from 三角四角 | Edit

【 メリット以前 】

『 貴殿の持論で言えば国民は憲法に縛られる事になるんですけどわざわざ不自由になるメリットは? 』

 先ず、メリット以前に、国民が日本国憲法を制定したとすれば、自分達が決めた事は、メリットが在ろうが無かろうが守らなくてはいけないのは当然の理です!

 守らない者は無責任でしょう?

 歩行者(国民)が、交通ルール(憲法12条)を無視して居ながら、自動車(国家)に交通ルール(憲法99条)の遵守を求めるぐらい身勝手な話です。

 文句が在るのなら、憲法12条を改正しましょう!

 で、国民は憲法に縛られるメリットは、政府以外の者や団体が他の国民の権利を侵害した時に憲法12条により他人の権利を含む憲法上の権利を尊重する義務が在るのに義務を果たして居ないと非難が出来る事です。

 大体、国家が自分の権利を侵害するなと言いながら、他方で他人の権利を侵害しても、憲法12条違反に成らないって可笑しく無いですか?

 権利は在るけど、義務は無い!
 自分の権利は大切にするけど、他人の権利なんか知ったこっちゃ無い!

 そんな事が罷り通ったら、国は乱れます。

 そう成らない為に、憲法12条が在るのです!

 丸山穂高氏の表現の自由(憲法21条)と彼を国会議員に選んだ有権者たる国民の公務員選定・罷免権(憲法15条)を国民が大切にすることにより、『この憲法が国民に保障する自由及び権利は(憲法12条)』保持されるのです。

 当たり前ですが、憲法が国民に保障する自由及び権利は、国家が侵害してはいけないが、国民は侵害しても良いなどとは狂気の沙汰ではありませんか。

 今回、丸山穂高氏の表現の自由と、彼を国会議員に選んだ有権者たる国民の公務員選定・罷免権を侵害した野党と国民は反省する様に!

 と、日本国憲法が申しております。

 〔追伸〕
『曰く「国家権力は恐ろしい力を持っている」』

 成程そうかも知れません。
 しかし、貴方は重大な事を知らない。

 御隣の中国共産党の方が、日本の国家権力より何十倍もの恐ろしい権力を持って居る事を!

 日本が戦争する力を無くし、中国に侵略・占領されたら、東トルキスタン共和国が新疆ウィグル自治区に、チベット共和国がチベット自治区に成ったように、日本国が中国の日本自治区に成れば、「国家権力は恐ろしい力を持っている」なんて言うのが生温いほどの、最恐の未来が待って居ます!

 国内で、井の中の蛙に成って居ないで、この住み易い日本をチベット・ウィグルと同じ様な運命を辿らせようと虎視眈々と狙って居る国も在る事を認知し、戦争は駄目だなんて幼稚園児以下みたいな下らない事を言わないで、日本国憲法に縛られない他国に備えましょう!

2019-06-01 22:09 from 三角四角 | Edit

>御隣の中国共産党の方が、日本の国家権力より何十倍もの恐ろしい権力を持って居る事を!

>日本が戦争する力を無くし、中国に侵略・占領されたら、東トルキスタン共和国が新疆ウィグル自治区に、チベット共和国がチベット自治区に成ったように、日本国が中国の日本自治区に成れば、「国家権力は恐ろしい力を持っている」なんて言うのが生温いほどの、最恐の未来が待って居ます!

>国内で、井の中の蛙に成って居ないで、この住み易い日本をチベット・ウィグルと同じ様な運命を辿らせようと虎視眈々と狙って居る国も在る事を認知し、戦争は駄目だなんて幼稚園児以下みたいな下らない事を言わないで、日本国憲法に縛られない他国に備えましょう!

フーさんが先に仰っていますけど、中国が脅威ならロシアに戦争仕掛ける必要ないでしょう。優先順位がおかしいです。そもそも酒に溺れた酒乱議員の戦争発言なんか論外ですけどね。

>改憲派は、憲法9条を守りながら、憲法9条を改正するからです。

まともな改憲派といえば、立憲的改憲を主張する山尾志桜里や小林よしのりです。是非とも自民党の改憲派も、立憲的改憲派や護憲的改憲派になって欲しいですね。

2019-06-02 19:04 from 12434 | Edit

「女性の店で...」夜間外出求め騒ぐ 丸山議員 国後島訪問で
https://sp.fnn.jp/posts/00418077CX/201905231225_UHB_CX

>大体、国家が自分の権利を侵害するなと言いながら、他方で他人の権利を侵害しても、憲法12条違反に成らないって可笑しく無いですか?

三角四角さんが、国家議員が酔っ払いながら暴れて戦争発言をすることを本気で肯定しているとしか思えない私は、やはり頭がおかしいのだろうか?
何度もいうけど丸山議員の問題は戦争発言だけじゃないけどね。あのとき丸山さんが酔っ払って宿舎から出ていたら、ロシアの警察に保護されていた可能性が高い。そんなことになったら本当に一大事でしょうよ。

いや、なんていうか、仮に丸山議員が国後島で「北方領土はロシアの領土です」なんていったら、ほとんどの日本人が彼に議員辞職を求めるでしょう。しかし四角三角さんの理屈なら、「その発言は表現の自由の範囲内だ!」という理屈も成り立つとしか思えない。そんな私はやっぱり頭が壊れているのだろうか?

2019-06-02 20:30 from 12434 | Edit

No title

三角四角さん

>今ある憲法を守る事と、今ある憲法を改正する事は何等矛盾しない!

矛盾しているなんて言ってません。そもそも「押し付けでも気に入らなくても『現行憲法』を守るのは権力者の責任だ」と「自民党の憲法改正案は危険なので反対だ」は別問題です。

>改憲派は、憲法9条を守りながら、憲法9条を改正するからです。
>憲法9条を改正したら、改憲派は新9条を守るし、9条を削除したら、憲法9条を守る必要は無く成ります。

ロジックとして成り立っていません。当然「憲法9条」を改正すれば新たな憲法を守る義務はありますし「削除」すれば守る必要はなくなります。当たり前の話です。だからこそ護憲派は「解釈の幅」を広げる改正に反対している訳です。

>先ず、メリット以前に、国民が日本国憲法を制定したとすれば、自分達が決めた事は、メリットが在ろうが無かろうが守らなくてはいけないのは当然の理です!

少なくとも私は権力者に憲法を守らせてますよ?。この「メリット」云々は貴殿の「一般国民も憲法に縛られる」という無茶苦茶な論理に対して言った事です。

>歩行者(国民)が、交通ルール(憲法12条)を無視して居ながら、自動車(国家)に交通ルール(憲法99条)の遵守を求めるぐらい身勝手な話です。

>丸山穂高氏の表現の自由(憲法21条)と彼を国会議員に選んだ有権者たる国民の公務員選定・罷免権(憲法15条)を国民が大切にすることにより、『この憲法が国民に保障する自由及び権利は(憲法12条)』保持されるのです。

>当たり前ですが、憲法が国民に保障する自由及び権利は、国家が侵害してはいけないが、国民は侵害しても良いなどとは狂気の沙汰ではありませんか。

>今回、丸山穂高氏の表現の自由と、彼を国会議員に選んだ有権者たる国民の公務員選定・罷免権を侵害した野党と国民は反省する様に!

従ってこれらは反論になっていません。私は「憲法は権力者の守るルール」という「基本的な学問」の話と「戦争を煽る事は公共の福祉に反する」という話をしているだけです。

また、このロジックでは「国民」だけに憲法の遵守を求めている事になります。先にルールを破ったのは丸山穂高です。私達はそれを問題にしているに過ぎません。貴殿の論調で言えば丸山穂高を真っ先に叩かなければダブスタです。

>御隣の中国共産党の方が、日本の国家権力より何十倍もの恐ろしい権力を持って居る事を!

>日本が戦争する力を無くし、中国に侵略・占領されたら、東トルキスタン共和国が新疆ウィグル自治区に、チベット共和国がチベット自治区に成ったように、日本国が中国の日本自治区に成れば、「国家権力は恐ろしい力を持っている」なんて言うのが生温いほどの、最恐の未来が待って居ます!

中国脅威論まで持ち出してきてネタ切れな感じですね(苦笑)。

自公政権の圧政と中国共産党の強権はまったく別問題です。日本で中国共産党の強権を警戒しても無意味です。彼等が何を言っても「他国民=日本国民」を縛る事はできません。日本国民が監視すべきは「日本の為政者=自公政権」です。そもそも「日本の為政者の圧政」と「中国に侵略される事」を天秤に掛けている時点で論外です。議論するに値しません。こんなものは「どっちもダメだろ」でFAです。

2019-06-02 22:31 from 日下部來純(管理人)

ちょい足りんw(´・ω・`)

ライブ2日間参加で死にそうなので(;´・ω・)
>監視すべきは「日本の為政者=自公政権」
全政治家ねw(ウェイトは各々で)↑だとちと足りん じゃあ維新とかは?となるし(´・ω・`)
要は権力者監視大事 ということ

2019-06-03 00:24 from フー | Edit

与野党が「糾弾決議案」を共同提出へ 丸山氏巡り
https://r.nikkei.com/article/DGXMZO45675380U9A600C1PP8000
日本経済新聞

与党もそんなにバカではない。

2019-06-05 09:06 from 12434 | Edit

【 99条:憲法尊重擁護義務(1/2) 】

 【 日本国憲法 第10章 最高法規
 (憲法尊重擁護義務)
 第99条 天皇又は摂政及び国務大臣、国会議員、裁判官その他の公務員は、この憲法を尊重し擁護する義務を負ふ。 】

 国民が憲法99条の対象に成って、憲法を守らなければ成らないか如何かに付いては主に三つの学説が在ります。

 一つは、国民が憲法尊重擁護義務を負うとしたもの(A説)。
 「本条が明治憲法と違って国民を挙げていない点については、憲法制定者で主権者である国民が義務を負うのは当然とする見解(法学協会編『註解日本国憲法(下)』(有斐閣、1953‐1954年))1496頁、宮沢俊義(芦部信喜補訂)『コンメンタール日本国憲法』(日本評論社、1978年)820頁」が在る。

