【税金泥棒】野党、実質審議を要求 政府・自民応じぬ方針 国会 - 立憲民主主義と日本国民の安全を考える有志のブログ

【税金泥棒】野党、実質審議を要求 政府・自民応じぬ方針 国会

■野党、実質審議を要求 政府・自民応じぬ方針 国会
http://www.asahi.com/articles/DA3S13198401.html
朝日新聞デジタル 2017年10月26日 05時00分


衆院選後初めて各会派の代表者が集う各派協議会が25日、国会内で開かれた。立憲民主党、希望の党、共産党は、特別国会か臨時国会で安倍晋三首相による所信表明演説や代表質問など実質審議を行うよう要求したが、政府・自民党は外交日程などを理由に応じない方針。首相がいう「謙虚な姿勢」が問われそうだ。

■特別国会会期「8日間」で調整へ
https://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00374500.html
FNNニュース 2017/10/25 19:44


自民・公明両党の幹事長らが25日、都内で会談し、衆議院選挙を受けて、11月1日に召集する特別国会の会期を、8日間とする方向で、野党と調整することを確認した。自民・公明両党の幹事長・国対委員長は会談で、特別国会を11月1日に召集し、首相指名を行う方針を確認した。会期の幅については、8日までとする方向で、野党と調整することを確認したが、関係者によると、野党が安倍首相の所信表明と代表質問を求めた場合、必要な法案の成立を条件に、会期を長めに設定する案も検討されているという。

Twitterの反応!







安倍晋三逃亡疑惑 国会休会で国民の「心理的な負担」は軽減?


自公両党の幹事長・国会対策委員長は都内で会談。衆議院選挙後に「総理大臣指名選挙」等を行う「特別国会」を来月11月1日(水)に召集する方向で野党側に打診する模様。期間は11月8日(水)までの8日間。米国のドナルド・トランプ大統領の来日など「外交日程」を考慮すれば実際は3日~4日程度になる見通しです。

公明党の井上義久幹事長は「台風21号による被害も出ていて補正予算案を組む必要がある」と述べました。これに対して自民党の二階俊博幹事長も「その通りだ」と応じています。今年度の補正予算案を来年の通常国会の冒頭に提出する事を検討しているようです。

野党側は特別国会の延長を要請しています。政府・与党は外交日程を理由に「物理的に無理」として「臨時国会」の開催を拒否。安倍晋三は11月10日(金)に「APEC(アジア太平洋経済協力会議)首脳会議」等に出席する予定です。仮に臨時国会を開くとなれば総理大臣不在になります。

12月は「来年度予算編成」及び「税制改正」を控えていて今年の残り時間は11月しかありません。政府・与党は年内の「安倍総理大臣所信表明演説」「与野党の代表質問」「予算委員会質疑」等の実質的な国会審議に関して野党側の出方を見極めて判断する方針を確認しました。臨時国家の開催を巡って与野党の駆け引きが続いています。

鳩山由紀夫氏の仰るように仮に7カ月も国家を休むのであれば前代未聞です。一部報道によれば所謂「モリカケ問題」の追求を恐れる安倍晋三は来年1月まで国会を開かずに逃げる算段をしている模様。これでは「税金泥棒」と批判されるのは当然です。しかし、一方で「余計な法案」を警戒せずに済むので国民の心理的な負担は減る複雑な状況です。
ブログランキング・にほんブログ村へ このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント
非公開コメント

安倍首相、質疑時間の配分見直し指示=自民「魔の3回生」が拡大要望
https://www.google.co.jp/amp/s/www.jiji.com/jc/amp%3fk=2017102700936

どこの国民が与党議員を活躍させて安倍総理をもっとヨイショしろなんて言ったんでしょうか
そんなことのために自民党に投票したわけじゃないでしょう
議席数に応じた時間配分とか、ひたすら自民党を褒め称えるだけの国会になってそれこそ税金の無駄でしょうが

2017-10-28 08:12 from ※1 | Edit

>※1様

質疑の時間配分の「与党2割、野党8割」というは、旧民主党政権から始まったらしいですね。リンク先にも書いてあります。自民党だって野党時代には、ありがたい時間配分だったことにまちがいありません。
自民党には「野党だったときを思い出して、謙虚な態度を保持なければいけない」と主張する方は多いでしょうけど、どうやら大嘘らしいですね。

2017-10-28 10:11 from 12434 | Edit

トラックバック
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 立憲民主主義と日本国民の安全を考える有志のブログ All Rights Reserved.