【世界経済に影響】米中「貿易戦争」勃発!米国「中国製品」に「制裁措置」発動!中国「報復関税」で反撃! - 立憲民主主義と日本国民の安全を考える有志のブログ

【世界経済に影響】米中「貿易戦争」勃発!米国「中国製品」に「制裁措置」発動!中国「報復関税」で反撃!

constitutionalism_2018_07_08
■貿易戦争:米が対中制裁関税を発動 中国も直ちに報復へ
https://mainichi.jp/articles/20180706/k00/00e/020/186000c
毎日新聞 2018年7月6日 10時27分(最終更新7月6日13時31分)


【ワシントン清水憲司、北京・赤間清広】トランプ米政権は6日(日本時間6日午後)、中国による知的財産権侵害を問題とした制裁関税を発動した。中国も直ちに報復関税を実施する方針で、トランプ大統領が世界に仕掛ける「貿易戦争」が一段と拡大する。世界1、2位の経済大国の全面対決の様相となり、日本を含む世界経済に悪影響を与える懸念が強まっている。

■社説:米国が中国と貿易戦争 戦後秩序の重大な転換点
https://mainichi.jp/articles/20180708/ddm/005/070/041000c
毎日新聞 2018年7月8日 東京朝刊


トランプ米政権が中国製品3兆円超を対象とした制裁関税を発動した。米国企業の先端技術など知的財産権が中国に侵害されているという理由だ。中国は報復に踏み切り、本格的な貿易戦争に突入した。対抗策としてトランプ大統領はさらに巨額の追加関税を課す構えも示した。世界首位と2位の経済大国が高関税で応酬する異常事態である。

Twitterの反応!







日本企業への被害は甚大?!


12434氏に頂いた情報。7月6日(金)に米国のドナルド・トランプ大統領は「中国は米国の知的財産権を侵害している」として「中国製品」「25%」の関税を上乗せして輸入を制限する「制裁措置」を発動しました。これに対して中国は「米国は経済史上最大の貿易戦争を発動した」「これは典型的な貿易覇権主義であり世界経済の回復を妨げてグローバルな市場に動揺を齎すものだ」と強く批判しました。その上で「国家と国民の利益を守る為に必要な反撃をとらざるをえない」として直ちに「報復措置」を発動する方針を示しています。

米国は「中国は米国企業のハイテク技術などを不当に手に入れて知的財産権を侵害している」として「通商法301条」に基づいて中国製品に25%の関税を上乗せして輸入を制限する制裁措置を発動しました。対象になるのは「航空」「宇宙」「産業用ロボット」といった中国で力を入れている「ハイテク分野」の製品など「818品目」に及びます。金額は340億ドル規模(日本円で3兆7000億円余)の輸入品に関税を上乗せします。

一方で、中国は同規模・同水準の報復措置を発動して「農作物」及び「自動車」など米国の重要産品「545品目」を対象に「25%」の関税を上乗せする見通しです。米中は既に鉄鋼・アルミニウム製品を巡って追加関税を課し合っている状況です。両国は交渉による事態収拾を探っているものの「知的財産権」は幅広い業界に関わっていて「経済覇権」「産業競争力」を左右する問題です。更なる対立激化は時間の問題です。

当初はドナルド・トランプのパフォーマンスと見られていただけに実際に制裁措置を発動した事で市場に動揺が広がっています。米中は制裁と報復を繰り返す「貿易戦争」に突入しました。日本を含めた「部品供給網を世界に広げている先進国」は米中の貿易制約で必要な部品が入手し難くなるなど損害を受ける恐れがあります。中国に大量の電子部品や工作機械などを輸出している日本企業への影響は避けられません。
ブログランキング・にほんブログ村へ このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント
非公開コメント

トラックバック
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 立憲民主主義と日本国民の安全を考える有志のブログ All Rights Reserved.