 二つ目は、国民が憲法尊重擁護義務を負わない当然としたもの(B説)。
 「国家権力を拘束し自由を確保することを憲法の目的とする近代立憲主義を前提とする立場からは、国民が国家権力を拘束するのだから、国民が義務を負わないのは当然という見解(有倉=小林考編・基本コメ324頁〔小林孝輔〕)」が在る。

 三つ目は、国民が憲法尊重擁護義務を負うのが当然なのに、99条に国民を含めなかったのには理由があるとしたもの(C説)。
 「憲法制定者である国民が憲法を尊重擁護すべき立場にあるのは当然なのに99条に国民を含めなかったことには理由があるとし、日本国憲法は徹底した自由主義・相対主義の立場から、憲法に対する忠誠の要求の名の下に国民の自由が侵害されることをおそれた結果である(ドイツ連邦共和国基本法が採用した「たたかう民主制」を拒否するという表明である)とする見解(佐藤幸治『憲法〔第3版〕』(青林書院、1995年)47-48頁)」もある。

 以上三説の中で、A説が最も自然である。
 なお且つ、近代立憲主義も否定して居ないので、近代立憲主義とA説は両立出来る。

 国民が、憲法を守らなくて良いと云う考え方がどれだけ不当な考え方を、卑近な例で説明しよう。

 皆で同好会を作ったとしよう。

 会長、副会長、会計、書記などの役員と、皆で守るべき規則を皆で決めました。

 ところが、同好会規則を守る義務があるのは、会長以下役員のみで、平会員は、皆で決めた同好会規則を守る必要が無いと云うのでは、同好会の秩序が保たれません!

 国民が、憲法を守らなくても良いと云うのは、これ位異常な事なのです。

 しかし、日本国憲法は、ハーグ陸戦条約と云う国際法に違反して、GHQが勝手に作ったから無効であり、日本国民に守る義務が無いと云うなら分かりますが。

 B説の「国家権力を拘束し自由を確保することを憲法の目的とする近代立憲主義を前提とする立場からは、国民が国家権力を拘束するのだから、」は分かります。
 だからと言って、「国民が義務を負わないのは当然という見解」には成らないでしょう!

 「国民が国家権力を拘束する」のと同時に、国民も自分達の決めたルールに従う義務があります。

 国家は、憲法により拘束され、国民は憲法作成者の責任として、憲法を守る義務が在るのです。

 C説の可笑しな処は、「憲法制定者である国民が憲法を尊重擁護すべき立場にあるのは当然なのに99条に国民を含めなかったことには理由があると」しているが、「国民が憲法を尊重擁護すべき立場にあるのは当然」だから、敢えて書かなかったと云う場合を無視しているのである。
 「憲法に対する忠誠の要求の名の下に国民の自由が侵害されることをおそれた結果である」と言うが、国民が決めた憲法に国民が従うのは当たり前で、従わないのは自由とは言わず、放埓である。


 参考文献
 【 概説 憲法コンメンタール  2018(平成30)年6月20日 第1版第1刷発行
 発行所 株式会社信山社 辻村みよ子 山元 一 編 】

2019-06-05 21:41 from 三角四角 | Edit

【 99条:憲法尊重擁護義務(2/2) 】

 【 日本国憲法 第10章 最高法規
 (憲法尊重擁護義務)
 第99条 天皇又は摂政及び国務大臣、国会議員、裁判官その他の公務員は、この憲法を尊重し擁護する義務を負ふ。 】

 【 概説 憲法コンメンタール  2018(平成30)年6月20日 第1版第1刷発行
 発行所 株式会社信山社 辻村みよ子 山元 一 編 

 第10章 最高法規
 p.462 3 憲法尊重擁護義務の性質
 〔学説〕(前略)
 本条の「義務」については、法的義務であるという説もあるが、倫理的・道徳的性質のものであって、本条から直ちに具体的な法律効果生ずるものではない(法学協会編『註解日本国憲法(下)』(有斐閣、1953‐1954年))1497頁、佐藤功『憲法(下)』ポケット註釈全書(有斐閣、1983年-1984年)1296頁)と解されるのが一般的である。
 (中略)
 憲法自身が改正手続きを定めている以上、国務大臣や国会議員等が憲法の改正を主張し、それを行うことは本条に反しない。
 (後略) 】

 即ち、第99条の憲法尊重擁護義務は法的義務では無く、倫理的・道徳的性質のものであって、本条から直ちに具体的な法律効果生ずるものでは無い。

 また、憲法自身が改正手続きを定めている以上、国務大臣や国会議員等が憲法の改正を主張し、憲法改正を行うことは本条に反しない。

 もっとも、素直な、解釈であり、護憲派の解釈は間違いと確定した訳では無いが捻くれていると思います。

2019-06-05 21:46 from 三角四角 | Edit

【 戦争を恐れ過ぎると、正当防衛さえも出来なく成る! 】

『>今ある憲法を守る事と、今ある憲法を改正する事は何等矛盾しない!
 矛盾しているなんて言ってません。そもそも「押し付けでも気に入らなくても『現行憲法』を守るのは権力者の責任だ」と「自民党の憲法改正案は危険なので反対だ」は別問題です。』

 それは可笑しい!
 日本国憲法が、日本国民から押し付けられたものだとしたら、『現行憲法』を守るのは権力者の責任だと云うのは分かりますよ!
 しかし、日本とは関係の無い外国から、押し付けられたものだとしたら、『現行憲法』を守るのは権力者の責任だとは成りません。

 貴方、日本人なのでしょ?
 何故、日本人が外国人の作った憲法擬きに何時までも、従っていなければならないのですか?

「自民党の憲法改正案は危険なので反対だ」は別に構いませんよ。
 反対なら反対すれば良い。

 しかし、現行憲法も、日本の周辺国が、日本に敵対的であり、かつ、軍事力も以前と比べて格段に増強されている現状を鑑みれば、憲法9条に手を付けない事こそ危険である!

 護憲派は、憲法9条を改憲させない為に、中国・北朝鮮の脅威を実際よりも低く見るのは本末転倒と言わざるを得ない。

 法律でも、憲法でも、現実とそぐわなくなってきたら、現実に合わせて改正するのが、健全な考え方である。


『>改憲派は、憲法9条を守りながら、憲法9条を改正するからです。
 >憲法9条を改正したら、改憲派は新9条を守るし、9条を削除したら、憲法9条を守る必要は無く成ります。

 ロジックとして成り立っていません。当然「憲法9条」を改正すれば新たな憲法を守る義務はありますし「削除」すれば守る必要はなくなります。当たり前の話です。だからこそ護憲派は「解釈の幅」を広げる改正に反対している訳です。』

 「解釈の幅」を広げる改正とは、どの様な改正ですか?


『>先ず、メリット以前に、国民が日本国憲法を制定したとすれば、自分達が決めた事は、メリットが在ろうが無かろうが守らなくてはいけないのは当然の理です!

 少なくとも私は権力者に憲法を守らせてますよ?。この「メリット」云々は貴殿の「一般国民も憲法に縛られる」という無茶苦茶な論理に対して言った事です。』


 【 日本国憲法  第三章 国民の権利及び義務
 (自由・権利の保持義務、濫用の禁止、利用の責任)
 第12条 この憲法が国民に保障する自由及び権利は、国民の不断の努力によつて、これを保持しなければならない。又、国民は、これを濫用してはならないのであつて、常に公共の福祉のためにこれを利用する責任を負ふ。

 (教育を受けさせる義務、義務教育の無償)
 第26条 2項 すべて国民は、法律の定めるところにより、その保護する子女に普通教育を受けさせる義務を負ふ。義務教育は、これを無償とする。

 (勤労の権利・義務、児童酷使の禁止)
 第27条 すべて国民は、勤労の権利を有し、義務を負ふ。
   3項 児童は、これを酷使してはならない。

 (財産権)
 第29条 財産権は、これを侵してはならない。(以下省略) 】

 何処が、無茶苦茶の論理ですか、こんなに国民の義務が憲法上に書かれているではないですか?
 貴方の方が無茶苦茶ですよ!


『>歩行者(国民)が、交通ルール(憲法12条)を無視して居ながら、自動車(国家)に交通ルール(憲法99条)の遵守を求めるぐらい身勝手な話です。

 >丸山穂高氏の表現の自由(憲法21条)と彼を国会議員に選んだ有権者たる国民の公務員選定・罷免権(憲法15条)を国民が大切にすることにより、『この憲法が国民に保障する自由及び権利は(憲法12条)』保持されるのです。

 >当たり前ですが、憲法が国民に保障する自由及び権利は、国家が侵害してはいけないが、国民は侵害しても良いなどとは狂気の沙汰ではありませんか。

 >今回、丸山穂高氏の表現の自由と、彼を国会議員に選んだ有権者たる国民の公務員選定・罷免権を侵害した野党と国民は反省する様に!

 従ってこれらは反論になっていません。私は「憲法は権力者の守るルール」という「基本的な学問」の話と「戦争を煽る事は公共の福祉に反する」という話をしているだけです。』

 「憲法は権力者の守るルール」という「基本的な学問」の話は否定しませんけれど、学問的には、「憲法は権力者の守るルール」であると同時に、憲法は国民の守るルールと云う学説もあると言っているのです。
 その考え方からすれば、「憲法は権力者の守るルール」だから、国民は憲法を守らなくて良いとは成りません!

 確かに、「戦争を煽る事は公共の福祉に反する」と云うのは真実でしょう?
 しかし、丸山穂高氏の発言は、戦争を煽っていません。
 従って、公共の福祉に反しません。
 貴方の、拡大解釈です。
 被害妄想的と言っても良い!


『また、このロジックでは「国民」だけに憲法の遵守を求めている事になります。先にルールを破ったのは丸山穂高です。私達はそれを問題にしているに過ぎません。貴殿の論調で言えば丸山穂高を真っ先に叩かなければダブスタです。』

 丸山穂高氏は具体的に何のルールを破ったんでしょう?
 それを明らかにして頂かないと如何答えて良いか分かりません?


