FC2ブログ

【防衛省】最新鋭ステルス戦闘機「F35A」青森県三沢基地に配備!小野寺五典防衛相記念式典で長距離巡航ミサイル「JSM」に言及!

政治・経済・時事問題
constitutionalism_2018_03_05
■三沢基地でF35A配備式典 防衛相「大きな意義ある」
https://www.asahi.com/articles/ASL2S520SL2SUTFK00F.html
朝日新聞デジタル 相原亮 2018年2月24日 18時09分


航空自衛隊三沢基地(青森県三沢市)で24日、最新鋭戦闘機F35Aの配備記念式典が開かれた。出席した小野寺五典防衛相は「周辺国が航空戦力の近代化や増強を急速に進めているなか、F35Aの配備には極めて大きな意義がある」と述べた。

式典には日米両政府の関係者が出席した。小野寺氏は中国やロシア機に対する空自戦闘機の緊急発進(スクランブル)が頻発していることに触れ、「F35Aは高いステルス性を有する、世界で最も先進的な航空機だ」と強調した。

Twitterの反応!







なし崩し的な「攻撃兵器の保有」に要警戒!


航空自衛隊の最新鋭ステルス戦闘機「F35A」の配備を記念して2月24日(土)に青森県の「三沢基地」で式典が開催されました。出席した小野寺五典防衛相は「日本を取り巻く安全保障環境は戦後最も厳しいと言っても過言ではない」「配備の意義は極めて大きい」と述べています。弾道ミサイル発射を繰り返す北朝鮮、軍事力を増強させる中国及びロシアの動向に言及した上でF35Aの早期戦力化に向けて隊員らを激励したようです。

また、小野寺五典防衛相は検討している「長距離巡航ミサイル」に関して「F35のステルス性と長射程のJSM(統合打撃ミサイル)を組み合わせれば敵の脅威圏外から迎撃でき自衛隊員の安全をこれまでより確実に確保した任務遂行が可能となる」とコメントしました。長距離巡航ミサイル「JSM」の射程距離は約500キロの長距離で同ステルス戦闘機に搭載して地上の目標を破壊する事を可能にします。

防空態勢の強化に万全を期す事は賛成です。しかし「専守防衛」の観点で見れば「攻撃兵器の保有」は疑問に感じます。国会では賛否両論の議論になっているもののなし崩し的に日本は「軍事国家化」に邁進しています。

ブログランキング・にほんブログ村へ
記事タイトルとURLをコピーする
コメント
コメント投稿

トラックバック
    パンくずリスト
  • ホーム
  • »
  • 政治・経済・時事問題
  • »
  • 【防衛省】最新鋭ステルス戦闘機「F35A」青森県三沢基地に配備!小野寺五典防衛相記念式典で長距離巡航ミサイル「JSM」に言及!