FC2ブログ

【衆議院選挙】立憲民主党の公認候補は78人に!都市部の支持率は「希望の党」に匹敵!

政治・経済・時事問題
■【衆院選】立憲民主、2次公認16人発表 秋葉忠利前広島市長ら 社民候補4人に推薦
http://www.sankei.com/politics/news/171009/plt1710090049-n1.html
産経新聞 2017.10.9 19:03


constitutionalism_2017_10_10

立憲民主党は9日、衆院選の第2次公認として、選挙区候補1人と、秋葉忠利前広島市長ら比例単独候補15人を発表した。1次公認の62人と合わせ計78人が立候補することになった。社民党の公認候補4人に対する推薦も決めた。

■【衆院選】立憲民主、50人超擁立へ 幹事長に福山参院議員
http://www.sankei.com/politics/news/171006/plt1710060009-n1.html
産経新聞 2017.10.6 07:21


新党「立憲民主党」の枝野幸男代表は5日、国会内で民進党の福山哲郎元官房副長官(参院京都選挙区)と会談し、立憲民主党の幹事長に起用する方針を伝えた。福山氏は同日、民進党に離党届を提出した。立憲民主党では、民進党などの前・元職が続々と出馬の意向を固め「衆院選で約50人以上を擁立する」(長妻昭元厚生労働相)見通しが立ってきた。共産党も立憲民主党との候補者調整を加速させている。

元民主党衆院議員で政界引退した横光克彦氏(73)が、衆院大分3区で同党から立候補する意向を固めたほか、自由党の元職、村上史好氏(65)が大阪6区で立憲民主党から出馬する意向を表明した。大阪では村上氏のほか7人が立憲民主党から出馬する方向となった。さらに民進党の小川勝也参院幹事長は5日、民進党の桜井充参院議員に電話で「私たちの仲間を切り捨てられない」と伝え、立憲民主党候補の応援を容認する考えを示した。

支持拡大中の立憲民主党 投票率次第で「50議席超」可能!


立憲民主党は10月6日(金)に第1次公認候補の62人を擁立。続く10月9日(月)に第2次公認候補の16人を擁立した事で合計78人になりました。連合の神津里季生会長と会談した枝野幸男代表は民進党時代に推薦を決めていた候補者については立憲民主党に移っても応援を継続する事で合意を得ました。これで最低限の組織票は取り付けた事になります。

また、政策的に一致する日本共産党は候補者調整を急ピッチで進めています。全289の小選挙区で擁立していた候補者の内60人以上を取り下げました。対象は「立憲民主党」及び「社民党」の選挙区です。小池晃書記局長は記者会見で「全体として野党勢力が力を合わせて戦う態勢ができた」「市民と野党の共闘の旗を掲げ続ける」とコメントしています。

民進党のリベラル派に同党に集まる人は意外と多く第三極として確かな存在感を示しました。都市部を中心に各地に「反自民党の受け皿」として支持を拡大しています。場所によっては「希望の党」に匹敵する支持率だけに「反自民党票」を割る事になったのは本当に残念です。

ブログランキング・にほんブログ村へ

記事タイトルとURLをコピーする
コメント
コメント投稿

トラックバック