『>御隣の中国共産党の方が、日本の国家権力より何十倍もの恐ろしい権力を持って居る事を!

 >日本が戦争する力を無くし、中国に侵略・占領されたら、東トルキスタン共和国が新疆ウィグル自治区に、チベット共和国がチベット自治区に成ったように、日本国が中国の日本自治区に成れば、「国家権力は恐ろしい力を持っている」なんて言うのが生温いほどの、最恐の未来が待って居ます!

 中国脅威論まで持ち出してきてネタ切れな感じですね(苦笑)。 』

 戦後74年、到頭、戦争と云う言葉もNGワードにした日本人は、中国脅威論も真面に考える力を失ってしまったのですね。

『自公政権の圧政と中国共産党の強権はまったく別問題です。日本で中国共産党の強権を警戒しても無意味です。彼等が何を言っても「他国民=日本国民」を縛る事はできません。日本国民が監視すべきは「日本の為政者=自公政権」です。そもそも「日本の為政者の圧政」と「中国に侵略される事」を天秤に掛けている時点で論外です。議論するに値しません。こんなものは「どっちもダメだろ」でFAです。』

 馬鹿ですね!
 中国共産党が、日本国民を縛るなんて簡単です!
 日本を侵略して、占領すれば良い事です。
 第二次世界大戦終結時、GHQに占領された日本は、大日本帝国憲法を強制的に、日本国憲法に改正させられました。

 中国が日本を占領したら、日本国憲法は破棄され、中国の憲法の下で生きて行かなければ成らなくなります!

2019-06-05 23:41 from 三角四角 | Edit

>それは可笑しい!
 日本国憲法が、日本国民から押し付けられたものだとしたら、『現行憲法』を守るのは権力者の責任だと云うのは分かりますよ!
 しかし、日本とは関係の無い外国から、押し付けられたものだとしたら、『現行憲法』を守るのは権力者の責任だとは成りません。

 貴方、日本人なのでしょ?
 何故、日本人が外国人の作った憲法擬きに何時までも、従っていなければならないのですか?

「現行憲法は押し付け憲法だ!」という主張はよく聞きますが、そもそもここでいうところの「押し付け」の意味は、「ムリヤリ持たされた」ということになります。しかし当時の日本人には、「誇りある大日本帝国憲法を奪われて変な憲法を押し付けられた」と思った人と、「良い憲法を作ってくれた」と思った人両方いたでしょう。
明らかに後者の方が正しかった。ただ、「立憲政治を守るために改憲でより良い憲法を目指そう!」という志が、未だに日本人には乏しいのが残念でなりません。

>護憲派は、憲法9条を改憲させない為に、中国・北朝鮮の脅威を実際よりも低く見るのは本末転倒と言わざるを得ない。

だからこそ、自衛権を強化しながらも、イラク戦争のようなまちがった武力行使をしないための立憲的改憲や護憲的改憲を実現すべきです。問題があるのは護憲派だけではなく、自衛隊のイラク派遣の失敗について全く反省しない歪んだタイプの改憲派にもあります。

>何処が、無茶苦茶の論理ですか、こんなに国民の義務が憲法上に書かれているではないですか?
 貴方の方が無茶苦茶ですよ!

憲法はあくまでも原則として、国家に対する国民からの命令書です。大学で憲法学の講義を受けたら、先生は「国民は憲法を守る義務ない」というです。私もそう教えられました。
下のリンクとかが参考になります。

伊藤真弁護士が語る『ご存知ですか?日本国民は憲法を守る義務なんてありません。』
http://radiotalkrecording.blog.fc2.com/blog-entry-91.html
後世に残したいラジオの話

>しかし、丸山穂高氏の発言は、戦争を煽っていません。
 従って、公共の福祉に反しません。
 貴方の、拡大解釈です。
 被害妄想的と言っても良い!

元島民の方々に同じこといえますか?

>馬鹿ですね!
 中国共産党が、日本国民を縛るなんて簡単です!
 日本を侵略して、占領すれば良い事です。
 第二次世界大戦終結時、GHQに占領された日本は、大日本帝国憲法を強制的に、日本国憲法に改正させられました。

 中国が日本を占領したら、日本国憲法は破棄され、中国の憲法の下で生きて行かなければ成らなくなります!

中国の脅威などに対抗するために憲法9条を改正するというのは一理あります。しかし何度もいいますが、自衛権の強化とシビリアン・コントロールを両立させるための立憲的改憲を目指すべきです。
あと、明治憲法だって押し付けでしょうよ。

小林よしのり氏が改憲論者へ「明治憲法も薩長の押しつけ」
https://www.news-postseven.com/archives/20170811_601537.html
NEWSポストセブン

日本の民主政治の父「赤松小三郎」を知っていますか
https://ameblo.jp/klark-lee/entry-11482385649.html
とりあえずのブログ

我々は明治の私擬憲法や、あるいは江戸時代末期の赤松小三郎の憲法構想に立ち返るべきです。

2019-06-06 13:21 from 12434 | Edit

No title

三角四角さん

憲法99条に関しては「原理主義者と議論は成立しない」っていい見本だな・・・。

一般的に私達一般国民に対して課せられた「憲法上の義務=国民の守るルール」は所謂「国民の三大義務」の事です。日本国憲法に定められた「教育の義務(憲法26条2項)」「勤労の義務(憲法27条1項)」「納税の義務(30条)」の3つを指します。

>日本国憲法が、日本国民から押し付けられたものだとしたら、『現行憲法』を守るのは権力者の責任だと云うのは分かりますよ!

>しかし、日本とは関係の無い外国から、押し付けられたものだとしたら、『現行憲法』を守るのは権力者の責任だとは成りません。

>貴方、日本人なのでしょ?
>何故、日本人が外国人の作った憲法擬きに何時までも、従っていなければならないのですか?

中国脅威論⇒押し付け憲法論とはネタ切れ感凄まじいね(苦笑)。

真面目な話をすれば「日本とは関係の無い外国から押し付けられたものだ」と「現行憲法を守るのは権力者の責任だとは成りません」はロジックとして成り立っていないです。そんな事を言い出せば「現行憲法を基に作られた『法律』は守らなくていい」になってしまいます。

法は杓子定規なものです。現行憲法を「押し付け」とするならば「婦人参政権」も「押し付け」になるので女性の参政権を奪わなければならなくなります。

>しかし、現行憲法も、日本の周辺国が、日本に敵対的であり、かつ、軍事力も以前と比べて格段に増強されている現状を鑑みれば、憲法9条に手を付けない事こそ危険である!

改憲派は何故「憲法9条を改正する事のデメリット」はスルーするんでしょうかね?。現時点で憲法9条を改正すれば名実ともに米国の属国です。

>護憲派は、憲法9条を改憲させない為に、中国・北朝鮮の脅威を実際よりも低く見るのは本末転倒と言わざるを得ない。

無意味に危険を煽り過ぎて交渉のテーブルにつく事もできなくなった無能な奴もいる訳ですけどw

>法律でも、憲法でも、現実とそぐわなくなってきたら、現実に合わせて改正するのが、健全な考え方である。

憲法の解釈権は権力者を含めてすべての国民にあります。しかし「決定権」は権力者にしかありません。私は護憲派ではないですけど彼等は条文を見た上で憲法を改正した事によるメリットとデメリットを天秤にかけて反対しているに過ぎません。

何度も言いますけど憲法解釈は「学問」です。原理主義は危険です。

>「解釈の幅」を広げる改正とは、どの様な改正ですか?

まあ↑に答えは書いてありますけど「憲法」「法律」「条令」の仕組みを理解した上で自民党の「憲法改正草案」を読めば分かります。

>「憲法は権力者の守るルール」という「基本的な学問」の話は否定しませんけれど、学問的には、「憲法は権力者の守るルール」であると同時に、憲法は国民の守るルールと云う学説もあると言っているのです。

そういう解釈(学説)もあるって話であれば「そんな解釈(学説)を支持して何のメリットがあるの?」でFAです。国民の「身体」「生命」「財産」等について権力者に委ねるなんて自殺行為です。自慰行為レベルの自己満足です。

>確かに、「戦争を煽る事は公共の福祉に反する」と云うのは真実でしょう?
>しかし、丸山穂高氏の発言は、戦争を煽っていません。

相手の主張を聞かずに一方的に「外交」はできません。百歩譲って日本国内では問題なしでも一般的な解釈でロシア側に「煽ってる」と判断されれば煽ってる事になるのです。方向性は同じな安倍政権でさえ表向きは火消しを行ってる意味を考えるべきです。

>丸山穂高氏は具体的に何のルールを破ったんでしょう?
>それを明らかにして頂かないと如何答えて良いか分かりません?

今までのレスを読んで。

>戦後74年、到頭、戦争と云う言葉もNGワードにした日本人は、中国脅威論も真面に考える力を失ってしまったのですね。

中国や北朝鮮の脅威は否定していません。只「中国の侵略」を警戒するのはいいけど貴殿の主眼は「中国共産党の権力」ですよ?。ご自分のコメントを忘れないように・・・。

国防を第一に考えるのであれば世界中に「戦争の火種」を振り撒いている「米国」の脅威はスルーすべきではありません。そしてそんな国にほぼ無条件で従わなければいけない日本の現状を憂うべきです。

>中国共産党が、日本国民を縛るなんて簡単です!
>日本を侵略して、占領すれば良い事です。

そのロジックで言えば世界中のどの国も他国を縛れるんですけどw

中国脅威論はいいとして中国に何のメリットがあって何を建前にわざわざ日本を占領するんですかね?。そんな事をすれば米国を中心とした国際社会に袋叩きにされて終わりです。

中国や北朝鮮の脅威を無意味に煽るのではなく現時点で目を向けるべきは「米中戦争」です。貿易戦争はまあいいとして「武力衝突」した場合「米国の前線基地」である日本は真っ先に攻撃されます。

それこそ中国に占領される可能性もある訳ですけど「中国に先制攻撃して黙らせろ」なんて非現実的な事を言いませんよね?。私利私欲で他国の脅威を煽る権力者を信用してはいけません。最大の国防は「戦争を起させない外交力」です。

>馬鹿ですね!

