FC2ブログ

【要注目】在日韓国人男性を誹謗中傷!インターネット上の「ヘイトスピーチ」に「名誉毀損罪」適用!男性2人に「罰金10万円」の略式命令! - 立憲民主主義と日本国民の安全を考える有志のブログ

【要注目】在日韓国人男性を誹謗中傷!インターネット上の「ヘイトスピーチ」に「名誉毀損罪」適用!男性2人に「罰金10万円」の略式命令!

constitutionalism_2019_02_08

2019年2月5日(火)。那覇地方検察庁石垣支部はインターネット上の「匿名掲示板」で沖縄県石垣市の「在日韓国人」の自営業男性(35歳)に対して「民族差別」を煽る「ヘイトスピーチ」を投稿したとして同市に住む男性2人を「名誉毀損」の罪で略式起訴にしました。石垣簡易裁判所は「罰金10万円」の略式命令を下しました。ヘイトスピーチの投稿で「刑事事件」になったのは異例です。

■ヘイト投稿で名誉毀損罪、男2人に罰金10万円命令
https://www.asahi.com/articles/ASM263J07M26TPOB001.html
朝日新聞デジタル 2019年2月6日 15時07分


インターネットの匿名掲示板にヘイト投稿をして沖縄県石垣市の在日韓国人の自営業男性(35)の名誉を傷つけたとして、石垣区検が1月、男2人を名誉毀損(きそん)罪で略式起訴した。石垣簡裁は2人にそれぞれ罰金10万円の略式命令を出した。関係者への取材でわかった。

■在日韓国人男性にヘイト投稿、名誉棄損で罰金10万円 沖縄で全国初の命令
https://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/381752
沖縄タイムス+プラス ニュース 2019年2月6日 05:24


ヘイトスピーチの問題に詳しい龍谷大の金尚均(キムサンギュン)教授(刑法)は「差別解消に向けた施策を国の責務とするヘイトスピーチ対策法が16年に施行され、立件の下支えになっている。捜査当局は今後も積極的に対応すべきだ」と指摘した。

Twitterの反応!







全国初の画期的な判決?


前述の在日韓国人男性は「2ちゃんねる(当時)」「爆サイ.com」などの匿名掲示板に「実名」を晒された上に「在日朝鮮人の詐欺師」「金を騙し取る」「朝鮮人は早く出て行け」「イヌやネコを食べている」などと書き込まれました。精神的な苦痛を受けた在日韓国人男性は2016年2月に「八重山警察署」に刑事告訴した模様。同署は2018年11月に「被疑者不詳」のまま那覇地方検察庁石垣支部に書類送検しています。

那覇地方検察庁石垣支部は独自に捜査を進めて石垣市内に住む男性2人を2019年1月15日(火)と1月23日(水)にそれぞれ略式起訴にしています。男性2人は「県外出身者」で詳細を明らかになっていません。インターネット上のヘイトスピーチで「侮辱罪」を適用したケースはあるものの更に罪の重い「名誉毀損罪」の適用は全国初と見られています。

被害に遭った在日韓国人男性は石垣市内で自営業を営んでいて「風評被害によって契約していた仕事が打ち切りになった他に大切な人が自分から離れていった」と実状を語っています。その上で「人を傷付ける事をすれば然るべき処罰を受ける事を分かってほしい」「これまで差別や心ない誹謗中傷を受けて泣き寝入りしていた人を勇気付けるきっかけになればいいと思う」と述べて「ヘイトスピーチの根絶」を呼び掛けました。尚、投稿による「風評被害」の売上大幅減で今後は「民事訴訟」を起こす方針です。

今回の件は「匿名アカウント」の投稿による「他民族」を侮辱するヘイトスピーチに一石を投じる画期的な判決です。これを機にインターネット上のヘイトスピーチは根絶して欲しいと思います。一方で「ヘイトスピーチ解消法」など法律の運用は「捜査当局」若しくは「裁判所」に委ねられています。何時も何時も自分達の理想の結果になるとは限りません。この判決を支持する人達は「法律」「更なる改正」若しくは「解釈次第」で変貌する事を忘れてはいけません。
ブログランキング・にほんブログ村へ このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事一覧
コメント
非公開コメント

No title

権力者(及びその背後の有力者)はこれ(ヘイトスピーチ問題)を利用して自分達に対する批判を「ヘイトスピーチ」等と決め付けて取り締まる事をし兼ねないから気を付けなければならないな。

2019-02-09 22:43 from ヤマト民族の末裔 | Edit

トラックバック
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 立憲民主主義と日本国民の安全を考える有志のブログ All Rights Reserved.