FC2ブログ

表現の自由のみではダメみたいです - 立憲民主主義と日本国民の安全を考える有志のブログ

表現の自由のみではダメみたいです

「表現の自由」ではなく、個人的法益としての「児童の人権」

転記開始。
この活動の最大のポイントは、 「表現の自由を使うな。児童の人権を使え」 ですね。
漫画ファンの人からすれば、奇妙なロジックと思われるかもしれませんが、元々児童買春・児童ポルノ禁止法は、虐待児童の人権を保護する為に設立された法律であり、「表現の自由」なんて無関係な法律なんですよ。
最大に取り締まるべきはポルノではないんです。
ポルノの制作過程、つまり性的虐待です。
性的虐待を取り締まるのに、何で表現の自由が関係してくるんです?児童ポルノの販売は、虐待者に資金を提供し、それを援助する行為だから禁止されているのですよ。

児童買春・児童ポルノ禁止法は、虐待児童の人権擁護を目的とする個人法益保護法です。
もし、この法律が猥褻物取締法のような、社会法益保護法なら、ガチンコでぶつかるのは「表現の自由」ですけれど。

所謂、規制推進派の人達は、ここを意図的にスライドさせてるんですね。
社会法益保護法とする為にです。
ですから、推進派が「表現の自由との兼ね合いが……」とか言い出したら、反対派の人は、「表現の自由は大切だ!」と叫ぶべきではないのです。
表現の自由を持ち出した段階で、この法律は社会法益保護法であると、追認してしまう事態になるからです。
つまり、最初から相手の土俵で戦う羽目になってしまうのです。

「何故、表現の自由などを持ち出すのだ? この法律は個人法益保護法だ」 と、突っ込んでやるべきなんです。

上述のロジックを使うと、良い事が幾つもあります。
世間の同意を得やすいですし(オタクワールドにずっぽりだとなかなか自覚できないかもですが)、奥村弁護士のような、真面目な専門家の方が繰り返し指摘しているのもこの問題であり、つまり、そのロジックも使えます。
警察の統計が無茶苦茶である原因も、ここにあります。社会法益保護法だと、虐待児童が「被害者」としてカウントされないんですね。

故に救済策も不十分です。
だから、推進派をまっとうに批判できます。
「法益議論を無視するという事は、肝心の犠牲者などどうでも良いのだな」と。

そして、ここからが重要なんですけれど、「人権」は誰にでも付与されている平等な法的概念であり、児童の人権も重要ですが、小児性愛者やオタクにも当然人権はあります。
人権の反対語は「差別」です。
ですから、人権を錦の御旗とするなら、児童にも小児性愛者に対しても差別をしてはなりません。
良くある、「キモオタは死んで当然」とか言う煽り文も、涼しい顔で受け流せます。
当然です。
この文は、単にオタクへの差別意識を表明しただけであり、人権を重視する人がそんなのに乗ってはなりません。

単純所持規制は、「小児性愛者は何もしていなくても逮捕・強制捜査の対象とするべき」というものですが、この底辺には小児性愛者やオタクに対する差別意識がある疑いが濃厚です。
その小児性愛者がネットで児童ポルノをばらまくとかいうまねをしたなら別ですが、本当に「何もしていない」のに捜査の対象にしろと言うのは差別でしょう。
大体、所持しているからと言って、小児性愛者とは限りません。
ニコニコ動画にある、「妹のオナニーシーン」とか言う釣り動画に引っかかるのは全員が重度のロリコンですか? 私には、単なる興味本位で引っかかる人が多数を占めてるように思えるんですが。
そもそも、どうやって捜査するつもりなんですかね。
もしかしてなんですか? 何もしていないただのエロ漫画コレクターに適当な目星をつけて、自宅に踏み込むつもりですかね。

それはプライバシー権の侵害でしかありません。
「適当な目星」をつけられるのは差別意識があるからであり、それを正当化できるのは、差別理論だけですよ。

虐待被害者の言う「この世のどこかに私のビデオがあるかも……」という告白は、実に痛々しいんですが、しかしこれは「悪魔の証明」です。
存在しない事を証明する事は、残念ながら不可能です。
日本中の自宅に強制捜査かけにゃなりません。
単純所持を規制しても、彼女が恐怖から逃れる事はできないでしょう。
従って、彼女に最も必要なのは、規制ではなく、心身のケアです。
また、奥村弁護士じゃないですが、規制をかけるとしても、購入・譲渡の禁止が先決です。
なんか勘違いしている人がいますが、この世には「耐久力無限大」のメディアなんてありませんよ。
どんなメディアでも、10年もすれば劣化して使用不能となる場合がほとんどです。
コピーされたらどうすんだと言われそうですが、ならば、「製造」を禁止すればいいでしょう。
尤も、繰り返しダビングするような重度の小児性愛者は、絶対に交換や購入でコレクションの増大をねらうだろうから、購入や譲渡の厳罰化で確実に引っかかると思いますね。
コレクションをちっとも増やそうとしない人がいるとしたら、……その人は小児性愛者ではない可能性が大です。
ニコ動の釣りに引っかかる人よろしく、興味本位で手を出したけれど、つまらなくてすぐに放り出してしまった人か、18歳と標榜する17歳の裏ビデオを買ってしまった人じゃないですか。
そんな人までロリコンのレッテル張りをして法律で打ち倒せと言うんですかね。


