FC2ブログ

【フェイクニュース】財務省「国の借金」の総額発表!2018年3月末の時点で1087兆8130億円!国民1人当たり約859万円? - 立憲民主主義と日本国民の安全を考える有志のブログ

【フェイクニュース】財務省「国の借金」の総額発表!2018年3月末の時点で1087兆8130億円!国民1人当たり約859万円?

constitutionalism_2018_05_12
■国の借金、1087兆円に増加 3月末、国民1人当たり859万円
https://www.nikkei.com/article/DGXLASFL10HOP_Q8A510C1000000/
日本経済新聞 経済・政治 2018/5/10 14:41


財務省は10日、国債や借入金、政府短期証券を合わせた「国の借金」の残高が3月末時点で1087兆8130億円になったと発表した。長期国債の残高増加が影響した。2017年12月末と比べ2兆593億円増え、過去最高を更新した。18年4月1日時点の総務省の人口推計(1億2653万人、概算値)で単純計算すると、国民1人当たり約859万円の借金を抱えていることになる。

Twitterの反応!







緊縮財政を進める「財務省」に騙されるな!


財務省は5月10日(木)に所謂「国の借金」の総額を発表しました。今年3月末時点で「国債」「借入金」「政府短期証券」を合わせた残高は「1087兆8130億円」に上るそうです。長期国債の残高増加の影響で昨年12月末と比べて2兆593億円増えて過去最高の数字を更新しました。総務省の発表した「人口推計」で単純計算すれば「国民1人当たり約859万円」「借金」を抱えている事になります。

内訳は次の通りです。国債は959兆1413億円で昨年12月末比で2兆8893億円増加。一時的な資金不足を穴埋めする政府短期証券は74兆6489億円で1兆1401億円減っています。只、既にご存知のようにこれは「国の借金」ではなく「政府の借金」です。

政府は銀行などを通して国債の購入を推奨しています。要するに「国民は政府に金を貸している状態」なのです。決算報告する際に「負債」だけを発表するのは異常です。正確に「資産」及び「収益」を併せて公表して初めて財政の健全性を示せます。個人的こうした表現は好まないもののこれは「フェイクニュース」の典型です。
ブログランキング・にほんブログ村へ このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント
非公開コメント

トラックバック
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 立憲民主主義と日本国民の安全を考える有志のブログ All Rights Reserved.