【小池新党】新党の名称は「希望の党」で最終調整!政治的スタンスは自民党の劣化コピー!野党共闘拒否で「日本維新の会」と連携示唆! - 立憲民主主義と日本国民の安全を考える有志のブログ

【小池新党】新党の名称は「希望の党」で最終調整!政治的スタンスは自民党の劣化コピー!野党共闘拒否で「日本維新の会」と連携示唆!

■新党名「希望」で最終調整…小池氏の意向反映
http://www.yomiuri.co.jp/election/shugiin/20170922-OYT1T50114.html
読売新聞(YOMIURIONLINE)2017年09月23日 06時00分


constitutionalism_2017_09_24

「10月10日公示・22日投開票」予定の衆院選に向け、近く新党を結成する若狭勝衆院議員や細野豪志・元環境相は、新党名を「希望きぼう」とする方向で最終調整に入った。

党首就任を打診している東京都の小池百合子知事の意向が反映された。新党の綱領には、「現実的な外交・安全保障」や「情報公開」を掲げる方針だ。

「希望」は、小池氏が強いこだわりを持つ言葉とされる。小池氏は自身が主宰する政治塾を「希望の塾」と命名し、8月の読売新聞のインタビューでは「国民が政治に絶望しないことが一番重要だ。だから私は『希望』という言葉を大事にしたい」と語った。

新党の名称は小池百合子の意向反映 小池新党は「自民党の補完勢力」で確定!


細野豪志・若狭勝の両議員が設立予定の新党の名称は「希望の党」で調整中です。新党結成に必要な議員5人を確保。正式発表は9月27日(水)になる見通しです。党名は小池百合子の意向を強く反映した模様。実質的に「小池新党」なので当記事はこの名称で統一します。具体的なポジションは不明であるものの同氏も「重要な役職」に就く方針です。

小池新党は「憲法改正を行った上での一院制」を政策の柱に据えています。全国に100人規模の候補者を擁立する予定で現在急ピッチで調整中。若狭勝は「一院制に反対する人は新党のメンバーになる事はない」と述べました。従って同党に投票する事は自動的に「改憲勢力」に投票する事を意味します。

参加する政治家の大半は「憲法改正」及び「原発再稼動」に賛成。また「一院制実現に向けた超党派議員連盟」「靖国神社に参拝する国会議員の会」「親学推進議員連盟」のメンバーで構成されていて「日本会議」の意向を色濃く反映した政党になっています。

小池新党の政治的スタンス!


現時点で判明している事は次の通りです。一院制導入。安保法制容認。憲法94条改正。原発再稼動。緊急事態条項の新設(細野豪志)。治安維持法の復活(若狭勝)。核武装(小池百合子)。野党共闘に否定的で連携先は日本維新の会(協議中)。唯一評価できるのは「党議拘束なし」な点です。

表向きは「野党」「二大政党制」の重要性を謳っているものの政治的スタンスは「自民党」そのものです。野党共闘の輪に加わる事を拒否しているので「反自民党票」を割るだけの存在です。細野豪志・若狭勝の両議員の求心力は微妙です。しかし、背後にいる小池百合子の発信力は絶大です。有権者は冷静に投票先を選択しなければ「自民党の補完勢力」に議席を与える事になってしまいます。


■細野氏、新党は安保法を容認「現実的に対応できる」
http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/144219
沖縄タイムス+プラス 2017年9月19日 18:30


細野豪志元環境相は19日の民放番組で、小池百合子東京都知事側近の若狭勝衆院議員との国政新党結成を巡り、新党の下で安全保障関連法に基づく集団的自衛権の行使を容認する考えを表明した。北朝鮮情勢に触れ「新党では現実的に対応できる」と述べた。民進党などの野党は安保法の廃止を訴えている。

細野氏は、憲法改正の議論に前向きに取り組みたいとして、地方自治を規定する憲法8章の改正や、大災害時に国会議員の任期を延長する緊急事態条項を優先すべきだと説明した。安倍晋三首相が目指す9条改正に関しては「優先順位が高いかというと、ちょっと疑問がある」と指摘した。(共同通信)

細野豪志「緊急事態条項の新設」「憲法94条の改正」「安保法制」に賛成!


