【要警戒】日本政府の「緊急対策案」に準拠!NTTグループ「海賊版サイト」の「ブロッキング」実施!行き着く先はグレートファイアーウォール? - 立憲民主主義と日本国民の安全を考える有志のブログ

【要警戒】日本政府の「緊急対策案」に準拠!NTTグループ「海賊版サイト」の「ブロッキング」実施!行き着く先はグレートファイアーウォール?

constitutionalism_2018_04_30
■NTTドコモなどが海賊版サイト遮断へ、NTTグループが“ブロッキング”実施を表明
https://internet.watch.impress.co.jp/docs/news/1118539.html
INTERNET Watch 永沢茂 2018年4月23日 17:01


日本電信電話株式会社(NTT)と同社グループでISP事業を展開するNTTコミュニケーションズ株式会社(NTT Com)、株式会社NTTドコモ、株式会社NTTぷららの4社は23日、海賊版サイトのブロッキングを実施すると発表した。

遮断対象となるサイトは、知的財産戦略本部・犯罪対策閣僚会議が13日にとりまとめた「インターネット上の海賊版サイトに対する緊急対策」において名指しされている「漫画村」「Anitube」「MioMio」の3サイト。サイトブロッキングに関する法制度が整備されるまでの短期的な緊急措置として、これら3サイトのブロッキングを行うこととし、準備が整い次第実施するとしている。

漫画村 通信の秘密 海賊版サイト遮断 NTT!



政府主導の自主規制に歯止めは?


NTT(日本電信電話)、NTTコミュニケーションズ、NTTドコモ、NTTぷららは4月23日(月)付で所謂「海賊版サイト」に対して「DNSブロッキング」の実施を発表しました。NTTグループは「海賊版サイトのブロッキングに関する法制度が整備されるまでの短期的な緊急措置」として「特に悪質なサイト」に限定してアクセス遮断に踏み切ったようです。また「日本政府において可及的速やかに法制度を整備して頂きたいと考えている」とコメントしています。

日本政府は4月13日(金)に「知的財産戦略本部・犯罪対策閣僚会議」「海賊版サイトの緊急対策案」を発表しています。同案は「漫画村」「AniTube!」「MioMio」の3サイトを名指しした上で「ISP業者などによるブロッキングを実施しえる環境を整備する必要がある」と訴えました。只、日本政府によるブロッキング要請は事実上の「検閲」に当たるもので各業界団体は反対声明を発表しています。

こうした問題に関して「特に悪質な海賊版サイト」に限定して「法制度が整備されるまでの間の臨時的かつ緊急的な措置」として「緊急避難の要件を満たす場合に違法性は阻却される」と説明しました。あくまで「自主規制」である事を建前に「違憲性」を回避しています。NTTグループはこの決定に受けて今回の処置に踏み切りました。他の事業者も業界最大手の同社に追随する可能性は高いと思われます。

尚、NTTドコモの吉沢和弘社長は4月27日(金)の決算会見で「既に閉鎖されているからといってブロッキングをしないという事はない」と述べました。対象の海賊版サイトは既に閉鎖(未確認)されているものの準備が整い次第ブロッキングを実施する意向です。一度広まった「自主規制」の流れは簡単に止まりません。政府主導のブロッキングの行き着く先は中国の「グレートファイアーウォール」です。
ブログランキング・にほんブログ村へ このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント
非公開コメント

トラックバック
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 立憲民主主義と日本国民の安全を考える有志のブログ All Rights Reserved.