fc2ブログ

【朝日新聞世論調査】比例区投票先「野党一位」は立憲民主党!希望の党は大苦戦!若者の約4割は「自民党」を支持?

政治・経済・時事問題
■比例投票先、立憲伸び13% 希望11% 朝日世論調査
http://www.asahi.com/articles/ASKBL3V1XKBLUZPS001.html
朝日新聞デジタル 2017年10月18日22時29分


朝日新聞社は17、18日、衆院選に向けた世論調査(電話)を実施した。比例区投票先を政党名を挙げて聞くと、自民党が34%(3、4日実施の前回調査は35%)と堅調。立憲民主党が13%(同7%)に伸び、希望の党11%(同12%)を上回った。公明党7%、共産党5%、日本維新の会4%などが続いた。

内閣不支持層に限ってみると、立憲25%、希望20%、共産11%の順。政権批判票は依然、分散している。

今後、どのような政権がよいか尋ねると、「自民党を中心とした政権」37%(前回43%)、「自民党以外の政党による政権」36%(同33%)と割れた。ただ、国会で自民だけが強い勢力を持つ状況は「よくないことだ」73%が、「よいことだ」15%を大きく上回った。内閣支持層でも58%と半数以上が「よくないことだ」と答えた。

衆院選の直前に、民進党が分裂し、同党の前議員は希望、立憲、無所属に分かれて立候補した。こうしたことは「よくなかった」が50%で、「よかった」25%を上回った。内閣支持層も57%が「よくなかった」と答えた。

Twitterの反応!







立憲民主党は「野党第一党」の可能性!


衆議院選挙の終盤戦情勢。自公両党の優勢は変わらないものの同時に「立憲民主党」は都市部を中心に支持を大幅に拡大しています。東京都の5選挙区で自民党候補に対して「優勢」になっていて民主党時代に落選した海江田万里氏菅直人氏は当選圏内に入っています。

朝日新聞社の世論調査によれば「比例区投票先」は次の通りです。自民党は34%。立憲民主党は13%。希望の党は11%。公明党7%。共産党5%。日本維新の会は4%。投票先を決めていない有権者は40%前後です。自公両党の勝利は確実な情勢ではあるものの「野党第一党」「立憲民主党」になる可能性はあります。

内閣不支持層に限って見れば次の通りです。立憲民主党は25%。希望の党は20%。日本共産党は11%の順で反自民党票は確実に分散しています。2019年の参議院選挙に向けて「野党候補の一本化」は必須の状況で選挙後は早急に野党再編を進めなければなりません。

若い有権者は「イデオロギー」ではなく「安定感」重視?


興味深いのは「年齢別の支持率」で18歳~29歳の回答は次の通りです。自民党は41%。希望の党は13%。立憲民主党は6%。これは東京都知事選挙や参議院選挙もほぼ同様の数字で「若い有権者」自民党「中道的な政党」として認識しているように見えます。

一方で60歳前後の回答は次の通りです。自民党は27%。立憲民主党は20%。希望の党10%。世代間の差は明確に現れていて立憲民主党は年配の有権者に支持されています。若い有権者に「立憲民主主義の重要性」及び「憲法改正の危険性」を徹底的に周知しなければなりません。

悪い意味ではなく若い有権者は深く考えていません。ネトサポ&ネトウヨに洗脳された人を除けば単純に「与党の安定感」を支持していて特に「右傾化」している訳ではないように思います。只、景気回復傾向を自民党の恩恵と考える層は多くこれを切り崩すのは容易ではありません。野党共通の課題です。

ブログランキング・にほんブログ村へ

記事タイトルとURLをコピーする
コメント
コメント投稿

トラックバック
    パンくずリスト
  • ホーム
  • »
  • 政治・経済・時事問題
  • »
  • 【朝日新聞世論調査】比例区投票先「野党一位」は立憲民主党!希望の党は大苦戦!若者の約4割は「自民党」を支持?