FC2ブログ

【日欧EPA】日本とEU(欧州連合)「EPA(経済連携協定)」に署名!TPP協定を超える「巨大自由貿易圏」の誕生!公共サービスの「民営化」に拍車?

TPP参加反対!
constitutionalism_2018_07_18
■経済上の連携に関する日本国と欧州連合との間の協定の署名
https://www.mofa.go.jp/mofaj/press/release/press4_006239.html
外務省 報道発表 平成30年7月17日


■日本とEU、経済連携協定に署名 巨大自由貿易経済圏誕生へ
https://www.sankei.com/politics/news/180717/plt1807170037-n1.html
産経新聞 2018.7.17 20:05


日本と欧州連合(EU)は17日、首相官邸で経済連携協定(EPA)と政治的な協力関係を強化する戦略的パートナーシップ協定(SPA)の署名式を開き、安倍晋三首相とEUのトゥスク大統領、ユンケル欧州委員長が出席した。EPAは日本とEUの双方で批准手続きが順調に進めば来年3月までに発効する見通しだ。世界の国内総生産(GDP)の約3割、世界の貿易総額の約4割をカバーする巨大自由貿易経済圏が誕生する。

Twitterの反応!







日欧EPAは2019年3月発効予定?


安倍晋三とドナルド・トゥスク欧州連合欧州理事会議長らは7月17日(火)に「EPA(経済連携協定)」の署名式を行いました。EPAは日本とEU(欧州連合)の双方で批准手続きを順調に進めれば2019年3月までに発効する見通しです。世界の「GDP(国内総生産)」の約30%、世界の「貿易総額」の約40%をカバーする「巨大自由貿易経済圏」の誕生になります。

日本とEUは定期首脳協議の後に「共同声明」を発表。EPAに関して「歴史的な一歩でありこの協定は自由貿易の旗を高く掲げ続け自由貿易を力強く前進させていくとの日本とEUの揺るぎない政治的意思を世界に対して示すものだ」と強調しました。また「日本とEUは自由で公正な、且つルールに基づく貿易を促進し、保護主義に対抗するという力強いメッセージを発信している」「我々はWTO=世界貿易機関を中心とするルールに基づく多角的貿易体制の極めて重要な役割を強調し、引き続き保護主義と戦う」と述べています。

今回は「農産物」及び「工業製品」の関税の撤廃を柱にしていて「農林水産品」の関税撤廃率は凡そ82%となっています。日本は新たな枠を設けて「脱脂粉乳」「バター」「チーズ」など多くのEU製品を輸入する事で合意しました。EPA発効の直後に「ワイン」の関税は即時撤廃。また「パスタ」及び「チョコレート菓子」の関税はEPA発効の10年後に撤廃する事で合意しています。

EPAに参加しているのは英国を含めた28カ国のヨーロッパ諸国。発効すれば前述のように合計6億3000万人余の巨大な自由貿易圏になります。GDPの総額は21兆ドルを超えます。貿易の総額は世界全体の37%近くを占める規模となります。これは「TPP協定(環太平洋戦略的経済連携協定)」を凌ぐ規模の自由貿易圏で日本の「農家」を中心にヨーロッパの安価な農産物による経営の圧迫を懸念する声が相次いでいます。また「水道」など「公共サービス」の民営化に拍車が掛かる可能性は否定できません。
記事タイトルとURLをコピーする
コメント
コメント投稿

トラックバック
    パンくずリスト
  • ホーム
  • »
  • TPP参加反対!
  • »
  • 【日欧EPA】日本とEU(欧州連合)「EPA(経済連携協定)」に署名!TPP協定を超える「巨大自由貿易圏」の誕生!公共サービスの「民営化」に拍車?