FC2ブログ

【国民軽視】自民・西川氏、国会軽視発言を釈明=野党「隠蔽体質の象徴」

政治・経済・時事問題
■自民・西川氏、国会軽視発言を釈明=野党「隠蔽体質の象徴」
http://www.jiji.com/jc/article?k=2017071200779&g=pol
時事ドットコム 2017/07/12-19:03


constitutionalism_2017_07_13

自民党の西川公也元農林水産相は12日、国会軽視とも受け取れる自らの発言について「一般の方にも分かりやすい資料を作ってほしいという意味で言った。国会議員は勉強しながら質問するが、一般の方はそういうわけにはいかない」と釈明した。神奈川県箱根町で記者団に語った。

西川氏は「ちょっと言葉が足りなかった面もある」としながらも、「国会軽視でも何でもない」と強調。発言自体は撤回しなかった。西川氏の発言について、民進党の山井和則国対委員長は12日、国会内で記者団に「安倍政権の隠蔽(いんぺい)体質を象徴する暴言だ。追及されるとまずいから、わざと分かりにくい資料を出しているのではないか」と非難した。

西川氏は11日の自民党本部の会合で、日本と欧州連合(EU)の経済連携協定(EPA)の大枠合意に関する政府作成資料について「具体的に(関係者に)分かってもらうための資料じゃなければ話にならない。国会だったら分からないための資料でも結構だが」と述べていた。

■自民・西川公也元農水相が大問題発言!日EU・EPAについて「(関係者に)分かるための資料が必要、国会なら分からないための資料で結構だが」
http://yuruneto.com/nisikawakouya/
ゆるねとにゅーす 2017年7月12日


どんなにゅーす?

・2017年7月11日、自民党の西川公也元農水相が自民党本部の会合で「国会軽視&国民騙しを推奨」するような発言を行ない、ネット上で批判が沸き起こっている。

・西川氏は、日EU・EPA(経済連携協定)が大枠合意に達したことを受けて、政府が説明する資料について、「具体的に(関係者に)分かってもらうための資料じゃなければ話にならない。国会だったら分からないための資料でも結構だが」などと述べたという。

西川公也の問題発言再び「日欧EPA」に要警戒!


12434氏に頂いた情報。自民党西川公也元農林水産相は7月11日(火)に党本部の会合で「具体的に関係者に分かって貰う為の資料じゃなければ話にならない」「国会だったら分からない為の資料でも結構だが」と発言した模様。農林水産相時代にTPP協定を巡って問題発言を繰り返した事は記憶に新しいと思います。

西川公也は日欧EPAの国内対策などを議論する「日EU等経済協定対策本部」の本部長を務めています。これは日本とEU(欧州連合)の「EPA(経済連携協定)」の大筋合意を受けて自民党内の会合で政府に「個別具体的な資料」を作るよう求めた際に発せられました。出席した議員に「農業関係者は不安になっているので徹底的に説明してほしい」などと政府に対応を要請する中で飛び出した事は要警戒です。

これは日本とEU(欧州連合)の「EPA(経済連携協定)」の大筋合意に関する「政府作成資料」を巡る問題発言です。西川公也は日欧EPAの国内対策などを議論する「日EU等経済協定対策本部」の本部長を務めています。農業関係者は不安になっているので徹底的に説明してほしいなどと政府に対応を要請する中で飛び出した事は要警戒です。

民進党山井和則国対委員長は翌日の国会内で記者団に対して「安倍政権の隠蔽体質を象徴する暴言だ」「野党の追及のかわす為に意図的に分かり難い資料を出しているのではないか」と批判しました。批判の声が相次いだ事で西川公也は翌日に「ちょっと言葉が足りなかった面もある」と述べて釈明しています。しかし、謝罪はしたものの発言自体の「撤回」は拒否しています。

内輪の会合で出た本音は「国会軽視」で即ち「国民軽視」に他なりません。野党の追及に神経を尖らせているのは「日欧EPA」の条文に「国民の反発を招く部分」がある事を意味しています。TPP協定以上に情報が伝わってこないので非常に危険な予感・・・。

ブログランキング・にほんブログ村へ
記事タイトルとURLをコピーする
コメント
コメント投稿

トラックバック