今回はスルーしますけどこういう言い回しは削除対象になります。

2019-06-08 12:40 from 日下部來純(管理人)

【 連合国が書いた日本国憲法と云う日本国の設計図は破棄して、新たに日本国民が一から書き直すべき! 】

 〔 12434さん江 〕

 【 『>それは可笑しい!
 日本国憲法が、日本国民から押し付けられたものだとしたら、『現行憲法』を守るのは権力者の責任だと云うのは分かりますよ!
 しかし、日本とは関係の無い外国から、押し付けられたものだとしたら、『現行憲法』を守るのは権力者の責任だとは成りません。
 貴方、日本人なのでしょ?
 何故、日本人が外国人の作った憲法擬きに何時までも、従っていなければならないのですか?

 「現行憲法は押し付け憲法だ!」という主張はよく聞きますが、そもそもここでいうところの「押し付け」の意味は、「ムリヤリ持たされた」ということになります。しかし当時の日本人には、「誇りある大日本帝国憲法を奪われて変な憲法を押し付けられた」と思った人と、「良い憲法を作ってくれた」と思った人両方いたでしょう。
 明らかに後者の方が正しかった。ただ、「立憲政治を守るために改憲でより良い憲法を目指そう!」という志が、未だに日本人には乏しいのが残念でなりません。 】

 手続が間違っていたら、内容が正しくても認められないと云うのが近代的な考え方です。
 刑事訴訟法でも、違法捜査で得た証拠が、確かに犯人である事を証明出来たとしても、裁判で用いる事は出来ません。
 また、現在の世の中が間違ったとしても、国会議員を通じて立法等で変えて行くべきであり、テロ等の武力闘争で世の中を変える事は、その目的が如何に素晴らしいもので在っても、血塗られた手段は目的さえも、不純なものに変えてしまう。

 「良い憲法を作ってくれた」とは、如何に愚かしい考え方なのでしょう?
 「良い憲法」とされる憲法擬きと、共に、日本人は、自主性を放棄してしまったのです。


 【 >護憲派は、憲法9条を改憲させない為に、中国・北朝鮮の脅威を実際よりも低く見るのは本末転倒と言わざるを得ない。
 だからこそ、自衛権を強化しながらも、イラク戦争のようなまちがった武力行使をしないための立憲的改憲や護憲的改憲を実現すべきです。問題があるのは護憲派だけではなく、自衛隊のイラク派遣の失敗について全く反省しない歪んだタイプの改憲派にもあります。 】

 「イラク戦争のようなまちがった武力行使をしないため」と言いますが、日本は武力行使してません。
 武力行使に荷担したと云うのならば、それは、日本がアメリカに国防を依存して居るからです。
 日本国憲法と云う連合国が作った鋳型に嵌められ、自分達の国を自らだけで護る事の出来ない状態が、「イラク戦争のようなまちがった武力行使」に荷担してしまった理由です。

 憲法を改正して、日本国民だけで、自国を護り切る体制を拒否して居ながら、イラク戦争参加を批判するのは、児戯にも等しい、大変愚かしく且つ恥ずべき事です。

 日本国民は、日本国憲法を、権利の聖典としか取れない子供から、権利と義務の聖典と理解する大人に成るべきでしょう?


 【 >何処が、無茶苦茶の論理ですか、こんなに国民の義務が憲法上に書かれているではないですか?
 貴方の方が無茶苦茶ですよ!

 憲法はあくまでも原則として、国家に対する国民からの命令書です。大学で憲法学の講義を受けたら、先生は「国民は憲法を守る義務ない」というです。私もそう教えられました。
 下のリンクとかが参考になります。
 伊藤真弁護士が語る『ご存知ですか?日本国民は憲法を守る義務なんてありません。』
 http://radiotalkrecording.blog.fc2.com/blog-entry-91.html
 後世に残したいラジオの話 】

「憲法はあくまでも原則として、国家に対する国民からの命令書です。」
 私は、憲法の原則の話をしている訳では無いのです。
 例外としての、国民が守るべき、共通ルールの話をしているのです。
 即ち、国家も、国民も、自分達で作ったとされる、ルール、日本国憲法を守りましょうと云う当たり前な話をしているのです。

 憲法を国民が守る必要が無いと言いながら護憲派とは是如何に?


 【 >しかし、丸山穂高氏の発言は、戦争を煽っていません。
 従って、公共の福祉に反しません。  貴方の、拡大解釈です。
 被害妄想的と言っても良い!
元島民の方々に同じこといえますか? 】

 勘違いして頂きたく無いのは、北方領土は、決して元島民のプライベート・アイランド(私島)では無い事です!

 北方領土は、日本国民全体の物と云う事を銘記して下さい!

 元島民の境遇・感情には十分配慮しながらも、北方領土は、ソ連に略奪されたもので在り、武力で取り返すのが基本です!
 この基本は絶対忘れては成りません。

 しかし、今の、憲法擬きに縛られた状態や、戦争と云う言葉を言うのも、聞くのも忌避して居る日本国民が多いので、日本国民は、話し合いや、援助で解決出来れば良いなと云う、実現しない淡い期待を持って居るだけなのです。

 しかし、幾ら平和惚けに成ろうとも、略奪されたものは、武力で取り返すと云う基本を決して忘れてはいけません!


 【 >●●ですね!
 中国共産党が、日本国民を縛るなんて簡単です!
 日本を侵略して、占領すれば良い事です。
 第二次世界大戦終結時、GHQに占領された日本は、大日本帝国憲法を強制的に、日本国憲法に改正させられました。
 中国が日本を占領したら、日本国憲法は破棄され、中国の憲法の下で生きて行かなければ成らなくなります!

 中国の脅威などに対抗するために憲法9条を改正するというのは一理あります。しかし何度もいいますが、自衛権の強化とシビリアン・コントロールを両立させるための立憲的改憲を目指すべきです。
 あと、明治憲法だって押し付けでしょうよ。

 小林よしのり氏が改憲論者へ「明治憲法も薩長の押しつけ」
 https://www.news-postseven.com/archives/20170811_601537.html
 NEWSポストセブン

 日本の民主政治の父「赤松小三郎」を知っていますか
 https://ameblo.jp/klark-lee/entry-11482385649.html
 とりあえずのブログ

 我々は明治の私擬憲法や、あるいは江戸時代末期の赤松小三郎の憲法構想に立ち返るべきです。 】

 そもそも、日本国民が発起して、作らなければ成らない憲法を、連合国に作れと命令され、作ったら全面否定され、替わりに連合国の作った憲法に、一部手直しして出来た憲法擬きが、日本国憲法です。

 明治憲法は、時代にそぐわない処が一部あったとしても、国民の一部から上がった声に依って作られた、正真正銘の憲法で、偽物の憲法擬きの日本国憲法と同列に論じる事は出来ません!

 薩長の押し付け憲法の何処が悪いのですか?
 薩長は日本人じゃ無いのですか?

 外国の押し付けと、日本人の押し付けの違いが分からないのかなあ?
 小林よしのり氏は、批判したいだけじゃないの?

 そんな事言ったら、十七条憲法も聖徳太子の押し付けですから!

2019-06-09 22:38 from 三角四角 | Edit

【 日本の現状を憂うのであれば、憲法を変えよ! 】

 『 あと、明治憲法だって押し付けでしょうよ。
 小林よしのり氏が改憲論者へ「明治憲法も薩長の押しつけ」
 https://www.news-postseven.com/archives/20170811_601537.html
 NEWSポストセブン
 日本の民主政治の父「赤松小三郎」を知っていますか
 https://ameblo.jp/klark-lee/entry-11482385649.html
 とりあえずのブログ
 我々は明治の私擬憲法や、あるいは江戸時代末期の赤松小三郎の憲法構想に立ち返るべきです。 』

 明治の人が欲しかったのは、近代国家に不可欠の、憲法と憲法に則って行われる立憲政治です。

 最終的に出来上がった明治憲法は、自由度は低い憲法でしたけれど、国民が熱望し、精力的に活動しなければ生まれて居ませんでした。

 小林よしのり氏が改憲論者へ「明治憲法も薩長の押しつけ」などと、明治憲法を貶めるのは、明治期の国民の熱意と努力を無視する、丸で、金盥に水を張った様な浅い考えで在り、その考えに接すると日本海溝よりも深い悲しみを覚えます。

 【 近代日本の軌跡2 自由民権と明治憲法 1995年5月10日 第1刷発行
  江村栄一編  吉川弘文館発行

 四 自由民権運動と民権派の憲法構想―――新井勝紘著
 p.93 1 憲法創出の時代
    憲法に託した国家構想(抜粋)
 「憲法と人民の自主がなければ衰え紊(みだ)れて、危うきこと卵を積み重ねたるよりはなはだし」と、植木枝盛は『民権自由論』のなかでいっている。
 国家の基本法をもたないということは、政府の「圧政」や政治の「暴虐」につながり、それはまた民衆の「沸騰(ふっとう)」を招き、国が乱れる原因ともなるという。
 「憲法」と「人民の自主」、この両者が相俟(あいま)ってこそ近代国家といえるということだろう。

 国民の権利と自由を守る憲法を制定し、その憲法に基づいて政治を行うこと、つまり立憲政体の実現こそ、1880年代(明治13年~明治22年)の日本の社会を席捲(せっけん)した自由民権運動の主要な目標であった。
 国会開設、地租軽減、条約改正、地方自治の確立とならんで、自由民権家たちが要求していた憲法の制定は、日本が近代的政治体制を創りだしていくための必要不可欠な条件でもあった。
 最近ではこの五項目以外に生活権の獲得、経済活動の保障、兵制や学制、あるいは司法制度や警察機構の改革なども含めて、自由民権運動が目指したものは「五大目標一五項目」もあったといわれているが(安在邦夫『もうひとつの憲法』)、わが国にとっての立憲政体のあり方を模索し、それをいかに実現していくかという問題は、この時期、民権運動に少しでもかかわった者ならば、おしなべて抱いていた命題でもあった。