もし「何故、児童の人権重視を標榜するのに、小児性愛者やキモオタの人権を重視するのだ?」という突っ込みが入ったら、こう答えればよいでしょう。
「児童の中にだって、小児性愛者や、キモオタがいるから」と。
確かに、児童はエロ本の購読を禁止されてますが、「子どもはいつか大人になる」んですよ。故に、エロ本に対する攻撃は、その子の未来の楽しみと自由を奪う事になります。
児童の中にだって、小児性愛者予備軍は、間違いなくいますよ。
8歳にハアハアしている16歳とか。
あの性癖は、エロ本の副産物じゃないんです。
ずーっと前からあるんですから。
従って、小児性愛者を徹底的に差別しろと言う主張は、その子を徹底的に差別するという事であり、児童への人権侵害です。

何故推進派や教育関係者の類が、この当たり前の事実に気づかないのかというと、彼らは、「子どもは大人になる」という当然の事を理解してない場合が多く、この点で小児性愛者とよく似た傾向を示します。
そして、彼らが「児童」といった場合、ただの児童じゃないんです。
「良い子」のことなんですよ。
キモオタ予備軍のような「悪い子」はどうでも構わないと考えてる場合がほとんどなのです。
この点も、「エンジェル」とやらにハァハァしている小児性愛者とそっくりです。
実際、彼らの多くは、児童の人権なんて、真面目に考えてる節がありません。
結論を言うなら、推進派の理論的土台となっているのは、単なる差別意識です。
ですから、差別に対しての反対語である、人権をぶつけるのが、最も効果的です。

以上のような理由から、「表現の自由」だと、単純所持規制にまず対抗困難なんですが、「児童の人権」だと対抗可能だと思いますよ。

スローガンを掲げるなら、「表現の自由」ではなく、「未来のオタクを守れ」(児童の人権を守れ)とか、いくらでも考えられるのではないですか。
今、やりたい放題やられたら、本当に「未来のオタク達」(児童)に未来はありませんよ。
理論武装追補。

「どうして、小児性愛者を差別したら駄目なのか?」という問題で、重要な理由を書きます。
それは、児童に危害を加えるような重度の小児性犯罪者は、中学~高校時代の頃から、既に小児性愛者である場合がほとんどだからです。
彼らはほぼ全員、精神的な疾患を抱えており、早期のケアが必要です。
ですが、社会に差別意識が蔓延していると、「恥ずかしい」という理由から本人はおろか家族までもが隠蔽しようとし、治療を拒絶するようになるのです。
これはメンタルケアに関わる人が必ず直面する、よく知られた問題です。
その結果、本人は状態を悪化させつつ成長して大人となり、やがては破滅的な事態を招くのです。
つまり、小児性愛者に対する差別意識は、さらなる犠牲者を生み出す結果しかもたらしません。
故に、これ以上の差別を助長するような法案には、厳に反対すべきです。

転記終わり。

さすがに長すぎるので一部抜粋。
「表現の自由」も忘れてはいけませんが、上記リンク先は必読です。
信じられない話ですけが、
国会議員でもこの法律が「実在の児童のためのもの」だと理解してる人は少ないようだ。
児ポ法改悪に僅かでも疑問を持ってる人は是非読んでください。
国会議員に意見を送る時にこれらを参考にするといいですね。
コレを読むと、ますます与野党の改正案、特に与党案がムチャクチャか分かりますよね。
例の「創作物と性犯罪の関係性調査」の部分です。

一部自民党議員とか公明党が、いかに、この法律を利用して自分達の気に入らない表現を潰そうとしてるか分かると思います。

あと、ちょっと口が悪くなりますけど。
特にね「ロリコン必死w」とか単なる「オタク規制」なんて思い込んで改悪煽ってるバカな人は読んでくださいね。
コレを読んでもこの法改正の危険性が理解できないなら救いようがないですよ。


>もしかしてなんですか?
>何もしていないただのエロ漫画コレクターに適当な目星をつけて、自宅に踏み込むつもりですかね。

↑警察が法改正に絡んでるいじょう、こんなことが実際に起こる確立は極めて高いと思いますよ。


……さてと、議員用のメール少し書き直さないと。
ブログランキング・にほんブログ村へ このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント
非公開コメント

