fc2ブログ

【表現規制】千葉市長・熊谷俊人の提案?イオン株式会社「グループ傘下の全国7000店舗」で「成人向け雑誌」の販売中止を決定!ミニストップは先駆けて実施!

表現規制ニュース
constitutionalism_2017_11_24
■ミニストップ、成人誌取り扱い中止へ「やめて」の声で
http://www.asahi.com/articles/ASKCP3TNFKCPULFA005.html
朝日新聞デジタル 2017年11月21日 12時08分


イオングループのコンビニ「ミニストップ」(千葉市)は21日、成人向け雑誌の取り扱いをやめると発表した。12月1日から千葉市内の43店でとりやめ、来年1月1日から全国の約2200店に広げる。買った総菜を自宅で食べる「中食」市場の拡大などで、コンビニを訪れる女性が増えている。顧客に不快感を与えるケースがあるとして成人誌の取り扱いをやめることにした。

■成人誌販売中止、イオン系7000店で 未来屋書店も
http://www.asahi.com/articles/ASKCP77QCKCPULFA03L.html
朝日新聞デジタル 高橋克典 2017年11月21日 23時51分


イオングループのコンビニ「ミニストップ」は21日、18歳未満への販売が禁止されている成人向け雑誌を、来年1月から全国すべての約2200店で販売中止にすると発表した。女性や家族連れからの苦情に対応する。イオンはミニストップを含むグループの計約7千店すべてで、来年1月から成人誌の取り扱いをやめる方針も明らかにした。

イオンはミニストップのほか、総合スーパーや食品スーパー、ドラッグストア、ショッピングモールなどにある「未来屋書店」などを持つ。これらの店で販売を中止し、モールなどにテナントで入る他社の書店での取り扱いは「今後検討する」(広報)という。

Twitterの反応!







イオン株式会社の対応にインターネット上は賛否両論!


イオン株式会社は11月21日(月)に「成人向け雑誌」の販売を中止する方針を決めました。書店を含めたイオングループの「全国7000店舗」で来年1月に販売を中止する模様。これは「女性や子どもが安心して店舗を訪れる」ように配慮した結果だそうです。大手コンビニ各社は対応を模索していて「全国」に波及するのは確実です。以下長文注意です。

千葉市は今年2月に市内の一部のコンビニで陳列棚の成人誌に「不透明なフィルム」を巻いて表紙の一部を隠す取り組みを試験的に行う方針を発表しました。しかし、作業負担の大きさや売り上げが減る事への懸念を示すコンビニ側との協議は難航。千葉市はこの巻く取り組みを断念しています。

ミニストップによれば「女性客」「家族連れ」から「子どもに見える」等のクレームが寄せられ取り扱い中止を検討していました。今年5月に店舗に陳列する成人向け雑誌に「カバー」を掛ける対策を講じるように「千葉市に要請」を受けたのを機に販売中止を決定したようです。

ミニストップの藤本明裕社長は千葉市の熊谷俊人市長と千葉市役所で同日記者会見を行っています。藤本明裕氏は「社会インフラであるコンビニの使命として誰でも安心して使える店作りをする」と説明しました。熊谷俊人氏は「これを契機に青少年や女性が快適に過ごせる取り組みが広がってほしい」と述べています。

千葉市は先駆けて実施!


傘下の「各スーパー」や書店チェーン「未来屋書店(千葉市)」の他に「インターネット販売」も中止するそうです。同じく傘下のコンビニ「ミニストップ」は今年12月に「千葉市内の店舗」で先駆けて試験的に実施。将来的に全国2245店舗で販売を中止するとの事です。

販売中止の対象は?


販売中止の対象は「各都道府県の条例で18歳未満への販売を禁止した雑誌類」及び「類似する雑誌類」で非常に広範囲です。また、成人向け雑誌とは別に過激な性表現の含まれる「レディースコミック」等の漫画誌については今後槍玉に挙げられる可能性がある事は想定しておかなければなりません。

イオン株式会社に「抗議」を!


