FC2ブログ

【参議院選挙制度改革】党利党略?野党有利?参議院の定数「6増」の「公職選挙法改正案」衆議院本会議で可決・成立! - 立憲民主主義と日本国民の安全を考える有志のブログ

【参議院選挙制度改革】党利党略?野党有利?参議院の定数「6増」の「公職選挙法改正案」衆議院本会議で可決・成立!

constitutionalism_2018_07_19
■「参院6増」成立 自民、究極の党利党略
https://www.hokkaido-np.co.jp/article/210045
北海道新聞 どうしん電子版 2018/07/19 05:05


参院の「1票の格差」是正に向け定数を人口の多い埼玉選挙区で2増し、比例代表も4増やす自民党提出の改正公選法が、きのうの衆院本会議で自民、公明両党の賛成多数により可決、成立した。

定数増は沖縄の本土復帰を控えた1970年に2増して以来で、248となる。比例には、政党が事前に当選順位を決められる拘束名簿式の「特定枠」を設けることができる。

自民党の狙いは2016年の選挙から合区となった「鳥取・島根」「徳島・高知」で、来年の参院選に出馬できなくなる現職2人を特定枠で救済することにある。

民主主義の基盤を成す選挙制度で、党利党略に塗り固められた法案を審議も尽くさず数の力でごり押しした。憲政史に汚点を残す暴挙であり、政党による議席の私物化だと言われてもやむを得まい。

■クローズアップ2018:「参院6増」成立 自民、露骨な党利党略 選挙制度改革、18年前と同じゴリ押し
https://mainichi.jp/articles/20180719/ddm/003/010/071000c
毎日新聞 2018年7月19日 東京朝刊


参院定数を6増する改正公職選挙法が成立した。国会議員を増やすことに慎重な議論を欠き、比例代表をいっそう複雑にする今回の法改正。自民党が「党利党略」に基づき、比例に現行の非拘束名簿式を導入した2000年と同様のごり押しが繰り返された。一方、「1票の格差」が当面縮小する見通しになったことで、自民が掲げる参院「合区」解消の憲法改正案は、実現がさらに遠のいた形だ。

Twitterの反応!







参議院議員の定数は248議席に!


12434氏に頂いた情報。参議院の議員定数を「6増」する「公職選挙法改正案」は7月18日(水)の衆議院本会議で可決・成立しました。自公両党は賛成。立憲民主党など野党6党は反対。普段は与党のアシストに徹している「日本維新の会」及び「希望の党」も今回は反対に回りました。前代未聞の拙速な国会運営で選挙制度は大きく変えられてしまったのです。

同法改正案は「徳島・高知」及び「鳥取・島根」の選挙区で「合区」を維持した上で「候補者を擁立できなかった県の候補者」「比例代表」「拘束名簿式」「特定枠」で救済する事を柱として定数を「4増」しました。議員1人当たりの有権者数の最も多い「埼玉」の選挙区は定数を「2増」しました。合計で「6議席」を増やす内容です。

2016年の参議院選挙で導入された合区に対する同党の不満は根強くあります。自民党は合区対象県で選挙区に擁立できなかった県の候補者を特定枠に登載する方針です。2019年の参議院選挙では合区対象県すべてで自民党の現職議員は改選期を迎えます。所謂「一票の格差」の是正を建前にした「自民党の自民党による自民党の為の救済策」です。

国民民主党の玉木雄一郎共同代表「豪雨災害で本当に苦しんでいる方がいる中で自民党の自民党による自民党のための6増法案など許される訳がありません」とコメントしました。議員定数を増やす事については与党内にも異論があるようです。自民党の船田元は自身のFBで「選挙制度はすべての政党や候補者にとって共通の土俵作りだが今回は多くの政党が反対する中での採決で拙速のそしりを免れない」「理由の如何を問わず定数増は国民に理解されない」と投稿しました。同氏は党執行部に衆議院議員総会長の辞任願を提出した上で採決は棄権しています。

■参院6増案 小泉進次郎氏賛成票に名誉なブーイング
https://www.nikkansports.com/general/nikkan/news/201807190000247.html
日刊スポーツ 2018年7月19日8時51分


比例代表の一部の「特定枠」は、合区対象県で選挙区に出馬できない自民党候補の「救済枠」で、野党は「自民党の党利党略」と批判。そこで、国会改革への議論を主導する自民党の小泉進次郎筆頭副幹事長の対応に注目が集まったが、進次郎氏は党の決定に従って賛成票を投じ、立憲民主党など野党は「え~」とブーイングを飛ばした。

