fc2ブログ

【浅薄愚劣】テレビ朝日「幸色(さちいろ)のワンルーム」の放送中止!行き過ぎた「自主規制」は「文化」を殺す!意味不明なクレームに屈する愚策!

表現規制ニュース
constitutionalism_2018_06_19
■「誘拐肯定では」指摘受けたドラマ テレ朝放送取りやめ
https://www.asahi.com/articles/ASL6L53Y0L6LUCLV00M.html
朝日新聞デジタル 湊彬子 2018年6月18日 21時07分


テレビ朝日は18日、7月開始予定の連続ドラマ「幸色(さちいろ)のワンルーム」の放送を取りやめることを決めた。原作漫画が実際に起きた誘拐事件を肯定的に描いているのではないかなどとして、批判の声が出ていた。

ドラマは大阪の朝日放送(ABC)テレビが制作。テレ朝が関東地区で土曜深夜に放送予定だった。原作は「はくり」さんによる同名漫画。2016年9月にツイッターで初めて公開した。親に虐待された中学2年の少女が、声をかけてきた男と自ら進んで一緒に暮らす様子を描く。

Twitterの反応!







関西地区で「予定通り放送」は唯一の評価点!


テレビ朝日は7月開始予定の連続ドラマ「幸色(さちいろ)のワンルーム」の放送を取り止める事を決定しました。原作は「はくり」氏による同名漫画。ドラマ版は大阪の朝日放送テレビ(ABC)の制作。テレビ朝日は関東地区で土曜深夜に放送する予定でした。原作漫画に対して「実際に起きた誘拐事件を肯定的に描いている」と批判の声も出ていた模様。朝日放送は「実際の事件をモデルにしたり事件からモチーフを得たりしたものではないと認識しております」とコメントしています。

原作漫画は2017年2月より無料マンガサイト「pixivコミック」で不定期で連載。現在も随時更新されて2017年6月に累計閲覧数8000万を記録しました。元々は「世の中いろんな人がいると言う話」のタイトルでTwitterに投稿された作品。後に「幸色のワンルーム」のタイトルでイラストコミュニケーションサービスを提供する会員制ウェブサイト「pixiv」で公開。累計閲覧数6200万で書籍化もされています。

本作の主人公は両親に日常的な虐待を受けて学校ではイジメられ自殺直前の14歳の少女で声を掛けてきた青年に「誘拐」という形で「保護」されます。誘拐犯である青年に寄り添う形で「結婚」を前提とした「同居生活」を送るストーリーです。

Twitterで公開されていたものは「埼玉県朝霧市女子生徒誘拐事件」をモデルにしているとの憶測でバッシングを受けています。こうした憶測は「デマ」で確定しているもののコミックス版は内容を大幅に修正。原作者はコミックス版を「本筋」としています。尚、前述のドラマ版は「関西地区」では予定通り来月放送開始です。放送を中止したのは件の事件の起きた「関東地区」です。

非常に「窮屈な世の中」になったのは事実で「表現の自由」を守る者として本件は危惧しています。しかし、赤木智弘氏(@T_akagi)の仰るように「本質」はあくまで「放送側の安易な自主規制」「ことなかれ主義にあります。叩くべき相手を間違えないように・・・。個人的には「客に金を払ってもらう映画」「スポンサーの金で製作するTVドラマ」の違いを感じます。事の真相は単純に「面倒を避けた」のでは?。尚、本件に関しては不明な部分も多いので継続して情報募集中です。

ブログランキング・にほんブログ村へ

記事タイトルとURLをコピーする
コメント
コメント投稿

トラックバック
    パンくずリスト
  • ホーム
  • »
  • 表現規制ニュース
  • »
  • 【浅薄愚劣】テレビ朝日「幸色(さちいろ)のワンルーム」の放送中止!行き過ぎた「自主規制」は「文化」を殺す!意味不明なクレームに屈する愚策!