当然「成人向け雑誌を見たくない人の権利」は保障されるべきです。しかし、コンビニは百歩譲って理解できるとして「グループ傘下の書店」「テナントで入る他社の書店」「インターネット販売」まで自主規制は明らかに行き過ぎです。これに関しては「イオン株式会社」「抗議」する必要があります。不買運動していいレベルです。

【情報募集中】販売中止はイオン株式会社の自主規制?


雑誌書籍類の売り上げに占める成人誌の割合は5%程度。女性客等の集客アップを期待して今回の対応に至ったのは想像に難しくありません。千葉市の要請はあくまでカバーによる「ゾーニング」で販売中止は「イオン株式会社の自主規制」です。この点は不確定なので情報募集中です。

【情報募集中】規制派の「政治活動」説?


規制派による「組織的な政治活動」の可能性を指摘する声もあります。此方は現時点で「陰謀論」の域を出ません。同じく情報募集中です。

コンビニは雑誌書籍類の販売を止めたがっていた?


管理人は書店員時代に「コンビニは雑誌書籍類の販売を止めたがっている」との話を聞きました。売り上げは年々減少していて返本率は50%を超えています。ミニストップに限らず千葉市長の要請は切っ掛けのひとつで実状は成人向け雑誌だけでなく「雑誌書籍全般」の取り扱いを止めたいコンビには多いようです。

東京五輪を口実にした「大規模な表現規制」の第一歩!


今回の件は「一般的な小売店」で成人向け雑誌を置くのは諸外国では珍しく「訪日客」の多くなる「東京五輪」を前に対応が必要と判断した結果です。イオン株式会社はグループ全体で「東京五輪」を建前に持ち出しています。五輪招致決定の段階で危惧していた最悪のパターンです。これは「東京五輪を口実にした大規模な表現規制」の第一歩です。表現規制反対派は「事の重大性」を理解しなければなりません。

自称「表現の自由を重視する政治思想」熊谷俊人の軽慮浅謀!


千葉市長・熊谷俊人は「表現の自由を重視する政治思想」を自称しています。しかし、行政として規制を要請したのは千葉市です。共同会見までして「企業側の自主規制」は通りません。軽慮浅謀な千葉市長を端緒に「自主規制に見せ掛けた表現規制」は間違いなく全国に波及します。

本丸は流通の中心地!


嘗て「非実在青少年」で表現規制に関心を持った人はご存知のように東京都は「流通の中心地」です。本丸は五輪開催地の「東京都」で間違いありません。この危機的状況で肝心の「東京都議会」の最大会派は素人集団で小池百合子の傀儡です。求心力低下で「失地挽回のパフォーマンス」を必要としている同氏は表現規制に食い付くと思います。

表現規制を求める者達は「自分達の気に入らない表現」を駆逐するまで止まりません。一度要求が通った以上「顧客を自称する規制派」は同じ手口で更なる規制強化を要求してくるのは確実です。だからこそ「安易な自主規制」は最悪の結果を招くのです。表現規制派がこの機を逃す筈はありません。

現状打開は「出版業界」の「やる気」次第!


企業側の自主規制は流石の山田太郎氏も打つ手はありません。状況は最悪です。東京都が陥落した時点で事実上「法規制」と大差はありません。表現規制反対派の敗北は確定です。現状を打開する策はあります。只、この期に及んで「出版業界」が悠長に構えてるようでは話になりません。すべては彼等の「やる気」次第です。

ブログランキング・にほんブログ村へ

記事タイトルとURLをコピーする
コメント
コメント投稿

トラックバック
    パンくずリスト
  • ホーム
  • »
  • 表現規制ニュース
  • »
  • 【表現規制】千葉市長・熊谷俊人の提案?イオン株式会社「グループ傘下の全国7000店舗」で「成人向け雑誌」の販売中止を決定!ミニストップは先駆けて実施!