FC2ブログ

【党の建て直し急務】民進の蓮舫代表が辞意表明 後任、前原氏や枝野氏が軸か

政治・経済・時事問題
■民進の蓮舫代表が辞意表明 後任、前原氏や枝野氏が軸か
http://www.asahi.com/articles/ASK7W4HC9K7WUTFK02V.html
朝日新聞デジタル 2017年7月27日 13時50分


民進党の蓮舫代表は27日、臨時役員会を開き、代表を辞任する意向を表明した。都議選で惨敗を喫し、野田佳彦幹事長の交代を含む執行部人事を行う意向だったが、批判がおさまらず、辞任は避けられないと判断したものとみられる。

昨年9月に代表に就任した蓮舫氏は、10月の衆院2補選で大敗。「提案路線」を掲げ、原発稼働を2030年にゼロにするとの目標表明を主導したが、党内外の反発を受けて断念した。都議選は地元でもあり、求心力回復の試金石だったものの、公認候補の離党が相次ぎ、安倍政権批判の受け皿ともなり得なかった。

■民進党:都議選総括先送り 幹事長辞意、効果なく
https://mainichi.jp/senkyo/articles/20170726/k00/00m/010/148000c
毎日新聞 2017年7月25日 22時06分(最終更新7月25日23時21分)


東京都議選の敗北で改めて生じた民進党の混乱は、25日に野田佳彦幹事長が辞意を表明しても収まらなかった。執行部は両院議員懇談会で都議選の総括案の了承を得ようとしたが、異論が続出して紛糾。野田氏辞任による収束を図ったものの、結論は先送りとなった。野田氏という「後ろ盾」を失った蓮舫代表を巡る党内の環境は厳しいままだ。【影山哲也、樋口淳也】

■民進の野田幹事長、辞任を表明 都議選敗北を受け
http://www.asahi.com/articles/ASK7T4QBRK7TUTFK00T.html
朝日新聞デジタル 2017年7月25日 16時28分


民進党の野田佳彦幹事長は25日、党本部で開かれた党の会合で、幹事長を辞任する意向を表明した。東京都議選の敗北を受け、党内から執行部刷新を求める声が相次いだことから自らの辞任が不可欠と判断した。蓮舫代表は後任の人選を急ぎ、他の主要ポストについても入れ替える方針。

2日の都議選で同党は、告示前から2減の5議席にとどまり、前身の民主党時代を含めて過去最低となった。蓮舫氏は続投を表明する一方、都議選を総括する会議を開いたが、党運営に対する厳しい意見が続出した。

民進党・蓮舫代表定例会見 2017年7月27日!




蓮舫民進党代表辞意表明 有権者自身の手で「受け皿」を作れ!


本日7月27日(木)に臨時役員を開いた蓮舫議員は代表辞任の意向を表明。民進党の臨時執行役員会で了承されました。野田佳彦幹事長の交代を含めた執行部刷新を予定していたものの民進党内部の批判の声は収まらず辞任は不可避と判断したようです。

7月25日(火)に民進党の野田佳彦幹事長は「東京都議会議員選挙の敗北」を理由に正式に辞任の意向を表明、蓮舫議員は他の主要ポストを含めた執行部刷新を打ち出していました。同時に蓮舫議員は衆議院に鞍替えして次期衆議院選挙は東京都選挙区で立候補を表明しています。

また、同日の両院議員懇談会で了承を予定していた民進党の東京都議会議員選挙総括案は先送りになりました。原因は民進党内部の意見対立で敗戦の責任を求めて党の見直しを求める議員等と執行部の間で議論は紛糾。意見調整は結論は先送りにしてそうです。

民進党執行部は最後まで蓮舫体制の維持を目指していたものの党内に「党そのものを変えなければ」といった意見が殺到していました。こうした内部事情もあって蓮舫議員は野田佳彦幹事長を辞任させる事で収拾させる方針を打ち出しています。しかし、時既に遅しで今回辞任に至ったようです。

蓮舫議員から見れば後ろ盾の野田佳彦は旧民主党政権崩壊のA級戦犯で支持者の評判は頗る悪いです。執行部VS若手議員の認識の違いは深刻な対立を生んでいました。幹事長辞任の背景には民進党内部の批判の声で蓮舫議員個人は野田佳彦の幹事長継続を要望していたと報じられています。

蓮舫代表辞任&執行部刷新で支持率上昇の見通しは暗く依然として「民進党」は厳しい状態が続いています。新代表の件を含めて民進党に意見があればメール等で伝えるべきです。受け皿がないのであれば有権者自身の手で「受け皿」を作るしかありません。

枝野幸男代表誕生に期待感!


現時点で後任は未定。朝日新聞の記事によれば昨年の代表選で敗れた保守派の前原誠司議員とリベラル派に待望論の多い枝野幸男議員を軸に調整中と報じられています。個人的に長年支持している枝野幸男議員の名前が挙がったのは興味深い展開です。只、能力的に参謀役に向いている人なので代表は避けるべきかもしれません。

個人的には一般的な知名度があって個性的な所属議員を纏められる可能性のある「山尾志桜里」「玉木雄一郎」「長妻昭」の3名で代表選を希望しています。枝野幸男VS前原誠司で前者が敗れた場合「保守系議員大量離脱」の可能性を危惧しています。代表は前原誠司議員で無難かもしれません。

ブログランキング・にほんブログ村へ
記事タイトルとURLをコピーする
コメント
コメント投稿

トラックバック