FC2ブログ

【国会完全崩壊】出入国管理法改正案「参議院本会議」で可決・成立!自由党・山本太郎議員「賛成する者は二度と保守と名乗るな」「保守じゃなく保身だ」! - 立憲民主主義と日本国民の安全を考える有志のブログ

【国会完全崩壊】出入国管理法改正案「参議院本会議」で可決・成立!自由党・山本太郎議員「賛成する者は二度と保守と名乗るな」「保守じゃなく保身だ」!

constitutionalism_2018_12_08
■改正入管法が可決、成立 外国人労働者の受け入れ拡大
https://www.asahi.com/articles/ASLD774W1LD7UTFK033.html
朝日新聞デジタル 2018年12月8日 06時37分


外国人労働者の受け入れ拡大に向けた改正出入国管理法(入管法)が、8日未明の参院本会議で採決され、自民、公明両党と日本維新の会、無所属クラブの賛成多数で可決、成立した。賛成161票、反対76票だった。これに先立つ参院法務委員会では、与党は主要野党の反対を押し切って採決を強行した。来年4月1日に施行される。

改正法は政府が指定した業種で一定の能力が認められる外国人労働者に対し、新たな在留資格「特定技能1号」「2号」を付与することが柱。政府は介護や建設など14業種を検討の対象とし、5年間で最大約34万5千人の受け入れを見込む。ただ、こうした主要項目は成立後に省令などで定めるとしている。

Twitterの反応!







改正出入国管理法は2019年4月1日施行!


外国人労働者の受け入れ拡大に向けて「新たな在留資格」を創設する「出入国管理法改正案」は本日12月8日(土)に「自民党」「公明党」「日本維新の会」などの賛成多数で可決・成立しました。賛成161票。反対76票。立憲民主党など野党6党・会派の指摘した数々の問題点は置き去りにされたままで最終的に「数の力」で押し切った形です。政府・与党が今国会で「最重要法案」に位置付けた法案の採決はすべて終了しました。予定通り週明けに「臨時国会」は閉会となります。

本日12月8日(土)深夜0時に「参議院法務委員会」は委員長職権で開会。野党側の反対を無視して質疑は打ち切られて討論を行っています。立憲民主党など野党6党・会派は安倍晋三と山下貴司法務相に対する「問責決議案」を提出して抵抗しました。趣旨説明では「安倍総理大臣の姿勢を見て問責決議案を出さない理由は全く見当たらない」「審議をすればするほど問題が出ており徹底して解決策を見いだすのが立法府に求められる責務だ」と訴えています。しかし、同日朝4時の「参議院本会議」でそれぞれ「否決」されています。

自由党の森ゆうこ氏は持ち時間を大幅にオーバーする「長時間演説」で抵抗を見せました。また、同じく自由党の山本太郎氏も投票時に「牛歩戦術」を行ってギリギリまで時間を引き延ばしています。こうした野党議員の行為に対して自民党の伊達忠一参議院議長は激怒して「連れ出せ」と怒号を飛ばすなど議場は騒然となっていました。インターネット上では「パフォーマンスだ」と批判的な意見も多いものの「何を理由に反対してるか?」を考えれば責任の大半は与党側にあります。

尚、出入国管理法改正案の詳細に関しては「成立後」に決める模様。最早「国会」「立法府」の体を成していません。外国人労働者の受け入れ人数など課題山積で与野党の攻防はまだまだ続きます。国民民主党の津村啓介氏(衆議院)のツイートにあるように「日本」は大きなターニングポイントを迎えました。5年後、10年後、20年後にどのような姿になっているか想像に難しくありません。一強多弱を許した有権者の責任は非常に重いです。もう後戻りは出来ないのです。これ以上「日本」「日本国民の生活」を壊さないように「最良の選択」をしなければなりません。
ブログランキング・にほんブログ村へ このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント
非公開コメント

トラックバック
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 立憲民主主義と日本国民の安全を考える有志のブログ All Rights Reserved.