FC2ブログ

児ポ法改悪阻止のため議員さんに意見を送ってください! その1 - 立憲民主主義と日本国民の安全を考える有志のブログ

児ポ法改悪阻止のため議員さんに意見を送ってください! その1

■意見を送る際の基本。
児童ポルノ禁止法の改悪を初めとする「悪法」を阻止するためにはどうすればいいのか?。
私達個人が簡単にできることは〝話題を広める〟こと〝反対署名に協力する〟こと。
そして〝国会議員の人達に意見を送る〟ことです。
過去の改正時も大量の反対意見が議員さんに届けられたことで「所持禁止」「創作物規制」が回避されました。
少しでも多くの「反対意見」を送ることが、最も現実的な反対方法です。
私自身、大きな事をやってる訳ではないので偉そうなことは言えませんが・・・。
手紙は数通送りましたし、今でもメールによる反対意見は送り続けています。
反対するためにはWeb上だけでなく、実際に議員さん反対の声を届けないとあまり効果はありません。
「現行法で機能してるので児ポ法は改正する必要はない」と思ってる議員さんもいます。
しかし「日本ユニセフ協会」という大きな団体からの圧力があり「改正せざるをえない」状況になっています。
児ポ法改悪危険性に気が付いた方はに、最低限メールだけでも送ってみてください。
同じ件について大量に意見が来ると、かなり効果があるという話もあります。

原則的に文章はなるべく手短に、テンプレをそのまま使うのではなく多少アレンジする方がいいみたいです。
最低限の礼儀として名前住所メールアドレス(連絡先)は必ず書いてください。
またご自分の「選挙区」なども書くといい、という話もある。

「過激な言葉」「画像の添付」は絶対にNGです。

一番効果があるのは「手紙」です。
手紙→FAX→電話→メール→→→何もしない、の順となります。


出来れば「手紙」「電話」で、敷居が高そうに感じたら「メール」でもいいです。
「FAX」も効果は高いのですが、いきなり大量に送ると「業務妨害」と判断される可能性があります。
FAXを送る際は「電話」「送ってもいいですか?」と確認するのがベターです、連投は絶対にNGです。

それと「手紙」の場合「字がきれいかどうか自信がない」とか。
「イチイチ書いてる時間がない」という人も多いでしょう。

そういった時は「PC」で書いて印刷したものを送ってもOKです。
ただし「相手先の住所・名前」と「自分の住所・名前」は「自筆」で書いてください。
これは最低限のマナーです。


ともかく、こういった「法案」の場合、黙っている=賛成してると見なされます!。
それだけは忘れないでください。

■意見を送る際のポイント。
意見を送る時のポイントは下記にも書いてあることですが。
「抗議する」より「お願い」する感じで送る方がいいです。
いきなり敵意剥き出しでは読んでくれません。

「完全に規制推進派な人」に送るのもあまり意味がありません。
「ほぼ間違いなく味方な人」にばかり送るのもあまり意味がない。

という話しですので推進派議員への陳情は最後か時間が余ったらでいいです。

スタンスのハッキリしない民主党に対しては以下のような感じ。
・単純所持禁止&創作物規制を阻止してくれるかを今後の支持・投票の基準にする。
・過去にも表現規制に反対してくれているから支持してる・今後もそうしたい。


ほぼ100%規制推進派しかいない自民党公明党に対しては以下のような感じ。
・単純所持禁止&創作物規制をなら今後は支持も投票もしない。
・これまでも根拠のない創作物規制やネット規制ばかりで憤りを感じる。

こんな感じのことを書くといいでしょう。

また、現時点では「慎重」又は「反対」というスタンスの社民党国民新党新党日本に対しては以下のような感じ。
「激励の言葉」と共に「スタンスを変えないでください」と釘を刺しておくといいです。

参考リンク:各政党への連絡先

「政党」で見た場合の意見を送るといい優先度は以下のような感じ。
民主党→社民党&国民新党→自民党→共産党→新党日本&みんなの党&新党日本→公明党

これはあくまで個人的な見解なので各自のご判断でお願いします。

自民党は現在「推進派」の人ばかりが目立っていますが、陳情次第では反対してくれる人が出てくる可能性はあります。
公明党「支持母体」の関係上「反対意見」を送ってもムダですので最後に時間があったらでいいです。

基本は「各政党」に、次は「完全に推進派」以外の議員に送るといいです。
議員個人に送る時は、まず「自分の選挙区内の人」を優先にしてください。
一人一人に送るのは大変ですが、一日一通のメールと思えば、結構簡単ではないでしょうか?。
一度、自分なりの文章を作ってしまえば、あとは、ひたすらコピペして送ればいいので。
まして、その手間が"生活を守る"ことに繋がるなら安いものだと思います。

とにかく「数」が集らなければ話になりません。
推進派勢力が動いたらコチラも動く。
時間がある限りちょくちょく意見を送ってみてください!。


また、選挙権がある人は必ず投票に参加してください!。
ある意味これ以上ない「反対の意思」ですから。

【効果的なメールを送るためのポイント】
政治家に出す手紙は、おそらく"抗議"よりも"お願い"的なほうがいいかもしれない。
政治家という生き物は

1.プライドが高い
2.結構多忙である
3.自分の仕事を認められたがっている
4.選挙に備えて,一人でも支持者を増やしたいと思っている

という特徴が一般的にあると思う.
なので、手紙を出すときには以下のことを気をつけたほうがよいのでは?

1 礼儀正しく手紙を書く
2 簡潔に要点をまとめる
3 自分がファン/支持者であるとほのめかす
4 過度に感情的にならない

結構基本的かもしれないが、(メール担当の秘書を含めて)多忙な中で
長文の感情的な抗議なんて誰も読みたくない。
自分がこの問題に対して深刻に不安に思っているということを、
礼儀正しく簡潔に伝えたほうが、影響力を及ぼしやすいのではないだろうか?
で、自分がファン/支持者とアピールするのも重要だ。
政治家は自分の支持者に対してサービスすることをひとつの仕事としているし、
自分がやっていることが認められて、秘書を含めてうれしくないはずがない。
サンプロや朝生に出てくる政治家だったら、それを見て感銘を受けたと書けばよい。
一番いいのは自分が選挙区の有権者だ、ということだがその可能性はあまりだろう。
だから本当は石場長官や山崎拓は嫌いだ、という人も
「イラク派遣の際の理路整然とした議論を聞いてファンになりました」とか
「補選がんばってください.応援してます」とか一言添えたほうがいいだろう。
(リンク先より引用)

ブログランキング・にほんブログ村へ このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント
非公開コメント

No title

いつも情報ありがとうございます感謝しています。

2010-06-14 22:05 from 毒毒

トラックバック
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 立憲民主主義と日本国民の安全を考える有志のブログ All Rights Reserved.