 その解答についてはさまざまなかたちをとって表明されている。
 全国で32万に近い数の署名を集めて各地、各団体から提出された国会開設請願書のなかに盛り込んだものであるが、もっとも鮮明なかたちで表現されたのが、一群の憲法諸構想である。
 自由民権期に限らず、幕末維新期からはじまる近代政治体制形成期と重ねあわせて、1889年(明治22)の大日本帝国憲法発布までと少し幅広くとらえてみると、二〇年余の間に新しく提起された国家構想は94種にも及ぶ。
 まったくの個人の私案もあれば、政権側の立場にある政府機関やその関係者が要請に答えるかたちで創りだしたもの、あるいは、民間の案でも起草だけが確認されているが、草案そのものが未発見であるものなども含んでの数ではあるが、まさに官民あげての「憲法創出の時代」であったといえる。

 また、表現形態も条文というかたちだけでなくて、意見・議案・政論・原則などさまざまであるが、国法・国憲をもつことが近代国家として最低限の資格であることを、具体性をもって強調している。
 これらの一条一条から、起草者、あるいは起草団体が描いている国家のかたちを読みとることができるし、また同時に、起草者が依拠した思想や立ち場を腑分(ふわ)けすることができる。(以下省略) 】

 明治期の国民と比べて、戦後生まれの我々国民は如何でしょうか?

 外国が決めた日本国の設計図である日本国憲法を吟味もせず、有り難く押し戴く。
 その様な姿勢が、延いては、世界中に「戦争の火種」を振り撒いている「米国」にほぼ無条件で従わなければいけない日本の現状を生み出しているのです。

 日本の現状を憂うのであれば、明治の人達と同じ様に、日本は如何云う国で在るべきかを考え、その為にはどんな憲法であるべきかをとことん考えるべきなのです。

 人任せ憲法からは、もうそろそろ卒業すべきです!

2019-06-09 22:46 from 三角四角 | Edit

【 国防において、「国際社会に袋叩きにされて終わりです。」などと云う希望的観測に、日本の命運を託すのは非常に危険です! 】

 〔 管理人さん江 〕

 『 真面目な話をすれば「日本とは関係の無い外国から押し付けられたものだ」と「現行憲法を守るのは権力者の責任だとは成りません」はロジックとして成り立っていないです。
 そんな事を言い出せば「現行憲法を基に作られた『法律』は守らなくていい」になってしまいます。 』

 「日本とは関係の無い外国から押し付けられたものだ」、しかも、ハーグ陸戦条約と云う国際法に違反して作られた日本国憲法は当然無効です。
 よって、「現行憲法を守るのは権力者の責任だとは成りません」と云うロジックに成る訳です。

 『「現行憲法を基に作られた『法律』は守らなくていい」になってしまいます。』
 現行憲法を破棄すれば、良い事です。
 その際に、新憲法の附則に、旧憲法下で成立した法律は有効とすると書けば良いでしょう。

 『法は杓子定規なものです。現行憲法を「押し付け」とするならば「婦人参政権」も「押し付け」になるので女性の参政権を奪わなければならなくなります。』

 新憲法に、書き込めば良いだけでしょ!

 『>しかし、現行憲法も、日本の周辺国が、日本に敵対的であり、かつ、軍事力も以前と比べて格段に増強されている現状を鑑みれば、憲法9条に手を付けない事こそ危険である!
 改憲派は何故「憲法9条を改正する事のデメリット」はスルーするんでしょうかね?。現時点で憲法9条を改正すれば名実ともに米国の属国です。』

 何故ですか?
 今こそ、名実ともに米国の属国でしょう?
 それは、日本独自で自国を護れないからです。

 憲法9条を改正すれば、日本を日本単独で護る事が出来るので、米国の属国から解放されるのです!


 『>護憲派は、憲法9条を改憲させない為に、中国・北朝鮮の脅威を実際よりも低く見るのは本末転倒と言わざるを得ない。
 無意味に危険を煽り過ぎて交渉のテーブルにつく事もできなくなった無能な奴もいる訳ですけどw』

 軍事力は外交の最後の切り札ですから、これが無いと真面な外交が出来ません!
 断崖絶壁で外交している様なもので、軍事力の支えが無いので相手の言い成りに成ったり、お金で解決しようとして来たのが、戦後の日本の情けない外交です。


 『>法律でも、憲法でも、現実とそぐわなくなってきたら、現実に合わせて改正するのが、健全な考え方である。
 憲法の解釈権は権力者を含めてすべての国民にあります。しかし「決定権」は権力者にしかありません。私は護憲派ではないですけど彼等は条文を見た上で憲法を改正した事によるメリットとデメリットを天秤にかけて反対しているに過ぎません。
 何度も言いますけど憲法解釈は「学問」です。原理主義は危険です。』

 原理主義は貴方でしょう!
 憲法学において、憲法99条に関しては、国民も憲法を守るべきと云う学説が在るのに完全に無視していますからね。
 特定の学説を完全に無視する事を、原理主義と言うのです。

 それに、権力者が変な決定をした時は、国民は選挙によって、権力者を引き摺り下ろす事が出来ます!
 現に、国民は、自民党を二回権力の座から引き摺り下ろしました。


 『>「解釈の幅」を広げる改正とは、どの様な改正ですか?
 まあ↑に答えは書いてありますけど「憲法」「法律」「条令」の仕組みを理解した上で自民党の「憲法改正草案」を読めば分かります。』

 そうですか。

 『>「憲法は権力者の守るルール」という「基本的な学問」の話は否定しませんけれど、学問的には、「憲法は権力者の守るルール」であると同時に、憲法は国民の守るルールと云う学説もあると言っているのです。
 そういう解釈(学説)もあるって話であれば「そんな解釈(学説)を支持して何のメリットがあるの?」でFAです。国民の「身体」「生命」「財産」等について権力者に委ねるなんて自殺行為です。自慰行為レベルの自己満足です。』

 だから、日本国憲法が、ハーグ陸戦条約違反の連合国に押し付けられたのでは無く、日本国民の手で作られたと云うフィクションを採るのなら、国民が日本国憲法を守らないと、日本国憲法の正当性が失われますよ!
 と、云う事です。

 自分達で作っておいて、自分達は守らないと云う不条理は認められません!


 『>確かに、「戦争を煽る事は公共の福祉に反する」と云うのは真実でしょう?
 >しかし、丸山穂高氏の発言は、戦争を煽っていません。
 相手の主張を聞かずに一方的に「外交」はできません。百歩譲って日本国内では問題なしでも一般的な解釈でロシア側に「煽ってる」と判断されれば煽ってる事になるのです。方向性は同じな安倍政権でさえ表向きは火消しを行ってる意味を考えるべきです。』

 先に、煽ったのはメドベージェフ前大統領です。

 平成22年5月9日のロシアの「対独戦勝記念日」にメドベージェフ大統領は記者会見で「第二次世界大戦でカタがついているのに、いまだに領土返還を求めるような敗戦国がいる。戦争で出た結果は戦争でしか変わらない」と言いました。

 貴方、日本の国会議員より、ロシアの大統領の肩を持つのですか?

 ロシアは、今、ほくそ笑んでますよ。
 ロシアが先に煽ったのに、日本国民はその事実を知らないで、丸山穂高氏の発言に恐縮して居ると!


 『>丸山穂高氏は具体的に何のルールを破ったんでしょう?
 >それを明らかにして頂かないと如何答えて良いか分かりません?
 今までのレスを読んで。』

 そうですか?

 『>戦後74年、到頭、戦争と云う言葉もNGワードにした日本人は、中国脅威論も真面に考える力を失ってしまったのですね。
 中国や北朝鮮の脅威は否定していません。只「中国の侵略」を警戒するのはいいけど貴殿の主眼は「中国共産党の権力」ですよ?。ご自分のコメントを忘れないように・・・。』

 「中国の侵略の脅威」が現実化して、日本が占領されると、日本の国家権力の何十倍の権力を持つ(国民を戦車の下敷きにするのは朝飯前)中国共産党が、日本人の人権侵害どころか、人権破壊を行うのです!
 だから、「中国の侵略」と「中国共産党の権力」は直結して居るのです!


 『国防を第一に考えるのであれば世界中に「戦争の火種」を振り撒いている「米国」の脅威はスルーすべきではありません。そしてそんな国にほぼ無条件で従わなければいけない日本の現状を憂うべきです。』

 「そんな国にほぼ無条件で従わなければいけない」のは、日本が国防をそのアメリカに依存しているからです。
 だから、憲法9条を改正すれば、自国だけで、日本を護れるのでアメリカの不当な要求に屈せずに済む訳です!
 アメリカに護って貰いながら、アメリカの要求に従わないなどの良い所取りは許されません。
 子供では無いのですから、我が儘は通りません!


 『>中国共産党が、日本国民を縛るなんて簡単です!
 >日本を侵略して、占領すれば良い事です。
 そのロジックで言えば世界中のどの国も他国を縛れるんですけどw』

 ロジックだけじゃ無いんですよね!
 実際、第二次世界大戦後、東トルキスタン、チベット、を侵略し、自らの領土に組み入れた侵略大国が日本の目と鼻の先に居る事実から目を逸らしてはいけません。


 『中国脅威論はいいとして中国に何のメリットがあって何を建前にわざわざ日本を占領するんですかね?。そんな事をすれば米国を中心とした国際社会に袋叩きにされて終わりです。』

 メリットは巨大ですよ!

 中国が世界の海にアクセスしようとする時に、邪魔をしているのが、日本列島ですからね。
 ここを占領すれば、自由に太平洋に出る事が出来ます!