No title

こんにちは。
処罰の対象は、内心における性愛(社会的法益)ではなくて、外形的な行為として実現された虐待(個人法益)であるべきだというのは賛成です。
ただ、急進的な規制派は、いちおうそういうことは知っていて、「18歳未満の児童を性の対象とするところの児童性愛者」を、「潜在的な」加害者と位置づけることで、あくまでも人権擁護(被害者救済)のための法案であるというタテマエを崩してはいないと思います
もちろん、そのような処罰の早期化傾向は、「内心の自由」を損なうもので、日記に書かれていた「危険思想」を理由として「危険分子」を検挙した治安維持法の間違いを繰り返すものといわざるを得ないわけですけど。
(じつは、「子どもを性の対象にする」という言い方にも問題があって、具体的に「性的虐待の対象」と言われるべきものですね。それから「対象」というと、なにか受動的な被害者みたいですけど、援助交際の常習者のような協力者・共犯者が含まれていることも忘れるべきではないかと)

2009-04-18 07:11 from civilliberties

No title

civillibertiesさん。
「内心の自由」なんて考えてもいないでしょうねぇ。
日本の議員連中は。
また、創作物潰しのキッカケにするため、その「潜在的な」部分を、捏造して立証したように見せるために、与党案の「創作物と性犯罪の関係性調査」があるんだと思います。
いずれにしても、なんかうまく反対していく手はないもんですかね?。
個人だとできる事も限られてるので。

2009-04-18 14:44 from 水無月(管理人)

もうひとつ有効な策

コメント致します。
この記事では「児童の人権」を挙げていましたが、もうひとつ有効な策があります。それは、男性の人権です。
私のブログに「肉食女子」の記事を書いたのですが、そのせいで草食男子が増えて、さらにこの法律を使って男子から欲を取り上げ、更に窮地に追い詰めているということ。分かり易く言うと「男子浄化法」です。(共産主義者が使う民族浄化作戦と同じ)
ここを強調すれば、草食男子を味方に付けられるのでかなり有利になると思います。

2009-04-19 02:09 from mikan3rd

それでもボクは児童ポルノ禁止法に違反していない!

なんて例が出るのが100%明らかだから一時期冤罪でこの改悪案は反対されていた訳で、私は今でもそれだけで改悪案の反論たりえると確信しているにもかかわらず、それでもアグネス氏は改悪案程度など最低でも必要だ、と言っているそうな。
「それでもボクはやってない」をやっと見た。
http://t-m-lawyer.cocolog-nifty.com/blog/2008/03/post_604c.html
アグネス暴論「捕まっても裁判がある」
http://d.hatena.ne.jp/mechapedon_abatamo/20090114
それで納得してしまう立法・司法の関係者は現実社会を知らない良い生活をしてしている人たちなのだなぁと思うのであります。毎日を必死に生きている人から見れば、冤罪の疑いがかけられただけで自殺するだけの理由になるのが現実の社会というものであり、現にそういう例が単純所持を禁止している国の調査でたくさんの自殺者が出ていることからもわかるし、家庭が崩壊するなんて例なんか単純所持禁止の国では常識なんですけど、
フリードマン事件
http://mwjp.s48.xrea.com/kazuko/archives/2004/08/capturing_the_friedmans.html
調査報告:米ドラマ「SNAP DECISION」に見る、児童ポルノ法による冤罪の恐怖
http://icc-japan.blogspot.com/2007/12/snap-decision_14.html
「単純所持禁止」を制定した諸外国では冤罪被害者による自殺も起きているが、その点はどうするのか?
http://www7.atwiki.jp/epolitics/m/pages/264.html?guid=on

2009-04-19 08:09 from one_christian1961

No title

one_christian1961さん。
アグネスの「捕まっても裁判がある」発言は見ましたよ。
これには相当腹が立った。
仰るとおりで、ユニセフも議員連中も現実社会なんて知りませんよ。
私達には裁判をするお金も大金ですよ、最低でも100万くらい掛かると言われていますしね。

2009-04-19 12:22 from 水無月(管理人)

No title

mikan3rdさん。
なるほど男性の人権ですか。
反対意見送るさいに参考にします、ありがとうございました。
あと児ポ法とは全く関係ない話なんですけど。
○○系男子(女子)とかいうのを最近よく聞きますけど。
「いちいちカテゴリー分けするんじゃねぇ」って思うの私だけでしょうかね?。
おかしな言葉がはやったものですね。

2009-04-19 12:38 from 水無月(管理人)

トラックバック
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 立憲民主主義と日本国民の安全を考える有志のブログ All Rights Reserved.