fc2ブログ

【お試し改憲】自民改憲本部、参院「合区」解消論が大勢 公明は慎重

憲法改悪反対!
■自民改憲本部、参院「合区」解消論が大勢 公明は慎重
http://www.nikkei.com/article/DGXLZO19303990W7A720C1PP8000/
日本経済新聞 2017/7/27 0:09


自民党は26日、憲法改正推進本部(本部長・保岡興治元法相)の全体会合を党本部で開き、1票の格差を是正するため昨年導入した参院の「合区」について話し合った。出席した議員からは「地方の声を国政に反映できない制度だ」などと合区の早期解消を求める意見が大勢を占めた。党内では合区解消のための憲法改正を求める声が多く、今後の改憲論議にも影響を与えそうだ。

2つの県を1つの選挙区にする合区は、昨年の参院選で「鳥取・島根」「徳島・高知」で導入した。だが4県を地盤とする議員を中心に反対論が根強い。

26日の会合には約100人の議員が出席。山本一太参院議員は、改憲を念頭に「自民が一丸となって合区解消を実現すべきだ」と主張。「地域の代表者のいない地域をつくるのは、1票の格差よりよっぽど大きい問題だ」との意見もあった。

Twitterの反応!







参議院選挙区の合区解消の「お試し改憲」に要注意!


自民党は新たな憲法改正草案について今秋召集予定の「臨時国会」での提出を改めて強調しました。同党の憲法改正推進本部は7月26日(水)の執行役員会で「安倍晋三の掲げた2020年の施行」及び「参議院選挙区の合区解消」を目指す事で同意しています。公明党はお約束で慎重な姿勢を示しています。

去年の参議院選挙で導入された隣接する2つの県を1つの選挙区にする「合区」に関して「地方の有権者の声が国政に届きにくくなっている」等として「選挙区などは法律で定める」を規定する「憲法47条」を改正して「各都道府県から少なくとも1人は参議院議員が選出されるように規定すべき」とする提言を取り纏めたそうです。

出席者からは「憲法が保障する1票の価値の平等を守るべきだ」と指摘する声はあったものの最終的に「憲法を改正して解消すべき」とする意見が大半を占めました。本来は「法律」を改正すれば解決できるのに憲法改正の為に「結論ありき」の議論を行っています。自民党は完全に手段と目的を履き違えています。

保岡興治本部長は「従来通りの予定に沿って丁寧にしっかりと議論を進めたい」「憲法改正はわが党がリードしないといけない」と発言しました。所謂「お試し改憲」「憲法47条」を持ち出してきたのは非常に「上手いやり方」だと思います。一般的に関心度は低く反論は難しいのでお試し改憲に最適です。

只、安倍内閣の支持率は低迷していて自民党内部には憲法改正に慎重な意見も出ています。一方で安倍晋三周辺は強行突破の様相を見せている模様。改憲勢力は「3分の2議席」を確保しているのでその気になれば可能です。国民は警戒レベルを上げなければなりません。

ブログランキング・にほんブログ村へ

記事タイトルとURLをコピーする
コメント
コメント投稿

トラックバック
    パンくずリスト
  • ホーム
  • »
  • 憲法改悪反対!
  • »
  • 【お試し改憲】自民改憲本部、参院「合区」解消論が大勢 公明は慎重