 中国一国だと「米国を中心とした国際社会に袋叩きにされて終わり」かも知れませんが、大国ロシアと手を組めば、アジア、ヨーロッパ、アフリカの一部から賛同を得られるので、国際社会から袋叩きになんかされません!
 甘い見通しは、悔やんでも悔やみ切れない惨事を齎します!


 『 中国や北朝鮮の脅威を無意味に煽るのではなく現時点で目を向けるべきは「米中戦争」です。貿易戦争はまあいいとして「武力衝突」した場合「米国の前線基地」である日本は真っ先に攻撃されます。
 それこそ中国に占領される可能性もある訳ですけど「中国に先制攻撃して黙らせろ」なんて非現実的な事を言いませんよね?。私利私欲で他国の脅威を煽る権力者を信用してはいけません。最大の国防は「戦争を起させない外交力」です。 』

 残念ながら、「戦争を起させない外交力」は戦争する気満々の国には何の役にも立ちません。


 『>●●ですね!
 今回はスルーしますけどこういう言い回しは削除対象になります。』

 分かりました。
 これでも抑えた表現の積もりでした。
 Wとか(苦笑)は良いんですね?

2019-06-09 22:56 from 三角四角 | Edit

いわゆるアレかw(/・ω・)/

変な意見をあえて泳がす(見せるor晒す)ことの意味かな(吉田豪氏より)
>薩長は日本人じゃ無いのですか?
いや関東や東北どこ行ったw
マイナス20P
>ここを占領すれば、自由に太平洋に出る事が出来ます!
あ~ちょい前流行ったクソネトウヨのうんこ理論
たしかに中国の一部にはソレ夢見る奴いるだろうけど、コレもし日本占領(海で飛び地で資源にやや乏しい国)して領土維持無理なのは、思考停止してなきゃわかるんだけどなぁ
ただでさえ中国、国内の格差問題、一人っ子政策による将来の懸念・・・まず中国を敵国とするなら詳しく知らないとね 三角氏コレで中国詳しくないが確定
マイナス100P
>大国ロシア
昔からロシアはヨーロッパに軸置いてるのは日々勉強していれば誰でもわかる情報、中国と組む可能性は極めて低い
マイナス50P
>アフリカの一部
ここでちゃんと具体的な国名出せないって時点で、付け焼刃知識発覚
マイナス50P
>特定の学説を完全に無視する事を、原理主義と言うのです。
違いますw説明めんどいんでパス(´・ω・`)

適当読みでマイナス220Pかw 日下部氏や12434氏も忙しいだろうにこんな駄文読まされて大変やね(/・ω・)/

2019-06-10 00:19 from フー | Edit

> 「良い憲法を作ってくれた」とは、如何に愚かしい考え方なのでしょう?
 「良い憲法」とされる憲法擬きと、共に、日本人は、自主性を放棄してしまったのです。

現行憲法が明治憲法よりも今の日本人に合っているのは明白です。いや、もしかしたら当時の日本人にも合わなかったかもしれません。というか、立憲的な改憲派の自主性を認めてもらいたいものだ。

>憲法を改正して、日本国民だけで、自国を護り切る体制を拒否して居ながら、イラク戦争参加を批判するのは、児戯にも等しい、大変愚かしく且つ恥ずべき事です。

悪いですけど、なに仰っているのか全くわかりません。小林よしのりさんのようなイラク戦争を批判している改憲派は、そんなこといってませんよ?

>私は、憲法の原則の話をしている訳では無いのです。
 例外としての、国民が守るべき、共通ルールの話をしているのです。
 即ち、国家も、国民も、自分達で作ったとされる、ルール、日本国憲法を守りましょうと云う当たり前な話をしているのです。

国民はあくまでも憲法を国家権力に守らせる立場ですが、それを崩すような主張は危険だと思います。

>元島民の境遇・感情には十分配慮しながらも、北方領土は、ソ連に略奪されたもので在り、武力で取り返すのが基本です!
 この基本は絶対忘れては成りません。

戦争をしてでも領土を取り戻したいという志が本物なら、酔っ払って暴れてそれを口に出したりはしません。

>外国の押し付けと、日本人の押し付けの違いが分からないのかなあ?

それは明治に私擬憲法作った人たちに失礼だと思いますよ。明治政府は民間から出た私擬憲法を無視したのだから。

>小林よしのり氏が改憲論者へ「明治憲法も薩長の押しつけ」などと、明治憲法を貶めるのは、明治期の国民の熱意と努力を無視する、丸で、金盥に水を張った様な浅い考えで在り、その考えに接すると日本海溝よりも深い悲しみを覚えます。

リンク先の小林さんの主張ちゃんと読んでないですね。
現行憲法の象徴天皇制に近い制度を作ろとした赤松小三郎は暗殺されたし、その後の明治時代は、多くの私擬憲法が無視されて明治憲法ができてしまった。私はむしろ四角三角さんが、明治期の国民の熱意と努力を無視しているように見えます。そんな私は頭がおかしいのだろうか?

>人任せ憲法からは、もうそろそろ卒業すべきです!

だったら立憲的改憲派をもっと評価してください。ついでに、酔っ払って暴れるゴミクズ改憲派国会議員は真面目な改憲派にとって大迷惑なので、落選させる機会になったら絶対に落選させないといけませんね。

2019-06-10 05:17 from 12434 | Edit

>先に、煽ったのはメドベージェフ前大統領です。

 平成22年5月9日のロシアの「対独戦勝記念日」にメドベージェフ大統領は記者会見で「第二次世界大戦でカタがついているのに、いまだに領土返還を求めるような敗戦国がいる。戦争で出た結果は戦争でしか変わらない」と言いました。

 貴方、日本の国会議員より、ロシアの大統領の肩を持つのですか?

こじつけですね。メドベージェフの発言は不愉快ですけど、少なくとも「われわれは戦争してでも南クリル管区を守る」とはいってません。

2019-06-10 05:39 from 12434 | Edit

No title

三角四角さん

フー氏と12434氏のコメントでほぼ終わってしまったw

>「良い憲法を作ってくれた」とは、如何に愚かしい考え方なのでしょう?
>「良い憲法」とされる憲法擬きと、共に、日本人は、自主性を放棄してしまったのです。

国民=弱者目線で今より良くなれば改正に賛成しますし悪くなれば反対するだけの事です。

>憲法を改正して、日本国民だけで、自国を護り切る体制を拒否して居ながら、イラク戦争参加を批判するのは、児戯にも等しい、大変愚かしく且つ恥ずべき事です。

イラク戦争=侵略戦争を批判している改憲派も少なからず存在します。

>私は、憲法の原則の話をしている訳では無いのです。
>例外としての、国民が守るべき、共通ルールの話をしているのです。
>即ち、国家も、国民も、自分達で作ったとされる、ルール、日本国憲法を守りましょうと云う当たり前な話をしているのです。

日本は「法治国家」なのに「最高法規」の「原則」を無視しては話になりません。国民=守らせる。権力者=守る。これは「近代立憲主義」の基本で日本だけでなく概世界共通のルールです。

>外国の押し付けと、日本人の押し付けの違いが分からないのかなあ?
>人任せ憲法からは、もうそろそろ卒業すべきです!

個人的に出自は問題にしていません。良いものは支持するし悪いものは認めません。大日本帝国憲法も自民党の憲法改正草案も「現行憲法」に比べて著しく劣ります。まあ「人任せの憲法は卒業すべき」はいいですけどわざわざ「基本的人権」を捨てる意味はありません。

個々人で温度差はありますけど改憲勢力の目的は「基本的人権」「国民主権」「平和主義」を無くす事です。一般的な教育を受けた人であればこの恐ろしさは分かる筈です。現状の改憲勢力に与する人は日本国民に対してテロ行為を行っているも同意です。

>自分達で作っておいて、自分達は守らないと云う不条理は認められません!

憲法の基本原則を無視している人に「不条理」を語る資格はありません。貴殿は「国民の守るべき事」と「国家の守るべき事」をゴチャゴチャにしてます。

>特定の学説を完全に無視する事を、原理主義と言うのです。

フー氏も言ってますけど全然違いますよw

>先に、煽ったのはメドベージェフ前大統領です。

少なくともメドベージェフは戦争を煽ってはいません。挑発に乗った時点で外交は敗北です。

>だから、憲法9条を改正すれば、自国だけで、日本を護れるのでアメリカの不当な要求に屈せずに済む訳です!

日本の立地条件的に「単独」で自国を護るのは絶対に不可能です。それ以前に米国の要求に屈しない為には「日米安全保障条約の抜本的な見直し」「日米地位協定の撤廃もしくは改正」「日米原子力協定の撤廃もしくは改正」「敵国条項の削除」「朝鮮戦争の終結」は不可欠です。ご存知でしょうけど「憲法9条の改正」を求めているのは米国です。対米従属の根源を断つ前に憲法を改正しても意味はありません。

>元島民の境遇・感情には十分配慮しながらも、北方領土は、ソ連に略奪されたもので在り、武力で取り返すのが基本です!

これも前に言いましたけど「北方四島」に「自衛戦争」は成立しません。日本の外交上の落ち度です。また「尖閣諸島」や「竹島」は武力で奪還も可能ですけど「北方四島」は状況的にまず無理です。ロシアは常任理事国。日本は敵国条項対象。軍事力を裏にした交渉は圧倒的にロシア有利です。武力で取り返すのであれば軍事的にだけでなく国際的な立場もロシアと同じ土俵に立たなければなりません。

北方四島は日本のものだとする認識で言えば侵略戦争ではありません。しかし、極端に言えば客観的に半世紀以上もロシアに占領されて統治されてる以上は侵略行為になり得ます。米国の助力を得られる可能性は低いですし世界的に「敗戦国」としての立ち位置は揺らがないので日本は国際的に不利になります。

貴殿の事を「原理主義者」と指摘するコメントもありましたけど実際は単なる「ネットde真実」の「不勉強な人」に見えてきました。方向性は違ったけど最初の頃は議論できるレベルだったのに・・・。

2019-06-10 11:56 from 日下部來純(管理人)

【 諸悪の根源、『 日本国憲法 』! 最早、生かしては置けぬ!!! 】

 【 日本国憲法 前文 1行から3行迄
 日本国民は、正当に選挙された国会における代表者を通じて行動し、われらとわれらの子孫のために、諸国民との協和による成果と、わが国全土にわたつて自由のもたらす恵沢を確保し、政府の行為によつて再び戦争の惨禍が起ることのないやうにすることを決意し、ここに主権が国民に存することを宣言し、この憲法を確定する。(以下省略) 】

 日本国憲法前文中の文言『 政府の行為によつて再び戦争の惨禍が起ることのないやうにすることを決意し、 』とは飛んでも無い事実誤認であり、歴史歪曲である!
 真実は、充分な植民地を獲得した帝国主義先進国が、世界的不況をブロック経済で凌ごうとするのを、日本国やドイツ等の帝国主義後進国が咎めたのだ。

 中韓の歴史歪曲には異を唱えても、日本国憲法の歴史歪曲を見逃す日本人は頓馬である!
 即ち、日本国は、連合国によって、自分勝手な歴史観を押し付けられたのだ!

