【野党再々編に一歩前進】民進党籍無所属:岡田氏ら13人が新会派届け出 - 立憲民主主義と日本国民の安全を考える有志のブログ

【野党再々編に一歩前進】民進党籍無所属:岡田氏ら13人が新会派届け出

■民進党籍無所属:岡田氏ら13人が新会派届け出
https://mainichi.jp/senkyo/articles/20171026/k00/00e/010/285000c
毎日新聞 2017年10月26日 13時56分(最終更新10月26日14時35分)


「無所属の会」を衆院事務局に

衆院選に無所属で当選した岡田克也元副総理ら民進党系の衆院議員13人が26日午後、衆院の新会派「無所属の会」を衆院事務局に届け出た。

届け出に当たった福田昭夫氏は記者団に「(会派をつくらず)無所属のままでは、きちんとした国会活動ができず、政府をチェックする役目を果たせない」と記者団に説明。立憲民主党や希望の党との統一会派については「特別国会は無理だが、いずれ検討せざるを得ない」と述べた。

岡田氏や野田佳彦前首相らは25日、国会内で会合を開き、新会派を結成することで一致。岡田、野田両氏を含め衆院議員10人が賛同したほか、菊田真紀子ら3氏が加わった。(共同)

民進党は3分裂のまま国会へ「無所属の会」結成へ(17/10/26)!



民進党・岡田克也氏主導「無所属の会」結成!


民進党に籍を残したまま衆議院選挙で「無所属」で当選した岡田克也氏ら13人は10月26日(木)付で衆議院に新会派「無所属の会」を届け出ました。無所属の会は民進党を分裂した「立憲民主党」及び「希望の党」の連携の「つなぎ役」を担う方針です。チャーターメンバー以外の無所属の当選議員に関しては「合流」を拒まないそうです。同時に「希望の党から立憲民主党に移りたい議員」の一時的な「受け皿」の役割を担う狙いがあるようです。

無所属の会・福田昭夫氏は「希望の党でも今から離党したいという人がいるみたいだ」「そうした人がいきなり立憲民主党に入れる事はできないだろうから無所属の会なら入る事も可能だろう」と述べました。現時点で13議席している同会は「日本共産党」を超えて野党第三会派となる見通しです。

無所属の会所属の衆院議員13人は次の通りです(敬称略)。岡田克也(三重3区)。野田佳彦(千葉4区)。江田憲司(神奈川8区)。安住淳(宮城5区)。原口一博(佐賀1区)。平野博文(大阪11区)。福田昭夫(栃木2区)。中川正春(三重2区)。黒岩宇洋(新潟3区)。広田一(高知2区)。菊田真紀子(新潟4区)。金子恵美(福島1区)。新党結成に言及していた篠原孝氏はココに落ち着いた模様・・・。

無所属のままで出来る国会活動は限られています。政府・与党に対峙する為に会派結成は必須。立憲民主党・希望の党・無所属の会の「統一会派」に関しては「特別国会」には間に合わないものの「いずれ検討せざるを得ない」と含みを持たせました。駆け引きを熟知したベテラン議員の集まりなので「つなぎ役」には最適です。言葉の通り役割を果たせるのであれば彼等の存在は重要になってくる筈です。
ブログランキング・にほんブログ村へ このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント
非公開コメント

トラックバック
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 立憲民主主義と日本国民の安全を考える有志のブログ All Rights Reserved.