尚、当初は反対していた小泉進次郎は賛成票を投じました。曰く「自民党内の多くの議員がいろんな思いを持っている」「議院内閣制の中で党の決定と個人の思い」「そういう中での葛藤は常にある」「改めて国会改革をしなければならない」「決意を新たにする意味での賛成票だ」と述べました。野党のブーイングに関しては「光栄ですね」「いろんな議員が賛成票を投じた中で私だけにブーイングというのは名誉なブーイングだと思います」と意味不明なコメントを残しています。

渡辺輝人弁護士によれば動機は党利党略ではあるものの今回の法改正は場合によっては「野党」に有利に働く可能性もあるそうです。しかし「民主主義」の基盤を成す「選挙制度」で党利党略に塗り固められた法案の審議を強行した事は徹底的に批判するべきです。また「平成30年7月豪雨」のドサクサでゴリ押しした事は絶対に許してはなりません。
ブログランキング・にほんブログ村へ このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント
非公開コメント

ベンツはなぜここまで日本で強くなったのか
ttps://toyokeizai.net/articles/-/96252
東洋経済オンライン

自由貿易を巡る不都合な真実 ~トランプが突きつける自由貿易批判~
http://blog.livedoor.jp/aoyamashachu/archives/14370439.html
青山社中筆頭代表 朝比奈一郎のブログ

何故トランプは自由貿易を否定するのか
http://www.masuda-toshio.com/%E4%BD%95%E6%95%85%E3%83%88%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%97%E3%81%AF%E8%87%AA%E7%94%B1%E8%B2%BF%E6%98%93%E3%82%92%E5%90%A6%E5%AE%9A%E3%81%99%E3%82%8B%E3%81%AE%E3%81%8B/
増田俊男の時事直言

間違いだらけのリカード理論
https://blog.goo.ne.jp/reforestation/e/ce558f9b643a3a7ecec8867f200a3089
代替案のための弁証法的空間  Dialectical Space for Alternatives

リカード『経済学および課税の原理』
http://nihonshiki.sakura.ne.jp/economics/Ricardo.html
日本式論

トランプ時代の日欧関係 保護主義を排する基盤に
https://mainichi.jp/articles/20180719/ddm/005/070/032000c
毎日新聞

日本の新聞社は地方紙も含めて押し並べて、自由貿易が善で保護主義が悪だという論調だ。毎日新聞は保護主義は排除すべきだみたいなこというのだから、保護主義を容認したら世界経済が壊滅とでも本気で思っているようだ。これはむしろ逆ではないだろうか?保護主義を全部否定したら、反って経済成長の妨げになってしまうだろう。
日本でも1960年代までは、輸入車に対して40%の関税を掛けていたが、毎日新聞はそれをやらなかった方が、日本の自動車産業がもっと栄えたとでもいいたいのだろうか?日本のマスコミは頭がコンクリートみたいである。

2018-07-20 12:56 from 12434 | Edit

ユニクロ柳井氏「米国の終わりが始まる」
https://business.nikkeibp.co.jp/atcl/opinion/16/101200023/101700010/
日経ビジネスオンライン

書面1枚で営業利益5%増 本当は怖いTPP
http://business.nikkeibp.co.jp/atcl/NBD/15/262664/053100110/
日経ビジネスオンライン

英国の離脱派とトランプ氏の共通点
http://blog.livedoor.jp/fromvancouver/archives/52465625.html
外から見る日本、見られる日本人

実は奴隷なんてどうでもよかった南北戦争
http://histori-ai.net/archives/1179
Historiai

保護主義と自由貿易をめぐる歴史的考察
http://www.diplo.jp/articles03/0306-5.html
ル・モンド・ディプロマティーク日本版

米国は建国以来ずっと「米国第一」主義だった
ttps://toyokeizai.net/articles/-/153468
東洋経済オンライン

ユニクロの柳井会長は、「自由貿易の肯定こそがアメリカの建国の精神である」と考えているらしい。実際は逆でしょう。

2018-07-20 12:57 from 12434 | Edit

トランプ大統領:米国はメキシコとの個別の貿易協定を優先する公算
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2018-07-18/PC31TE6KLVRJ01
ブルームバーグ

メキシコ経済相、NAFTA再交渉「26日に再開」
https://r.nikkei.com/article/DGXMZO3313668019072018000000
日本経済新聞