 さて、連合国の主体であるアメリカ合衆国の憲法前文と連合国が日本に押し付けた日本国憲法の前文と比べてみよう。

 【 アメリカ合衆国憲法 [前文](全文)
 われら合衆国の国民は、より完全な連邦を形成し、正義を樹立し、国内の平穏を保障し、共同の防衛に 備え、一般の福祉を増進し、われらとわれらの子孫のために自由の恵沢を確保する目的をもって、ここに アメリカ合衆国のためにこの憲法を制定し、確定する。 】

 【 日本国憲法 前文 9行から11行(最終行)迄
 われらは、いづれの国家も、自国のことのみに専念して他国を無視してはならないのであつて、政治道徳の法則は、普遍的なものであり、この法則に従ふことは、自国の主権を維持し、他国と対等関係に立たうとする各国の責務であると信ずる。
 日本国民は、国家の名誉にかけ、全力をあげてこの崇高な理想と目的を達成することを誓ふ。 】

 一目瞭然だが、日本に日本国憲法を押し付けた、アメリカの憲法の前文には、『 自国のことのみ 』(日本国憲法前文9行目)しか書いて無いので在って、トランプ大統領の『 アメリカ・ファースト 』は寧ろアメリカ合衆国憲法に忠実なのである。

 本来は、自国ファーストが当たり前なのに、日本人が自国ファーストに罪悪感を抱くのは、日本国憲法前文が日本人の心を歪めて居るからで在る。

 大体からして、『 日本国民は、国家の名誉にかけ、全力をあげてこの崇高な理想と目的を達成することを誓ふ。 』(日本国憲法前文11行(最終行)目)とは言っても、誓うだけで無く、崇高な理想と目的を達成する為には当然軍事力が必要で、核武装もして無いのに、何を寝言言ってるのと云う御話に成らない御話で在る!

 【 日本国憲法 前文 6行から8行迄
 日本国民は、恒久の平和を念願し、人間相互の関係を支配する崇高な理想を深く自覚するのであつて、平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して、われらの安全と生存を保持しようと決意した。われらは、平和を維持し、専制と隷従、圧迫と偏狭を地上から永遠に除去しようと努めてゐる国際社会において、名誉ある地位を占めたいと思ふ。われらは、全世界の国民が、ひとしく恐怖と欠乏から免かれ、平和のうちに生存する権利を有することを確認する。 】

 『 日本国民は、恒久の平和を念願 』するのに、その実現方法が、『 平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して、われらの安全と生存を保持しようと決意した。 』とは恐れ入る!

 日本国憲法を作った人は、馬鹿じゃ無いの?
 軍事力の裏付けの無い外交なんて、高が知れて居ます。

 『 平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して、われらの安全と生存を保持しようと 』する危険性は、戦後の中華人民共和国とソビエト連邦・ロシア共和国の振る舞いを見れば自ずから明らかであろう?

 『 われらは、平和を維持し、専制と隷従、圧迫と偏狭を地上から永遠に除去しようと努めてゐる国際社会において、名誉ある地位を占めたいと思ふ。 』なら、野蛮な大国に対峙する為にも、我が国には、核武装を含めた強力な軍事力が必要で在る。

 『 われらは、全世界の国民が、ひとしく恐怖と欠乏から免かれ、平和のうちに生存する権利を有することを確認する。 』
 だったら、即刻、北朝鮮に自衛隊を派遣して、北朝鮮に拉致されて、『 恐怖と欠乏 』に満たされ、戦慄のうちに生存する我が国の同胞を速やかに奪還せよ!

 また、『 政府の行為によつて再び戦争の惨禍が起ることのないやうにすることを決意し、 』(日本国憲法前文2行目)と云う捏造が、反日左翼と云う世界でも珍しい、自国を憎む左翼と云う存在を生み出して居る。

 そして、何かと言えば、憲法は国家を縛るもので、国民は憲法を守る必要が無いと云う風説を流布して居る。
 誠に、日本国憲法は罪深い!

 日本国憲法前文を見て、気に成る処は、国際協調と政府の悪口の外は、国民の権利の事しか書いて居ない!

 戦後、権利ばかり主張して、義務を果たさない国民や野党が増えたのも、日本国憲法の所為だろうと思われる。

 (A)ネットの会議で、評論家が、外国が日本に攻めて来たら如何するかとの質問に、日本から逃げると答えて居たのを見て、腰を抜かしそうに成った。

 (B)また、電車やバスで、御年寄りや、妊婦に席を譲らないそうで、訪日中の、中国人や韓国人が不思議がるそうである。

 (C)また、観光関係の仕事に従事して居る日本人は、見も知らない日本人より、長年の知り合いの外国人の方が、よっぽど信頼出来るそうで在る。

 (D)また、仲良く育ったはずの兄弟姉妹が、親の相続の事で骨肉の醜い争いを繰り広げて居る場合が在る。

 以上の問題も教育勅語の『 日本国民は①親孝行、②兄弟仲良く、③夫婦仲むつまじく、④友達とは信じ合い、⑤慎み深く行動し、⑥困っている人がいれば手を差し伸べ、⑦勉強や仕事を習って、⑧知恵を養い、⑨道徳心を身に付け、⑩進んで社会のために尽くし、⑪いつも憲法を大切にして、法律を守り、⑫もし非常事態になったら勇気を持って国のために行動する 』と云う12の徳目を義務教育で教えれば、解決しそうなものばかりである。

 (A)については、⑫もし非常事態になったら勇気を持って国のために行動する。
 (B)については、⑥困っている人がいれば手を差し伸べる。
 (C)については、⑩進んで社会のために尽くし、⑫もし非常事態になったら勇気を持って国のために行動する。
 (D)については、①親孝行、②兄弟仲良くが当て嵌まる。

 しかし、『 教育勅語=天皇に忠誠を誓うもの、そして、それが結局軍国主義に繋がり、更には戦争を引き起こした 』という誤った考えが反日左翼の根底にあるようだ。

 日本が勝手に単独で戦争を始めたとするのは、子供の考えである。
 大人の見方は、共産勢力vs反共産勢力、充分な植民地を獲得した帝国主義先進国vs植民地を獲得競争に乗り遅れ気味の日本国やドイツ等の帝国主義後進国、満洲帝国を護る日本国vs満洲帝国を狙うアメリカと云うのが、先の大戦の原因である!

 従って、教育勅語には何の問題も無いのに、『 政府の行為によつて再び戦争の惨禍が起ることのないやうにすることを決意し、 』(日本国憲法前文2行目)と云う捏造が、日本を再生させる教育勅語の復活を妨げて居るのだ!

 教育勅語で無くても、教育の方法は幾らでも在ると云う不心得者が居るが、戦後、日本国憲法が、個人の権利ばかりを主張し、国民の統合である国家を軽んずる風潮が日本国民の心を蝕んできた事実に我々日本国民は、気付か無いか、気付いても敢えて目を瞑って来た。

 先程の『 (A)ネットの会議で、評論家が、外国が日本に攻めて来たら如何するかとの質問に、日本から逃げると答えて居たのを見て、腰を抜かしそうに成った。
 (B)また、電車やバスで、御年寄りや、妊婦に席を譲らないそうで、訪日中の、中国人や韓国人が不思議がるそうである。
 (C)また、観光関係の仕事に従事して居る日本人は、見も知らない日本人より、長年の知り合いの外国人の方が、よっぽど信頼出来るそうで在る。
 (D)また、仲良く育ったはずの兄弟姉妹が、親の相続の事で骨肉の醜い争いを繰り広げて居る場合が在る。 』を見れば、日本国が日本国憲法により、腐りつつ在る事が分かると思う。

 憲法9条を改正しても、所詮、外敵に備える事が出来るだけである。
 日本国が、内から腐って崩壊するのを止めるには、日本国憲法破棄と新憲法樹立しか無い!

 以上見て来た様に、日本国憲法の設計図たる日本国憲法前文は出鱈目の見本市である。
 即刻、日本国憲法は塵箱に捨てて、新憲法を作るべきである。

 新憲法は、日本の伝統、歴史、慣習、正義を取り入れよう!

2019-06-15 15:02 from 三角四角 | Edit

四角三角さんの好みをとやかくいうつもりはないです。ただ、明治憲法よりも現行憲法の方が、今の日本人に合っているという事実は覆しようがないです。だから現行憲法を改良すればいいと思います。自民党改憲案のような内容では改悪だとしかいえません。
国民の権利や基本的人権について記してある条文は一切変えてはいけません。少しでも変えられたら悪用は避けられません。その時の政権が、「新しい条文になったから、新しい解釈も可能だ。だからその解釈に基づいて、前の憲法では制限できなかった類いの国民の権利も制限できる法律も合憲の範囲だ!」なんていわれたら堪ったもんじゃありません。

しつこいようですけど、我々はやはり赤松小三郎の憲法構想や、自由民権運動家の私擬憲法に立ち返る必要があると思います。

赤松小三郎
https://ja.m.wikipedia.org/wiki/%E8%B5%A4%E6%9D%BE%E5%B0%8F%E4%B8%89%E9%83%8E

宇加地新八
https://ja.m.wikipedia.org/wiki/%E5%AE%87%E5%8A%A0%E5%9C%B0%E6%96%B0%E5%85%AB

明治維新150周年の2018年大河問題 -アーネスト・サトウはあり得るか?
https://blog.goo.ne.jp/reforestation/e/e32b9827ca00d2ae11ff9997b6fc270e
代替案のための弁証法的空間  Dialectical Space for Alternatives

2019-06-15 15:53 from 12434 | Edit

>新憲法は、日本の伝統、歴史、慣習、正義を取り入れよう!

