FC2ブログ

【働かせ方改革】自公維希「働き方改革関連法案」修正で大筋合意!5月23日(水)に事実上の強行採決?立憲民主党など「野党5党」は猛反発! - 立憲民主主義と日本国民の安全を考える有志のブログ

【働かせ方改革】自公維希「働き方改革関連法案」修正で大筋合意!5月23日(水)に事実上の強行採決?立憲民主党など「野党5党」は猛反発!

constitutionalism_2018_05_21
■働き方法案、修正大筋合意 自公と維新・希望 23日衆院委採決へ
https://www.hokkaido-np.co.jp/article/191427
北海道新聞(どうしん電子版) 2018 05/21 14:02 更新


安倍晋三首相が今国会の最重要法案と位置づける働き方改革関連法案で、自民、公明、日本維新の会、希望の党は21日、一部専門職を労働時間規制の対象外とする高度プロフェッショナル(高プロ)制度に関する規定を一部修正することなどで大筋合意した。同制度が適用された後に、本人が希望すれば適用を外れる仕組みを法案に明記する。与党側は23日にも同法案の委員会採決に踏み切る構えだが、立憲民主や国民民主などは「過労死が増える」と反発している。

Twitterの反応!







高度プロフェッショナル制度は一部修正?


安倍政権は今国会の最重要法案に位置付けた「働き方改革関連法案」の週内の衆議院通過を目指す方針を固めました。自公両党は「日本維新の会」などと修正協議を行って大筋で合意しています。田村憲久元厚労相は「今国会成立に向かって与党としては努力しなければならない中においては大きな前進を見るのではないかという期待をもたせていただきながら協議をさせて頂いている」と述べたそうです。

前述の修正協議は「自民党」「公明党」「日本維新の会」「希望の党」の4党の実務者で行われました。争点になっているのは「高収入」の一部の「専門職」を労働時間の規制外に置く「高度プロフェッショナル制度」に関して「制度の適用後も労働者側の意向で撤回を可能とする」などの修正案で大筋合意しています。

一方で、立憲民主党など野党5党は「高度プロフェッショナル制度」の廃止を求めています。国民民主党の玉木雄一郎共同代表は「連合」との会合で同制度の削除を求めていく考えを示しました。同氏は「改めて政府に対しては高度プロフェッショナル人材の部分については法案からの削除」「これを改めて強く求めていきたい」とコメントしています。

働き方改革関連法案は多くの問題を孕んでいるものの大半は放置されたままです。政府・与党は5月23日(水)に事実上の強行採決に踏み切る模様。与野党の駆け引きは激しさを増す見通しです。マスコミ各社の世論調査によれば「反対」は7割程度で今後の動向次第で各政党の支持率に影響するかもしれません。
ブログランキング・にほんブログ村へ このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント
非公開コメント

No title

なんJ民によってyoutubeの中韓ヘイトチャンネルが次々と通報・削除され、「普通の日本人」界隈が阿鼻叫喚 - Togetter
https://togetter.com/li/1229279

今こんな事になってるらしい。誹謗中傷やヘイトスピーチを垂れ流してばかりのネトウヨアカを狙い撃ちするのはいいんだが、当のなんJ民も“目くそ鼻くそを笑う”の典型例な連中なのがねぇ。まぁ、やぶ蛇な事して、とばっちり食らうのも嫌だから、とりあえずは様子見するつもりだが、どうなる事やら。

2018-05-22 04:46 from ACE-MAN

トラックバック
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 立憲民主主義と日本国民の安全を考える有志のブログ All Rights Reserved.