【出版大不況】出版物の総売上約1兆3700億円!ピーク時の52%!ユーザーは「電子版」に移行で「漫画単行本」の売上激減! - 立憲民主主義と日本国民の安全を考える有志のブログ

【出版大不況】出版物の総売上約1兆3700億円!ピーク時の52%!ユーザーは「電子版」に移行で「漫画単行本」の売上激減!

constitutionalism_2017_12_29
■漫画単行本:売り上げ激減 出版物市場規模ピークから半減
https://mainichi.jp/articles/20171225/k00/00e/040/167000c
毎日新聞 2017年12月25日 11時01分(最終更新12月25日16時07分)


出版界を支えてきた紙の漫画単行本の売り上げが、前年比約12%減とかつてないほど落ち込んでいることが25日、出版科学研究所(東京)の調査で分かった。書籍と雑誌を合わせた今年の紙の出版物推定販売金額は約1兆3700億円となり、市場規模はピークだった1996年の約52%まで縮小する見通し。出版不況は深刻さを増している。

調査は、出版物の1~11月の販売実績(電子出版を除く)を基に、通年の推定金額を予測したもの。雑誌(漫画単行本を含む)は前年比約10%減の約6600億円、書籍は前年比約3%減の約7150億円になるとみられる。雑誌は20年連続の前年割れ。(共同)

Twitterの反応!







小売店・取次・印刷所は戦々恐々?


メールで頂いた情報。全国出版協会の実践機関「出版科学研究所」の調査によれば出版業界を支えてきた「紙媒体」「漫画単行本」の売り上げは前年比約12%減少した模様。書籍・雑誌を合わせた今年の紙の出版物推定販売金額は約1兆3700億円、市場規模はピークだった1996年の約52%まで縮小する見通しです。これは前例にない落ち込みで出版不況は深刻さを増しています。

この調査は「電子版」を除いた出版物の2017年1月~11月の販売実績を基に「通年の推定金額」を予測したものです。漫画単行本を含めた雑誌は前年比の約10%減少で約6600億円、書籍は前年比の約3%減少で約7150億円、雑誌は20年連続で前年割れを更新しているそうです。

雑誌は少年・少女コミック誌の落ち幅が大きく「若い世代」のコミック誌離れは顕著、長年人気を保っていた作品の完結、新たなヒット作の不足、電子版の利用者増加、総合的に「紙媒体」の売り上げ激減に繋がっています。コミック雑誌離れは「単行本」の不振に拍車を掛ける。結果的に「漫画市場全体」の冷え込みに繋がる恐れがあります。

前筆の調査は「出版業界の調査」なので電子版を含めないのは正しいです。あらゆる出版物は将来的に「電子出版」に移行します。おそらく「出版社」「表現者」「ユーザー」にそこまで影響はない筈です。深刻なのは「小売店」「取次」「印刷所」です。ゆくゆくは消えて無くなる運命にあります。個人的に漫画はアナログが好きなので複雑な気分・・・。
ブログランキング・にほんブログ村へ このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント
非公開コメント

加計・森友学園疑惑 首相の不誠実際立つ一年だった
https://www.ehime-np.co.jp/article/news201712290007
愛媛新聞

2017-12-29 19:17 from 12434 | Edit

No title

>紙書籍の利点
・作者も読者も無視して勝手に自主規制。
を加えたいですね。

土下座の速度は紙が青銅なら電子は黄金。
あと出版業界はいつになったら規制反対運動するんだよ。有志の一人が先日引退を宣言しましたが。
あと創作者をクール(凍死)ジャパンさせる。クズ編集者を一掃しろ。公務員の「民間ならとっくにクビだぞ!」並に「出版業界でなかったらクビだぞ!」な馬鹿が多過ぎる。

2017-12-29 22:56 from ネットマスゴミ | Edit

トラックバック
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 立憲民主主義と日本国民の安全を考える有志のブログ All Rights Reserved.