FC2ブログ

【正論】安倍政権の「憲法改正」に苦言を呈す!小泉純一郎元総理「来年に憲法改正なんて無理だ」「与野党で協力してやるべき」「できない事をやろうとしている」!

憲法改悪反対!
constitutionalism_2018_10_20
■小泉元首相:「19年の改憲は無理」参院争点化に否定的
https://mainichi.jp/articles/20181011/k00/00m/010/163000c
毎日新聞 2018年10月10日 22時50分(最終更新10月11日07時28分)


小泉純一郎元首相は10日夜、東京・赤坂の日本料理店「津やま」で自民党の山崎拓元副総裁、中谷元(げん)元防衛相らと会食した。終了後、小泉氏は「来年に憲法改正なんて無理だ。選挙の争点にしない方がいい。野党と協力してやるべきものだ。そういう話をした」と記者団に明かした。出席者も同意したという。

■小泉元首相「憲法改正なんか、できるわけない」
https://www.asahi.com/articles/ASLB86309LB8UTFK11G.html
朝日新聞デジタル 2018年10月8日 18時47分


小泉純一郎元首相(発言録)

総理が「原発をゼロにしよう」と言えば、野党も協力できる、国民も支持する。自然エネルギーを活用して日本を発展させる方針を立てるべきなのに、なんで立てないのか。できることをやらない。

憲法改正なんかできるわけない。(安倍晋三首相は)自民党案をまとめて、来年の通常国会に出そうと言う。憲法改正というものは与党、野党が協力してやらなきゃ。憲法改正は選挙の争点にしてはいけない。野党第1党と協力してね。できないことをやろうとしている。(8日、BS朝日の番組収録で)

Twitterの反応!







小泉純一郎元総理の真意は?


小泉純一郎元総理は「憲法改正」を巡って安倍政権の姿勢に苦言を呈しました。幅広く国民の理解を得る必要性を説いた上で「来年に憲法改正なんて無理だ」と否定的な見解を示しています。一方で、両氏の仲は(表面上は)非常に良好で安倍晋三の名を世に知らしめた張本人の言葉だけに懐疑的な見方もあります。

10月8日(月)。BS朝日の番組収録に臨んだ同氏は「憲法改正なんかできるわけない」「(安倍晋三首相は)自民党案をまとめて来年の通常国会に出そうと言う」「憲法改正というものは与野党で協力してやらなきゃ」「憲法改正は選挙の争点にしてはいけない」「野党第1党と協力してね」と述べた上で「できない事をやろうとしている」と評しています。

10月10日(水)。東京都港区赤坂の日本料理店で自民党の山崎拓元副総裁や中谷元元防衛相らと会食した同氏は終了後に「来年に憲法改正なんて無理だ」「選挙の争点にしない方がいい」「野党と協力してやるべきものだ」「そういう話をした」と記者団に明かしました。前述の2人も同意した模様・・・。

小泉純一郎の発言はまさに「正論」です。しかし、安倍晋三は正論の通じる相手ではありませんし現政府・与党は既に「自浄作用」は皆無なので効果の程は期待できません。只、党内の慎重派に「発破」をかける意味では重要なメッセージです。個人的にはこれらの言葉をそのままに信用する事はできません。小泉純一郎自身「改憲派」である事は周知の事実なので護憲派の油断を誘っているように思います。

ブログランキング・にほんブログ村へ

記事タイトルとURLをコピーする
コメント
コメント投稿

トラックバック
  •  消費税増税のインパクトを和らげるためのあの手この手対策が浮上しているが最上の対策は増税中止にマサル対策はない、増税で現内閣の退陣は決まった様なものだ、 政府は2019年10月の消費税率10%への引き上げに伴う消費の下支え策として、買い物がお得になる「プレミアム付き商品券」の発行や、住宅の新築・増改築でポイントがもらえる制度を盛り込む方向で検討に入った。現金を使わないキャッシュレス決済で買い...
    国民の生活が第一は人づくりにあり
    2018/10/21 10:24
    パンくずリスト
  • ホーム
  • »
  • 憲法改悪反対!
  • »
  • 【正論】安倍政権の「憲法改正」に苦言を呈す!小泉純一郎元総理「来年に憲法改正なんて無理だ」「与野党で協力してやるべき」「できない事をやろうとしている」!