カナダが内閣改造 トルドー首相「米国貿易に依存せず」
https://r.nikkei.com/article/DGXMZO3313689019072018000000
日本経済新聞

SDGs閣僚級会合、推進の共同宣言採択、貿易巡り米は反対
https://r.nikkei.com/article/DGXMZO33137080Z10C18A7000000
日本経済新聞

国際競争の時代 農政を抜本的に見直せ
https://www.agrinews.co.jp/p44634.html
日本農業新聞

2018-07-20 12:59 from 12434 | Edit

ttps://www.sankei.com/smp/column/news/180719/clm1807190002-s1.html

カナダ外相、25日にメキシコ訪問 次期大統領とNAFTA協議
https://jp.reuters.com/article/mexico-trade-canada-idJPKBN1KA03J
ロイター

カナダ、NAFTA巡るトランプ氏の発言を一蹴
https://jp.reuters.com/article/trade-nafta-canada-idJPKBN1KA02N
ロイター

欧州委員会
https://ja.m.wikipedia.org/wiki/%E6%AC%A7%E5%B7%9E%E5%A7%94%E5%93%A1%E4%BC%9A

貿易問題、米国は不法行為で中国に強制すべきでない=欧州委
https://jp.reuters.com/article/usa-trade-china-eu-idJPKBN1K936Z
ロイター

トランプ大統領「EUは米国をカモに」=グーグル制裁に反発
https://www.jiji.com/sp/article?k=2018072000265&g=int
時事ドットコム

産経新聞は、貿易戦争の問題で中国を批判しない日本のメディアに対して怒っておられる。彼らの主張を簡潔にいうと多分こうなります。
「保護主義よりも自由貿易の方が正しいからトランプ政権の方針は間違っている。しかし本当に悪いのは中国であって、アメリカは悪くない。だからトランプ大統領はEUを敵視すべきじゃない」といったところでしょう。

トランプ政権はアメリカ第一主義なんだから、日本もEUを競争相手として敵視するのは仕方ない。産経新聞は、実はアメリカやEUの気持ちを理解できてないと思います。

2018-07-20 13:02 from 12434 | Edit

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2018-07-20 13:06 from -

No title

安田鋲太郎@ネコへの態度を悔い改めよ
@visco110
先日からストロッセン読み始めたんだけど、近過去の北米のポルノグラフィをめぐる議論が、思った以上に日本ツイッターの現在進行形の議論そのまんまで、主要な立場も概念も似通っていてビビる。

安田鋲太郎@ネコへの態度を悔い改めよ
·
返信先: @visco110さん
とにかく全部出揃っている。ポルノ規制に賛成するフェミニスト達がいて、宗教・政治保守派との一致が指摘され、性的まなざしや性的搾取の概念があり、表現規制に反対するフェミニスト達がいて、彼女らにたいする「名誉男性」に近い攻撃もあり、表現の自由と平等は両立するかという議論があり……。

安田鋲太郎@ネコへの態度を悔い改めよ
·
ツイッターを始めてここ数年で見てきたものが、欧米社会といった規模で何十年も続いている大きな議論に包摂されるものだというのは成程と思うと同時に、あれ? じゃあ何十年も堂々めぐりしてるんじゃない? みたいな不安も感じる。


安田鋲太郎@ネコへの態度を悔い改めよ
·
皆さんすでにお読みだと思うけれど一応貼っておきますね。
ナディーン・ストロッセン『ポルノグラフィ防衛論 アメリカのセクハラ攻撃・ポルノ規制の危険性』
https://amzn.to/2zysvjw


2018-07-21 14:53 from -

トラックバック

強制立ち入り調査の施行で児童虐待防止が無くなることを期待したい

 強制立ち入り調査の施行で児童虐待防止が無くなることを期待したい、東京都目黒区で船戸結愛(ゆあ)ちゃん(当時5歳)が虐待死した事件を受け、政府がまとめた緊急対策の概要が19日判明した。結愛ちゃんの転居後に児童相談所(児相)の職員が家庭訪問したが本人に会えず、事件を防げなかったことを踏まえ、必要な面会ができなかった場合は原則、強制性のある立ち入り調査を行うことをルール化する。20日の関係閣僚会...

2018-07-20 09:31 from 国民の生活が第一は人づくりにあり

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 立憲民主主義と日本国民の安全を考える有志のブログ All Rights Reserved.