9月19日(月)に民放番組に出演した細野豪志。北朝鮮問題に関して問われた際に「新党では現実的に対応できる」として「安保法制」に基く「集団的自衛権の行使」を容認する考えを示しました。また「憲法改正」に積極的な同氏は「緊急事態条項の新設」及び「地方自治を規定する憲法8章(憲法94条)の改正」を最優先事項に挙げています。

前者は言うに及ばず「憲法94条の改正」は要警戒です。米国の「州法」のように「法律を越える条例」を制定できるようになります。解釈次第で「外国人参政権」「人権救済法案」等の悪法を条例で制定可能になっていまします。地方自治体は元々無茶苦茶なルールが素通りする傾向にあるので特に表現規制反対クラスタは要注意です。

細野豪志は自民党と同レベルの危険人物と判断せざるを得ません。憲法9条の改正や表現規制に慎重な点は評価できるものの「基本的人権の制限」に賛成した時点で排除すべき存在になってしまいました。良識的な保守系議員だったので非常に残念です。






若狭勝は「思想検閲肯定」の超危険人物 禁じ手「予防拘禁」の導入に言及!


若狭勝は自身の開催する政治塾「輝照塾」の応募者に「政治志向テスト」を実施しました。内容は「憲法」「安保法制」等に関して50問です。実施目的は現時点で不明なものの発想は事実上の思想検閲と言わざるを得ません。細野豪志もこれに賛同しているようです。

また、自民党の法務部会副部会長時代に「テロ対策」について問われた際に「令状がなくても逮捕できるテロ未然防止法を作らなければならない」「日本版的な事前拘束を設ける」と述べています。画像は3月9日(木)放送のテレビ朝日「羽鳥慎一モーニングショー」のコーナー「そもそも総研」の一コマです。

この「予め身柄を抑えられるようにする」「治安維持法」に規定されていた「予防拘禁」と呼ばれる制度で終戦まで存在していました。若狭勝は「共謀罪は我が国の刑法体系に馴染まない」と発言した直後に予防拘禁の必要性を説いています。これは「テロ等組織犯罪準備罪では不十分なので治安維持法を復活させる」と宣言しているに等しいです。狂人レベルの危険人物確定です。

■若狭新党、維新の会と連携も!主要政策「国会一院制」で一致
http://www.sanspo.com/geino/news/20170917/pol17091705030001-n1.html
SANSPO.COM(サンスポ) 2017.9.17 05:03


若狭氏は本紙の取材に「連携と言っても色々な形があるが、『一院制』という点では一致している」と日本維新の会と連携する可能性を示唆。維新は衆参統合による「一院制」を党綱領に明記しており、若狭氏は「国会の一院制と地方分権とは車の両輪のようなもの」と説明した。

■維新の会「若狭新党」との連携に言及
https://www.houdoukyoku.jp/clips/CONN00370639
ホウドウキョク Sep 16, 2017


日本維新の会の遠藤国会対策委員長が、FNNの取材に対し、若狭勝衆議院議員らが年内の結成を目指す新党について、連携していく可能性もあるとの考えを示した。日本維新の会・遠藤国対委員長は「(若狭氏が)言われていることは、全くわれわれが、そもそも結党の時から申し上げていたことそのまんま、ズバリなので、それが本当に実行に移せるかどうか」、「きちっと向き合えて協調できるなら協調していくし、話はいつでもする」と述べた。

二大政党制は詐欺 第二与党「日本維新の会」と連携模索!


小池新党は「日本維新の会」と主要政策「一院制」で一致しました。遠藤敬国会対策委員長は「全面的に同じ考え方だ」とした上で連携の可能性に言及しています。同党は「安保法制」「特定秘密保護法」「共謀罪」等の悪法に悉く賛成している第二与党です。野党の足を引っ張る野党と連携するのであれば小池新党の掲げる「二大政党制」は成立しません。
ブログランキング・にほんブログ村へ このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント
非公開コメント

No title

小池新党は統一教会
https://togetter.com/li/1154159

日本会議や統一教会に関わっている候補者が続々と小池新党に集まってきている・・・そんな印象ですかね?

2017-09-25 13:00 from W-B

トラックバック
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 立憲民主主義と日本国民の安全を考える有志のブログ All Rights Reserved.