fc2ブログ

【国民の敵】財務省「厚生年金」の「支給開始年齢」を「68歳」に引き上げる提案!国民年金に波及は確実?

政治・経済・時事問題
constitutionalism_2018_04_17
■ドサクサ紛れ年金支給68歳へ 財務省の姑息な痛み押しつけ
https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/227127
日刊ゲンダイDIGITAL 2018年4月13日


火事場詐欺という言葉がピッタリだ。森友問題で決裁文書の改ざんや口裏合わせ工作などが相次ぎ発覚し、信用が失墜している財務省。コトの重要性を反省し、少しは静かにしているかと思いきや、ドサクサ紛れの愚策を打ち出してきた。年金の支給開始を68歳に引き上げる提案だ。

Twitterの反応!







下流老人増加で「生活保護費」膨張の本末転倒!


先日「医療費・介護費の膨張を抑える制度の見直し案」を纏めた財務相の諮問機関「財政制度等審議会」「厚生年金」「支給開始年齢」「68歳」に引き上げる提案をしていた模様。厚生年金の支給開始年齢は既に2025年を目処に段階的に65歳に引き上げる事は決定しています。財務省は「少子高齢化による年金財政悪化に歯止めをかける」と説明しました。高齢化社会に備える為だと強調しています。

年金支給開始年齢は現在の60歳から段階的に引き上げる予定です。男性は2025年、女性は2030年までに65歳になる事はすでに決まっています。財務省は度々年金支給開始年齢の引き上げを訴えていたものの海外事例の紹介に留めてきました。少子高齢化による年金財政悪化による「給付水準低下」の形で将来世代は重い負担を強いられると指摘しています。

また、2035年以降に「団塊ジュニア世代」は65歳を迎える事を踏まえて「更に引き上げるべきだ」と主張しました。年金支給開始年齢は68歳と明記した上で「支給開始年齢の引き上げによる受給水準充実」のイメージ図を提示しています。しかし、具体的な数字は盛り込まれておらずどの程度「充実」なのかは未知数のようです。

所謂「人生100年時代」を迎えていく中でまずは厚生年金に着手したようです。間髪を入れずに「国民年金」に波及してくる事は想像に難しくありません。当然「国民の反発」は想定の範囲内。与野党の議席差を考えれば一度決った方向性はほぼ変えられません。国民はスルーせずに早い段階で反対の声を上げるべきです。

ブログランキング・にほんブログ村へ

記事タイトルとURLをコピーする
コメント
コメント投稿

トラックバック
  •  現代では考えられないこの不当な日本人拉致問題が解決することを心から期待する、【パームビーチ(米南部)=田島大志】安倍首相は17日午後(日本時間18日未明)、米フロリダ州パームビーチでトランプ米大統領と会談し、6月初旬までに予定される米朝首脳会談でトランプ氏が日本人拉致問題を取り上げることを約束した、に関連する最新のWeb情報を引用すると、
    国民の生活が第一は人づくりにあり
    2018/04/18 10:51
    パンくずリスト
  • ホーム
  • »
  • 政治・経済・時事問題
  • »
  • 【国民の敵】財務省「厚生年金」の「支給開始年齢」を「68歳」に引き上げる提案!国民年金に波及は確実?