fc2ブログ

【大本営発表】内閣府「国民生活に関する世論調査」の衝撃!現在の生活に「満足」は「74.7%」で過去最高更新!露骨な「プロパガンダ」のカラクリは?

政治・経済・時事問題
constitutionalism_2018_08_29
■国民生活に関する世論調査
https://survey.gov-online.go.jp/h30/h30-life/index.html
内閣府 世論調査報告書 平成30年6月調査


■「現在の生活に満足」74・7%、過去最高更新
https://www.yomiuri.co.jp/politics/20180825-OYT1T50016.html
読売新聞(YOMIURIONLINE) 2018年08月25日 17時31分


内閣府が24日に公表した「国民生活に関する世論調査」によると、現在の生活について「満足」と回答した人が74・7%で、調査項目に加わった1963年以来最高だった昨年(73・9%)を更新した。緩やかな景気回復が影響したと分析している。

生活の各面での満足度では、「レジャー・余暇生活」(63・6%)、「所得・収入」(51・5%)など、7項目中5項目で「満足」が昨年から増加した。一方、政府が力を入れるべき政策(複数回答)では、「防災」が28・3%(前年比2・4ポイント増)で、過去最高となった。

調査は6~7月に全国の18歳以上の男女1万人を対象に行い、5969人(59・7%)から回答を得た。

Twitterの反応!







回答者の81.7%は「持ち家」ありで余裕のある人?


内閣府は8月24日(金)に「国民生活に関する世論調査」を公表しました。現在の生活について「満足」又は「まあ満足」と回答した人は前年比0.8ポイント増の74.7%になっています。現在の質問形式になった「昭和38年」以降2年連続で「過去最高」を更新しました。内閣府の担当者は「景気回復」に伴う「雇用・所得環境の改善」を要因と分析しています。只、インターネット上では懐疑的な声で占められています。

内閣府は「国民」「生活に関する意識」などを調べる為に今年6月~7月にかけて全国の18歳以上の男女1万人を対象に世論調査を行いました。現在の生活に「満足」は12.2%で「まあ満足」の62.5%を合わせて74.7%の人は「満足している」と回答しています。同様の質問を始めた1957年以降で最も高かった去年を0.8ポイント上回って2年連続で過去最高を更新しました。年代別では18歳~29歳が83.2%で最も多く、30歳~39歳は78.9%、70歳以上は75%の順になっています。

内閣府の担当者は「景気や雇用状況が緩やかに回復している為に生活への満足度が高くなっているのではないか」とコメントしました。しかし、この調査は様々な問題を孕んでいます。有効回答率は59.7%(5969人)で回答者の81.7%は「持ち家」に住んでいる模様。要するに「余裕のある人」のみ回答しているのです。

フェイクニュースと呼べるレベルではないものの良くある印象操作です。賃金は先進国の中で唯一下がり続けている上に労働者の人権は後退の一途を辿っています。また「新自由主義」に基く経済政策で貧富の格差は広がる一方です。こうした露骨なプロパガンダを行うのは明確な「目的」がある事を忘れてはいけません。恩恵を受けられず置き去りにされている国民は確実に存在しています。

ブログランキング・にほんブログ村へ

記事タイトルとURLをコピーする
コメント
コメント投稿

トラックバック
    パンくずリスト
  • ホーム
  • »
  • 政治・経済・時事問題
  • »
  • 【大本営発表】内閣府「国民生活に関する世論調査」の衝撃!現在の生活に「満足」は「74.7%」で過去最高更新!露骨な「プロパガンダ」のカラクリは?