そのために、日本の伝統的な天皇の在り方に反した大日本帝国憲法を反面教師にして、逆に日本の伝統的な天皇の在り方に合致した日本国憲法を高く評価しましょう。その上で立憲的な改憲を目指すべきです。

天皇陛下によれば日本の歴史と伝統に合致するのは明治憲法でなく日本国憲法である
https://blog.goo.ne.jp/reforestation/e/f9ad95ee32b97ae4a9ece287dd337284
代替案のための弁証法的空間  Dialectical Space for Alternatives

安倍晋三 “不敬”の証明(上) -憲法と今上陛下-
http://hunter-investigate.jp/news/2017/01/-3-11111110-3-54.html
ニュースサイト|HUNTER(ハンター)

私は個人的には、ボリビアの新憲法を見習って、新自由主義国家としての日本を破棄すべきだと思います。新自由主義は日本の伝統に合わないからです。それなら四角三角さんも納得してくださると思います。

主張
ボリビア新憲法承認
新自由主義拒否と社会的連帯
https://www.jcp.or.jp/akahata/aik07/2009-01-31/2009013102_01_0.html
しんぶん赤旗

ボリビア新憲法(2009年)、邦訳される
http://estudio-cuba.cocolog-nifty.com/blog/2011/09/2009-40a3.html
キューバ研究室 Sala de Estudio sobre Cuba

改憲問題にからめてボリビア新憲法の紹介を・・・
https://blog.goo.ne.jp/reforestation/e/6e953f2cd9b9ec08b75e099e22fa62c5
代替案のための弁証法的空間  Dialectical Space for Alternatives

2019-06-15 16:16 from 12434 | Edit

>また、『 政府の行為によつて再び戦争の惨禍が起ることのないやうにすることを決意し、 』(日本国憲法前文2行目)と云う捏造が、反日左翼と云う世界でも珍しい、自国を憎む左翼と云う存在を生み出して居る。

本当にそんな左翼が日本にいるでしょうか?いや、いたとしても極少数派だと思います。ただ、日本共産党をはじめとする左派は、自分たちを相当改善しないと大きな支持は得られないですね。やっぱり海外で台頭している左派を見習うべきです。

左派が政権を取るためにやらねばならぬこと
https://blog.goo.ne.jp/reforestation/e/653216a0a260ecfd0db728fcc7dcfbe5
代替案のための弁証法的空間  Dialectical Space for Alternatives

コラム:フランス大統領選、真の勝者は「異端の経済政策」
https://jp.mobile.reuters.com/article/amp/idJPKBN17N0HR
ロイター

英富裕層が恐れるのはコービン労働党政権の誕生-EU離脱より怖い
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2018-09-26/PFN5H36K50XT01
ブルームバーグ

不在でもダボスで存在感、70%税率提唱したオカシオコルテス米議員
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2019-01-22/PLQQ3G6JIJUW01
ブルームバーグ

なぜ「サンダース現象」は勢いが衰えないのか――現地からの「生の声」を聞く【アメリカ大統領選】
https://m.huffingtonpost.jp/2016/05/23/sanders_n_10102058.html
ハフィントンポスト

2019-06-15 18:13 from 12434 | Edit

>そして、何かと言えば、憲法は国家を縛るもので、国民は憲法を守る必要が無いと云う風説を流布して居る。
 誠に、日本国憲法は罪深い!

憲法を創設するの精神は、第一君権を制限し、第二臣民の権利を保護するにある
https://plaza.rakuten.co.jp/fukuchanweekly/diary/201505050001/
福ちゃん通信

この記事のタイトルは伊藤博文の言葉でもありますが、四角三角さんが、明治憲法と伊藤博文の愛国心も否定しているように見える私は狂っているのか?

>以上の問題も教育勅語の『 日本国民は①親孝行、②兄弟仲良く、③夫婦仲むつまじく、④友達とは信じ合い、⑤慎み深く行動し、⑥困っている人がいれば手を差し伸べ、⑦勉強や仕事を習って、⑧知恵を養い、⑨道徳心を身に付け、⑩進んで社会のために尽くし、⑪いつも憲法を大切にして、法律を守り、⑫もし非常事態になったら勇気を持って国のために行動する 』と云う12の徳目を義務教育で教えれば、解決しそうなものばかりである。

だったら丸山議員に教育勅語を叩き込む必要があります。モラルないでしょうよあの人は。
あと、百歩譲ってAは現行憲法に原因があるのかもしれません。あくまでも百歩譲っての話ですけど。そして、残りのB、C、Dは完全に根拠不十分です。

戦前の少年犯罪
https://ja.m.wikipedia.org/wiki/%E6%88%A6%E5%89%8D%E3%81%AE%E5%B0%91%E5%B9%B4%E7%8A%AF%E7%BD%AA

2019-06-15 18:14 from 12434 | Edit

No title

四角三角さん

私の主張は12434氏と概同じなので割愛するとして・・・。

>そして、何かと言えば、憲法は国家を縛るもので、国民は憲法を守る必要が無いと云う風説を流布して居る。
>誠に、日本国憲法は罪深い!

風雪の流布の使い方を間違えてますよw

貴殿は都合の悪い事をスルーしてコメントするのは止めた方がいいです。何度も繰り返してますけど「憲法は国家権力を縛るもの」というのは「近代憲法学」の基本です。これは「日本国憲法」に限った話ではありません。貴殿の主張こそ「風説」レベルです。また「国民は憲法を守る必要は無い」のではなく「国民の守るべき部分」と「国家権力の守るべき部分」は違います。ここをゴチャゴチャにしてはいけません。

>日本国憲法前文を見て、気に成る処は、国際協調と政府の悪口の外は、国民の権利の事しか書いて居ない!
>戦後、権利ばかり主張して、義務を果たさない国民や野党が増えたのも、日本国憲法の所為だろうと思われる。

上記の繰り返しになりますけど憲法において「国民の守るべき部分」と「国家権力の守るべき部分」は違います。

>本来は、自国ファーストが当たり前なのに、日本人が自国ファーストに罪悪感を抱くのは、日本国憲法前文が日本人の心を歪めて居るからで在る。

ロジックとして成り立っていない以前に最早ネタレベルになってますけど「日本国憲法は日本人の心を歪めている」とする学術的な根拠は一切ありません。である以上は議論の争点になり得ません。

ついでに言えば日本において「自国ファースト」で「保護主義」なのは「日本共産党」や「れいわ新選組」など所謂「護憲派」ですよ?。理由は簡単で「自民党」「公明党」「日本維新の会」など既存の「改憲派」は基本的に「グローバリスト」だからです。国家主権を売り渡すような連中が自国ファーストな筈はないです。

>新憲法は、日本の伝統、歴史、慣習、正義を取り入れよう!

憲法は「国の理想の姿を示すもの」ではありません。憲法はスローガンではなく国の「最高法規」です。

自国ファーストも行き過ぎれば国益にマイナスになります。紛争解決に武力を誇示する島国なんて国際的に孤立して終わります。貴殿はちょっと不勉強すぎですし貴殿の「表現/言論の自由」もまた日本国憲法によって保障されている事を忘れないように・・・。

2019-06-15 23:56 from 日下部來純(管理人)

>日本国憲法前文中の文言『 政府の行為によつて再び戦争の惨禍が起ることのないやうにすることを決意し、 』とは飛んでも無い事実誤認であり、歴史歪曲である!

私は憲法の前文や9条については、改正の余地があると思います。でも、自民党改憲案のようなおかしな条文は反対です。
なんていうか、一方的に日本が悪いという風潮に嫌気がする気持ちはよくわかります。例えば、日本=悪玉でアメリカ=善玉みたいな発想は確かにまずいです。とはいえ、当時の日本政府と軍部のせいで、「惨禍」を招いてしまったという側面を否定するのは無理があるでしょうね。

自民党改憲案と「統帥権」の時代
http://hunter-investigate.jp/news/2016/05/post-884.html
ニュースサイト|HUNTER(ハンター)

マガジン9条〜伊藤真のけんぽう手習い塾〜第58回:武力による防衛2
http://www.magazine9.jp/juku/058/058.php
マガジン9

>真実は、充分な植民地を獲得した帝国主義先進国が、世界的不況をブロック経済で凌ごうとするのを、日本国やドイツ等の帝国主義後進国が咎めたのだ。

完全に余計なお世話ですけど、それについては以下の記事が参考になるかと思っています。

マスコミの破滅的なロジック ―自由主義とトロッキズムのパラドックス―
https://blog.goo.ne.jp/reforestation/e/98948f2ae4ff58fae72f8ca50acd6af3
代替案のための弁証法的空間  Dialectical Space for Alternatives

勝海舟が一万円札の肖像にふさわしいと思う理由
https://blog.goo.ne.jp/reforestation/e/08e54bd9eba6f45af054ebea8bafa05c
代替案のための弁証法的空間  Dialectical Space for Alternatives

小林よしのり氏が「明治ブーム」に異議 日本が失ったものは
https://www.news-postseven.com/archives/20190530_1375645.html
NEWSポストセブン

安倍政権は憲法改正を求める前に、凝り固まった頭を柔らかくする努力をしないといけませんね。

2019-06-17 19:01 from 12434 | Edit

トラックバック
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 立憲民主主義と日本国民の安全を考える有志のブログ All Rights Reserved.