【厚生労働省】医療費増税!国民健康保険の負担上限を「4万円」引き上げる方針!低中所得層に大打撃? - 立憲民主主義と日本国民の安全を考える有志のブログ

【厚生労働省】医療費増税!国民健康保険の負担上限を「4万円」引き上げる方針!低中所得層に大打撃?

■国保料上限4万円上げ=高所得者の負担増-厚労省
https://www.jiji.com/jc/article?k=2017112500361&g=eco
時事ドットコム 2017/11/25-19:39


厚生労働省は2018年度、自営業者らが加入する国民健康保険の保険料について、年間上限額を4万円引き上げ、現行の73万円から77万円に見直す方針を固めた。引き上げは2年ぶり。医療費の高騰を受け、各市町村は毎年保険料を引き上げている。年間上限額を高く設定することで、高所得者の保険料負担を増やし、中所得層の負担増を一定程度抑える狙いがある。

Twitterの反応!







国民健康保険の財政運営「都道府県化」で「保険料は1.3倍試算?


厚生労働省は2018年度に「自営業者」等の加入する「国民健康保険」「保険料」に関して「年間上限額」を2年ぶりに「4万円」引き上げる方針を固めました。現行の73万円から77万円に見直します。年間上限額を高く設定する事で「高所得者の保険料負担」を増やして「中所得層の負担増」を一定程度抑える狙いがあるようです。

安倍政権の巧妙なのは「高額所得者限定」「見せ掛けている事」です。対象者を絞ったように誤魔化して批判を回避する狙いがあるのです。今回は「上限を増やすだけだ」と報じられました。しかし「上限を拡大した状態」にしておく事で将来的に「対象年収を引き下げる布石」になっています。

医療費の高騰を受けて各市町村は毎年保険料を引き上げています。日本共産党・河野ゆりえ‏都議の仰るように来年4月に国民健康保険の財政運営は各都道府県が主体になります。保険料は1人当たり1.3倍になる試算「低所得層」は1.2倍~1.7倍の自治体もあります。負担増を抑える独自の財政負担の拡充は欠かせません。しかし「高過ぎる保険料」は「生存権」を脅かしかねません。
ブログランキング・にほんブログ村へ このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント
非公開コメント

トラックバック
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 立憲民主主義と日本国民の安全を考える有志のブログ All Rights Reserved.