FC2ブログ

【唖然】政府統計不信!資源エネルギー庁「貴金属流通統計調査」の一部にミス発覚!2008年以降「年末在庫数量」の数値を誤って計算? - 立憲民主主義と日本国民の安全を考える有志のブログ

【唖然】政府統計不信!資源エネルギー庁「貴金属流通統計調査」の一部にミス発覚!2008年以降「年末在庫数量」の数値を誤って計算?

constitutionalism_2019_01_19

2019年1月18日(金)。資源エネルギー庁は「金」などの流通量を毎月公表する「貴金属流通統計調査」の過去の公表内容に誤りがあった事を発表しました。昨年11月に外部事業者の指摘を受けて判明した模様。2008年以降「年末の在庫数量」について12月の数量を記すべき部分を1月~12月の合計値を記載するなどしていたそうです。所管の「経済産業省」は今月中を目処にデータを訂正して公表する方針です。

■経産省:計算ミス 貴金属流通統計、08年から
https://mainichi.jp/articles/20190119/ddm/008/020/099000c
毎日新聞 2019年1月19日 東京朝刊


経済産業省は18日、貴金属流通統計調査の公表内容の一部に誤りがあったと発表した。2008年以降、金地金などの「年末在庫数量」の数値を担当者が誤って計算していた。昨年11月に事業者からの指摘で発覚した。今月中をめどに訂正後のデータを公表する。

■貴金属流通統計、公表内容に誤り 資源エネ庁「操作ミス」
https://digital.asahi.com/articles/DA3S13855149.html
朝日新聞デジタル 2019年1月19日 05時00分


昨年11月、貴金属業者の指摘を受けて発覚し、調査した。厚生労働省の「毎月勤労統計」を巡る問題発覚を受け、安倍政権は同様の誤りがないか各省に確認させているが、この調査は対象の「基幹統計」ではないため「無関係」(同課)としている。

Twitterの反応!







経済産業省は今月中を目処に訂正後のデータ公表!


貴金属流通統計は企業の取引実績を基に「金」「プラチナ」「パラジウム」の毎月の流通量を調べるものです。この内「2008年(平成15年)」以降のデータの一部で月や年の初めの在庫の数量を記載していました。また、年末の在庫の数量を誤って1月~12月の在庫数量を足し上げたデータを記載していたそうです。

2018年11月に外部事業者の指摘を受けて判明しました。経済産業省は「今後このような事態が生じないように公表内容の確認を十分行った上で調査結果の公表を行っていきます」とコメントしています。資源エネルギー庁「鉱物資源課」によれば担当者の引継ぎ不足や計算する時に「エクセル」の操作を誤った可能性が大きいようです。こうしたミスは常態化していた可能性もあって経済産業省は今月中に修正作業を終わらせる予定です。

尚、貴金属流通統計調査は日本政府の重要統計に位置付けられる「基幹統計」には該当しません。経済産業省は来年度の予算案や他の統計などに影響はないとしています。本件は国民のセーフティネットに影響するものではありません。しかし、先日は「厚生労働省」「毎月勤労統計調査」で偽装発覚したばかりなだけに新たなミスは「政府統計」に対する不信感を更に深める事になるのは確実です。
ブログランキング・にほんブログ村へ このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント
非公開コメント

トラックバック
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 立憲民主主義と日本国民の安全を考える有志のブログ All Rights Reserved.